大学生向け出会いの場所20選|サークル以外でも出会えるのはどこ?

大学生向け出会いの場所20選|サークル以外でも出会えるのはどこ?

大学の友人で、引っ切りなしに恋人ができる人はいませんか?

その人たちは、一体どこで出会っているのでしょうか。

同じ大学生なのに一方はすぐに恋人ができて、なぜか自分はできない。

この記事は、大学生に向けた出会いの場を20個紹介します。

大学生が異性と出会える場所は、何もゼミやサークルだけではありません。

オンラインでの出会い方も紹介するので、恋人ができないと悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

1.コロナ禍でも大学生に最適な出会いの場所はある

コロナ禍でも大学生に最適な出会いの場所はある

大学生で出会いがないと悩む人は、少なくありません。

しかも、昨今はコロナ禍の影響もあって、なおさら人と会えない状況です。

ですが、そんな状況の中でも大学生に最適な出会いの場所はあります。

主な出会いの場は、オフラインとオンラインに分けられます

オフラインは学校やサークルなど、人と直接会う場所。

オンラインはマッチングアプリSNSなど、インターネット上での出会いの場です。

出会い方/項目 出会える女子の幅広さ 実際に出会える人数 利用しやすさ
オフライン
オンライン

それぞれ一長一短があるため、どちらが良いとは一概には言えません。

あなたの状況に合わせて、出会いの場を選びましょう。

大学生の彼氏・彼女がいる割合は約3割と少なめ

そもそも大学生の彼氏・彼女がいる割合は、どれくらいなのでしょうか?

人によっては「周りの友人はみんな恋人がいるから、自分も作らないと」と焦る気持ちがあるかもしれません。

大学生の恋人がいる割合は、株式会社スマートキャンパスが運営する「STUDENTS LAB」の調査が参考になります。

調査によれば、恋人がいる大学生は「3人に1人」という結果でした。

意外に少ないと思われた人もいますよね。

もちろんこの割合を多いと思うか、少ないと思うかは人それぞれです。

もしあなたが「それほど多くないんだな」と思ったなら、焦って恋人探しする必要はないでしょう。

とはいえ、他人は関係なく、純粋に恋人が欲しいと思っている人はいるはず。

そんな人に向けて、次はいよいよ大学生の出会いの場を紹介します。

2.【オフライン】大学生の出会いの場15選|きっかけは身近な集まり

【オフライン】大学生の出会いの場15選|きっかけは身近な集まり

ここからは、大学生がオフラインで出会える場所を紹介します。

紹介する出会いの場は以下の15個です。

  1. 友達からの紹介
  2. サークル
  3. ゼミ活動
  4. スポーツバー
  5. アルバイト
  6. 学園祭
  7. 音楽フェスなどのイベント
  8. 同窓会・成人式
  9. ボランティア
  10. 留学
  11. 相席居酒屋・相席ラウンジ
  12. 合コン
  13. 学生コン
  14. シェアハウス
  15. ストリート

それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

場所1.友達からの紹介

1つ目は友達からの紹介です。

自分の人となりをわかってくれている友人の紹介なら、相性の良い人と出会える可能性が高いでしょう。

メリット

  • 事前に相手の情報を知れる
  • 好みでなければ会う前から断ることも可能
  • 共通の友達がいるから仲良くなりやすい

デメリット

  • 紹介してくれた友達との仲もある
  • 誠実な対応をしなければならない

紹介をお願いする友人は、できる限り付き合いが長くて、自分の性格をよく知ってくれている人にしましょう。

仲の良い友人であれば、きっとあなたの価値観や性格に合う素敵な人を紹介してくれるはです。

場所2.サークル

大学での出会いの代名詞といえばサークル。

サークル内で出会った男女が、恋に落ちるなんて話はよく聞きますよね。

メリット

  • 同じ趣味や活動を行うので自然と共通点が多くなり、仲良くなりやすい

デメリット

  • サークルに入ってみるまでどのような女性がいるのかわかりにくい

サークルは自然に異性と交流できる場なので、恋にも発展しやすいでしょう。

ただし、サークルによって男女の比率はまるで違うため、全然異性がいない可能性もあります。

まずはいろいろなサークルに体験に行き、じっくり検討してみてください。

場所3.ゼミ活動

サークルに続いて、カップルが誕生しやすいのがゼミ活動です。

ゼミ活動は高校生で言うところの、クラスのようなものだと考えてください。

一緒の課題に取り組み研究をしていく中で、恋愛に発展することがあるでしょう。

メリット

  • 長期的に専門的な勉強をしていくので、自然と一緒にいる時間が長くなる
  • ゼミでの飲み会や合宿もあり、仲良くなりやすい

デメリット

  • ゼミによっては数名程度しか女子がいないことがある

多くの大学では、2年生か3年生の頃からゼミが始まります。

サークルと同じく長い時間を一緒に過ごすため、異性と仲良くなりやすい環境と言えるでしょう。

ただし、男女比率もサークルと同様、ゼミによって異なる点は注意です。

場所4.スポーツバー

あなたはスポーツ観戦はお好きですか?

もし好きなら、スポーツバーに行ってみると良いでしょう。

お店の中に設置されたスクリーンで、野球やサッカーなどを観戦しながら飲食できる施設です。

メリット

  • 同じスポーツが好きな人と出会える。話が盛り上がりやすい

デメリット

  • 応援しているチームの違いや試合に負けたときは気を遣う

同じスポーツが好きという共通点があるので、見知らぬ人でも話しかけやすいでしょう。

また、応援しているチームが同じなら一緒になって応援できるので、なおさら親しくなりやすいはずです。

反面、違うチームを応援していたり、応援しているチームが負けたりしたときは、話が盛り上がらない可能性もあります。

スポーツバーで出会いを求めるなら特定のチームの話題ではなく、そのスポーツ全体のことから話してみてはいかがでしょうか。

場所5.アルバイト

アルバイト先での恋愛も、大学生にはあるあるの1つと言えます。

アルバイト先にいる同僚や先輩・後輩はもちろん、お店ならお客さんと恋に発展する可能性だってあるでしょう。

メリット

  • 仕事でコミュニケーションを取るので、自然と仲良くなりやすい
  • 仕事ができれば、異性としても好かれやすい

デメリット

  • 仕事ができなければ、異性として見てもらいにくい

仕事ができる人は、格好良く見えるもの。

要領の良い人であれば、異性からアプローチを受けることもあるでしょう。

逆に仕事ができないとマイナス印象を持たれてしまい、なかなか恋愛に発展しないかもしれません。

場所6.学園祭

次に紹介する学園祭も、出会いの場としておすすめ。

普段は出会えない違う学部の人や他大学の人と、お話できるからです。

メリット

  • お祭のテンションで盛り上がっている気分の女性と出会える
  • 屋台の売り込みなどで自然と女性と会話ができる

デメリット

  • 1人だけでは参加しにくい

自分たちの大学の学園祭に行くだけでなく、他大学の学園祭に行くとより出会いの幅を広げられるでしょう。

ただし、学園祭は多くの人が友人や恋人と参加しているため、1人だと浮いてしまって参加しづらい側面があります。

場所7.音楽フェスなどのイベント

サマーソニックやフジロックを代表とする、音楽フェスに参加したことはありますか?

