ディープキスのやり方は?うまくなって彼と仲良くなる方法を紹介!

「ディープキスのやり方がわからない。。」なんて、お悩みではないでしょうか?

普通のキスはしたことがあっても、ディープキスはやったことがないという人も珍しくはありません。

しかし、彼との距離を縮めるためにはディープキスが必要となることもあると思います。

そんなときに、やり方がわからなければ失敗してしまうかもしれません。

キスで失敗なんて、絶対に避けたいトラブルですよね。

そこで今回は、ディープキスのやり方や、ポイントなどを解説していきます。

ディープキスをうまく行えるようになって、彼と今以上に仲良くなりましょう!

キスマークの付け方と消し方については、こちらの記事を参考にしてください↓

1.ディープキスのやり方

まずは、ディープキスのやり方を確認しておきましょう。

ディープキスを行うには、5つのステップがあります。

ステップ1.目と目を合わせて空気を読む
ステップ2.いつも通りキスをする
ステップ3.すぐに口を離さずに相手の唇を舐める
ステップ4.相手が舌を出したら優しく絡める
ステップ5.相手の口の中を舐める

「5つも段階があるの?」なんて、驚いた人もいるかもしれませんね。

しかし、焦らずに行えば、どれも難しいものではないので大丈夫です。

それぞれのステップについて、順番に確認していきましょう。

  • ステップ1.目と目を合わせて空気を読む

    まずは、お互いに目と目をしっかり合わせて空気を読む必要があります。

    これは、いつもの普通のキスをするときと同じです。

    空気を読まなければ、相手を驚かせてしまいかねません。

    たとえば、歩きながら楽しく笑い合って雑談しているのに、いきなりキスをしてしまうのはおかしいと思われてしまいます。

    したがって、普段キスをするときと同じように、今キスをしても大丈夫なタイミングかどうかを判断してみてください。

    ステップ2.いつも通りキスをする

    キスをしても大丈夫なタイミングだとわかったら、まずはいつも通りにキスをしましょう。

    このとき、「ディープキスをするぞ!」と、意気込みすぎると緊張して唇もかたくなってしまいます。

    そうなると、自然なディープキスは難しくなるので、あくまで普段と同様にキスをしてみてください。

    ディープキスをすると言っても、まずは唇を合わせなければ始まらないのです。

    お互いにキスを繰り返すような雰囲気になればディープキスが成功する確率は非常に高いと言えます。

    しかし、自分からのキスさえ成功すれば、ディープキスに持ち込むことは可能です。

  • ステップ3.すぐに口を離さずに相手の唇を舐める

    ディープキスをするなら、いつも通りにキスをしたあと、すぐに口を離さないのがポイントです。

    そのまま、相手の唇を軽く舐めてみましょう。

    「ディープキスって、相手の口の中に舌を入れるんじゃないの?」と、疑問に思った人もいるかもしれません。

    しかし、初めてのディープキスからいきなり舌を入れてしまうと、相手によっては驚いてしまう可能性が高いです。

    場合によっては、引かれてしまうことすらあります。

    したがって、相手の唇を舐めることで反応を見てみましょう。

    ステップ4.相手が舌を出したら優しく絡める

    相手の唇を舐めたあと、相手が舌を出してきたら優しく絡めていきます。

    いよいよディープキスが始まるという瞬間です。

    最初はどのように絡めれば良いのかがあまりわからない人も多いと思います。

    しかし、ディープキスに正解はありません。

    あなたがしてほしいことを相手にやってあげたり、してもらって嬉しいことを相手に返してあげましょう。

  • ステップ5.相手の口の中を舐める

    舌を絡め合ってお互いのテンションが高まってきたら、口の中を舐めるのも効果的です。

    たとえば、歯茎などの舌以外の部分も舐めてみましょう。

    相手によっては嫌がられる場所もあるので、様子を見ながら慎重に行ってください。

    相手の喜ぶ場所さえ見つけることができたら、今後のディープキスはより一層気持ちよくなってもらえます。

    無理やり嫌がることをしないようにだけ気をつけて、いろいろ試してみましょう。

    以上が、ディープキスのやり方でした。

    「やり方はわかったけれど、場所やタイミングがわからない。。」と、新たな悩みが浮かんできた人も多いと思います。

