婚活がしんどいと感じたエピソード&しんどい時の乗り越え方

婚活がしんどいと感じたエピソード&しんどい時の乗り越え方

30代になる前には結婚したい!

そう思って20代後半から婚活を続けているものの予想していたより長引いている。

「婚活がうまくいかずしんどい」

「この先も婚活を続けていく自信がない」

「婚活中のストレス対処法を知りたい」

連敗続きだとそんな弱音も出てきます。

婚活中の人たちが「婚活、しんどい……」と思った出来事と、ストレス対処法についてお伝えします。

この記事のポイント

  • 女性も男性も「婚活がしんどい」と思うことは珍しいことではない
  • 婚活がしんどいと感じるのは、明確なゴールが見えないうえに思うように婚活が進まず、心身ともに疲労が蓄積されるから
  • 婚活を一旦休んで、自分の結婚観や相手に求める条件、婚活方法などを見直してみることが大事

1.女性が「婚活ってしんどい」と思ったエピソード

女性が「婚活ってしんどい」と思ったエピソード

「婚活でこんなにしんどくなってるの自分だけ?」

と不安になりますが、婚活している女性は誰しも何かしら「しんどい」出来事に遭遇しています。

婚活をしている30代女性が「婚活ってしんどい……」と感じた4つのエピソードをご紹介します。

  • フリータイムで撃沈
  • まるで圧迫面接
  • 見た目が好みでない人からの熱烈アピール
  • 初対面の人と会話するストレス

1-1.フリータイムで撃沈

【Aさん(34歳)のエピソード】

30代限定参加の婚活パーティー。

会場を見回すと私より若くてキレイな子がたくさんいて……。

ってか、明らかに20代前半でしょー?!って子も。

持ち時間3分の自己紹介タイムが終わったら立食パーティースタイルのフリータイム。

自己紹介タイムで気になっていた男性が数名いたんですが、みんな若い子(もしくは美人)のほうに行ってしまって結局話しかけるタイミングがつかめず撃沈……。

婚活パーティーでの年齢詐称、「あるある」ですね!

年齢詐称をするのは、女性だけではありません。

どう見ても50歳を過ぎてるオッサンがプロフィールに「35歳」と書いていた、という体験談も。

「どうせバレるのになんで年齢詐称すんの!?」と思いがちですが、年齢の壁が存在するのも事実。

結婚相手の条件に「年齢◯歳まで」を挙げる人は、第三者の審査がある結婚相談所の利用が確実です。

結婚相談所については以下の記事で詳しく紹介しています。

1-2.まるで圧迫面接

【Bさん(30歳)のエピソード】

婚活で出会った男性と話す時やLINEしていて苦痛なのが、相手からの質問攻め。

ほぼ全員が疑問系の文章なんです。

「家族構成は?」「両親はいるの?」「子供は欲しいと思う?」……。

結婚後を見据えての質問というのは分かりますがまだ知り合って間もない段階でプライベートまで踏み込まれてストレスです。

相手の年収、家族構成、学歴……。

結婚となると気になることも多く、女性でもやってしまいがち。

答えたくない質問には「秘密です!」で返してしまってOK。

もしデートを予定している男性からのLINEであれば「会った時にお話しましょ!」で良いですし、「メールで細かいやり取りするの苦手なんです」とはっきり伝えてもOKです。

質問攻めにしてくる男性は悪気があるわけでなく「まめに連絡をとろう」「会話を続けよう」という、良かれと思って精神でいることが多いからです。

1-3.見た目が好みでない人からの熱烈アピール

【Cさん(33歳)のエピソード】

婚活を始めて3年目になりますが、なぜか自分の好みと異なる男性から好かれることが多いです。

現在アピールしてきてくれる人がいるのですが、この方も外見が自分の基準以下で……。

考え方は似ているなあと思う部分もありますが、「好き」という感情がなかなか芽生えません。

多くの人と会う機会が多くなる婚活では「これだけはゆずれない!」条件を設定しておくのは基本中の基本。

そうでもしないと、目移りしてしまいますし、「あれもこれも」と欲張っては、時間とお金ばかりかかってしまいます。

かと言って、今回のCさんのように「顔が好みじゃない」「見た目がちょっと……」という理由だけで範囲外とするのも考えもの。

少なくとも「写真で見ただけでNGを出す」というのはもったいない!

