女性からのデートの誘い方講座【失敗しない】LINEテク&注意点

気になる男性をデートに誘いたい!でも断られたらどうしよう・・・

と悩んでいるあなた。

待っているだけでは、逃してしまいますよ。

デートを誘う時には、いくつかのポイントをおさえておけば、断られる確率はグッと低くなります。

今回は、女性からデートに誘う時の方法を紹介します。

これから男性を誘ってみようかなと思っている人はもちろんのこと、一度断られてしまった人も参考にしてくださいね。

1.そもそも女性から誘うのってどうなの?

デートは男性から誘うイメージがありますよね。

ですから、女性が男性を誘うときにどう思われるのか不安になってしまう人も多いのではないでしょうか。

実は男性は女性から誘われると嬉しいと感じる人がほとんどなのです。

男性は自分から誘わなければと思っているときに、逆に女性から誘われると好意を持ってくれているのかなと嬉しく思います。

しかし、女性からデートを誘うときには、誘い方がポイントとなってきます。

気のある女性になら、すぐにOKを出しますが気のない女性に対しても断りにくい誘い方があるのです。

ここからは、断られないデートの誘い方を紹介していきます。

2.女性から誘うベストな口実は?【LINEを使った誘い方】

女性からデートに誘うとき、どうやって誘うのがいいのでしょうか。

直接会って誘う方法もありますが、LINEで誘うのがおすすめ!

直接会って誘うと、男性はその場ですぐに返事をしなければいけませんよね。

そうなると、男性は彼女としてアリかナシかの2択で判断します。

しかし、LINEで誘った場合は、返事に時間がかかっても問題ありません

ですから、男性もよく考えて、まあ1回デートしてみるのもいいかなという選択もでてくるのです。

では、LINEでデートに誘うときにはどのような誘い方をするのがいいのでしょうか。

さらに誘うときのベストな口実と合わせてみていきましょう。

2-1.軽い感じで誘う

軽い雰囲気で誘いたい場合に、LINEは最も適しています。

絵文字やスタンプを使いながらメッセージを送ることで相手の警戒を解き、こちらの誘いを受けてもらいやすくなります。

とにかく明るい文章で、重くならないことを意識しましょう。

誘い方の例

  • 自分「元気~?〇〇日か△△日、空いてたら飲みに行こうよ!」
  • 相手「元気だよ~!△△日だったら行けるよ。」

男性をデートに誘う際はついつい丁寧に予定を聞いてしまいがちですが、丁寧すぎると相手にプレッシャーを与えてしまいます。

また、「あなたのことが気になっているから、一度デートしてくれませんか」など、明らかな好意を伝えてしまうと、彼にその気がない場合は断られてしまう可能性もあります。

できるだけ軽い文章で送ることで、OKをもらえる確率がぐっと上がりますよ。

2-2.悩みを聞いてもらう

「相談にのってほしい」など、悩みの相談を持ちかける方法もオススメです。

男性は頼られているということを嬉しく思い、あなたの話に真剣に耳を傾けてくれるはずです。

普段とは違うあなたの弱い姿を知った彼は、あなたの力になりたいと思ってくれるかもしれません。

相談事という秘密を共有することで、彼との親密度はかなり上がるでしょう。

誘い方の例

  • 自分「最近仕事のことでモヤモヤしてて…ちょっと相談にのってもらえないかな?」
  • 相手「どうしたの?俺でよければ話聞くよ」
  • 自分「ありがとう。軽くごはん食べながらでもどう?」

相談事はどんなものでも構いませんが、男性が答えやすく、解決しやすい内容がベターです。

あまり重すぎる内容は、男性に負担をかけてしまいますのでやめましょう。

2-3.オススメのお店を聞いてみる

男性のオススメのお店を聞いてみるというのも効果的です。

まず好きな食べ物の話からはじめると、オススメのお店を教えてもらいやすくなります。

その後は、男性に緊張感を与えることなくスムーズにデートに誘うことができるでしょう。

誘い方の例

  • 自分「△△が好きだって言ってたよね。どのお店がオススメ?」
  • 相手「〇〇っていうお店が美味しくてオススメだよ。」
  • 自分「ありがとう!実は〇〇に行ってみたいと思ってたんだよね。もしよかったら、次回一緒に行かない?」

