ディープキスのやり方は?うまくなって彼と仲良くなる方法を紹介!

「ディープキスのやり方がわからない。。」なんて、お悩みではないでしょうか?

普通のキスはしたことがあっても、ディープキスはやったことがないという人も珍しくはありません。

しかし、彼との距離を縮めるためにはディープキスが必要となることもあると思います。

そんなときに、やり方がわからなければ失敗してしまうかもしれません。

キスで失敗なんて、絶対に避けたいトラブルですよね。

そこで今回は、ディープキスのやり方や、ポイントなどを解説していきます。

ディープキスをうまく行えるようになって、彼と今以上に仲良くなりましょう!

キスマークの付け方と消し方については、こちらの記事を参考にしてください↓

1.そもそもディープキスとはどういうもの?

ディープキスとは、相手の口の中に舌を入れるキスのことです。

ディープキスは、フレンチキスと呼ばれることもあります。

唇だけではなく、舌や口内などの敏感な部分でもキスを楽しむことができるので、好きな人は多いです。

長くつきあっていれば、キスは自然とディープキスになってしまうというカップルも少なくありません。

そうは言っても、やったことがなければ、「本当にみんなやっているのかな……?」なんて、疑問に思いますよね。

ここで、実際にみんながディープキスをしているのかを見ておきましょう。

1−1.みんなもディープキスをしているの?

みんなもディープキスをしているのかを調べると、以下のようになりました。

このように、ディープキスをするのが好きな人や、実際にやっているのを目撃したという人は多いです。

したがって、ディープキスはそこまで珍しいものではないと言えます。

ただ、ディープキスする時の雰囲気はとっても大事。

ディープキスのやり方そのものよりも大事なことなので、これからご紹介する雰囲気作りは是非覚えておきましょう

2.ディープキスは雰囲気作りが大切。場所やタイミングはある?

ディープキスを行うべき場所やタイミングは、明確にはありません。

ですが、ディープキスを自然な形でするなら、いきなりかぶりつくのではなく雰囲気作りをすることが重要になります。

雰囲気作りには色々なやり方がありますが、

  • 積極的にスキンシップする

例:手をつないだり絡ませたりする、抱きしめ合う、髪や首筋に触れる、軽くキスする、などを優しく繰り返す

  • 愛の言葉をささやく

例:「好きです」、「愛しています」、「一緒にいたい」など、相手を好きだという気持ちを素直に表した言葉をささやく

  • リラックスした空間の演出

例:マッサージする、ゆっくりティータイム、アロマキャンドルを点ける、などリラックスできる空間を演出する

上記の3つが効果的です。

雰囲気を整えて少しずつ気持ちを盛り上げることで、お互いが甘く幸せな気分でディープキスできるでしょう。

上記のように雰囲気を作ったうえで、デートでキスを毎回のようにするようになったら、以下の場所やタイミングで行うのが良いでしょう

タイミング1.夜景がキレイなところで寄り添っているとき
タイミング2.カラオケなど密室にいるとき
タイミング3.車内でゆっくりしているとき
タイミング4.家やホテルで2人きりのとき

