35歳の独身男性は結婚できない!? 婚活のコツと注意点を伝授

「最近結婚を意識しだしたけど、彼女もいないからどうしよう」と焦っていませんか?

35歳の男性でも、努力次第で結婚することは出来ます。

しかし、若い時と同じように彼女を作って結婚をしようと思っていると痛い目に合います!

35歳の男性は恋愛対象に見られにくくなり、結婚がしにくくなるのです。

そこで、今回は35歳の独身男性が結婚するためにするべきことをご紹介します。

35歳以上の男性でも結婚して素敵な奥様をゲットし、幸せな家庭を築きましょう。

1. 35歳の男性でも努力次第で結婚できる

 

35歳の男性でも努力次第で結婚できます。

つまり、普通に恋愛をしていずれ結婚をしようと思っていると、難しいです。

20代後半の男性の未婚率は70%ですが、30代前半で結婚を焦り出して家庭に入る男性が増えます。

30代後半になると男性の未婚率は35%以下。35歳で結婚をしていない男性は少数派ということがわかりますね。

40代になると未婚率はさらに減って30%を切ります。

しかし、裏を返せば35歳以上で結婚している男性も少なからずいるということです。

男性が35歳以上で結婚するには自分の立ち位置を理解し、正しく婚活をすることから始めると良いでしょう。

35歳の男性でも努力次第で結婚の道を開くことはもちろんできます。

  • 2. 35歳の男性は恋愛対象に入りづらい理由

    35歳の男性は、恋愛対象に入りにくいです。

    35歳まで独身の女性がいたら男性側が躊躇してしまうのと同様に、35歳の独身男性は女性から嫌煙される可能性があります。

    中には35歳の男性で、20代の美しい女性と付き合っている人もいるでしょう。

    でもそれは、仕事ができて顔がカッコよく、年収も高いイケてる35歳の男性の場合です。

    普通の35歳の男性は女性の恋愛対象に入りにくい要素を持っています。

    だから、男性も35歳を過ぎると結婚がしにくくなると言われているのです。

    35歳を過ぎると恋愛対象に入りにくく、結婚が難しくなると言われる理由をご説明します。

    理由1. 問題ありだと思われる

    35歳で独身の男性は「何かしらの問題を持っているのかな」と女性から思われています。

    65%程度の男性が35歳までに結婚していることを考えると、35歳で独身の男性は少数派です。

    きちんとした仕事について、容姿にも気を遣っている男性であれば、女性とお付き合いして結婚を意識するタイミングはあったはず。

    それでも結婚に至らなかったというのは、「何か男性に問題があるのかな」と女性に思われるのです。

    • 趣味にお金を全てつぎ込んでいる
    • 女遊びが派手
    • マザコンで実家暮らし

    このような傾向がある男性は、女性から問題のある男性として見られています。

    そのため、結婚しても何かトラブルが起きるのではないかと敬遠されてしまうのです。

    35歳で独身の男性は、タイミングがなくて結婚まで至らなかったことをアピールした方が良いでしょう。

  • 理由2. マッチングしにくい

    婚活市場にいる女性は20代後半〜30代前半が多く、35歳以上になると数が減ります。

    男性が若い女性を好むように、女性もできれば20代後半〜30代前半の男性と結婚したいと考えているのは当然のこと。

    35歳以上の男性は婚活市場において、年齢で足切りされている可能性が高くなります。

    35歳を過ぎると婚活市場における絶対数が減るので男女ともにマッチングしにくく、少ない選択肢の中で婚活をしなければいけない状況になるのは事実です。

    理由3. 見た目がおじさんになっている

    35歳の男性は思っている以上におじさん化しています。

    35歳の男性は心はまだまだ若い人は多いでしょう。

    仕事も軌道に乗ってプライベートの趣味や遊びも充実していて、若い男性にはまだまだ負けないと思っている人も多いはずです。

    しかし気持ちとは反対に、見た目はだんだんおじさんになっています。

    35歳にもなれば肌のハリはなくなってシワが増え、人によっては毛量が少なくなったりお腹が出て中年太りしだしていたり・・・。

