【この人ない…と思われてるかも!】異性の出会いの場で絶対やってはいけないこと3つ


仕事が忙しくて時間がない…、職場に出会いがない…など、何かと「異性との出会いがない!」と嘆くことが多くなる社会人。
会社内や取引先でいい人がいればいいのですが、なかなかそうもいかないのが世も末なところですよね。
しかし一方で、パートナーなしで一生を遂げることを不安に思っている人意外と多く、積極的に異性との出会いの場に行く人も多くなってきているのも事実。
そこで今回は、せっかく頑張って異性との出会いの場に行くなら、正直なところ出会うだけでは意味がない!と思っている方へ、出会いの場で「この人ない…」と思われないためのポイントをまとめてみました。

 

【異性は見てます!】出会いの場で“男性”が気をつけるべきこと

1、自分の話、自慢話ばかりする

知らない間に自分の話、自慢話ばかりしていませんか?

あなたにとってすごいことでも、残念ながら相手にとってはすごいことではないことがほとんど。

男性的には自分の凄さをアピールしているつもりでも、女性からするとただの自慢話で退屈に思っていることが多いので、ほどほどにしましょう。

 

2、自分の意見を押し付ける

俺だったらこうするね、など、自分の意見を押し付けられると女性は“指示されている”“上から目線”と思ってしまい、一歩引いてしまいます。

女性というのは、自分の中で本当は答えが決まっているけれど、ただ話を聞いて欲しいから話す生き物です。

つまり、答えを求めているわけではないのでアドバイスをするのではなく、相槌をする、相手の言ったことを繰り返して言ってあげる、など話を聞くに徹しましょう。

 

3、「可愛い」を連呼する

褒め言葉として使っているつもりでも、初対面の男性に可愛いと言われて喜ぶ女性は意外と少なく、反対に「可愛いとしか言えないのかな…」「中身を見てくれていない」と引かれてしまうことが多いのです。可愛い!と思っても連呼するのは控え、人間性をみていくように心がけましょう。

 

異性は見てます!】出会いの場で“女性”が気をつけるべきこと

1、携帯を見るのは論外、鳴るのもNG

携帯をいじっているのは結構見られています。その場を楽しまないということは、気配り気遣いができない人と思われてしまいます。携帯はなるべく見ない、見るときはお手洗いに持って行くなど、出会いの場所だからこその異性への配慮を心がけましょう。

 

2、「ヤバい」を連呼する

すごいとき、焦っているとき、さらに緊急時にも使える、とにかく便利語な「ヤバい」という言葉。しかし、ヤバいばかりを連呼していると、この人あまり頭が良くないのかも…と引かれてしますことがあります。ヤバいを使うのは極力控え自分の言葉で感情を伝えるように

しましょう。

 

3、常に“受け身”体制

男性に引っ張ってもらいたい!という思いから、ついつい受け身になってしまっていませんか?質問には答えるだけ、なんでもやってもらうのを待つ、では男性からは“わがまま女王様”に見えてしまい距離を置かれてしまうことも。受け身な体制はほどほどにしましょう。

 

 

まとめ:次の異性との出会いの場で活かしてみて

学生の時よりも異性との出会いがなくなると言われる社会人。

頑張って異性との出会いの場に行っても、相手に「ちょっと無理…」と思われたら元も子もないですよね。

積極的に異性との出会いの場所に行っても、相手の反応がなんかイマイチだったなと思ったら、あなたもついついやってしまっているのかもしれません。

これを活かして、次の出会いの場に臨んでみてくださいね。

 

次に出会いの場所に行く予定がない、または異性との出会い自体がない社会人の方は、人狼コン、鉄道コンなどの街コンは毎週開催されているので探してみてくださいね。

また、気軽さではなく出会いに質を求めたいなら、オリエンタルラウンジや異業種パーティーがオススメですよ。

ぜひ活用してみてくださいね。

関連記事

  1. 遊ばれてるかもと思ったら!見極め方法とそうならないための努力5選

  2. 【保存版】セフレから本命に成り上がるための簡単な方法

  3. ソフレとは?一緒に寝るだけの関係を作るメリットや正しい作り方

  4. ノーブラの魅力を徹底解説!脱ブラジャー宣言でリラックスしよう!

  5. 美容院に行くベストな頻度とは?ヘアスタイルや悩みで頻度を変えよう

  6. 経験人数の多い女性が持つ8つの魅力とは?

  7. 【100人斬り恋愛ライターが教える】女性から超絶モテるための趣味10選…

  8. 都合のいい女になっていない!?キープ女から本命彼女に昇格する方法