音楽フェスなどのイベントでも、異性との出会いがありますよ。

メリット

  • 同じ音楽好きな人が集まっているので、話が弾みやすい
  • お酒やお祭り的な雰囲気が相まって、知らない人同士でも話しかけやすい

デメリット

  • お祭り気分が強いので、連絡先を交換してもその後につながらないこともある
  • フェスによっては費用が高い

夏に開催されることが多い音楽フェスは、開放的な雰囲気が特徴です。

気分が上がっていることもあり、見知らぬ人同士でも話しやすいでしょう。

とはいえ、その場の雰囲気で盛り上がっただけで、その後の交際まで発展しないこともしばしば。

また、規模の大きなフェスや遠方のフェスは参加費・旅費が高くなるので、その点も要注意です。

場所8.同窓会・成人式

同窓会や成人式での久しぶりの再会から付き合うケースも多いです。

久しぶりに話してみると、昔は知らなかった一面が見えて魅力的に感じるなんてことも。

メリット

  • 昔話に花が咲くので、自然とお互いすぐに仲良くなる
  • 元々の知人だから声をかけやすい

デメリット

  • 同じ出身の場所だから変な付き合い方はできない

学園祭や音楽フェスと違って全くの見知らぬ人ではないため、話しかけやすさもあるでしょう。

とはいえ、出会いを求めて手当たり次第に声をかけてしまうと、昔の交友関係の中で変な噂が立ってしまうかもしれません。

場所9.ボランティア

ボランティアも、大学生の出会いの場の1つ。

大学では就職活動で役に立つこともあり、ボランティアをしている学生が少なくありません

メリット

  • 人と関わることが好きな人が多いから話しやすい
  • ボランティアという共通の目的があるので話題に困らない

デメリット

  • 女性の参加者が少ない可能性がある

ゼミと同じで、何か1つの物事に一緒に取り組むことは、人との仲を深めてくれます

また、懸命にボランティアに励む姿は、きっと周りから素敵な存在として映るでしょう。

場所10.留学

留学は、外国人だけではなく日本人とも出会える場所です。

異国の地にいる不安から、寂しくなった男女同士で留学中にカップルになることはよくあります

メリット

  • 人肌恋しい女性と出会いやすく、仲良くなれる可能性が高い
  • 非日常的な空間なので、積極的な女性が多い

デメリット

  • 帰国してから遠距離恋愛になる可能性がある 

もちろん日本人だけではなく、外国人の女性とも出会うチャンスなので活用してください。

留学経験は誰もが持っているものではありません。

貴重な経験だからこそ、後悔のないように積極的に行動してみてください。

場所11.相席居酒屋・相席ラウンジ

最近は相席居酒屋や相席ラウンジでの出会いもよくあります。

女性が安価に利用できるので、訪れる人も多いです。

メリット

  • さまざまなタイプの女性と確実に出会える
  • お酒の席なので盛り上がりやすい

デメリット

  • だいたい3,000円以上は費用がかかる

必ず女性と出会えて、その場で気が合えば他のお店で飲み直しも可能です。

男性慣れしている女性が来ることも多いので、デートにつながらなくても楽しく飲めます。

ただし、女性の中にはタダ飯目的できて、ろくに会話をしない人もいるので注意。

そんな人に当たってしまった場合は、早々に切り上げてお店を変えましょう。

場所12.合コン

大学生の出会いの場としては、合コンもよくあげられるものの1つ。

男女双方の幹事が、それぞれの友人を誘って飲み会を開きます

メリット

  • お互いに出会いたい意思があるから仲良くなりやすい
  • 多くの人と一気に出会える

デメリット

  • だいたい3,000円以上は費用がかかる
  • 合コンを開けるだけの交友関係が必要

基本的には恋人が欲しい人たちが集まっているので、交際に発展しやすい傾向にあります

一方である程度の人脈がなければ、そもそも合コンを開けません。

異性との知り合いを作るか、交友関係の広い友人に合コンの開催をお願いしてみましょう。

場所13.学生コン

合コンを開けるほどのつながりがない人は、学生コンに参加してみるのもおすすめ。

学生コンとは、学生限定の街コンのこと。

合コンと違って、あなた自身に人脈や交友関係がなくてもたくさんの異性と出会えますよ

メリット

  • 交友関係が狭い人でもたくさんの異性と一度に出会える

デメリット

  • 男性は費用が高い
  • 他にも多くの参加者がいるため、しっかりアプローチする必要がある

インターネットで検索すると、さまざまな学生コンが開催されているので応募してみましょう。

一度に多くの異性と出会えるはずです。

しかし、多くの異性と出会える反面、ライバルもたくさん参加しています。

自ら積極的に話を振ったり、発言したりしなければ、相手の印象に残らないかもしれません。

場所14.シェアハウス

あなたは現在、1人暮らしですか?

もしくは1人暮らしをしようとしていますか?

