【男性必読】合コン時の正しい会計方法と金額割合はこれだ!

合コンの幹事になると、人数の設定からお店の予約・会計など、やることが多いので大変ですよね。

中でも一番困るのは、「お会計の方法と、男女の金額割合」ではないでしょうか?

男性が全額負担するとなると、他の男性から不満が出る可能性がありますし、完全に割り勘だと女性陣から良く思われないかもしれません。

そこで本記事では、合コンのパターン別の金額割合・会計方法について説明します。

他の男性陣や女性陣に『良い合コンだった!』と思ってもらえるよう、カッコいい会計方法を勉強しておきましょう!

どんなお店で合コンを行う?予約状況から、金額割合を考えよう

幹事になると、お店決めを行わなければなりません。

その際に、「コース料理にするか、単品料理にするか」を決定しますよね。

基本的にコースで予約することが多いですが、相手女性の好き嫌いなどの要望によって、コースの無い店で合コンを行う可能性もあります。

どちらのパターンで合コンを行っても慌ててしまわないように、コース料理・単品料理の会計方法を決めておきましょう

  • コース料理で予約の場合

    コースの場合は、男女間で±1,000円を目途に金額を算出してください

    (3,500円のコースであれば、男性4,000円・女性3,000円)

    世の中の街コンや婚活パーティーも男性より女性が安いことが大半なので、合コンでも男性が多く負担するほうがよいでしょう。

    女性も「男性側に多く出してもらいたい」という気持ちを少なからず抱いています。

    完全に割り勘だと女性側の評価が下がってしまう恐れがあるので、男性が多めに出すようにしてください。

    ただし、コースであれば料理の量は平等ですので、そこまで大きく差を開ける必要は無いでしょう。

    コース料理は1人当たりの金額が前もって確定しているので、料金の計算が簡単です。

    事前に把握しておき、会計時にサッと集められるようにしましょう。

    単品料理で予約の場合

    単品料理の場合は女性2,000円・残りを男性が割り勘というように、女性側を固定金額に設定して支払いましょう。

    単品だと会計時まで金額が不明なので、総額を聞いてから電卓で計算……とすると会計でモタついてしまいます。

    固定で前もって集めておけばスムーズに会計ができますよね。

    単品料理だと男性側が女性側より多く食べるので、金額が高すぎると女性から不満が出てしまいます。

    女性は2,000円~3,000円くらいで固定しておくと無難です

    この場合、反対に男性が多く負担しすぎてしまう可能性もあるので、安めに済ませたいのであれば、コースを予約しておきましょう。

  • 合コン相手はどんな人?相手女性によって金額割合を考えよう

    合コン相手が、毎回同じような立場・年齢の人とは限りません。

    もちろん相手によって、不満が出るポイントは違いますので注意が必要です。

    特にあなたと立場が違う人に対して、自分本位の会計方法を使ってしまっては、せっかくのいい出会いが台無しになってしまう可能性があります。

    相手女性のパターン別に、会計の金額割合を考えておきましょう

    相手女性が学生の場合

    あなたが社会人として収入を得ているのであれば、全額が男性負担もしくは、女性に1,000円ほど負担させるくらいがよいでしょう。

    相手は学生なので、もちろん収入は多くありません。

    あまり女性に負担をかけすぎると、不満がたまってしまいます。

    社会人としての余裕を出すためにも、ここはかなり多めに支払うべきでしょう。

    反対に学生は、お店に対するハードルが低めです。

    男性が多めに出す分、比較的安めの店を選ぶなどして調整してください

  • 相手女性が年上の場合

    相手が年上の場合は、男女間で±1,000円くらいになるように、男性が多めに払いましょう

    年上女性であっても、収入面で男性より多いとは限りません。

    男性同士であれば年上が奢るというケースは良く見られますが、男女間でその風潮は見られませんので、男性が多く払うと考えてください。

    手間取らず、スマートに会計を済ませる方法とは

    「終わりよければ全てよし」という言葉もあるように、合コンの締めである会計はスムーズに済ませたいですよね。

    途中がどれだけ楽しい会になったとしても、お金を集める時にモタついてしまってはよい印象を与えられません

    レジ前や集金時にバタバタしてしまわないよう、スムーズに会計が進む方法を頭に入れておきましょう!

  • お会計を確認するタイミング

    お会計の確認は、女性から見えないところで行うとスマートです。

    伝票の無い店舗での会計金額は、トイレに行くついでに確認しましょう

    その際にカードなどで支払いを済ませておき、後から回収してもスムーズです。

    個室などでよくあるケースとして、店員さんが伝票を持ってきてくれる場合もあります。

    その場合は「男性4,000円、女性3,000円」と、サッと金額を言えるようにしましょう

    モタモタと電卓で計算したり、1円単位で金額を調整したりしないようにしてくださいね。

    お金を徴収する際の切り出し方

    合コンの時は大体飲み放題コースなどの時間が決まっているプランであることが多いので、コースの終了時に切り出すと良いでしょう。

    もし単品で頼んでいて、終了時間が決まっていないときは2~3時間ほどがベストです。

    切り出すときには、男女の会計金額を明確に決めておいてください。

    「お金を集めます」と言ってから金額を決めていると、スムーズさに欠けてしまいます。

    段取りがよいことをアピールできるように、前もって準備しておきましょうね。

  • 関連記事

    1. 過去最高と言われたい…体験談から分析!女性にとって最高のセックス

    2. S男の恋愛心理は?モテる彼を落とすための必勝テクを紹介!

    3. 自分大好き女に気をつけろ!特徴と最適な接し方を徹底解説!

    4. 女子が喜ぶ半日デートって?しっかり楽しめる厳選プラン5つご紹介!

    5. 【デートカバン14選】デートにおすすめのカバンを男女別に紹介!

    6. 女の子を満足させるデートの流れを徹底解説!【草食系男子必見】

    7. 好きな子だけに見せている!男性の出す5つのサインと対処法

    8. アラフォーもセックスがしたい!楽しむコツや出会いの場を知ろう!