第一印象は悪かった、見た目はまったくタイプじゃなかった、という男性と付き合って結婚された婚活経験者の声も多いです。

「好みの顔を狙い撃ちしようとすると婚活が長引く確率が高くなる」との声もあります。

中身を知っていくうちにフィーリングの相性が良いことに気づけたり、笑顔は愛嬌があるな、なんて新たな発見もあるかも。

「まずは会ってみる」「まずは話してみる」こと。

可能性を自ら切り捨てず、まずは一歩ずつ歩み寄ってみましょう。

1-4.初対面の人と会話するストレス

【Dさん(33歳)のエピソード】

なによりもまず、「初対面の相手と話さなくてはいけない」ということに疲れました。

毎回ほぼ同じような挨拶や自己紹介、相手への質問や相槌…。

相手には気に入ってもらいたいから、にこにこしがら少し大げさにリアクションをしてみたり。

一体いつ婚活から解放されるのだろうかと、ふと虚しさを感じます。

初対面の相手と話すときはかなり気を使わなくてはいけないため、本当に疲れますよね。

結婚をしたいという気持ちは絶対にあるはずなのに、苦しい時間を過ごさなくてはいけないという鬱陶しさは否めません。

その場合は、どうして結婚したいのかという理由をもう一度整理し直すことで、婚活へのモチベーションを高めることができます。

どうしても気持ちが続かないのであれば、一旦婚活を休憩することも大切です。

2.男性が「婚活はしんどい」と思ったエピソード

男性が「婚活はしんどい」と思ったエピソード

婚活をしんどいと思っているのは男性も同じのようです。

それでは、男性が「婚活はしんどい」と思ったエピソードを紹介していきましょう。

  • お財布的にもしんどい
  • 会話が盛り上がらないときの恐怖感

2-1.お財布的にもしんどい

【Eさん(31歳)のエピソード】

アプリで何人かとマッチングし、それぞれの女性と何度か食事にも行きました。

でも実際に会う回数を重ねていくと、なんとなく合わないなと感じることが増え、結局交際まで進展できた女性はいません。

食事のときはご馳走したり多めに払ったりもするので、精神的なダメージだけでなくお財布へのダメージも大きいです。

幸いマッチングすることはできているので、相性の良い女性と出会えるまで頑張ろうとは思っています。

実際に会ってみてもフィーリングが合わないことや、何度か会ううちに価値観のズレに気付くことは多いですよね。

また男性の場合は、金銭的な負担から婚活に対するモチベーションが低下してしまいます。

しかし、まずはメッセージやLINEのやりとりを続けることで、なんとなくの相性を確認することができるはずです。

特に男性は女性よりもコストが掛かるので、むやみに会うことはせず相手の文面から判断すると良いでしょう。

2-2.会話が盛り上がらないときの恐怖感

【Fさん(34歳)のエピソード】

婚活パーティーなどで会話が続かないときはしんどいと感じます。

「盛り上げなければ!」と焦れば焦るほどお互いの空気が冷めていくのを実感し、落ち込むことが多いです。

初対面の相手と話すのが得意ではないので、おしゃべりな女性と話せればいいんですが、そういう明るい人は僕じゃない男性を選ぶんですよね。

そういう事実を目の当たりにしてしまうと、受けるダメージが大きいです。

人見知りな人や物静かなタイプの人にとって、婚活パーティーなどのイベントは負担である場合が多いです。

