【港区女子名鑑】年収1億の不動産王とAV女優と一夜を共にした話

PICK UP   この記事は
FIRST(年収1000万円以上)

 

金曜の六本木。22時。

私は、ホロ酔い気分で交差点のガードレールにもたれていた。

 

隣で髪をかき上げる美女は、数年来の友人で、ここ六本木のラウンジ嬢だ。

 

オンナ同士、いつものバーでひとしきり騒いだ後、2軒目に行こうか、帰宅しようか迷っていた。

金曜ということもあり、このまま解散するのは少し物足りない気持ちもある。

 

「この後どうするー?」

「任せるよ!」

 

その時、私たちの会話をかき消すように太い声が響いた。

 

「あれ?帰っちゃう感じ?飲みいかない?(^_-)-☆」

 

ハッと顔をあげると、目の前に黒光りするおじさんが仁王立ちしていた。

両脇は前髪テカテカのゴリラ系リーマンが固めている。

 

足元はジョンロブのエナメル

光沢のあるスーツはおそらくキートンだ。

 

そして腕には……えっ、パテック?本物ですかそれ???

 

出た。

六本木名物「なんか知らんが金だけあるおじさん」だ。

 

彼のファッションの全身総額をザッと暗算している間に、おじさんは印籠のようにLINEのQRコードをかざし始めた。

 

「ね、ね、LINE教えてよ〜♡」

 

水戸黄門さながらのかざしっぷりに、私たちは一瞬息を呑んだ。

なんかもう、小脇のゴリラが助さん格さんに見えてくる。

 

さて。

こういう場合、女同士はまず、相棒の食いつき具合を確認しあう。

横目でチラッと、友人のテンションを確認すると……

 

瞳孔をカッ開いて時計を凝視していた。

パテックフィリップ一発GO!!

黄門御一行との2軒目が決定したところで、簡単に私たちのスペックを紹介しよう。

まずは私。

某出版社で美容系雑誌を担当する25歳の独身女子。

恋愛での得意領域は大手町周辺のキャリア系男子だが絶賛婚活中で見た目がややおとなしめなので、港区ウケは正直悪い

 

そして先ほど時計に釣られた友人も、同じく25歳独身。

芸能界を目指していたものの夢半ばでAV女優の道に流れ、前述のように現在はラウンジ勤務だ。

綺麗に巻いた茶髪ロングに、がっつりメイクで全体的に派手目だ。

 

この通称AVちゃん。

なんというか“六本木的な匂い”がプンプンするので、オラオラ系にクソほどモテる

おそらく、今夜は彼女の独壇場だろう。

 

「えーどこ連れてってくれるんですかー?♡」

 

「ま、楽しみにしてて!」

黄門がほほ笑むと、便器色のセラミックがまぶしく光った。

 

歯、白ぉぉぉっっっwwwwww

 

吹いちゃダメだ。吹いちゃダメだ。

AVちゃんがワナワナと肩を震わせると、自慢のGカップも一緒にぶるぶる揺れていた。

一行は、意気揚々と2台のタクシーを停めた。

AVちゃんは黄門さまの華麗なエスコートを受け、1台目へ乗り込む。

一方、私はと言うとゴリラ達と共に後続車に詰め込まれた。

 

助手席のゴリラ①が手慣れた感じで、運転手に道案内する。

彼、同い年くらいだろうか。子犬っぽい笑顔が爽やかな、小池徹平似。

彼を助さんと呼ぼう。

 

後部座席には私と、ゴリラ②

ややぶっきらぼうで五郎丸似のラガーマン風。さしづめ、こちらが格さんか。

 

ふと、バックミラー越しに運転手と目が合った。

「(この3人は一体……!)」

 

運転手の心の声が痛いほど伝わった。

家畜を連れて、一体どこに向かっているのか。

なんだか私まで、嫌な予感に襲われてきた……。

タクシーは西麻布方面へ進む。

 

