婚活をやめたい時っていつ?対処法とやめる前に行いたい3つのステップ 文

婚活をやめたい時っていつ?対処法とやめる前に行いたい3つのステップ

「婚活をやめたい」とを感じたら、一度立ち止まってみましょう。

でも、「このまま婚活をやめちゃって本当に大丈夫?」と不安になってしまいますよね。

そこで今回は、婚活をやめる前に試したい3つのステップをご紹介。

やめる前にしっかりと自分に向き合い、本当の幸せを手に入れましょう。

それではさっそく詳しく説明していきますね。

1.婚活をやめたいと思う時はいつ?

婚活をやめたいと思う時はいつ?

婚活では大勢の人と会い、常に神経を使うので疲れやすくなります

婚活イベントに参加するために服装などの身だしなみも、いつも以上に気を使いますよね。

気軽に参加できるイベントはほとんどないので、疲れてしまうのです。

また、以下のような時には「もう婚活をやめたい」という気持ちが加速していきます。

ここではどんな時に婚活をやめたくなるのか紹介します。

  • 振られてしまった時
  • 理想の相手と出会えない時
  • 周りからのプレッシャーが強い時
  • 短期間で多くの人と出会い続けている時
  • 週末が全て婚活関連の予定の時
  • 仕事と婚活の両立ができない時
  • 出費が負担に感じる時
  • 自分を出せずに疲れている時
  • 婚活でトラブルに巻き込まれた時