彼が好きなお店ということもあり、一緒に食事ができる確率はあがるでしょう。

また、彼が「自分の意見や提案が受け入れてもらえた」と感じることで、あなたに対する好感度もあがります。

2-4.美味しいお店を紹介する

男性の好きなものをリサーチし、その美味しいお店を紹介するという口実は、下心も見えず好印象。

何通かメッセージをやりとりしてから言い出す方が自然ですが、メッセージの1通目に送るのもアリですよ。

誘い方の例

  • 自分「〇〇くんラーメン好きだったよね?美味しいラーメンのお店教えてもらったんだけど一緒に行かない?」
  • 相手「どこどこ?」
  • 自分「〇〇にあるらしいんだけど、一人では行きづらいから一緒に行こうよ!」

このように、ラーメンやどこか美味しいお店に行くことが目的であれば男性もちょっと行ってみたいなと思うはずです。

あまり高すぎるお店だと、男性もおごらされるかも・・・と警戒してしまうので気軽に行けるようなお店がおすすめ!

2-5.チケットを用意して映画に誘う

あえて自分で会う理由を作って誘うパターンです。

ただ単に映画を観に行こうと誘うよりも、チケットを2枚用意してから誘うと成功率アップ!

彼が観たがっている映画をチョイスするのがポイントです。

誘い方の例

  • 自分「△△の映画のチケット2枚ゲットしたんだけど観にいかない?〇〇くん観たいって言ってたよね。」
  • 相手「それ観にいきたかったやつなんだ。」
  • 自分「よかった!せっかくのチケットが無駄にならなくて嬉しいよ。」

チケットをもらったていで誘えば、男性も気軽にのってくれるはずです。

タダで映画が観れるなら断る人も少ないのではないでしょうか。

万が一誘いにのってくれなかった場合は、チケットが無駄になってしまうので覚悟が必要ですね。

2-6.プレゼントを選びに付き合ってもらう

男性は頼りにされると断れない人も多いです。

それを利用して、頼ってみてもいいですね。

弟やお兄ちゃんなどのプレゼントを選ぶときに、男性の意見を聞きたいという口実は使えますよ。

誘い方の例

  • 自分「もうすぐ弟の誕生日なんだけど・・・一緒にプレゼント選んでくれないかな?」
  • 相手「俺でよければ手伝うよ。」
  • 自分「ありがとう!男の人の好みってよくわからないから助かるよ。」

このように女性から頼りにされると、なんとかしたいと思うのが男心です。

さらに、お礼に食事でも・・・というように次のデートにも誘いやすくなるので、お得な口実ですね。

3.男性から好印象をもらう誘い方のポイント

女性からデートに誘うのは、少し勇気がいりますね。

しかし、突然思い立って誘うよりも少し前から準備をしておくのがベスト!

デートに断られないようにするには、この準備段階が大切なのです。

ここからは、彼から好印象をもらう誘い方のポイントについて紹介します。

3-1.彼の趣味や好みを知る

デートを誘う前にやるべきことの一つとして、彼の趣味や好みを知ることです。

彼のことを知らずに誘っても、彼にとっては興味のないことだったりするともちろん断られてしまいますよね。

デートをしたいなら、事前に彼の趣味や好みをリサーチして、彼に合わせたデートプランを提案してみましょう。

3-2.こまめに連絡をとる

いきなり、「デートしよ!」と言っても上手くいかないのは当たり前です。

男性は女性の意図がわからないからです。

成功の秘訣は自然な流れでデートに誘うこと!

何回かメッセージをやりとりしてからさらっと誘ってみるのがいいですよ。

3-3.彼の趣味に付き合う

彼の趣味に合わせて、彼が行きたい!と思うようなデートに誘ってみるのもいいですよ。

男性は自分の趣味に理解を示してくれる女性には、好意を持ちやすいのです。

例えば、サッカーが好きな人にはサッカー観戦やサッカーを教えてもらうなど、一緒に楽しめるデートはポイントが高くなります。

男性の趣味の話をたっぷり聞き出し、いい気分にしながらデートに誘いましょう。

3-4.男性を頼る誘い方をする

やっぱり、女性に頼られることが好きな男性は多いですよね。

男性は、女性から必要とされることをステータスと感じ、それによって承認欲求を満たす傾向にあるためです。

例えば、「力仕事を手伝ってほしい」「パソコンの使い方を教えてほしい」など、その男性が得意なことをお願いするとより効果的です。

3-5.男性に日程の選択肢を与える

デートをすることが決まったら、男性に日程の選択肢を与えると良いでしょう。

「〇〇日空いてる?」などのピンポイントな誘いは、予定が合わせにくく、また自分本位な印象を与えてしまいます。

最終的には、男性から「予定が分かったら連絡する」とデート自体を流されてしまう恐れがあるので注意が必要です。

「今週どこか都合の良い日ある?」といったように、彼のスケジュールも考慮したうえで日程の調整をすると良いでしょう。

 