    次は、ディープキスを行う場所やタイミングを見ておきましょう。

    2.ディープキスの場所やタイミング

    ディープキスを行うべき場所やタイミングは、明確にはありません。

    しかし、デートでキスを毎回のようにするようになってから、以下の場所やタイミングで行うことが多いです。

    タイミング1.夜景がキレイなところで寄り添っているとき
    タイミング2.カラオケなど密室にいるとき
    タイミング3.車内でゆっくりしているとき
    タイミング4.家やホテルで2人きりのとき

    これらの場所やタイミングは、ディープキスをするにはぴったりの場所だと言えます。

    なぜなら、ロマンチックだったり、二人だけの空間だったりという状況だからです。

    それでは、それぞれのタイミングについて、順番に確認していきましょう。

  • タイミング1.夜景がキレイなところで寄り添っているとき

    夜景がキレイなところで寄り添っているとき、ディープキスをするのにはぴったりです。

    ロマンチックな雰囲気がただよっているので、もしかすると彼のほうからキスをしてくるかもしれません。

    お互いに何回か普通のキスをしてから、さり気なくディープキスをしてみると良いでしょう。

    注意するべき点としては、ホテルなどの2人きりの空間でないなら、やりすぎないようにするということです。

    外で周りにも人がいるなら、ディープキスは5秒程度までにとどめてください。

    ほんの少しの時間だとしても、ディープキスを達成したという事実さえ残れば次からは当然のように行うことができるので大丈夫です。

    タイミング2.カラオケなど密室にいるとき

    カラオケなどの密室にいるときも、ディープキスはやりやすいです。

    カラオケは空間が狭いので、自然と2人の距離は近くなります。

    お互いに歌うこともなくなってなんとなく雑談を始めたときに、普通のキスをどちらともなくすることもあるはずです。

    そのときに、自分からも普通のキスをしてみて、抵抗されなかったらディープキスのチャンスだと考えられます。

    最初は軽く舌を絡める程度までにしておき、様子を見ながら長時間のディープキスを行っていってください。

    注意点としては、カラオケは密室と言っても、外から多少は見られる空間だということです。

    完全に2人きりの世界ではないので、周りの目の存在を忘れずに、やりすぎには注意してください。

    タイミング3.車内でゆっくりしているとき

    ドライブ中の車内も、密室で2人きりの空間なのでディープキスを行える可能性があります。

    運転席と助手席なら距離も近いので、普通のキスもしやすいはずです。

    そこで、さり気なくディープキスに持ち込むのが良いでしょう。

    ただし、注意するべき点としては、信号待ちで止まっていても運転中にディープキスはやめておくということです。

    2人とも、ついつい時間を忘れてディープキスを続けてしまうかもしれません。

    そうなると信号のことも目に入らなくなってしまうので、しっかり駐車して休憩しているときに行ってください。

    ドライブデートをよくするというカップルなら、やりやすい方法だと言えます。

    タイミング4.家やホテルで2人きりのとき

    家やホテルで2人きりになれるなら、ディープキスをしないのはもったいないです。

    そのような完全に2人だけの空間は、ディープキスには最適だと言えます。

    きっと、彼のほうも普段のキスより一歩先に進みたいと思って誘ってくれているはずです。

    周りの目を気にする必要もないので、安心して行うことができます。

    注意点としては、家やホテルで2人きりのときにディープキスをしたなら、キスより先にも進む可能性が高いということです。

    ディープキスまでで止めておきたいという場合は、ディープキスを終えた段階で早めに相手に理由を説明してください。

    流れに身を任せていると、身体も許してしまうことになりかねないので気をつけましょう。

    以上が、ディープキスの場所やタイミングでした。

    最初のディープキスは特に、いつ行うべきか悩むと思うので参考にしてみてください。

    「そもそもディープキスってどういうものなんだろう?」なんて、思った人もいるのではないでしょうか。

    ここで、そもそもディープキスとはどういうものなのかを見ておきます。

    3.そもそもディープキスとはどういうもの?

