付き合う理由って何?好きじゃない人と付き合うってアリなの?

「人と付き合う理由って何だろう?」

現在あなたはこんな疑問を抱えていませんか?

好きになったら付き合うものなの?
そもそも恋人って必要かな?

あらためて自問してみると、案外答えられないものですよね。

本記事では、「人と付き合う理由や意味が分からない!」という方へ向けて、人が恋人を求める理由や、付き合う理由についてお伝えします。

恋人って必要?人が恋人をつくる3つの理由

突然ですが、あなたが恋人を作った(作ろうと思う)理由は何でしょう?

「相手から告白されたから」「好きになったから」というのは、あくまで“きっかけ”ですよね。

“理由”について考えたことは、あまりないのではないでしょうか。

そもそも恋人って必要なのでしょうか?
なぜ人は恋人を求めるのでしょう?

ここであらためて、恋人を求める理由について見ていきましょう。

理由1.寂しいから

人が恋人を作る理由の一つは、ずっと一人でいることが寂しいから、というものです。

特に、友人から恋人の話を聞かされた時、知人の結婚式に出席した時、恋愛ドラマや恋愛映画に触発された時に「恋人がいるって、いいなあ……」と感じることが多いです。

連休やクリスマスなど、恋人達が盛り上がるシーズンやイベントが近づくと、より「恋人が欲しい」とういう気持ちが高まる人も多いです。

普段あまり気にかけることがなくても、「恋人がいない」ことを改めて認識させられるからですね。

恋人を持つことで、人は精神的な安定を得ることができます。

一人でいることが寂しく思えた時、その寂しさを埋めてくれる存在として、恋人を求めるのです。

理由2.支えが欲しいから

特に一人暮らしをしている人はそうですが、職場の外やプライベートで気兼ねなく付き合える人間関係を持つことで、心の支えができます。

家に帰っても一人。週末も一人。会話をするのは職場の人間だけ……。

職場でつくられる関係もまた人間関係であることに変わりはないのですが、プライベートにまで踏み込ませることはなかなかできませんし、たとえば病気になった時や、寂しい気持ちになった時にまで頼るわけにはいきません。

この点、恋人の存在はプライベートでも支えになってくれます。

会社で嫌なことがあって落ち込んでいる時に、恋人が愚痴を聞いてくれたり、励ましの言葉をかけてくれたりすれば、だいぶ気が楽になります。

理由3.将来への不安があるから

ここまで挙げた2つよりさらに現実的に、将来への不安から恋人を作る人も多いです。

将来の不安に対する支え……つまり「結婚」です。

心の支えとしてだけでなく、経済面でも協力していきたいと考えます。

ゆくゆくは子供を産んで育てていきたいという考えがあれば、より将来を具体的にイメージしますよね。

結婚を考えられる恋人がいれば、将来に対する不安についても、一緒に相談しながら解消していくことができます。

好きじゃない相手でも付き合っていい訳とは?


男性から告白されたけれど、相手のことを好きでも嫌いでもない。

というか、そもそも相手をよく知らない。

こんな時、

「まだ好きじゃない人と、とりあえずで付き合ってみてもいいのかな?」

と疑問が湧いてきます。

結論からお伝えしますと、“相手のことを好きじゃなくてもとりあえず付き合ってみる”は、アリです!

ここからは、その理由についてお伝えします。

1.付き合ってからでも好きなポイントを見つけられる

今はそれほど好きな相手じゃなくても、付き合ってから好きになれるポイントを発見できることもあります。

交際していく中で、相手の良いポイントに気づく場面に遭遇することがあるからです。

たとえば、「デート中の彼の優しい気遣いにドキッとした」「ショッピングデートで重い荷物をさりげなく持ってくれて嬉しかった」「悩みや愚痴を親身になって聞いてくれて安心できた」などです。

これらは、実際付き合ってみなければ気づけなかった一面ですよね。

ですので、今は好きじゃない相手でもとりあえず付き合ってみることはアリです。

2.好きになってくれた人を好きになる可能性がある

それほど好きじゃなかったけれど、相手からの猛烈なアプローチを受けて、

「こんなに私のことを好きになってくれたんだ。とりあえず付き合ってみてもいいかな」

という気持ちで付き合い始めた、という人もいます。

自分に対し好意を抱き、優しく接してくれる相手を嫌いになる理由は、なかなかありません。

付き合う瞬間はあまり好きじゃなくても、付き合っていくうちに自分の気持ちに変化が出てくることだってあります。

人の考えや気持ちは変化していくものです。相手が自分に対して好意を持って接してくれるのであれば、なおさらです。

このように、自分を大切にしてくれる相手と付き合っていく中で、自分の中にも「好き」という感情が芽生えてくる可能性は十分あります

ですので、自分を好きになってくれた相手と、とりあえず付き合ってみることはアリ!です。

3.付き合っていることが自信になる

誰かと付き合っているということ自体が、自信につながることもあります。

恋人という「自分を承認してくれている存在」は、それだけで心強いですよね。

友人や家族には言えない悩みも、恋人へ打ち明けることで気が楽になったり、一緒に楽しい時間を過ごすことで落ち込んだ気持ちが回復することだってあります。

逆に、付き合っていない時のことをイメージしてみましょう。

周囲から恋人の話を聞かされると、

「みんなは恋人がいていいな。楽しそうだな」
  ↓
「どうして私には付き合う相手がいないんだろう?」
  ↓
「もしかして、自分に魅力がないからだろうか……?」

なんて、マイナス思考に陥ってしまうこともあります。

その結果、外へ出かけることや新しいことを始めるのが億劫になってしまうことだってあります。

誰とも付き合っていないということが、考え方や生活の質まで変えてしまうのです。

人と付き合いはじめて「毎日が楽しくなった」「ファッションに気を使うようになった」「考え方が前向きになれた」……そんな経験がある人も多いでしょう。

付き合っていることそのものがあなたの自信になっているのです。

そのため、好きじゃない相手であってもとりあえず付き合ってみるということはアリです。

最初から好きじゃなくてもOK!