これらの場所やタイミングは、ディープキスをするにはぴったりの場所だと言えます。

なぜなら、ロマンチックだったり、二人だけの空間だったりという状況だからです。

それでは、それぞれのタイミングについて、順番に確認していきましょう。

タイミング1.夜景がキレイなところで寄り添っているとき

夜景がキレイなところで寄り添っているとき、ディープキスをするのにはぴったりです。

ロマンチックな雰囲気がただよっているので、もしかすると彼のほうからキスをしてくるかもしれません。

お互いに何回か普通のキスをしてから、さり気なくディープキスをしてみると良いでしょう。

注意するべき点としては、ホテルなどの2人きりの空間でないなら、やりすぎないようにするということです。

外で周りにも人がいるなら、ディープキスは5秒程度までにとどめてください。

ほんの少しの時間だとしても、ディープキスを達成したという事実さえ残れば次からは当然のように行うことができるので大丈夫です。

タイミング2.カラオケなど密室にいるとき

カラオケなどの密室にいるときも、ディープキスはやりやすいです。

カラオケは空間が狭いので、自然と2人の距離は近くなります。

お互いに歌うこともなくなってなんとなく雑談を始めたときに、普通のキスをどちらともなくすることもあるはずです。

そのときに、自分からも普通のキスをしてみて、抵抗されなかったらディープキスのチャンスだと考えられます。

最初は軽く舌を絡める程度までにしておき、様子を見ながら長時間のディープキスを行っていってください。

注意点としては、カラオケは密室と言っても、外から多少は見られる空間だということです。

完全に2人きりの世界ではないので、周りの目の存在を忘れずに、やりすぎには注意してください。

タイミング3.車内でゆっくりしているとき

ドライブ中の車内も、密室で2人きりの空間なのでディープキスを行える可能性があります。

運転席と助手席なら距離も近いので、普通のキスもしやすいはずです。

そこで、さり気なくディープキスに持ち込むのが良いでしょう。

ただし、注意するべき点としては、信号待ちで止まっていても運転中にディープキスはやめておくということです。

2人とも、ついつい時間を忘れてディープキスを続けてしまうかもしれません。

そうなると信号のことも目に入らなくなってしまうので、しっかり駐車して休憩しているときに行ってください。

ドライブデートをよくするというカップルなら、やりやすい方法だと言えます。

タイミング4.家やホテルで2人きりのとき

家やホテルで2人きりになれるなら、ディープキスをしないのはもったいないです。

そのような完全に2人だけの空間は、ディープキスには最適だと言えます。

きっと、彼のほうも普段のキスより一歩先に進みたいと思って誘ってくれているはずです。

周りの目を気にする必要もないので、安心して行うことができます。

注意点としては、家やホテルで2人きりのときにディープキスをしたなら、キスより先にも進む可能性が高いということです。

ディープキスまでで止めておきたいという場合は、ディープキスを終えた段階で早めに相手に理由を説明してください。

流れに身を任せていると、身体も許してしまうことになりかねないので気をつけましょう。

以上が、ディープキスの場所やタイミングでした。

最初のディープキスは特に、いつ行うべきか悩むと思うので参考にしてみてください。

では、ここからはディープキスのやり方をご紹介します。

3.ディープキスのやり方

やったことがないと難しいと思いがちなディープキス。

でも、やり方さえ分かればそれほど難しいものではないんですよ。

ここではディープキスのやり方をステップ別に見ていきます。

ディープキスのステップは、

  1. 唇と唇を軽く重ね合わせて普通のキスをする
  2. 相手の唇を軽くふちどるように舐める
  3. 相手の舌を優しく舐める
  4. 相手の舌に自分の舌を絡める
  5. 口の中など舌以外の部分を舐める

このように分けることができます。

それぞれのステップについて詳しく説明しますね。

①唇と唇を軽く重ね合わせて普通のキスをする

まずはいつもの普通のキスからスタートしましょう。

唇同士が軽く触れ合うキスを繰り返します。

このときのポイントは、焦らず丁寧にすること。

優しく丁寧なキスをしているうちに、だんだんリラックスしてきて自然に力が抜け、口も開きやすくなりますよ。

②相手の唇を軽くふちどるように舐める

次は、相手の唇の形をふちどるように軽く舐めてみましょう。

ふちどるように舌を動かすのが難しいという人は、舌先で相手の唇を軽くツンツンしてみるのでもよいですよ。

大切なのは、優しく軽く舐めるということ。

これは、単なる前戯ではなく、口の中に舌を入れる前に唇を舐めることで「ディープキスをしたい」と合図を送る意味があるんです。

ディープキスに慣れている人ならすぐに察してくれますし、初めての人も「もしかして…」と感づきやすくなります。

もしこのとき、相手がそれ以上進むのがイヤそうな素振りを見せたら、無理強いはせず、意思を尊重してあげてくださいね。

③相手の舌を優しく舐める

口が開いたのを見計らって、相手の舌を優しく舐めます。

がっつきたくなるかも知れませんが、すぐに舌を絡めると相手にドン引きされる可能性があります。

舌同士の触れ合いを焦らしながら楽しむ余裕を持ちましょう。

④相手の舌に自分の舌を絡める

ここまでいくと、お互いとても気持ちが盛り上がっているはずです。

舌と舌を絡め合い、文字通りの「ディープキス」を始めます。

舌で弧を描くのをイメージしながら相手の舌に自分の舌を絡めましょう。

舌の動かし方はお好みでよいですが、

  • 控えめな絡みから肉食獣のような激しい絡みへ
  • 互いの舌を入れたり引いたり
  • 時々口を離してみる

など、メリハリを効かせて続けると、気持ちの良いディープキスだと感じることができます。

⑤口の中など舌以外の部分を舐める

舌だけでなく、歯茎や舌下部など口の中を舐めてみてもよいでしょう。

激しさの増したディープキスを繰り返すことで、相手に対する愛おしさもより高まる効果が期待できます。

ただし、相手が嫌がるようならやめてあげてくださいね。

お互いが気持ちよくできる範囲で行うのが愛情が深まるコツですよ。

4.キス上手のテクニックを真似ればあなたもディープキス上級者に!