    35歳の男性は、自分が思っている以上におじさん化しているのが現実です。

  • 3. 35歳の独身男性の婚活方法

    では35歳の独身男性に結婚のチャンスが全くないのかというと、そんなことはありません。

    35歳の男性でも、今から婚活して結婚できる可能性は十分にあります。

    35歳の男性の有効な婚活方法をご紹介します。

    方法1. 職場で探す

    35歳の男性であれば、定職について毎日仕事をしている人がほとんどのはずです。

    職場で異性と出会って結婚する確率はとても多いのをご存知でしょうか。

    職場は立派な婚活の場になるのです。

    職場恋愛のメリットは、職場で頻繁に顔を合わせるのである程度相手の性格がわかっていますし、お互いの仕事への理解があるということです。

    年収や生活への保障などなかなか相手に聞きにくい情報も想像できるので、職場恋愛は結婚を前提としたお付き合いをするのに良い方法です。

    別れた後に気まずい思いをするのは、職場恋愛のデメリットと言えるでしょう。

    しかし、気まずいのは別れた直後だけで、そのうちお互いに過去の恋愛として忘れられるようになります。

    これまで意識していなかった男性も、職場で気になる女性がいないか今一度考えてみてください。

    一緒に仕事がしやすかった女性や、いつもサポートしてくれる女性は周囲にいませんか?

    ランチ仲間や仕事終わりに飲みに行く同僚も、気軽にデートに誘えるので良いでしょう。

    これまで職場恋愛に慎重になっていた人は、結婚を前提としたお付き合いという観点でもう一度周囲の女性を意識してみるのがおすすめです。

  • 方法2. 趣味のサークルに入る

    恋愛に奥手な人や、条件でなくフィーリングで結婚相手を探したい人は、趣味のサークルに入るのがおすすめです。

    趣味のサークルであれば好みが同じ異性と出会える可能性があるので、自然と恋愛関係に発展することも。

    最近はグルメスポットや美術館・博物館巡りなど、趣味を切り口にして婚活する選択肢は広がっています。

    出会いの多い趣味サークルは、スポーツや写真など男女共通で楽しめる趣味のものです。

    趣味を通じて出会った相手なら、結婚した後も一緒に趣味の世界を広げることができますね。

    余暇に楽しむ2人の姿がイメージできるので、前向きに結婚を意識して行くことができそうです。

    方法3. 結婚相談所に登録する

    結婚を急ぐ人は結婚相談所に登録してみましょう。

    結婚相談所は結婚をしたい人たちが登録しているので、結婚を前提としたお付き合いをすることができます。

    何回かデートを重ねてお互いに覚悟が決まれば、すぐに結婚のステップに至れるのが魅力ですよ。

    結婚相談所は増えているので、出会いが少ないと言われる地方でも確実に相手を見つけることができます。

    おすすめの結婚相談所①楽天オーネット

    「楽天オーネット」30代後半〜40代前半の男女の支持が厚い結婚相談所です。

    インターネット大手の楽天が運営しているので安心。

    会員数は4万8千人を超えており、男女比にそこまで差がないので男性でも積極的に相手を探すことができます。

    名前楽天オーネット
    入会費(税込)32,400円
    初期費用(税込)82,080円
    月会費(税込)15,012円
    URLhttps://onet.rakuten.co.jp/ 

    おすすめの結婚相談所②IBJメンバーズ

    成婚率が高く、成婚までのスピードも早いと言われているのは「IBJメンバーズ」です。

    会員数は約6万人と業界トップクラス。

    マッチングスタイル以外に婚活パーティやカウンセラーからの紹介など、幅広く出会いを探せるのが魅力です。

    名前IBJメンバーズ
    コーススマートコース
    初期費用(税込)237,600円
    月会費(税込)16,200円
    成婚料(税込)216,000円+成婚退会時にかかる費用
    URL https://www.loungemembers.com/