    ディープキスとは、相手の口の中に舌を入れるキスのことです。

    ディープキスは、フレンチキスと呼ばれることもあります。

    唇だけではなく、舌や口内などの敏感な部分でもキスを楽しむことができるので、好きな人は多いです。

    長くつきあっていれば、キスは自然とディープキスになってしまうというカップルも少なくありません。

    そうは言っても、やったことがなければ、「本当にみんなやっているのかな……?」なんて、疑問に思いますよね。

    ここで、実際にみんながディープキスをしているのかを見ておきましょう。

    3−1.みんなもディープキスをしているの?

    みんなもディープキスをしているのかを調べると、以下のようになりました。

    このように、ディープキスをするのが好きな人や、実際にやっているのを目撃したという人は多いです。

    したがって、ディープキスはそこまで珍しいものではないと言えます。

    なぜみんなディープキスをするのかというと、実はディープキスには、3つの効果があるためです。

    どのような効果があるのかを確認しておきましょう。

    4.ディープキスの3つの効果

    ディープキスには、3つの効果があります。

    効果1.彼との距離が縮まる
    効果2.ストレスが減る
    効果3.とろけるような快感を得られる

    いずれも、一度体感するとハマってしまうくらい良いものばかりなんです。

    それぞれの効果について、順番に確認していきましょう。

    効果1.彼との距離が縮まる

    ディープキスをすることによって、彼との距離は一気に縮まります。

    お互いの舌を絡め合うなんて、よほど仲が良い人でなければやりませんよね。

    そのような行為をしたということで、お互いに親密感を覚えるのです。

    ディープキスを行っておけば、その先の段階にも進みやすくなります。

    彼との距離を縮めたいというとき、ディープキスはぴったりです!

    効果2.ストレスが減る

    ディープキスをすることによって、ストレスが減るとされています。

    このように、ストレスが溜まるとディープキスをしたくなる男性は多いです。

    「彼が忙しそうだから癒してあげたい。。」なんて、思っている人はぜひディープキスをやってみてください。

    自分自身のストレスも減るので、お互いに落ち着いた気持ちになって癒しを得られますよ!

    距離が縮まるだけではなく、精神的にも癒やされるというのは素敵な効果です。

    効果3.とろけるような快感を得られる

    ディープキスをすると、とろけるような快感を得ることができます。

    舌や口の中は敏感なので、それをお互いに刺激し合うことで気持ちよくなるのです。

    人によって気持ちよく感じる場所は違うので、相手の気持ちの良い場所を探すのも楽しみの1つだと言えます。

    回数を重ねるごとに、お互い得られる快感が増えていくはずです!

    以上が、ディープキスをすることによって得られる効果でした。

    どれも魅力的な効果なので、どんどん試していきたいですよね。

    ちなみに、キス自体にはもっと多くの効果があります。

    気になる方は、『キスがもたらす12の効果とは!? 自然な誘い方とキスの注意点も解説』を読んでみてください。

    ただし、ディープキスをする前に知っておくべき5つのポイントがあるので次のページで見ていきましょう。

    5.ディープキスをする前に知っておくべき5つのポイント

    ディープキスを行う際には、気をつけておくべきポイントが5つあります。

    ポイント1.口臭チェックを怠らない
    ポイント2.彼に嫌がられたらすぐにやめる
    ポイント3.がっつきすぎない
    ポイント4.彼が奥手ならムード作りをしてあげる
    ポイント5.最初から長時間はしない