デートの日程が決まったら…何を着ていくかチェック!デートにぴったりの愛されファッションの記事はこちらです↓

4.女性から誘う時に気をつけたい7つの注意点

女性からのお誘いは、男性にとって嬉しいものと言いましたが、必ずしも誘いにのってくれるわけではありません。

誘うときに気をつけてほしい7つの注意点はこちらです。

  • 自分の都合に合わせない
  • 駆け引きしすぎない
  • 忙しそうなときには誘わない
  • ご馳走される事を期待しない
  • 出会ってすぐに誘わない
  • 何度も何度も誘わない
  • 要点ははっきり伝える

それぞれ詳しくみていきましょう。

4-1.自分の都合に合わせない

「暇だから、映画に行こうよ」というような誘い方していませんか?

すんなり誘いにのってくれる人もいますが、「暇だから」という理由だけで誘われても男性はあまり嬉しいとは思いません。

暇つぶしかよ!という感じですよね。

そんな自分の都合に合わせた誘い方は、男性からよく思われません。

デートを誘うときは、きちんとした理由や目的をもって誘うのが基本です!

4-2.駆け引きしすぎない

誘っても断られるのが恥ずかしいと思っている女性は、駆け引きをしがちです。

例えば、「もし無理なら他の人を誘う」などと言ってしまうと、かなり印象が悪いですね。

男性も「他にもいるなら、僕じゃなくてもいいんだ」と思ってしまいます。

やはり、素直な女性の方が圧倒的に好感がもてるのです。

誘うときには、ストレートにあなたと行きたいということをアピールするようにしましょう。

4-3.忙しそうなときには誘わない

誘うタイミングに悩む女性は多いのではないでしょうか。

仕事中はもちろんのこと飲みに行っていたり、出かけているときにメールやLINEで誘われても後回しにしてしまいます。

忙しいときに誘われては、「めんどくさい」と思ってしまたり、「またあとで返そう」となってしまうことも多いのです。

LINEで誘う場合は、テンポよくメッセージのやりとりをしているときが狙い目です。

夜の家にいる時間帯にいくつかメッセージを交わしてから自然な流れで誘ってみてください。

4-4.ご馳走される事を期待しない

デートでのお会計ですが、ご馳走してもらえるかと期待してしまう女性は多いですよね。

しかしこれはNGです。

実は、初回のデートでは奢りではなく「男性が多めに払う」というパターンが多いのです。

男性との年齢差や関係性によっても変わってきますが、過度な期待はしないようにしましょう。

支払いを求められた場合、ちょっとでも不満が顔に出てしまうと、男性の心証を悪くしますので注意してくださいね。

4-5.出会ってすぐに誘わない

あまり話したことのない相手からの誘いは、男性に不信感を抱かせることに繋がります。

よく知らないから会おうと言われても、「保険の勧誘なんじゃないか」など警戒してしまうためです。

一目惚れなどですぐにデートをしたいと思った場合でも、LINEでのやりとりやグループでの食事など、事前に関係性を築いておきましょう。

少し仲良くなってから「もっとお互いのことを知りたい」と思うくらいのタイミングで誘う方が、成功率は各段に上がります。

4-6.何度も何度も誘わない

あまりしつこく誘うのはNGです。

何度も何度も誘い続ける行為は、男性にとっては負担です。

断る側も、少なからず気を使うからです。

過度な誘いを続けることで男性がストレスに感じ、あなたに嫌悪感を抱く恐れがあります。

脈がないと思った時点で、身を引いたほうが賢明です。

また、LINEの返事を催促したり、既読が付かない状態でメッセージを連投する行為も、同様に控えましょう。

4-7.要点はハッキリ伝える

どのような場面においても、受けた誘いの目的が分からないと「どうして自分は誘われたんだろう・・・」と、不安に思ったり警戒心を抱くことがありますよね。

デートの場合も同じです。

デートに誘われたと思って会いに行ったら、実はネットワークビジネスや宗教の勧誘だったという話は、意外にも珍しくはないのです。

男性から不信に思われないよう、「〇〇が食べたい」「△△について相談したいことがある」など、デートの目的はしっかり伝えるようにしましょう。

5.彼に誘わせるテクニックってある?

