【例文あり】婚活での断り方って?相手を傷つけない断り方を伝授

たくさんの出会いがある婚活では、男性に「ごめんなさい」とお断りする機会もありますよね。

「こんな理由で断って大丈夫かな、悪い人ではないんだけど……」と胸が痛む事も多いはずです。

今回は、相手を傷つけず断わりたいという方に向けて、婚活相手への正しい断り方を例文つきで紹介します。

婚活での上手な断り方4つのポイント

まずは相手を傷つけずに断るポイントを、ご紹介します。

自分の人生を左右する活では、「ごめんなさい」は仕方ないことです。心を鬼にして、伝えましょう。

1.他に良い男性が現れたと伝える

一番確実にお断りできるのがこの伝え方です。仮に他の男性がいなくても「優しい嘘」をついてOKです。

他に好きな男性ができた、相性の良い男性を見つけたと伝えましょう。

この方法なら相手の性格や容姿に問題があった場合でも、断る原因を直接伝えずにそらす事ができます。

特に性格やクセなどあった場合でも、ストレートに伝えると「改善案」を提示されかねませんもんね。

2.お断りする時はメールかLINEで送る

最適な方法はメールやLINEなどでメッセージを送る方法です。

婚活中は、多くの男性と会う機会がありますが、「なんか違うかも?」と思う度に直接会って話していては、情に流されてしまったり、説得される可能性があります。

そうするとなかなか新しい出会いに積極的になれませんし、無駄な時間を過ごしてしまうので心を鬼にして、メッセージを送りましょう。

ただし、簡素な文は失礼になるので、丁寧な文章ではっきりと伝えましょう

具体的な例文について、後述します。

3.相手に原因を求めない、否定しない

断る理由を相手に話す際に、たとえ相手の嫌なところが原因でも、相手を否定することは辞めましょう。相手を傷つけるだけです。

理由を求められたら、当たり障りのない他の理由を見つけて、お断するのが基本です。

それでも、相手が納得してくれなかったり、食い下がってきた場合のみ、遠回しに相性が合わなかった旨を伝えてあげましょう。

4.判断はなるべく早めが基本

「この人と、この先会いたくないな……」と感じたら、早めに連絡をしましょう

お互い結婚が目的ならば、相手の方も一生懸命パートナーを探しているはずです。

こちらがもう判断をして決めているなら、相手の時間を奪ってしまうことになりますね。

お互いに時間を無駄に出来ないと思うので、気づいた時にすぐ連絡をしましょう。また、なんか違うなという違和感はだいたい後々、確信に変わります。

自分の感覚に敏感になりましょう。

5.期待を持たせる言い方はしない

相手を傷つけたくない気持ちは分かります。

しかし、相手に期待を残してしまうような曖昧な表現や態度だと、相手に誤解を与えてしまう可能性があります。

もう可能性がないということだけは、はっきりと伝えましょう

                          

大人の社交場』としての『出会い』。

洗練された空間と色鮮やかな食事は

ワンランク上の出会いを創造してくれます。

上品な空間で見つける出会いは

運命をも感じさせてくれるでしょう。

心地よい接客と絶え間ない笑顔。

そして、運命的な出会いを手に入れてください。

Pick!

New!