    これらのポイントに気をつけておかなければ、せっかくのディープキスも台無しになってしまうかもしれません。

    どうせ行うなら、失敗せずにうまくやりたいですよね。

    それぞれのポイントについて、順番に確認しておきましょう。

    ポイント1.口臭チェックを怠らない

    ディープキスをするなら、事前に口臭チェックは絶対にしておきましょう。

    特に、ご飯を食べたあとのタイミングなどでディープキスをしようと思っているときは要注意です。

    歯磨きをするのは難しいかもしれませんが、口をゆすいでガムを噛むなど、さり気なく口臭を減らすのが良いと言えます。

    せっかくディープキスで距離を縮めるはずが、逆に引かれてしまうと最悪な結果となってしまうので気をつけてください。

    口臭についての不安があるなら、解消してからディープキスをした方が安心です。

    歯医者に行ったり、食事前にディープキスをしたりなど、自分なりの対策を考えましょう。

    ポイント2.彼に嫌がられたらすぐにやめる

    ディープキスをしようとして、彼に嫌がられたらすぐにやめるようにしましょう。

    ディープキスを好きな男性は多いですが、苦手な人も少なからず存在しています。

    このように、男性によって好きなことや苦手なことがあるので気をつけなければなりません。

    不安なら、事前にさり気なく聞いてみると安心してチャレンジできます。

    ちなみに、女性からディープキスをされるのが嫌という場合もあるので、そのときは待つしかないです。

    もしもディープキスをして彼に嫌がられたら、すぐにやめて謝りながら正直に距離を縮めたかったことを話してみてください。

    距離を縮めたいという理由なら、彼もそれ以上嫌がるということはないはずです。

    ポイント3.がっつきすぎない

    ディープキスをするなら、がっつきすぎないようにしなければなりません。

    彼を喜ばせようと思うあまり、頑張りすぎると逆に彼に引かれてしまうこともあります。

    舌の動かし方などの具体的なディープキスのやり方は、できるだけ相手に合わせて行うべきです。

    積極的にさまざまな方法を試していくのは、ディープキスを何度もやってからにしてください。

    焦りすぎると、彼との距離があいてしまうかもしれませんよ!

    そうならないためにも、常に空気を読む必要があります。

    相手の表情や発言から、どのように考えているのかを想像する癖をつけるべきでしょう。

    ポイント4.彼が奥手ならムード作りをしてあげる

    ディープキスをする際、彼が奥手ならムードを作ってあげるべきです。

    ディープキスができそうなタイミングになったのに彼がしてきてくれない場合には、試してみるべきポイントだと言えます。

    また、普段のキスも自分から行っているなら、彼からのディープキスはなかなか期待できないかもしれません。

    しかし、焦りすぎるのは良くないです。

    まずは、ディープキスができそうなタイミングを積極的に作り、彼の反応を見てみましょう。

    普通のキスを彼からしてくるようになったら、ディープキスもやってもらえる可能性が高まります。

    ポイント5.最初から長時間はしない

    ディープキスをするなら、最初から長時間はしないようにしましょう。

    長時間やると、疲れてしまううえに、相手が舐められたくないところを舐めてしまうなどの可能性が高まってしまいます。

    せっかくディープキスができたのに、長々やったせいで失敗するのは避けたいですよね。

    最初のディープキスは、様子見程度に5秒〜10秒でとどめておくようにしてください。

    慣れてきたら、自然と徐々に時間が増えていくものですよ!

    以上が、ディープキスをする前には知っておくべきポイントでした。

    これらのポイントは、難しいものではありませんが、本番になるとついつい忘れがちなものばかりです。

    したがって、「今日はディープキスができるかも!」というときには、思い出すようにしてください。

    ディープキスに慣れてきたら、さまざまな種類のディープキスがしたくなると思います。

    最後に、ディープキスの種類を確認しておきましょう。

    6.ディープキスの種類を知っておこう!