先ほどご紹介した基本なステップで丁寧にするだけでも、なかなか素敵なディープキスを行うことができるでしょう。

でも、「キス上手」と呼ばれる人たちは、このステップに加えていくつかのテクニックを実践しているんです。

注目したいテクニックは4つ。

  • 口は半開きで
  • ボディタッチを積極的にする
  • 音や声を立てる
  • 良い香りで刺激する

ここでは、この4つについて詳しく説明します。

テクニック1.口は半開きで

ディープキスは、口を半開きにしたほうがやりやすくなります。

固く閉じていたらなかなかディープキスに発展しませんし、かと言って口を全開にしていたら噛みついてきそうなイメージをもたれて相手を怖がらせてしまいます。

口を半開きにしておくと、舌を自在に動かすことができますし、相手もタイミングを計りやすくなります。

そのうえ、半開きで湿り気を帯びた口というのは、なんとも色っぽいんです。

「キスしろ」と誘っているように見え、相手はますます興奮します!

思わずキスしたくなる口の演出をするのなら、半開きがうってつけなんですね。

テクニック2.ボディタッチを積極的にする

ディープキスのための雰囲気を作る際にもスキンシップが効果的だと前述しましたが、ディープキス真っ最中のときはもっと激しく相手の身体を触ってみましょう。

触る部位は喜ばれそうなところならどこでも構いませんが、いきなり大胆な部位を触ると相手によっては引かれてしまう可能性があります。

おすすめは、髪の毛や後頭部。

抵抗なく触らせてくれるうえに、感じやすい人が多いと言われている部位です。

他にも、

  • 背骨をなぞるように背中を触る
  • 手を力を込めて握る
  • 耳たぶをなでる

など、盛り上がるボディタッチはたくさんあるので、様子を見ながら試してみるとよいですね。

テクニック3.音や声を立てる

リップ音を立てると、互いに興奮しやすくなります。

例えば、相手の舌を吸う→口から離す、を繰り返すと「ピチャッ」みたいなリップ音を鳴らすことができます。

吐息を漏らすのもおすすめです。

耳元で悩まし気な吐息音が聞こえると、それだけで興奮してしまう人も。

声を立てるのもよいですね。

「ん…」みたいな、立てる気はなかったのについ漏れちゃったといった感じの声だとセクシーで相手の心をわしづかみできますよ。

ポイントは、自然なことと汚くないこと。

盛り上げようとしてわざと音や声を立てていることがバレると、相手が白けてしまうことも。

また、耳障りな汚い音や声は、せっかく盛り上がったムードをぶち壊しにしかねませんよ。

参考にするのなら、洋画がおすすめです。

洋画のキスシーンは濃厚なディープキスが展開されることが多いので、リップ音や吐息、セクシーな声を聞くことができます。

日本人がそのまま真似るにはちょっと恥ずかしいかも知れませんが、良いヒントにはなりますよ。

こちらにおすすめの恋愛映画(洋画)をまとめてるので、良ければディープキスのヒントにしてくださいね。

テクニック4.良い香りで刺激する

嗅覚を刺激すると、興奮が高めることができます。

  • 近づいて嗅ぎたくなるような良い香りのするリップクリーム
  • 異性を惹きつけると言われている成分が配合されたリップクリーム

などをさりげなく塗っておくと良いですね。

キス専用の唇美容液なんてラブグッズもあるので試してみるのも良いでしょう。

 

>>唇美容液ヌレヌレの詳細

※外部サイトに移動します。

 

リップクリームが苦手な人は、フェロモン入りの香水を付けるのはいかがでしょうか。

首周りや耳の後部など温度が高い部位に付けておくと、高い効果を引き出すことができます。

でも、付けすぎると、香りがきつすぎて相手の気持ちが萎えてしまうかも知れません。適量を付けてくださいね。

5.正直イマイチ…相手がディープキス下手だった場合はどうすべき?