やっぱり自分から誘うのは、恥ずかしいし勇気がいりますよね。

できれば、男性からデートに誘われたいのが女心です。

ここからは、彼に誘われたい女子必見!上手く誘わせるテクニックを紹介していきます。

このテクニックを実践すれば、彼との距離も近くなるはずです。

5-1.誘いやすい状況をつくる

男性も女性をデートに誘うときには、断られたくないのは変わりありません。

そんなときに惹かれるのが、笑顔で話しやすい雰囲気の女性です。

いつも笑顔でいる人が断ることはない、と多くの人が思うでしょう。

そして、男性も誘いやすいはずです。

気になる相手に対しては、緊張するかもしれませんが笑顔を忘れないで!

5-2.好意をさりげなくアピールする

好きということを相手にバレたくない!と思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、実は男性も好意を持たれていると確信すれば、誘いやすくなるのです。

ですから、さりげなく好きアピールをしていきましょう。

「〇〇くんにしか相談できなくて・・・」など、特別な存在であるということを匂わせるのもアリですね。

男性がひいてしまわないように、ガツガツいきすぎないことがポイントです。

5-3.行きたいところを話題にする

会話の中で「〇〇に行ってみたいなー」というように行ってみたい場所を話題にしてみるのも話が盛り上がります。

気のある女性から行きたい場所を言われたら、誘ってみようかなと思う男性も多いでしょう。

さらに男性の好みや趣味に合わせて、行きたい場所を提案できると誘われ率もアップ!!

自分も行きたいし、一緒に行ってみたい気持ちが高まるはずです。

また、彼が行ったことのある場所であれば、細かいことや感想も聞け「案内してほしいな」とアピールできますね。

6.デートに断られたときにどうすべき?

勇気を出してデートに誘ったけれど、断られたときそのまま諦めてしまうのか、また頑張って誘うのか迷ってしまいますよね。

もしデートの誘いを断られてしまったら、どのように対応するのが良いのでしょうか。

断られてしまったことも考えておくと、意外と冷静に対応できるかもしれませんね。

6-1.まず謝る

断られたときに、とっさになんて答えたらいいのかわかりませんよね。

そんなときには、まず謝りの一言を添えると好印象です。

「忙しいのに急に誘ってごめんね。」など相手を気遣うような言葉をかけるとGOOD!

あなたの気持ちを重く感じず、気遣いのできる優しい人という印象を与えることができます。

6-2.断られた後すぐに誘わない

断られた理由にもよりますが、断られてすぐに「なら他の日は?」「また落ち着いたら教えて」というような積極的な誘い方は逆効果です。

彼は、あまり気乗りしないから断ったということもありえます。

そんなときにしつこく言われると男性は逃げたくなるのです。

もう一度誘いたいのであれば、時間をおいてから誘った方が成功率はあがります。

ですから、断られたらその日は潔く諦めるのがベストです!

6-3.関係を深める

一度断られたからといって、すんなり諦められますか?

どうしても諦められないという人は、もう一度アプローチしてみましょう。

とはいっても、断られてすぐに無理に連絡をとってもあまり効果はありません。

いったん距離をおいて、しばらくたってから連絡してみましょう。

今まで連絡を取り合っていた人なら、少し寂しく思ってくれるはずです。

そのころを見計らって再び連絡をしてみるといいですね。

また、初めに誘ったときにLINEやメールなどを使っていたら、次は直接会ったときに誘ってみるのも効果があるので試してみてください。

7.まとめ

気になる男性をデートに誘いたい女の子は意外と多くいます。

実は男性も誘われるのを待っているかもしれません。

しかし、急に誘ってもなかなか上手くはいかないので、しっかりと準備をして断られない誘い方をしてみてください。

また、一度断られてしまっても可能性がないわけではないので、気負わず一回目は軽く誘ってみるのもアリですよ。

▼デートの口実についてさらに知りたい方はこちらの記事もおすすめ▼

関連記事

  1. 生きづらい僕が、春におもう「僕」のこと

  2. あなたの彼女は嫉妬深い?全くしてくれない?嫉妬の心理と付き合い方

  3. 朝エッチは幸せの証♡朝エッチしたくなる理由や男女別のメリット

  4. 【男女別】セックスしたい!熱い欲望をすぐに叶えるための対処法

  5. 女友達から彼女へ!理想のカップルにステップアップする方法

  6. 【完全保存版】大手結婚相談所10社を徹底比較!使い方も解説!

  7. デート延期やドタキャンは脈なし?延期の心理と脈のありなしを判断する方法…

  8. 合コン後の連絡は何を送ればいい?一人勝ちできるモテLINEはコレ