    ディープキスの種類は、以下のようにさまざまなものがあります。

    ディープキス1.インサートキス
    ディープキス2.オブラートキス
    ディープキス3.サーチングキス
    ディープキス4.ピクニックキス
    ディープキス5.カクテルキス
    ディープキス6.ニプルキス
    ディープキス7.バインドキス
    ディープキス8.クロスキス

    思ったよりもたくさんあってビックリした人も多いかもしれません。

    名前を覚える必要はないので大丈夫です。

    日々のディープキスのときに、たまに新しいことをしたくなったらぜひ挑戦してみてください!

    それでは、それぞれのディープキスの種類について、順番に確認していきましょう。

    ディープキス1.インサートキス

    インサートキスとは、男性と女性で交互に相手の口の中に舌を入れるディープキスのことです。

    彼が舌を自分の口の中に入れてきてくれたら、それを舌で優しく包み込むようなイメージを持っておくと良いでしょう。

    逆に、自分の舌を彼の口の中に入れるときも、優しく入れることがポイントです。

    何度も繰り返し優しいディープキスを行うことで、彼との仲がさらに良くなります。

    「彼との仲を少しでも縮めたい。。」なんて、思っている人は多いはず。

    ゆっくり愛情を深めていきたいときにはうってつけのディープキスです。

    ディープキス2.オブラートキス

    オブラートキスとは、出してもらった舌を吸い込み、オブラートのように包み込むディープキスのことです。

    彼に舌を出してもらったら、優しくていねいに包み込んであげましょう。

    相手の舌を傷つけないように、優しく包むことがポイントです。

    吸い込むのが好きな人もいれば、包み込まれるのが好きな人もいるので、彼とお互いに試してみてください。

    独特の気持ちよさが味わえるディープキスだと言えます。

    ディープキス3.サーチングキス

    サーチングキスとは、相手の口の中に舌を入れて歯茎を舐めるディープキスのことです。

    歯茎を全体的に舐めることで、相手が気持ち良いと感じる部分を見つけられます。

    舌よりも歯茎を舐められたほうが気持ちよさを感じるという人も少なくありません。

    彼の歯茎を舐めてあげて、自分の歯茎も舐めてみてもらうのが良いでしょう。

    ただし、「歯茎まで舐められるのはちょっと嫌かも。。」という男性もいるので、最初は少し舐めるくらいで反応を見るようにしてください。

    ちょっと試してみて相手が喜んでいるようなら、積極的に歯茎のさまざまな部分を舐めてあげてみてください。

    ディープキス4.ピクニックキス

    ピクニックキスとは、お互いが舌を出して、唇は合わせないように舌だけで行うディープキスのことです。

    口を開いた状態でのキスなので、舌に力が入ってしまいやすいので気楽に行いましょう。

    ピクニックキスは唇が触れ合わないディープキスなので、舌に感覚が集中します。

    したがって、彼が唇よりも舌で感じるという場合には喜んでもらえる可能性が高いです。

    ただし、ピクニックキスを行うならお互いの協力がなければできないので、事前に相談したほうが良いと言えます。

    ディープキス5.カクテルキス

    カクテルキスとは、お互いが口を開いたままくっつけて、唇をつけたり離したり、舌を吸ったり噛んだりするという自由なディープキスのことです。

    お互いが好きなようにディープキスを行うことができるので、仲の良い彼となら非常に楽しい時間になると思います。

    ただし、吸ったり噛んだりといったことをするときには、相手が痛がらないかを注意しておくべきです。

    せっかく仲良くディープキスをしていたのに、相手に痛い思いをさせてしまうのは避けたいですよね。

    最初は特に力加減が難しいと思うので、様子を見ながらやっていきましょう。

    ディープキス6.ニプルキス

    ニプルキスとは、舌先を使って相手の唇の端から端まで軽く触れることを繰り返すディープキスのことです。

    右端から左端へ、左端から右端へ、というように、繰り返し優しく舐め続けていきます。

    その際、上唇と下唇の両方を舐めますが、ペースを一定にしないほうが快感を感じる人が多いです。