意中の相手とディープキスするところまで発展したものの、その相手がディープキス下手だった場合、どうしたらよいのでしょうか。

ディープキス下手と言われる人の特徴

そもそもディープキスが下手な人って、どんな人のことを指すのでしょう。

主な特徴を3つ挙げてみます。

余裕のなさが伝わってくるような慌てぶり

濃厚なキスをしたいという思いが強すぎて、慌てるようにキスしてくる人。

歯がぶつかったり、相手が呼吸できなくなるぐらいに口を塞いでいたり、ひとりよがりでアグレッシブなキスをしがち。

舌の動きが鈍い

固まってしまったかのように舌が動かなかったり、控えめにちょろっと舐めるだけだったり、舌の動きが「絡める」までいっていない人。

表情が固いor無

こわばった表情や無表情でディープキスを迫ってくる人。

真意がどこにあるのか読めないので、相手を不安な気持ちにさせがち。

ディープキス下手の相手への対処法

相手がディープキス下手だった場合の対処の仕方を3つご紹介します。

受け入れてあげる

キスも経験回数が多ければ多いほど上手になります。

経験の浅さゆえに下手なことを責めても何の解決にもなりません。

今の状態をとりあえず受け入れてあげて、これから何度も練習がてらキスして上手になってもらいましょう。

コミカルに優しく指摘してあげる

自分のキスが下手なことをわかっていない人に遠回しに指摘しても、気づかれないかも知れません。

かといって、怒って言うと心を傷つけてしまいかねないので、ちょっとおどけて優しく、でもはっきり指摘しましょう。

ちなみに相手が男性の場合、涙目で優しくしてほしいと訴えるのもかなり効果があります。

やられたことをやり返す

歯をぶつけてきたらぶつけ返し、口が痛くなるぐらい吸いついてきたら吸いつき返す、というふうに、身をもって知ってもらいます。

ただし、相手が鈍感な場合は、あなたも今こんなことをしてきたんだよ、と一言説明が要るかも。

下手だったら早い段階で教えてあげたほうがいい

相手のディープキスが下手だと感じたら、早めに教えてあげてください。

拙いキスに我慢して付き合っていても、あなたの不満が募るばかりになります。

愛を育むはずのディープキスが仲違いの原因になるかも知れません。

ベストな教え方は相手の性格によって変わってきます。

先ほど述べた対処法を参考に、相手のプライドを傷つけないように教えてあげましょうね。

6.ディープキスが上手くなる!普段からできる練習方法

ディープキスは普段から練習することができます。

しかも相手は必要なく、自分一人でできてしまうので、ディープキスに自信がないという方はこれから紹介する練習を取りいてください。

練習方法1.キャンディや氷で舌を動かすトレーニング

ディープキスが上手な人は、緩急をつけて自在に舌を動かすことができます。

キャンディや氷など、舐めるものを用意して練習しましょう。

できるだけ舌を使いながら口の中でゆっくりキャンディや氷を転がすことで、おのずと舌を鍛えられます。

ポイントは、溶けて形が変わってきたのを舌で確認するように舐めること。

舌の動きが細かくなり、よりトレーニング効果が高くなります。

昭和から続く都市伝説で、「さくらんぼの茎を口の中で結べるとキスが上手」というのがあります。

やってみたことがある人はご存知かと思いますが、茎が想像以上に短いため、結べるようになる前に顎が疲れてガクガクになってしまいます。

それに加えてさくらんぼはキャンディや氷よりも単価が高いです。

手軽に買えるキャンディや家でも作れる氷で練習したほうがコスパが良いですよ。

練習方法2.こんなキスしたい!というイメージトレーニング

理想のディープキスを思い浮かべてイメージトレーニングするのも大事なことです。

ディープキスのシーンがあるドラマや映画を見ながら、自分がやる場合についてイメージしてみましょう。

全くイメージのないまま行うよりも、事前にイメージできていたほうが上手にできること間違いなしですよ。

7.ディープキスの前に覚えておきたい注意点6つ

ディープキスする前にぜひ確認して覚えておいてほしい注意点があります。

  • 口臭のチェックとケアを怠らない
  • 顔の手入れを入念に
  • がつがつしない
  • 様子を見ながらする余裕を
  • ケガさせない
  • ふたりきりの場所を選んでする

