銀座のホステスVS六本木のホステス!夜職希望の女子必見!

こんにちは♡元銀座ホステスゆりです!

前回お届けした経営者の落とし方テクニックの記事↓

読んでいただけましたか?

今回はちょっぴり嗜好を替えて、夜職デビューをしたいけど迷ってるという女子に向けて、ホステスのお仕事の全てをご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

1.まずはゆりの夜職歴をご紹介します

元銀座ホステスと言っても最初から夜職をしていたわけではありません。

私は大学1年の終わりから社会人3年目くらいまで

銀座の高級クラブのカウンターレディ(大学1-2年)

六本木のホステス(大学生3-4年)

銀座のホステス(夜職のみで2年くらい)

銀座のホステス(OLと掛け持ち1年くらい)

って感じで働いていました♡

そう!大学生でも社会人のOLでも夜のお仕事はできるんです!

むしろ昼間の仕事を掛け持ちしていた女の子はぶっちゃけ、お店に4割くらいいましたw

最初からホステスは怖い!お酒飲みたくない!と思う方はカウンターレディから入るものおすすめです!

カウンターレディについては次の章でご紹介しますね!

  • スポンサーリンク

  • 2.カウンターレディとは?

    ほとんどの銀座の高級クラブにはカウンター席が設けられています。一人でいらっしゃるお客様が多いからですね。
    そのカウンターの中でお仕事している女性のことを言います。

    主な仕事はお客様とホステスのお酒をつくること。具体的には

    ・アイスペールに砕いた氷を入れる
    ・コップを洗う
    ・常連のお客様のバカラのグラスを用意する
    ・チャーム(お菓子)を用意する

    とまあ、めっっっちゃ単純で簡単なお仕事です!

    隣にはちゃんとホステスがつきますので自分がメインで話すことはあまりないです。

    ガールズバーのあんまり話さないバージョンをイメージしてくれれば良いです。

    たまにシャンパンが空いた時など「ゆりちゃんも1杯どう?」と言われた時には頂くこともありますが、お酒が苦手な場合は断っても全然OKです。

    こんな感じで20時から12時くらいまで働いて、時給3000円・日給12000円もらっていました。(ここから源泉徴収10%が引かれます)

    ホステスより口説きやすいからか、それをイケてると思っているのか、カウンターレディ大好きおじさんは必ずいます。
    銀座初めてなんだ〜色々連れてってあげるよ〜と同伴やアフターに誘われることもありますが、断ってOKですw

    家が遠い子は終電までなど交渉もできます。
    ただ、このカウンターレディは1店舗あたり、2.3人で十分なので募集しているお店が少ないかもしれません。

    服装はホテルのバーテンダーと同じスーツみたいな感じです。ちなみに立ちっぱなしの仕事なので私はドンキで買ったナースシューズを履いていましたw

    キャバクラやクラブは出会いの宝庫?
    福岡のクラブで働くと良い出会いに恵まれるかも。詳細はこちらの記事でチェックしてください↓

    募集してたらラッキーなので、まずは応募してみましょう。

    3.ホステスとキャバ嬢の違いって?

    さっきからホステスホステスって言ってるけどつまりキャバ嬢やろ?って思っている人も多いと思うのでホステスとキャバ嬢の違いをざっくりと説明します。

    クラブに在籍していればホステスと呼ばれ、キャバクラに在籍して入ればキャバ嬢と呼ばれる。
     
    以上です。

    すいません。それだけの違いです。(笑)


    ですが、なぜかホステスにキャバ嬢っていうと怒られるので気をつけてください。

    そして銀座のホステスはプライドが高いので、普段は六本木のキャバクラが多いかな〜でなんて言うと連絡先を聞かれません。

    男性の皆さま!!嘘でも銀座で飲んでると言いましょうw

    (可愛い子が多いのは圧倒的六本木なのは秘密)

  • スポンサーリンク

  • 4.クラブとキャバクラの違いって?