自分の魅力をアピールすることができずに、出会いのチャンスを逃してしまいます。

話すことが苦手な人の場合、自分が話すのではなく相手に質問を投げかけると良いでしょう。

相手の話に興味を持ち、しっかりと相槌を打つことができていれば、話している相手は心地よさを感じることができます。

失敗続きの婚活をどうにかしたい!そんなあなたには以下の記事がおすすめです。

3.婚活がしんどいと感じる原因

婚活がしんどいと感じる原因

婚活がしんどいと感じるのは、なぜなのでしょうか。

そのように思う原因について解説していきます。

  • 「この日に終わる」という明確なゴールがないから
  • 初対面の人と会い続けなくてはいけないから
  • 自分という人間を否定されている気持ちになるから

以上の3つの原因について、それぞれ確認していきましょう。

原因1.「この日に終わる」という明確なゴールがないから

人はゴールが見えることでモチベーションを保つことができます。

しかし、婚活には「あと何回頑張れば素敵なパートナーと結婚できる」というような明確なゴールがありません。

そのため、出口のないトンネルを歩いているような絶望感を抱きやすくなります。

同時に、周りの友人が徐々に結婚や出産をしはじめると焦燥感に駆られ、「こんなに頑張っているのに」と大きく落胆してしまうのです。

原因2.初対面の人と会い続けなくてはいけないから

婚活では、初対面の相手と会わなくてはいけません。

また、相手に気を配りながら会話をするという緊張状態が長く続くため、かなりの疲労が蓄積されます。

特に会話をすることが苦手な人にとっては、相当なストレスを感じることになるでしょう。

パートナーが見つかるまでそれを続けなくてはならず、徐々に婚活に対してネガティブになっていくのです。

原因3.自分という人間を否定されている気持ちになるから

マッチングした後で食事に行き「良い雰囲気でお話ができたな」と思っても、突然音信不通になってしまう。

または、お見合いを申し込んでも断られてしまう、というような経験をした人は多いのではないでしょうか。

相手からパートナーとして選んでもらえないことが続くと、自分という人間を否定されている気持ちになります。

タイミングが合わずパートナーと出会えていないだけなのでしょうが、自信が消失していくのと同時に婚活へのモチベーションがなくなってしまうのです。

4.婚活がしんどい時に乗り越える方法

婚活パーティーに結婚相談所、マッチングアプリまで駆使してるのに、なかなか結婚に至るお付き合いに恵まれない。

連敗続きだと「もしやこれが婚活地獄?」「負のスパイラルってやつ?」なんて、精神的にも追い込まれてしまいすよね。

とにかく婚活がしんどい!そんな時は、次の対処法を検討してみてください。

  • 婚活をお休みする
  • 結婚相手に求める条件を考え直す
  • 自分の結婚観を整理する
  • 別の婚活方法を試してみる    
  • 本当に結婚したいのか自分に問いかける

4-1.婚活をお休みする

対処法1つ目は、婚活をお休みすること。

婚活は、時間(年齢)との戦い。

とはいえ、走り続けていたら疲れてくるのも当然。

焦りや疲労が溜まった状態ではあなたは魅力も半減しかねません。

それこそ負のスパイラルに陥ってしまいます。

こんな時は、一旦お休み。

思い切って婚活から距離を置きましょう!