6つの注意点について詳しく見ていきましょう。

口臭のチェックとケアを怠らない

ディープキスは普通のキスよりも密着度が高く、そのぶん口臭がダイレクトに伝わります。

口臭がキツかったら、一瞬で相手を不快にしてしまいます。

もしかすると、それをきっかけに今度からディープキスをしてくれなくなるかも…。

キスしそうな状況になることが少しでも想定できるのなら、歯磨きを丁寧にしてから相手に会うようにしましょう。

歯磨きする時間がない場合は、口臭ケアできるガムやタブレットを噛むと良いですね。

いつどうなってもいいように、口臭ケア商品をそっと携帯しておき、いつでも使えるようにしておくと安心です。

また、相手と会う予定がある日の飲食にも気を付けて。

ニンニクや納豆など、臭いのキツい食材を口にしないようにしましょう。

スナック菓子なども商品によっては臭いがキツいものがあるのでわざわざ食べなくてよいでしょう。

食べカスが口内に残っても不衛生ですしね。

お酒も飲み過ぎるとアルコール臭がキツくなるので、ほどほどにしておくほうが無難です。

喫煙者の人も注意。

相手が非喫煙者だとタバコの臭いにとても敏感で嫌がられる可能性大です。

キスの前にタバコを吸うのはやめておき、歯磨きをしたりタブレットやガムを噛んだりして、できるだけヤニ臭さを消しておきましょう。

顔の手入れを入念に

顔が近づけば当然相手の顔もよく見えるようになります。

以下にご紹介する顔の手入れは定期的にしておきましょう。

鼻毛の手入れを丁寧に

目を閉じてキスしているときにふっと目を開けたくなって目を開ける、唇が重なるギリギリまで相手の顔を見ている、そんなときに相手の鼻孔から鼻毛が見えたらぎょっとしますよね。

相手だけではありません。

もしかすると、あなたの鼻孔からも鼻毛が見えているかも?

真正面から鏡を見て鼻毛が見えていなくても、別の角度から見たら1本ちらっと見える…なんてこともしょっちゅうあります。

どの角度から見られても隙がないよう、丁寧に鼻毛の手入れをしておきましょう。

唇の保湿

逆立ったウロコみたいにガッサガサの唇だと、せっかくキスしても感触がイマイチで気持ちよくなれない可能性があります。

唇を荒らさないよう、日頃からリップクリームで保湿をする習慣を身に付けておきましょう。

ところで、唇のケアは女性のもの、と考えている男性はいませんか?

ガサガサ唇がいただけないのは男性も同様ですよ。

最近は、男性の唇の状態に合わせてつくられた多種多様なメンズリップが販売されています。

男性も唇のケアはしっかりしておきましょう。

一般的に、主に口呼吸を行っている人のほうが鼻呼吸を行っている人に比べて唇が荒れやすい傾向があります。

鼻呼吸に変えられるようなら、変えることをおすすめしたいですね。

ひげの手入れはしっかりと

これは主に男性側ですが、無精ひげが女性の柔肌に当たるとチクチクして痛いです。

そのチクチクが好き!という女性がいないわけではありませんが少数派です。

痛みが気になってディープキスに集中できなくなると言っている女性のほうが圧倒的。

キスするかも…と思ったら、いつもよりもしっかりひげの手入れをしておきましょう。

がつがつしない

なんとなくいいムードになって、さあキス!

次の瞬間、相手の口をこじ開けるように舌をっ!!

…こんながつがつした無粋なことはしないでください。

相手が無理強いされたと感じ、ディープキスにマイナスイメージをもってしまうかも知れません。

様子を見ながらする余裕を

ディープキスを始めて徐々に興奮してきたら、思考なんてぶっ飛んでしまうかも知れませんが、相手の様子を見ながら進める余裕がほしいものです。

  • 相手も舌が絡み合うのを楽しんでいそうなら少し激しく絡める
  • イヤそうなら軽めのキスに切り替えて警戒心を解く努力をする

など、自分だけ楽しむのではなく、相手にも合わせてあげるのです。

相手が奥手で恥ずかしがっているようなら、いったんディープキスはやめて、普通のキスやスキンシップを間に入れるなどすると、上手くいくこともあります。

もしも、相手がディープキスに慣れていないのが見て取れたら、10数秒程度でやめてあげましょう。

慣れてない人相手に長々していると「ディープキスは疲れる」と困ったイメージをもたれてしまうかも知れません。

何度も繰り返して慣れてくれば情熱的な長いディープキスができるようになるので、それまで待ってあげる余裕を持ちましょう。

ケガさせない

ディープキスには、舌を絡める以外に舌を「吸う」テクニックもあります。

テクニックはどんどん使えばいいと思いますが、興奮のあまり力が入ってつい吸い過ぎてしまう人もいるようです。

やったほうは、「吸いすぎちゃった!ごめんね!」で済むかも知れませんが、吸われたほうは非常に痛みを感じています!