ここまで、好きじゃない相手でも付き合ってもいい3つの理由について見てきました。

  • 理由1.付き合ってからでも好きなポイントを見つけられる
  • 理由2.好きになってくれた人を好きになる可能性がある
  • 理由3.付き合っていることが自信になる

上記3つの理由からも分かるように、はじめから「好き」という感情が存在しなくても良いのです!

とりあえず付き合っていく中で、相手の魅力を発見できたり、自分の気持ちに変化が出てきたりすることがあるからです。

「好きか嫌いか気持ちがはっきりしないまま、付き合い始めても良いんだろうか?」
「好きでもないのに付き合うなんて、相手に対して失礼じゃないだろうか?」

なんて悩んで気後れする必要はありませんよ。

好きじゃない相手と付き合うメリット

好きじゃない相手ともとりあえず付き合ってみることはアリ!とお伝えしました。

しかし、相手に対する「好き!」という感情があって交際スタートした場合との違いもあります。

「こんなこともあるんだな」と頭の片隅にでも置いておいてもらえればと思います。

まずは、メリットから見ていきましょう。

メリット1.相手と冷静な関係を保てる

好き!という感情は幸せなものですが、人を盲目的にしてしまうことが多々あります。

たとえば、相手が体目当てであったり、結婚詐欺師のようにあなたの好意を自分の利益のために利用することだけが目的であったとしても、なかなか気づけません。

薄々感じたとしても「そんなわけがない」「私たちは恋人同士なんだから」と現実から目を背けてしまいます。

好き!という感情がそれほど強くなければ、相手と冷静な関係を保つことができます。

メリット2.相手の良さに気づける

最初から「この人のここが好き!」から始まった関係でなければ、付き合ううちに相手の好きなところ、良いところを見つけていけるという楽しみもあります。

「相手からの猛烈なアプローチが合ってなんとなく付き合いはじめたけれど、今は私の方が相手を大好きな状態」というケースも。

メリット3.他人と関わることで学べる

好きじゃない相手や、まだあまりよく知らない相手と付き合った場合、交際を続けていく中でさまざまな新発見があります。

たとえば食事ひとつとっても、箸の持ち方はどうか、朝食はとるかとらないか、洋食派か和食派か?など……。

まるで異文化に接する時のように「えっ、この人こんなことするの?」「なんでそういうやり方するんだろう?」と驚くことや、不快になることもあると思います。

こんな時、「今まで私のやり方はこうだったけど、彼のようにやる人もいるんだ」と受け入れることができれば、新たな価値観を取り入れることができます。

好きじゃない人と付き合うことで、これまで自分の中にあった「常識」が変わったり、視野が広がったりと、新たに学ぶ機会を持てるのです。

好きじゃない相手と付き合うデメリット

ここまでお伝えしたメリットだけを見ると、「好きじゃない相手と付き合ったほうが良いかも?」とすら思えます。

しかし、好きじゃない相手と付き合うことには、これからお話するようなデメリットもあります。

「それでも、好きじゃない相手と付き合ってもいいって思えるか?」そう自問しながら読み進めてくださいね。

デメリット1.時間と労力が無駄になる

好きじゃない相手と「とりあえず」付き合ってみて、結局最後まで「好き」という感情が勝ることなく別れてしまえば、それまでの時間や労力、相手にかけたお金などは無駄なものになってしまいます。

とりわけ時間の問題です。もしもあなたが「結婚もしたい、出産もしたい……」と考えていれば、出産適齢期も意識しますよね。

個人差はありますが、30代後半に入ってからの妊娠・出産・育児は、体力的にきつく感じることが増えると言われています。

出産まで見据えた女性にとっては、好きじゃない相手と付き合って別れた場合、無駄になった時間を後悔することになるでしょう。

デメリット2.相手の嫌なところが目につく

「恋は盲目」という言葉があるように、好きという感情は相手を見る目を甘くしてしまいます。

それは時として危険でもありますが、相手の短所や欠点に対して寛容になれるという点では良いことです。

その点、好きじゃない相手と付き合っていると、あなたに冷静な視点があるばっかりに、目につく部分が出てきます。

「相手のこういうところがどうしても嫌だ」。

しかも一旦気にし始めると、どうにもそこばかり気になってしまいます。

これは思春期の女子が父親に対して「お父さんの洗濯物と私の服一緒に洗わないでー!」という感覚にも近いものがあります……。

受け入れなきゃ、と気持ちを抑え込もうとしても逆効果になることが多いので、改善を期待できる内容であれば、相手へ直接伝えたほうが良いでしょう。

まとめ:付き合った後にどこまで歩み寄れるかが大切!

最初から相手のことを大好き!という気持ちがなかったとしても、付き合っていくうちに相手のいいところを見つけていく楽しみがあります。

あなたの価値観や考えが変わるきっかけになるかも知れません。

「まだ相手のことを好きじゃないのに」
「曖昧な気持ちで付き合ってていいんだろうか?」

などと迷うこともありますが、「とりあえず」という気持ちで一歩踏み出してみることで、新たな関係を築いていけますよ。

                          

大人の社交場』としての『出会い』。

洗練された空間と色鮮やかな食事は

ワンランク上の出会いを創造してくれます。

上品な空間で見つける出会いは

運命をも感じさせてくれるでしょう。

心地よい接客と絶え間ない笑顔。

そして、運命的な出会いを手に入れてください。

Pick!

New!