    長時間やりすぎると唇が荒れてしまったり、舐めている方も疲れてしまったりと、少し大変なので他のディープキスをおりまぜながら試してみましょう。

    ちなみに、彼にニプルキスをやってもらう場合は、事前に唇のケアをしっかりしておくのが良いです。

    舐めたときにカサカサの唇だったら、彼は少し残念に思ってしまうかもしれません。

    ディープキスをするなら、常にリップクリームを持ち歩いて適宜使う習慣をつけてください。

    ディープキス7.バインドキス

    バインドキスとは、相手の口すべてをくわえるようにして、たまに唇を舐めるディープキスのことです。

    軽めのキスをすれば、相手と役割を交代して次はやってもらう番になります。

    ただし、口をくわえこむディープキスなので、唾液がお互いの口の周りについてしまうので注意しておかなければなりません。

    唾液も気にしないくらいの仲の2人がやれば、非常に盛り上がる方法だと言えます。

    舌よりも唇で感じるという相手には、喜んでもらえるディープキスなので覚えておいてください。

    ディープキス8.クロスキス

    クロスキスとは、お互いが口を開いたまま唇をくっつけて、舌を吸ったり噛んだりするという自由なディープキスのことです。

    カクテルキスと似ていますが、カクテルキスは唇をくっつけたままではないのに、クロスキスは唇をくっつけたままなのが特徴となります。

    長時間行うときは鼻で呼吸をすることになるくらい、口を完全密着させたディープなキスです。

    本当に仲の良い彼としかできないかもしれませんが、成功すれば仲良しの証拠だと言えます。

    以上が、ディープキスのさまざまな種類でした。

    すべてをマスターする必要はありませんが、「ちょっといつもと違う刺激が欲しい」なんてときは試してみてください。

    試すのが不安なら、事前に彼に相談しておけば安心ですよ!

    ディープキスを通して、彼との中を今よりもどんどん縮めていきましょう。

    7.ディープキスをうまく行って今より彼と仲良くなろう!

    ディープキスをうまく活用できれば、今よりも彼と仲良くなることができます。

    お互いの舌と舌を絡ませるという行為は、人生においてそんなにたくさんの人と行うものではありません。

    ディープキスをするということは、それなりの仲になったという証拠です。

    男性からしてもらえなければ、女性からするのもおかしいことではないので安心してください。

    あくまでも、2人の仲をさらに深めるために1つの方法だと思って頑張ってみるのが良いでしょう。

    ただし、ディープキスを好まない男性も少なからず存在しています。

    その場合は、無理してディープキスを行う必要はありません。

    2人の関係は、2人だけのものです。

    周りにディープキスをしているカップルが多いとしても、自分たちなりの付き合い方をすれば大丈夫です!

    彼があまり経験がないせいでディープキスをしたがらないのなら、軽めのキスから徐々に慣らしていきましょう。

    慣れたらディープキスが好きになったという人も多いですよ!

    まとめ

    ディープキスをすることによって、彼との中は今まで以上に縮まります。

    ただし、行うタイミングや場所など注意しておくべきこともあるので、事前に知っておくべきです。

    ディープキスをうまく行えれば、彼からも好印象を得られます。

    また、ディープキスにもさまざまな種類があるので、普通のディープキスに慣れてきたら別のやり方も試してみましょう。

    とにかく相手の反応を見ながら行えば、大失敗はしないはずです!

  • 関連記事

    1. 不倫とセフレの境界線は?既婚者男性の胸の内と見分け方をご紹介

    2. 【大阪】自分にぴったりの婚活パーティーを選んで素敵な人に出会おう

    3. 付き合う前のハグってあり?彼の心理を知ってアピールしてみよう

    4. 待てる女になって彼に愛されよう!男性が求めている理由を徹底解説

    5. 合コンは二次会でカラオケへ!二次会へ来てもらうための必勝法とは?

    6. 男性が結婚するメリットって? 結婚のメリット7選とデメリット5選!

    7. 本当に優良な婚活サイトランキングベスト5!おすすめの理由を徹底解説!

    8. 苦手な人との付き合い方は?苦手な人への心構えと賢い付き合い方10選