吸われた部分が出血していつまでも痛む、吸われた部分が傷になってそこが口内炎になって痛む、なんてことも。

また、キスする際の勢いが良すぎてガツンと歯がぶつかり、歯で唇や歯茎を傷つけて出血してしまう、という事例もあります。

気持ちよくなれるはずのディープキスでケガさせてしまったら、相手は二度とあなたとディープキスをしてくれなくなるかも知れません。

口の中はとてもデリケートな部分であることを忘れないようにしましょう。

ふたりきりの場所を選んでする

ディープキスは、どちらかの部屋などふたりきりの場所ですることをおすすめします。

外国だと公衆の面前でもお構いなくディープキスするカップルがたくさんいますが、日本で同じことをすると、マナー違反だと捉えられがちです。

自分は人に見られてOKでも相手はそうでなかったら、他の人の目を気にしてなかなか心を開いてくれないでしょう。

それに…お互いに気持ちが盛り上がって興奮してきたら、ディープキスだけで終わらない可能性もありますよね。

後で思う存分にふたりの触れ合いを楽しむのなら、やはり誰もいない場所のほうがなにかと都合がよいと思いますよ。

8.ディープキスの種類を知っておこう!

ディープキスの種類は、以下のようにさまざまなものがあります。

ディープキス1.インサートキス
ディープキス2.オブラートキス
ディープキス3.サーチングキス
ディープキス4.ピクニックキス
ディープキス5.カクテルキス
ディープキス6.ニプルキス
ディープキス7.バインドキス
ディープキス8.クロスキス

思ったよりもたくさんあってビックリした人も多いかもしれません。

名前を覚える必要はないので大丈夫です。

日々のディープキスのときに、たまに新しいことをしたくなったらぜひ挑戦してみてください!