もしそうなら、シェアハウスを検討してみてください。

シェアハウスは他人と同じ家で住むことになるので、とても距離が近くなります

メリット

  • 同じ家で生活するので、日常的に関われて仲良くなりやすい

デメリット

  • 日常生活をお互いに見ることになり、恋愛関係になりにくい
  • 見知らぬ異性とのシェアハウスは周囲の反対を受けやすい

シェアハウスは異性と毎日のように顔を合わすので、自然と仲良くなるでしょう。

異性でもOKなシェアハウスを探すなら、シェアクリップなどのシェアハウス検索サイトを見てみてください。

しかし、見知らぬ男女のシェアハウスは、価値観の違いから上手くいかないことも多いよう。

単に出会いだけ求めてシェアハウスを選ぶと、生活上の不満が出てくるかもしれません。

また、同性ならともかく、見知らぬ異性と1つ屋根の下で暮らすことは、なかなか周囲に理解されづらいです。

こうしたデメリットを十分に理解した上で、シェアハウスに住むか決めましょう。

場所15.ストリート

「もう大体の出会いの場には行き尽くした…」

そうしたときの最終手段がストリートでのナンパです。

自分のメンタルの強さに自信があるならやってみましょう。

メリット

  • 費用がかからない
  • 自分好みの見た目の女性だけを狙える

デメリット

  • 知り合いに見られると印象が悪くなる
  • 確実に話を聞いてもらえるとは限らない

知り合いに見られると印象が悪くなるので、知り合いがいないような場所で取り組むと安心です。

コツはあくまでも自然に話しかけることと、とにかく多くの人にアタックすること。

そもそもナンパ自体が一般的に、あまり良い印象がありません。

「チャラい」といったネガティブな印象があるナンパを成功させるには、とにかく数で攻めるしかないわけです。

ナンパをするなら、思い切ってチャレンジしましょう。

ここまでがオフラインで会える出会いの場15選でした。

とはいえ、今はコロナ禍の影響もあってなかなか対面で人と会えない状況。

そんなときは、次で紹介するオンラインの出会いの場を活用しましょう。

3.【オンライン】大学生の出会いの場5選|バイト・サークル以外はどこ?

【オンライン】大学生の出会いの場5選|バイト・サークル以外はどこ?

「コロナ禍のせいで人と直接会えない…」

「いきなり人と対面で会うのはちょっと…」

このような思いを抱いている人もいるでしょう。

そんな人には、ここで紹介するオンラインの出会いの場5個がおすすめです。

  1. マッチングアプリ
  2. SNS
  3. オンラインゲーム
  4. オンライン街コン
  5. 2chや5chなどの掲示板

順番にお話します。

場所1.マッチングアプリ

オンラインの出会いなら、マッチングアプリがおすすめ。

マッチングアプリとは、恋人や結婚相手を探している異性が出会うためのサービス。

マッチングアプリを利用すれば、家にいながらたくさんの異性とつながれます

メリット

  • 簡単かつ手軽に多くの異性とつながれる

デメリット

  • 体目的や勧誘目的の人がいる
  • 費用がかかるアプリもある

アプリをインストールし、自分のプロフィール設定まで早ければ10分もかかりません。

後は条件などを設定して検索すれば、自分が求める異性に出会えるでしょう。

ただし、中には体目的の人や宗教・ビジネスの勧誘目的の人がいるので、気をつけてください。

多くのマッチングアプリは運営への通報機能を用意しています。

そうした勧誘など受けた場合は、すぐに通報しましょう。

おすすめのマッチングアプリはペアーズ

Pairsは、毎日約5,000人が登録しているくらい人気な婚活アプリです。

他の人気アプリは20,000人〜35,000人程度の登録者数がほとんどですが、Pairsの登録者数は150,000人を超えています!