婚活が長期化するにつれ、これらの問題が少しずつ積み重なっていきます。

原因を突き止めることで婚活疲れ解消につなげましょう。

1-1.振られてしまった時

婚活で良いなと思った相手とマッチングしなかった時や、お付き合いまでいったけど振られてしまった時、まるで自分を否定された気持ちになってしまいます。

そんなことが続ければ婚活をやめたいと思うのが普通です。

婚活で連戦連勝の人はいません。

婚活をしている人の多くが、「今日も気になる人と連絡先交換できなかった」「カップルになれなかった」と落ち込んでいるのです。

自分に問題があるのではなく、誰にでもよく起きる婚活特有のことと考えるようにしてください。

1-2.理想の相手と出会えない時

婚活をしているのに理想の相手と出会えなかったら「婚活をやめたい」と思う女性は多いです。

「今回こそは!」と期待して出かけた婚活イベントでも理想の人が見当たらないことが続くと、誰でも落ち込みますよね。

「自分には運命の人がいないのでは?」とマイナス思考に陥いることもあります。

しかし、婚活は短時間で相手の人柄を見る必要があるので、「この人こそ理想の相手」と判断するのが難しいのが現状です。

1-3.周りからのプレッシャーが強い時

婚活を始めると周囲が結果を知りたがるものです。

そのために結婚へのプレッシャーがかかり過ぎて耐えられなくなり、婚活に疲れることもあります。

とくに親は、婚活イベントに参加するたびに「どうだった?」「良い人いたの?」と聞いてくるので、辛くなることもあります。

婚活がうまく行っていればまだ良いですが、うまく行っていなければストレスも溜まりますよね。

1-4.短期間で多くの人と出会い続けている時

婚活では短時間で大勢の人と会話をする必要があるので、どうしても気疲れしてしまいます。

特に大規模の婚活イベントでは、同じ自己紹介を何度も繰り返し行い、相手に気を使いながら会話をしなければなりません。

中には、自分の苦手なタイプの男性と話をしなくてはいけないこともあります。

そしてそんな婚活イベントが短期間で続けば、気持ちが疲弊してしまうのも当然です。

婚活イベントへ行くことはチャンスを広げるために大切なこととはいえ、疲れている時に立て続けに行くのはあまりおすすめしません。

1-5.週末が全て婚活関連の予定の時

週末の休日が全て婚活イベントで詰まっていることも、婚活をやめたくなる原因の1つです。

この1年間の休日の大半は婚活パーティーなどに参加している、という方もいることでしょう。

週末すべての予定を婚活イベントにしている人が疲れる理由は以下の通りです。

  • 友達との時間が取れない
  • 趣味や自分の時間が確保できない

毎週末、休むことなく婚活に励んでいると精神的に追い込まれてやめたくなってきます。

1-6.仕事と婚活の両立ができない時

婚活をしている方の中にはバリバリ仕事を頑張っている人もいます。

婚活の方法にもよりますが、仕事が忙しくて婚活のスケジュール調整が難しいこともあるでしょう。

ほとんど婚活に参加できずに出会えず、やめるしかないとあきらめてしまう人もいるのです。

1-7.出費が負担に感じる時

婚活は長期化すると費用の負担が大きくなることがあります。

とくに結婚相談所など出費の大きい婚活サービスを利用している場合、将来に不安を感じるでしょう。

「このまま出会いがなかったらどうしよう」「お金を費やしているだけ」などと落ち込み、婚活をやめたくなる人もいます。

1-8.自分を出せずに疲れている時

婚活では「相手に気に入られたい」「周囲の目が気になる」と相手に合わせがちな人もいるでしょう。

「無理に場を盛り上げようと頑張る」「ファッションなど友人の真似をする」など、自分を良く見せようとすると疲れます。

また、実際に付き合った後にギャップが生じ、相手とうまくいかないこともあるでしょう。

自分を良く見せようとして本来の自分を出せずにいると、疲れて長続きしないことが多いです。

1-9.婚活でトラブルに巻き込まれた時

婚活はスムーズに進むとは限りません。

たとえば婚活方法によっては、以下に挙げる状況になることがあります。

  • しつこく連絡先を聞かれる
  • マッチングした相手がプロフィール詐欺と判明した
  • やり取りしていた相手が突然音信不通になった
  • マッチングした人が遊び目的だった

セキュリティ対策やチェック機能が不十分な婚活サービスを利用した場合、悪質なユーザーとマッチングしてしまうこともあるでしょう。

信頼できなくなり婚活をやめたいと思う人もいます。

2.婚活をやめたくなった時の対処法

婚活をやめたくなった時の対処法

婚活をやめたくなったら、まずは以下の対処をしてみてください。

  • 自分の魅力をアピールできる婚活イベントを選ぶ
  • 結婚相談所を利用する
  • 婚活について聞かないように周囲に伝える
  • イベントの参加を見直す
  • リフレッシュの予定も入れる
  • 仕事と無理なく両立できる婚活サービスを利用する
  • 期間や予算を決める
  • 周囲と比較しない
  • 信頼できる婚活サービスを利用する