それでは、それぞれのディープキスの種類について、順番に確認していきましょう。

ディープキス1.インサートキス

インサートキスとは、男性と女性で交互に相手の口の中に舌を入れるディープキスのことです。

彼が舌を自分の口の中に入れてきてくれたら、それを舌で優しく包み込むようなイメージを持っておくと良いでしょう。

逆に、自分の舌を彼の口の中に入れるときも、優しく入れることがポイントです。

何度も繰り返し優しいディープキスを行うことで、彼との仲がさらに良くなります。

「彼との仲を少しでも縮めたい。。」なんて、思っている人は多いはず。

ゆっくり愛情を深めていきたいときにはうってつけのディープキスです。

ディープキス2.オブラートキス

オブラートキスとは、出してもらった舌を吸い込み、オブラートのように包み込むディープキスのことです。

彼に舌を出してもらったら、優しくていねいに包み込んであげましょう。

相手の舌を傷つけないように、優しく包むことがポイントです。

吸い込むのが好きな人もいれば、包み込まれるのが好きな人もいるので、彼とお互いに試してみてください。

独特の気持ちよさが味わえるディープキスだと言えます。

ディープキス3.サーチングキス

サーチングキスとは、相手の口の中に舌を入れて歯茎を舐めるディープキスのことです。

歯茎を全体的に舐めることで、相手が気持ち良いと感じる部分を見つけられます。

舌よりも歯茎を舐められたほうが気持ちよさを感じるという人も少なくありません。

彼の歯茎を舐めてあげて、自分の歯茎も舐めてみてもらうのが良いでしょう。

ただし、「歯茎まで舐められるのはちょっと嫌かも。。」という男性もいるので、最初は少し舐めるくらいで反応を見るようにしてください。

ちょっと試してみて相手が喜んでいるようなら、積極的に歯茎のさまざまな部分を舐めてあげてみてください。

ディープキス4.ピクニックキス

ピクニックキスとは、お互いが舌を出して、唇は合わせないように舌だけで行うディープキスのことです。

口を開いた状態でのキスなので、舌に力が入ってしまいやすいので気楽に行いましょう。

ピクニックキスは唇が触れ合わないディープキスなので、舌に感覚が集中します。

したがって、彼が唇よりも舌で感じるという場合には喜んでもらえる可能性が高いです。

ただし、ピクニックキスを行うならお互いの協力がなければできないので、事前に相談したほうが良いと言えます。

ディープキス5.カクテルキス

カクテルキスとは、お互いが口を開いたままくっつけて、唇をつけたり離したり、舌を吸ったり噛んだりするという自由なディープキスのことです。

お互いが好きなようにディープキスを行うことができるので、仲の良い彼となら非常に楽しい時間になると思います。

ただし、吸ったり噛んだりといったことをするときには、相手が痛がらないかを注意しておくべきです。

せっかく仲良くディープキスをしていたのに、相手に痛い思いをさせてしまうのは避けたいですよね。

最初は特に力加減が難しいと思うので、様子を見ながらやっていきましょう。

ディープキス6.ニプルキス

ニプルキスとは、舌先を使って相手の唇の端から端まで軽く触れることを繰り返すディープキスのことです。

右端から左端へ、左端から右端へ、というように、繰り返し優しく舐め続けていきます。

その際、上唇と下唇の両方を舐めますが、ペースを一定にしないほうが快感を感じる人が多いです。

長時間やりすぎると唇が荒れてしまったり、舐めている方も疲れてしまったりと、少し大変なので他のディープキスをおりまぜながら試してみましょう。

ちなみに、彼にニプルキスをやってもらう場合は、事前に唇のケアをしっかりしておくのが良いです。

舐めたときにカサカサの唇だったら、彼は少し残念に思ってしまうかもしれません。

ディープキスをするなら、常にリップクリームを持ち歩いて適宜使う習慣をつけてください。

ディープキス7.バインドキス

バインドキスとは、相手の口すべてをくわえるようにして、たまに唇を舐めるディープキスのことです。

軽めのキスをすれば、相手と役割を交代して次はやってもらう番になります。

ただし、口をくわえこむディープキスなので、唾液がお互いの口の周りについてしまうので注意しておかなければなりません。

唾液も気にしないくらいの仲の2人がやれば、非常に盛り上がる方法だと言えます。

舌よりも唇で感じるという相手には、喜んでもらえるディープキスなので覚えておいてください。

ディープキス8.クロスキス

クロスキスとは、お互いが口を開いたまま唇をくっつけて、舌を吸ったり噛んだりするという自由なディープキスのことです。

カクテルキスと似ていますが、カクテルキスは唇をくっつけたままではないのに、クロスキスは唇をくっつけたままなのが特徴となります。

長時間行うときは鼻で呼吸をすることになるくらい、口を完全密着させたディープなキスです。

本当に仲の良い彼としかできないかもしれませんが、成功すれば仲良しの証拠だと言えます。

以上が、ディープキスのさまざまな種類でした。

すべてをマスターする必要はありませんが、「ちょっといつもと違う刺激が欲しい」なんてときは試してみてください。

試すのが不安なら、事前に彼に相談しておけば安心ですよ!

ディープキスを通して、彼との中を今よりもどんどん縮めていきましょう。

9.実はこう思っています!男女別に見るディープキスに関する本音

ディープキスについてどう思っているのか、男女別に本音をまとめてみましたのでご覧ください。

男性の本音

「ディープキスは性欲に近いと思います。
セックス同様、男の本能的にやりたいからやってる感じです。」

「ディープキスしているときは、セックスのことばかり考えています。
上手くセックスに持ち込むために彼女の身体を触ってその気にさせようとしています。」

「どうやれば彼女が気持ちよくなってくれるかを考えながらディープキスしてます。
ディープキスって考えることが多いんですよね、舌の絡め方とか途切れない呼吸のやり方とか」

女性の本音

「上手なディープキスは大好き。うっとりしちゃう。セックスより気持ちいいかも。」

「唾液が垂れたり口の周りについたりするのが汚い感じがしてそこまで好きじゃないです。」

「ディープキスされると、私はこの人に愛されてるんだなあって満足感でいっぱいになります。いつまでもこの時間が続けばいいのにって思ってしまうぐらい幸せです。」

「ディープキスされてるときは、早く終われって思いながらぼんやりしてます。
相手のことが嫌いってわけじゃないんですけど、ディープキスが苦手なんで。
苦手だけど、相手がやりたいみたいなので一応受け入れてはいます。」

男性はディープキス≒セックス!?女性は冷静な傾向も

男性は、ディープキスを性欲やセックスと結びつけたような本音を漏らしている人が多かったです。

ディープキスに対して好印象をもっている人が多く、どうやったらセックスに持ち込めるか、どんなやり方をすれば彼女を喜ばせることができるか等、必死に考えてやっている傾向がありましたね。

女性にもディープキスが好きという人はいましたが、あまり好きではないという本音も目立ちました。

口臭を感じたり唾液がべたべたになるのが嫌で好きになれないという理由が多かったです。

女性をうっとりさせるには、こうした衛生面が気にならなくなるほどのテクニックや雰囲気作りが必要になってくるんですね。

10.たぶん一生忘れない!私のディープキス体験談

実際にディープキスしてどんなことを思ったのか、ディープキスの体験談を見てみましょう。

体験談1:やると言うならやるけど…ディープキスってそんなに良い?