また、約100,000ものコミュニティがあり、「イタリア料理好き」「海外旅行が好き」などのように価値観が同じ人を見つけやすいです。

登録者数の多さとコミュニティ機能によって、良質な出会いをたくさん手に入れることができます。

「本当に出会えるアプリを使いたい!」という人には良いでしょう。

場所2.SNS

次に紹介するオンラインの出会いの場はSNSです。

あなたがTwitterやInstagramなどを普段から使っているなら、そのまま出会いの場に活用できます。

メリット

  • 自分と同じ趣味の人を探しやすい
  • 費用がかからない

デメリット

  • 素性がわからない
  • 実際に出会うまでのハードルが高い

自分と同じ趣味を持っている人の投稿を見て、気になる人がいたらDMをリプライしてみましょう。

そこで返信がきて話が弾めば、そのうちにご飯へ誘うこともできるでしょう。

また、多くの人に会話を見られることが恥ずかしいなら、DMを使うのも1つの手。

DMなら本人にしかメッセージ内容が見られないので、そうした恥ずかしさもありません。

しかしながら、SNSは素性がわからないことが大きな難点。

いくらメッセージのやり取りが良くても、画面の向こうにいる人がどんな人物なのかがわかりません。

そのため、変な人や怪しい人がこないか警戒して、実際に出会うまでには時間がかかってしまうでしょう。

場所3.オンラインゲーム

オンラインゲームも、実は出会いの場としておすすめです。

共通の趣味を持つ人同士、仲良くなりやすい傾向にあります。

メリット

  • 同じゲームが好きなので親密になりやすい

デメリット

  • オフラインで出会うハードルが高い
  • 近くに住んでいるとは限らない

オンラインゲームで仲良くなった人同士が、オフ会などで出会って交際に発展するケースもあります。

元々同じゲームが好きな人同士ですので、会話も盛り上がりやすく、その後も関係性を深めやすいと言えます。

一方で必ずしもオフラインで出会えるとは限らないですし、そもそも近くに住んでいなくて交際が難しい可能性も。

とはいえ、日頃からオンラインゲームをよくやる人は、出会いの場の1つとして目を向けてみても良いでしょう。

場所4.オンライン街コン

コロナ禍の影響もあり、最近はオンライン街コンという出会いの場も出てきました。

文字通りPCやスマートフォンを利用して、オンライン上でおこなう街コンです。

メリット

  • 自宅にいながら街コンに参加できる
  • 会話できるので人となりがつかみやすい

デメリット

  • 限られた時間での会話になるため、ある程度のコミュケーション力が求められる

マッチングアプリのようにアプリ上のトークではなく、最初から相手の顔を見て会話できるのが魅力。

文章のやり取りではなく、顔を見て話したい人にはうってつけの出会いの場と言えるでしょう。

ただ、オフラインの街コンと同じで、自分も相手も一度に多くの異性と会話します。

そのため、印象に残るような話ができないと、その後の交際には発展しづらいかもしれません。

場所5.2chや5chなどの掲示板

2chや5chなどのインターネット上の掲示板から、出会いを探す方法もあります。

さまざまな人が閲覧する掲示板なら、同じように出会いを求める人とつながれるかもしれません。

メリット

  • 不特定多数の人とつながれる
  • 出会いを求めるスレッドを立てれば、同じ目的の人と出会える

デメリット

  • 相手の素性がわからない
  • 出会い系のスレッドは敬遠されがち

不特定多数の人とつながれる点はSNSと同じですが、匿名性は掲示板のほうが高いので、より気軽につながれるでしょう。

その分、相手の素性はSNS以上にわからないため、出会う際は注意が必要です。

また、2chなどの掲示板で出会いを求めることは、他の閲覧者から非常に敬遠されます

なので、掲示板での出会いは、上手くいかないことのほうが多い点を覚えておいてください。

以上、大学生が使えるオンラインでの出会いの場でした。

自分が使えそうな出会いの場はありましたでしょうか?

もしどれを使えば良いかわからない人は、次で紹介する活用方法を参考にしてみてください。

4.大学生の恋愛で必須スキル|出会いの場所の活用方法

大学生の恋愛で必須スキル|出会いの場所の活用方法

ここまでオフライン・オンラインにおける大学生の出会いの場を紹介しました。

とはいえ、「出会いの場がありすぎて、どれが良いかわからない!」なんて人もいますよね

そんな人は、以下の順番で活用してみてださい。

  1. 大学が与えてくれる機会に参加する
  2. 新しい出会いを求めて大学の外に出る
  3. なりふり構わずチャンスの多い場所を利用する

初めは大学の中で出会える場から活用してみましょう。

サークルやゼミはもちろん、学園祭などもそれに当たります。

大学内での出会いの場は、異性と過ごす時間が長いものが多く、親密になりやすいからです。

同じサークルの人同士が付き合ったという話は、よく聞きますよね。

ですので、まずは大学内にある出会いの場を積極的に活用してください。

その中で出会いが見つけなければ、次は外に目を向けましょう。

街コンやボランティア、留学などですね。

コンやボランティアなら比較的参加しやすいですし、大学では出会えない人たちと会えるでしょう。

とはいえ、街コンやボランティアはいきなり1人で参加するのは、抵抗感がある人もいるはず。

そんな人は、友人を誘って参加してみてはいかがでしょうか?