私の脳内にはドナドナのテーマが流れていた。

それから10分ほど走っただろうか。

「はい着きました~」

 

私の嫌な予感は、見事に的中した

 

タクシーは古びた団地風のマンションに停車したのだ。

 

「店じゃないやんけ」

 

先についた黄門と、AVちゃんが待っていたのだが、彼女の青ざめた顔を見て、改めて状況を悟った。

 

「まずい……団地妻にされる……( ゚Д゚)」

 

なんせ友人は元AV女優。

なんというかその、多少の場慣れ的なアレがあるはずだが、私はド素人の一般人だ。

港区おじさんに売り飛ばされるなんて、マジでごめんだ。

 

ふと、親の顔が浮かんだ。

そういや、悪い友達とは遊んじゃダメって言われてたっけ。

しかし、もう逃げるタイミングは完全に失った。

彼らに言われるがまま、エレベーターに乗り込むと、ヤバい予感はMAXに達した。

(BGM:ドナドナ)

 

てかこの黄門、よくよく見るとカタギじゃない雰囲気だ。

パテックの魅力を相殺するように、腕にはクッッソ下品な数珠が重ね付けされている。

 

なんでオラオラ系ってみんなこれするんだろうか。

怒りの矛先がわけわかんないとこに向き始めたとき、エレベーターは、10階についた。

オワタ。この階じゃ飛び降りるのも無理だ。

 

「ピンポーン」

 

ゴリラが玄関のチャイムを鳴らすと、中からメルヘンなエプロンをしたおっさんが出てきた。

私「(ん?あっそういう設定?)」

エプロン「は~~い!待ってたよ~ん♡」

 

オネエだった。

彼に連れられ、おそるおそる玄関をあがると……

うす暗い室内には、間接照明の灯りがゆらゆらと揺れていた。

大きな窓いっぱいに、煌びやかな東京の夜景が広がる。

 

うわぁ……」

リビングを見渡すと、テーブル席が数席。

上品な男女がワインを飲んでいた。

黄門「看板もないし、ネットにも出てないんだよ、ここ」

 

奥の厨房では、さっきのオネエがこれみよがしに、フライパンを振っていた。

どうやらここはマンションの一室を使った会員制レストランで、あのオネエの電話番号を知る人だけが、予約をとれるシステムらしい。

 

私は歓喜した。別に店にじゃない。

料理とかも、ぶっちゃけどうでもいい。

団地妻にならずに済んだだけで、今日はアガリだ。

 

「なんか適当にお願い!」

このパワーワードを皮切りに、高そうなワインが卓に並ぶ。

店員がワインのうんちくを垂れてる間に、黄門はおもむろにプロテイン的なものを飲み始めた。

 

黄門「最近身体、鍛え始めてさぁ(ドヤ)」

ゴリラ「社長、煙草も辞めましたもんね」

 

出たーーーーーーwwww

金持ちって、ある程度のクラスまで上り詰めると、突然「お金で買えないもの」に価値を見出し始める。

手始めに、健康志向へシフトチェンジするのはわかりやすい例だ。

私は性悪丸出しの笑みを浮かべながら、グラスをこねくり回した。

 

黄門さまの職業は!?年収は!?

▶▶▶

関連記事

  1. 食通御用達マッチングアプリ「dine」で6人の男性とデートした日記

  2. 難波で出会いを求めるなら相席ラウンジに行こう!難波で相席できる4店

  3. 女性必見♡元銀座ホステスが語る!経営者のタイプ別貢がせ方まとめ

  4. 一晩で8人の女の子とLINE交換できちゃうスポットは!?

  5. 外資系コンサルファーム社員の特徴と攻め方まとめ

  6. Youtuberぷろたん相席ラウンジ検証:金と筋肉で女は釣れる?

  7. 相席ラウンジって一人で行っても大丈夫?モテる方法から注意点まで解説!

  8. ハイスペック男子との出会いの場6選!選ばれる女になるコツは?