9つご紹介しますので、あなたの状況に合った対処法を選んで取り組んでみてください。

2-1.自分の魅力をアピールできる婚活イベントを選ぶ

婚活するものの連戦連敗というのであれば、自分には合っていない婚活サービスやイベントを選んでいる可能性があります。

その場合は、自分の魅力を存分にアピールできる婚活イベントを選びなおすようにしましょう。

自分では自分の魅力に気がついていない場合もあるので、大規模・小規模・趣味コンの中でどれが合うと思うか、友人に相談するのも良いですね。

第三者からの意見のほうが的を射ていることもあります。

自分に適したイベントに出席すると、傷つくことも少なくなってきますので試してみてください。

2-2.結婚相談所を利用する

自分の理想のパートナーと出会う確率が高くなるのは、結婚相談所を介した出会いです。

専門アドバイザーがあなたの希望通りの男性を選んでくれます。

また、登録している男性も真剣に結婚を考えいている人ばかりなので、話がまとまれば結婚までスピーディーに話が進んでいきます。

自分で運命の人を探すだけではなく、キューピットにお任せすることもアリですよ。

以下の記事では結婚相談所について比較しながらわかりやすく紹介しています。

2-3.婚活について聞かないように周囲に伝える

婚活の状況について周りから聞かれ、プレッシャーで疲れているのであれば、根掘り葉掘り聞かれることで精神的に参っていると伝えましょう

聞いてくる当人は悪いと思っていないので、ハッキリ「プレッシャーを感じている」「自分のことは自分で判断するから」と伝える必要があります。

自分の言動で追い詰めてしまったと分かれば、以前のようなプレッシャーをかけてこなくなります。

それでも周りからの視線に耐えられそうになかったら、婚活はストップしましょう。

2-4.イベントの参加を見直す

婚活イベントの度に苦痛を感じている場合は、参加するイベントの参加者数や参加するペースを見直すといった対策をしていきましょう。

  • 全員と話しても疲れない程度の参加者数
  • 気持ちに余裕を持てる参加スケジュール

自分の気持ちと向き合いながら参加するイベントを決めていくことで、仮にうまくいかなくても婚活を続けていけるようになります。

2-5.リフレッシュの予定も入れる

リフレッシュの予定も入れる

婚活中、しっかりリフレッシュすることはとても大切です。

休日は趣味や友人とのお出かけなどの予定を少し入れるようにし、婚活イベント以外の予定を増やしましょう。

親しい友人に婚活の愚痴を言ったり、一緒に婚活用の服を買いに行くだけでもストレス発散になります。

婚活が辛くなり、「やめたいかも」と感じてきたら参加するイベントを月に2回程度に抑えておくといいですね。

休日は他の予定が入りやすいスケジュールを心がけてください。

2-6.仕事と無理なく両立できる婚活サービスを利用する

仕事と婚活を両立できていない場合、婚活方法が合っていない可能性があります。

利用する婚活サービスによって婚活スケジュールが異なります。

たとえば、婚活パーティーは土日祝日がつぶれてしまいがちなので、仕事がシフト制の方は両立が難しいでしょう。

一方で、マッチングアプリは定期的なメッセージのやり取りが必要となるものの、自宅にいながら自分のペースで利用できます。

自分に合う婚活サービスを利用することで、無理なく両立できることもあるでしょう。

2-7.期間や予算を決める

婚活が長引き出費が負担になっているのであれば、婚活の期間や予算を決めるのがおすすめです。

期間を決めることで婚活への集中力が高まりますし、計画的に行動できるようになります。

また、予算を決めて無理なく利用できるサービスを活用することで、気持ちが楽になるでしょう。

行き当たりばったりではなく計画的な婚活をすることが大切です。

2-8.周囲と比較しない

本当の自分を出せない場合、周囲と比較しすぎていることが原因の1つになっているのかもしれません。

「もてる友人のファッションを無理に真似する」「社交的な友人と同じように振舞おうとする」などは自信のない方によくあるでしょう。

しかし、婚活では自分の魅力に気づいてもらうことが大切。

「自分は自分」と開き直ることで気持ちが楽になるでしょう。

2-9.信頼できる婚活サービスを利用する

安全に婚活を行いたいのであれば、婚活サービスの選択が重要です。

婚活サービスによっては身分証の提示を必須とするなど、悪質なユーザーを排除する工夫をしています。

また、スタッフが監視するなどセキュリティ面が整っている婚活サービスもあります。

とくにマッチングアプリは顔が見えない相手とのやり取りになるので、安全面を十分注意する必要があるでしょう。

安全なマッチングアプリの見極め方については以下の記事で詳しく紹介しています。

3.婚活を完全にやめる前に試したい3つのステップ

婚活を完全にやめる前に試したい3つのステップ

婚活をやめたくなった時の対処法を試しても「やめたい」と思うのであれば、最後に3つのステップを試してみましょう。

  1. 少し休む
  2. 自分の本音と向き合う
  3. 婚活するか決める

以上の3ステップになりますが、急いで行う必要はありません。

自分のペースで実施していけば大丈夫です。

それでは、1つずつ確認していきましょう。

ステップ1.少し休む

少し休む

婚活に疲れてしまったなら、何よりも先に休みしましょう

毎週末イベントに顔を出し続けていると、疲れがたまってしまうのは自然なことです。