お休みの間は、結婚や婚活について頭を悩ませず、好きなことをして過ごします。

4-2.結婚相手に求める条件を考え直す

2つ目は、結婚相手に求める条件を考え直すこと。

どの条件も絶対に譲れない!と思い込んで婚活を始めたものの、婚活を進めていくとすべての条件にピッタリ当てはまる人はそうそういないという現実を目の当たりにします。

結婚相手に求める条件を考え直す期間にしても良いのかもしれません。

相手に求める条件や、理想の結婚生活。

婚活を進めてきた中で考えが変わっている部分や、妥協できる部分もあるはずです。

4-3.自分の結婚観を整理する

3つ目は、自分の結婚観を整理してみること。

  • 結婚式を挙げたいか
  • 子どもは望むか、またその人数
  • 仕事は続けるか
  • 両親や義両親との同居を希望するか

など、結婚後の生活を具体的に想像しながら整理していきましょう。

相手の見た目や年収が理想どおりでなくとも、結婚観が似ている場合は結婚生活がうまくいく可能性が高いのです。

4-4.別の婚活方法を試してみる    

婚活にはたくさんの方法がありますが、「婚活サイトのみ」というように1つの方法だけで婚活している人も多いのではないでしょうか。

その方法が、今のあなたに合っていないということも十分に考えられるのです。

現在の婚活方法だけにとらわれるのではなく、別の方法をいくつか試すことで様々なタイプの人と知り合うことができます。

そうすることで視野が広がり、また出会いの質も変化していきます。

複数の方法を試すことで「実は自分にはこっちの方法が合っていたかも」というような発見もあり、より婚活を楽しんで行うことができるでしょう。

ちょっと変わった婚活もあります。詳しくは以下の記事をお読みください。

4-5.本当に結婚したいのか自分に問いかける

最後に、本当に結婚したいのか自分に問いかけてみましょう。

そもそもあなたが婚活を始めたのは、あなたの意思でしたか?

家族や周囲の声に圧されて、世間体を気にするあまり……という動機であれば、婚活がしんどくなるのも当然です。

この場合は、「婚活をやめる」という選択肢を現実的に検討してみましょう!

あなたの人生に何が起こっても、あなたしか責任を取ることができません。

後悔しない人生を送るためにも、自分の意思を優先しましょう。

5.まとめ:婚活がしんどい時は一旦立ち止まってリフレッシュしよう!

まとめ:婚活がしんどい時は一旦立ち止まってリフレッシュしよう!

婚活をしんどいと感じた人たちのエピソードや、しんどいと感じたときの対処法について紹介しました。

婚活が長引けば長引くほど、しんどいと感じる場面は増えてきますよね。

精神的な疲労感や金銭的な負担、自己肯定感の低下など、しんどいと感じる理由は様々です。

そんなときには、

  • 婚活をお休みして、婚活について考えないリフレッシュ期間を設ける
  • 自身の結婚観を整理したり、相手に求める条件を緩めて出会いの幅を広げる
  • なんのために結婚したいと思ったのかを改めて考える

など、一度立ち止まって考えてみてはいかがでしょうか。

ただがむしゃらに進むだけでは、道を見失ってしまいます。

冷静に周辺を見回すことで、自分にとって本当に大切なものが見えてきますよ。

▼婚活の成功例を知りたい方は、こちらの記事もおすすめです▼

関連記事

  1. 【横浜でおすすめの婚活】コロナ禍でも安全に出会える方法5選

    【横浜でおすすめの婚活】コロナ禍でも安全に出会える方法5選

  2. 婚活をやめたい時っていつ?対処法とやめる前に行いたい3つのステップ 文

    婚活をやめたい時っていつ?対処法とやめる前に行いたい3つのステップ

  3. 婚活パーティーでモテない女からモテる女に変わる方法3つ

  4. 婚活が手遅れだなんて言わせない!「女は30から」その理由は?byE子

    婚活が手遅れだなんて言わせない!「女は30から」その理由は?byE子

  5. 婚活でハイスペ男性と出会いたい女性のための婚活戦略

  6. 婚活で年収1000万円以上の男性と出会う!選ばれる女性の条件と婚活方法

    婚活で年収1000万円以上の男性と出会う!選ばれる女性の条件と婚活方法…

  7. 3人のセレブ妻が大激論!私はどうやって婚活を成功させたのか?

    3人のセレブ妻が大激論!私はどうやって婚活を成功させたのか?

  8. 婚活が辛い、やめたい!でも続けないと結婚できない?頑張らない婚活論 ByE子

    婚活が辛い、やめたい!でも続けないと結婚できない?頑張らない婚活論 B…

フェリ恋 フェリーチェについて フェリーチェについて 恋愛四季報の本 恋愛四季報の本