    4. 35歳独身男性が結婚するために気をつけること

    せっかく良い出会いがあっても、結婚まで進むことができなければ意味がありません。

    35歳の独身男性が結婚するために気をつけるべきことをご紹介します。

    気を付けること1. 若い子ばかりに目を向けない

    35歳の男性は同世代の女性にも目を向けるようにしましょう。

    35歳の男性の中には若くてきれいな女の子と付き合っている人がいます。

    年収が高くて、おしゃれに気を遣っているイケメンで、女性から憧れられるような数少ない男性です。

    しかし、たいていの場合は若い子と付き合っても話が合わず結婚まで至りません。

    また、若い子は結婚願望がまだないこともあるので、お互いの見ている未来が違うということもあるでしょう。

    若い女性ばかり狙っていると、全て空振りに終わる危険性があります。

    30歳を過ぎても30%以上の女性は未婚ですから、30代の女性も対象にすれば選択肢が広がります。

    気を付けること2. 過去の栄光を捨てる

    30代に入ると、20代の頃のように見た目やノリだけでモテる時代は終わります。

    若い頃にモテた男性にありがちなのが、35歳を過ぎても「自分はモテたからいずれ結婚できる」と勘違いすること。

    過去にモテたことは決して悪いことではありませんが、20代の何もしないでもモテた時代と35歳の男性は条件が異なることを認識しておきましょう。

    35歳を過ぎれば一部の特別条件を兼ね備えた男性以外は、だんだん女性の恋愛対象から外れていきます。

    モテていた時代に女性を選んでいた男性は要注意。

    同じように女性を選り好みしていると、少ない選択肢を自分で潰してしまうことになります。

    過去にモテた栄光にすがっていると、未婚のまま40代に突入する危険性も。

    35歳を過ぎたら女性と真摯に向き合い、謙虚な姿勢で婚活するようにしましょう。

    気を付けること3. 家庭を持った時のイメージを具体的に描く

    将来結婚したいという目標がある場合は、お付き合いしている段階から家庭を持った時の具体的なイメージを描いておくと良いでしょう。

    10代や20代の頃のように、ただ一緒にいるだけで楽しいという恋愛をしているといつまでも結婚のステップに進めません。

    デートで家具屋さんに行ってみたり、将来の話をしてみたり、相手の女性に「自分は結婚を意識している」ということを伝えるのも重要です。

    そうすれば相手の女性も結婚を意識してくれて、認識の相違なく結婚のステップに進むことができます。

    家族の話をすることは有効な手段です。

    お互いの家族の話をすることで「結婚したらこんな家庭を築くのだろうな」と想像できます。

    この人とだったら家庭を築いてみたいなとお互いに思うことが、結婚に進む重要な要素です。

    気を付けること4. 貯蓄をしておく

    きれいごと抜きで結婚にお金は大切です。

    最低でも500万円以上の貯金があることが望ましいでしょう。

    面と向かっては言いませんが、結婚する時に女性は男性の貯蓄額と年収を気にしています。

    専業主婦になりたい女性もいますし、将来子供を持ちたいという願望があるなら子供が大学を卒業するまでの学費を蓄えておく必要がありますよね。

    一人の子供を大学まで行かせるのにかかる学費は1,000万円と言われていますので、貯蓄がいかに大事かということはわかるはずです。

    貯蓄が少なく年収が低い男性は、女性が結婚する際に不安を感じてしまいます。

    年収がそこまで高くなくても貯蓄がたくさんある男性は、「倹約家なのかな」と女性が安心できることも。

    普通に仕事をしていれば35歳で貯金ゼロということはないと思いますが、これまで自分の趣味にお金をつぎ込んできた人要注意です。

    1人で自分のためだけに暮らすのと、家庭を持つというのには大きな違いがあります。

    貯蓄は結婚において大切なことと認識し、積極的に貯蓄をするようにしましょう。

    まとめ

    35歳以上の男性が結婚するためには積極的に行動することが大切です。

    待っていても35歳の男性に出会いは訪れません。

    若い頃にモテていた男性は、過去の恋愛と結婚を別に考える必要があります。

    家庭を持った時のイメージを抱いて婚活すれば、自然と結婚に結びつけることができるでしょう。

  • 関連記事

    1. 合コンでこれだけは守りたい!最低限のルールとマナー【男女別】

    2. 大人っぽさ満点!色気メイクをマスターして脱童顔の大人レディに!

    3. 彼をキュンとさせちゃおう!サプライズボックスの仕掛けの作り方

    4. マグロ女子と呼ばれたくない!マグロの特徴と克服する方法まとめ!

    5. あなたは彼氏に甘えたい派?甘えられたい派?甘えの基本を伝授

    6. 婚活を後悔したくない人必見!結婚相手の選び方を解説!

    7. 彼氏が会いたいと言わないのには理由があった!男性心理と解決策は?

    8. 幸せを逃してしまうダメ女の特徴とは?ダメ女からの脱出方法も紹介!