そして「参加しないといけない」と焦れば焦るほど、余裕が持てなくなります。

疲れた状態婚活イベントに参加しても、魅力的な自分をアピール出来ません。

魅力50%の自分より、魅力100%の自分の方が良いに決まっています。

婚活を休む期間は3ヶ月間と決めて、その間は婚活サイトでの男性検索なども休みましょう

リフレッシュして心身ともに健康な状態を取り戻していくのです。

社会人サークルに入って新しいチャレンジをするなど、婚活とは別のことを始めることをおススメします。

男性との出会いを求めずに、素のままの自分が楽しめる場に通いましょう。

ステップ2.自分の本音と向き合う

自分の本音と向き合う

「自分は婚活したいのか?」と自分と向き合ってみてください。

どのような気持ちで婚活をスタートしたのか忘れかけているかもしれません。

「友人の結婚ラッシュが続いて焦っているから始めた」「親からうるさく言われている」といった理由で始めたのであれば、なかなか上手くいきませんよね。

婚活は他人の影響から行うものではなく、「自分自身が本当に結婚したいのか」という気持ちが大切です。

「家庭を築きたい」「一緒に生活を共にするパートナーに出会いたい」と心の底から思えるかどうかは大切なポイントです。

頭の中で考えることが苦手な人は、ノートに思うままの気持ちを書き出してみましょう。

  • 結婚の目的は何か
  • 結婚をしたいのか
  • 結婚よりもやりたいことはないか

以上のようなことを書き出したら自分と向き合いながら、今まで気づかなかった心のモヤを取り除く作業をしていきましょう。

自分が納得できるまでこの作業を繰り返していくのです。

そうすることで、今まで気がついてこなかった自分の本音がみえてきます。

ステップ3.婚活をするか決める

婚活をするか決める

最後のステップは「婚活をこのまま続行するかどうか」を判断することです。

ステップ1とステップ2を行うことで、自分の気持ちが整理されてきます。

「結婚したい」「家庭を持ちたい」という気持ちが強いことが分かれば、婚活は続けていくことにしましょう。

逆に、「結婚よりは自分の仕事や趣味を頑張りたい」「結婚したいと思ったのは周囲がしているから」というのが本音でしたら、婚活をやめてみましょう。

自分のやりたいことを優先しながら、今後運命の人に出会う可能性もありますよ。

4.まとめ:婚活をやめたくなったら婚活中心の生活を見直そう

まとめ:婚活をやめたくなったら婚活中心の生活を見直そう

婚活をやめたくなる時ややめたくなった時の対処法について紹介しました。

  • 振られてしまったり理想の相手と出会えなかったりすると心が折れがち
  • 周囲からのプレッシャーや初対面の相手への気疲れは精神的な負担になりやすい
  • 婚活に追われてプライベートが犠牲になるのは負担
  • 婚活は長引くと費用の負担が大きくなる
  • 婚活では期間や予算・利用するサービスの検討が必要
  • 周囲に婚活について聞かないように伝えることでプレッシャーを抑えられる
  • 周囲と比較しないことで精神的なストレスから開放されることもある
  • トラブル防止のため信頼できる婚活サービスを利用するのがおすすめ
  • 婚活を休んだりリフレッシュすることで精神的ストレスから開放される
  • 自分の本音と向き合い婚活を続けるか辞めるかを判断しよう

婚活に疲れて「やめてしまいたいな」と思うことは正常なことです。

しかし、婚活をした女性はその問題を超えて大きな目標ある「家庭を持つ」「家族を作る」ことを達成しています。

「やめたい」と感じたら一度全ての婚活を休んで、また落ち着いた頃に再スタートをするのも良いですね。

自分のペースで無理のない日程を組んだりと、婚活中心の生活にならないように工夫していきましょう。

再度始める時は、また「婚活をやめたい」と感じないように心がけることが大切です。

見えないゴールに向かって進み続けるのは勇気が必要ですし、また悩みも増えていくものです。

やめたくなったら自分と向き合い対処をしていくことで、「婚活をやめたい」という気持ちから解き放たれていきます

どのような答えを出したとしても、自分らしく歩んでいきましょう。

↓↓楽しみながら婚活をするコツについて以下の記事で詳しく紹介しています↓↓

関連記事

  1. 女性が婚活パーティーでモテる服装とは?男性ウケファッションを解説

    女性が婚活パーティーでモテる服装とは?男性ウケファッションを解説

  2. おすすめの婚活ツアーはどこ?バス・電車・宿泊・移住に分けて徹底解説!

    おすすめの婚活ツアーはどこ?バス・電車・宿泊・移住に分けて徹底解説!

  3. 結婚相談所11社を徹底比較!タイプ・年齢層・負担額の一覧

    結婚相談所11社を徹底比較!タイプ・年齢層・負担額の一覧

  4. 婚活中の男女におすすめの本10冊 あなたの必読書が見つかる

    婚活中の男女におすすめの本10冊 あなたの必読書が見つかる

  5. 成婚実績が多く真面目な出会いがある婚活サイト5選

    成婚実績が多く真面目な出会いがある婚活サイト5選

  6. 高級感がある大阪の婚活パーティー5選と素敵な人と出会うコツ

    高級感がある大阪の婚活パーティー5選と素敵な人と出会うコツ

  7. 婚活にはマッチングアプリとパーティーどちらがおすすめ?5つの項目を比較…

  8. 一生結婚できない女子の特徴は?300人の女性とデートしたハイスペ男子が…

フェリ恋 フェリーチェについて フェリーチェについて 恋愛四季報の本 恋愛四季報の本