女性の体験談です。

交際2か月ごろに相手が「ディープキスしたい」と私に言ってきました。

それまで普通のキスしかやったことがなかったのでちょっと迷ったけど、好きな人がやりたいと言っているのだから、やらせてあげようと思ってやってみました。

「いいよ」と返事すると、彼が嬉しそうに舌を入れてきて(笑)

適当に合わせていれば、洋画のヒロインみたいに興奮してくるのかな~なんて思っていましたが、単に彼の舌のぐにゃっとした感触を感じるだけでそこまでに至らず。

それどころかどんどん気持ちが冷めてきて、「舌の感触が気持ち悪い」とか考えてしまいました。

ディープキスってそんなに良いものなんですかね?

体験談2:彼女の本命は間違いなく自分だと確信できたディープキス

男性の体験談です。

付き合い始めて3ヶ月ぐらい経つまで待ち、やっとディープキスすることができました。

ふたりだけでカラオケに行ったときに普通のキスを何度も交わしていたのですが、そのなりゆきで彼女の唇をそっと舐めたんです。

すると、彼女が口を開けたので、思い切って舌を入れてみました。

そしたら、彼女のほうから舌を絡めてくれました。

このときに、僕が間違いなくこの娘の本命なんだなと感じ、幸せでしたよ。

体験談3:不器用で懸命なディープキスがとても愛おしい

女性の体験談です。

そういうのがあまり好きではなさそうな相手だったので半ば諦めていましたが、付き合って4か月ぐらいの頃にいきなり「ディープキスさせてほしい」と言ってきたんですよ。

ディープキス初経験の彼でしたが、すごく頑張って舌を動かしてくれているのが伝わってきました。

正直上手くはないんです。

時々歯がぶつかるし、息苦しくなるし…でもその不器用さが愛おしくて仕方がなくなってきちゃって。

私のことを愛してくれていて喜ばせようとしてくれているのがわかって、その気持ちだけで大満足でした。

気持ちが伴ってこそ素敵なディープキスができる

ディープキスに感動したという体験談とそうでもないという体験談の違いは、ふたりの気持ちが同じように高まっているかいないかにあります。

片方だけが盛り上がっていても相手にその気がなければ、一方的な営みで終わってしまいます。

ふたりの気持ちが高まっていれば、たとえ拙いキスだったとしても相手からの愛を感じ、満足できるんですね。

まとめ

普通のキスに比べて特別感があるディープキス。まとめるとこのようになります。

ディープキスについてまとめると

  • 先に雰囲気作りをして、最初は普通にだんだん激しくしていくとよい。
  • 上手い人のテクニックはぜひ取り入れよう。
  • 下手でも経験を積めば上手くなれる。
  • 色々な種類のキスに挑戦してみても。
  • 口臭対策や顔の手入れをしっかりして、相手の思いを尊重することが気持ちのよいディープキスにつながる。

ひとりよがりなディープキスは、何も生み出しません。

相手を傷つけ、あなたに対する愛情を消し去ってしまいます。

相手の気持ちを尊重し、お互いが気持ちよくキスできれば、うっとりするようなひと時を過ごせるうえに、さらに愛情が深まるきっかけになりますよ。

関連記事

  1. デートで手を繋ぐタイミング&OKサインとは?タイミングと方法を紹介

  2. ラインがめんどくさい時はどうする?人間関係を壊さない秘訣を紹介

  3. 結婚前提の付き合い方って?交際期間に気を付ける事と大切な事

  4. 同じ趣味の人と出会いたい!そんなあなたに伝えるコツと方法

  5. 男女の関係ってどこから?一線を超えるボーダーラインを徹底分析

  6. 婚活に失敗する女性の特徴と成功に導くためのたった3つのコツ

  7. セフレと便利な関係を続ける裏ワザ!コスパ最強のキープ術

  8. 合コンで使える「さしすせそ」のテクニックとは?使用上の注意と活用法