しかし、街コンのように見知らぬ人と会って、いきなり会話することが苦手な人もいますよね。

その場合は、マッチングアプリやSNSなどのオンラインで出会える場を活用してみてください。

マッチングアプリであれば、まずはアプリ上の会話から始められるので、いきなり対面での会話が苦手な人にも安心です。

また、オフラインでの出会いよりも多くの異性とつながれるので、出会いも探しやすいと言えるでしょう。

出会いの場があり過ぎて迷う人は、ここで紹介した順番で活用してみてください。

どこで出会うか決めたら、後は実際にその場に行くだけです。

ですが、ちょっと待ってください!

何も準備せずに、出会いの場に行こうとしていませんか?

5.大学生こそ出会いの場にいく前にチェックしたいポイント

大学生こそ出会いの場にいく前にチェックしたいポイント

出会いの場を決めたなら、後は行動しましょう!

そのためにも、以下3つのポイントを意識してください。

  1. 清潔感を大事にする
  2. 相手の話をよく聞く
  3. 相手の良いところを見つける

それぞれ見ていきましょう。

ポイント1.清潔感を大事にする

異性と会う上で、清潔感はとても大切です。

心理学の法則の1つである「メラビアンの法則」によると、人から受ける印象の割合は視覚情報が約5割を占めていると言われています。

つまりあなたの印象は、見た目によって簡単に決まってしまうわけです。

どれだけ中身が素敵な人だとしても、汚い服を着ていたり、髪がボサボサだったりしたら良い印象は抱かないですよね。

気心の知れた友人ならともかく、初めて会う人なら余計にその印象は悪くなるでしょう。

ですから、出会いの場にいくときは、清潔感を大事にしてください。

服装や髪型など、きちんと整えておきましょう。

そうでなければ、あなたの素敵な人柄が相手に見てもらえません。

ポイント2.相手の話をよく聞く

異性と会話する際は、話をよく聞くようにしましょう。

話をよく聞いてくれる人ほど、相手から好印象を持たれるからです。

逆を考えてみてください。

人の話を聞かず、一方的に自分のことばかり話す人がいたらいかがでしょうか?

正直に言って、退屈に感じますよね。

会話で大切なのはキャッチボールです。

自分が一方的にボールを投げ続けるのはなく、相手のボールも待ちましょう。

そうしてお互いの話を深めていくことで、心の距離感が縮まります

また、自分の話をしっかり聞いてくれるあなたに、相手は誠実さや魅力を感じてくれるはず。

ですので、出会いの場に行ったならば、相手の話をよく聞くことを意識してみてください。

ポイント3.相手の良いところを見つける

最後のポイントは、相手の良いところを見つけること。

出会いの場に足を運びながら、なかなか恋人ができない人っていますよね。

もしかすると、その人は理想が高すぎるのかもしれません。

容姿や性格など、自分の好みはあげようと思えばいくらでもあげられるでしょう。

しかし、そうした条件を全て満たす人はなかなかいませんし、そこに固執するといつまで経っても恋人ができません。

だからこそ、目を向けるべきは条件ではなく、相手の良いところです。

理想の条件に当てはまらないから切り捨てるのではなく、相手の良いところを探してみてください。

そうすればきっと、身近に素敵な出会いがあるはずです。

まとめ

ここまで、大学生の出会いの場についてお話しました。

オフラインで15選、オンラインは5選と多くの出会いの場があります。

今はコロナ禍の影響もあって、なかなか人と対面で会うのが難しい状況です。

それでも異性と出会える手段は多くあります。

ここで紹介した出会いの場と活用方法をもとに、素敵な出会いを探しましょう。

関連記事

  1. 絶食系男子と仲良くなるには?焦らず距離を縮めていくコツを紹介!

  2. そんなことできる!?プライドが高い彼と上手く付き合う方法

  3. 片思いの人必見!絶対前向きになれる12のポエムを徹底紹介!

  4. 合コン「あいうえお」が使えたら上級者!小悪魔テクで彼をゲットせよ!

  5. 心斎橋で出会うなら相席ラウンジに行こう!心斎橋の相席できる店4選

  6. めんどくさい男とどう付き合う?めんどくさい男の特徴と対処法

  7. 天涯孤独でも楽しく生きていく方法とは?すぐに実践したい3つのこと

  8. もしかしてマザコン?と思ったら!マザコン男の見分け方を紹介

フェリ恋 フェリーチェについて フェリーチェについて 恋愛四季報の本 恋愛四季報の本