合コンは敬語?タメ口どっちが正解?好印象の合コンマナーを徹底解説

合コンで敬語とタメ口どちらで話せばいいか悩んだ事はありませんか?

特に年上相手だとずっと敬語で話すべきなのか、タメ口で距離を縮める方がいいのか悩みますよね。

今回は年齢差のある合コンは敬語?タメ口どっちがいいのか、また好印象な合コンマナーについて紹介していきます。

年上年下の年齢は意識せず初対面は敬語で挨拶

初対面人との合コンは、相手の年齢は分からないですよね。

最初の挨拶は年齢関係無く、敬語で挨拶するのがベストです。

自己紹介あたりまでは、年齢が分からないことが多いと思いますので、年下年上が分かるまでは敬語をオススメします。

では年齢別にみていきましょう。

  • 合コン相手が年上

    序盤は必ず敬語が基本

    合コン相手が年上の場合、序盤は必ず敬語でスタートしましょう。

    「敬語使わなくていいよ~」と相手が言ってくれた場合は、「ありがとうございます!」と言って、また敬語で会話しましょう。

    再度「敬語使わなくていいよ」と言われたら、タメ口でOKです!

    こんな流れで言葉遣いを変えていきましょう。

    また、「敬語使わなくていいよ」と2回も言ってくれているのに、敬語を使い続けるのはかえって距離感を出してしまいます。

    合コンという短い時間で仲良くなるためにも、「敬語使わなくていいよ」の許可が出た後は、タメ口で距離を縮めつつ、丁寧な対応が出来ると良いですね。

  • 合コン相手が同い年・同年代ならタメ口でOK

    同い年の合コンだと分かっている場合は、敬語を使うのは自己紹介まで

    自己紹介をするときは「です」「ます」を使った丁寧語が使えると、第一印象で失敗することは無いでしょう。

    その後のトークは、タメ口で話した方が仲良くなりやすいので、タメ口で進めて、距離を縮めていきましょう。

    合コン相手が年下

    合コン相手が年下の場合、年上の方が敬語を使うと、年下の方はそれ以上に堅い敬語を使わざるを得ない状況になってしまいます。

    とても堅苦しい合コンになってしまいますので、相手が年下の場合は、自己紹介から序盤あたりのトークは「〇〇です。今日は楽しもうね!」くらいに敬語を少し使うくらいが最適です。

    後輩に話しかける感覚で始めていきましょう。

    しかし、年下だからといって、馴れ馴れしく上から目線で話すのは辞めましょう

     

  • <番外編>合コン相手がかなり年上の男性の場合

    女性が若くて、合コン相手がかなり年上の男性だったパターンのみタメ口が好まれることがあります。

    この場合も自己紹介までは敬語を使いますが、なるべく自然に、且つ早めにタメ口を混ぜた敬語を使いましょう。

    最終的には、返事や相槌は「うん」「そうなんだあ」とくだけた感じで、「これ美味しいよ♪」とタメ口で可愛くみせましょう。

    タメ口絶対NG?敬語から切り替えるタイミング

     

  • 雰囲気に合わせて自然に

    敬語からタメ口に切り替えるタイミングって難しいですよね。

    自然に切り替えたい場合は、リアクションに少しずつタメ口(え!嘘〜!など)を入れ、質問や話しかけるときは敬語(飲み物何か飲みますか?など)と自然に混ぜていくのがオススメです。

    そうして行けば、少しずつ距離が縮められますね。

    相手に確認をとる

    直接相手に確認をとってしまいましょう。

    「敬語とタメ口どっちの方が話しやすいですか?」と丁寧に確認をとりましょう。

    どうやって切り替えよう?など考えずに済むので、気持ちは楽になりますね。

    事前に確認の出来るしっかりした人という印象を与えることも出来ます。

    ポイントとしては、「どっちの方が話しやすいですか?」と聞いて下さい。

    自分が話しやすいからではなく、相手の話しやすさを考える人なんだなと好印象をもってもらえますよ。

  • 合コン後のLINE(ライン)やメール

    合コン後のLINE(ライン)やメールは、合コン中にずっと敬語だったら敬語、タメ口も少し入っていたなら、タメ口を少し混ぜて送りましょう。

    年下相手に送る場合は、100%タメ口でも良いと思いますが、年上相手の場合は「今日はありがとうございました!無事帰れたか心配でLINEしちゃった」などと冒頭は敬語の方が、好印象ですよ♡

    合コン後のLINEのコツをより詳しく知りたい人は、こちらの記事もチェックしてみてください。

    覚えておこう!合コンの最低限の4つのマナー

    合コンに参加する時、言葉遣いは良くても、マナーがイマイチだとその時点でモテ街道からそれてしまいます。

    合コン中にやりがちな失敗から最低限の合コンマナーを学んでいきましょう!

    •  1.馴れ馴れしい言葉遣いNG
    •  ︎2.遅刻しない
    •  ︎3.タバコは一言断りを入れるか、席を外す
    •  ︎4.酔いすぎないよう気をつける

    近々合コンが控えている人は、下記の記事を読んで予習しておきましょう!

    「丁寧な言葉遣い」を意識しよう

    合コンは男女の出会いの場なので、そこまで敬語を徹底する必要はありません。

    合コンでは、敬語かタメ口か迷った時は、「丁寧な言葉遣い」を意識しましょう。

    礼儀正しく接していれば、仲良くなったら自然に敬語は取れていったりするものです。

    みんなが楽しめるように、気配りも忘れないで下さいね。

    ここで紹介したテクニックは、相席ラウンジや街コンでも使うことができますよ。

    話し方のマナーに不安がある人は、幅広い年代が集まる出会いの場「オリエンタルラウンジ」へ行って練習してみましょう。

    オリエンタルラウンジは話題の相席ラウンジなので、20代半ば~40代までさまざまな男女が集まっています

    好みの年代の人と出会うチャンスが豊富ですよ。

  • 関連記事

    1. 彼女とのセックスレスを解消する4つの方法!原因を知って惚れ直させよう

    2. ハリネズミのジレンマの意味とは?わかりやすい具体例と恋愛でのコツ

    3. 知らないと恥ずかしい?最低限知っておきたいデート時のマナー9選

    4. 合コンで割り勘は脈なしのサイン?割り勘にする男性の心理を調査

    5. 合コンでの具体的な質問集と女子ウケする模範回答【男性編】

    6. 【完全実録】合コンでのつまらない男たち!必ず意識すべき注意点5つ

    7. 同じ趣味の人と出会いたい!そんなあなたに伝えるコツと方法

    8. この子はない…と思われてるかも?!男子が合コンに求める女子…