    さて、ホステスとキャバ嬢の違いはわかったけど、クラブとキャバクラの違いは何!?

    これからお店を選びたい方にとっては肝心なところですよね。

    まず大きな違いとして

    ・クラブにはママがいる
    (1人〜多いところだと3人くらい)

     

    ・クラブは一度指名すると、その子が店を辞めるまで変えられない

     

    ・キャバクラは時給だが、ホステスは日給

     

    ・キャバクラは1対1だが、クラブは客1に対して嬢2が基本
    (1対1だとマイナスと呼ばれます)

     

    ・会計がキャバクラは時間制、クラブは座った瞬間から5万円くらい

    (なので早く帰るお客様がイケてるとされます)

     

    ・同伴の価値やノルマの違い
    キャバクラ嬢に同伴を誘ってもあまり喜ばれないが、ホステスを誘うとその10倍くらい喜ばれる。なぜなら同伴がノルマとして課せられていることが多いから……!

     

    こんな感じです。

    男の人とお話ししてお酒を飲むって行為自体は同じでも、細かいルールが違うんですね。

    渋谷と六本木でも、クラブの雰囲気が違う?詳細はこちらの記事をチェックしてください↓

    5.六本木のクラブの給料 

    さあ本題のお給料についてご紹介します!基本こんな感じ!

    日給(25000円〜40000円)+同伴バック(5000円)+場内指名(2000円)
    なので大学生で週3出勤だとだいたい色々差っ引かれて手取り40万くらいですかね!
    大学生でこの給料もらえたら最高ですよね!!

  • スポンサーリンク

  • 給料について詳しく解説します

    六本木のクラブは初心者なら日給が25000円〜40000円くらいだと思って良いと思います!
    この差はなに?って思うと思いますが、面接した人の好みや欲しい人材に当てはまっているかどうかです!
    必ずしも可愛い子が日給が高いとは限りません!

    あと入店してから日給を上げるのは結構難しいので、しばらくして日給を上げてくれないなら「辞めたい!」と言うか、違う店に入店する、のどちらかです。
    ただしあんまり高い日給にするとノルマが厳しくなるのでオススメはしません。

    ※もちろんフル出勤で真剣に働いたり太いお客さんがすでにいる場合はもちろんこれ以上全然稼げます。

    大学生で週3くらいだったら平均日給35000円くらいだと思います!

    ここに同伴バック1回につき5000円、場内1本2000円くらいが加算される感じです!
    場内はお客さんから気に入られればもちろんもらえますが、ママや売れているお姉さんに気に入られると勝手につけてくれるのでたくさん媚を売っておきましょう!

    また、給料以外にタクシー代やチップ(カラオケで何点以上出したら1万円ゲーム!とか)ももらえるので、大学生時代は給料丸々使わなかった月もありました。

    自分がたくさん稼いでいても、デート代は男性に奢ってもらうべき?
    詳細はこちらの記事をチェックしてください↓

    勤務時間は?

    基本は20時から1時すぎまで。同伴の場合は18時30待ち合わせが多いです。
    また、六本木は比較的アフター多めです。

    なので同伴、アフターも合わせると労働時間は結構長めです。
    タクシー代はお客様が住んでる場所関係なしにだいたい1万円くれます。

    もらえなかった場合は指名の係に伝えると5000円もらえます。

    ノルマはあるの?

    ノルマは同伴のみなことが多いです。だいたい月4回くらいですね。

    もし月3回しかできなかった場合は、日給1日分(35000円)が罰金です。

  • スポンサーリンク

  • 6.銀座のクラブの給料 

    だいたい日給(30000円〜60000円)+前月の売り上げによりプラスα
    ※同伴や場内指名にバックはつきません。

    OL時代は週3出勤で、45万くらい。働いている時間も短いので銀座の方が時給換算すると良いですね!
    ホステス1本の時期で頑張った月は、日給10万くらいになった月もありました!

    給料について詳しく解説!

    銀座のクラブも日給です。六本木と違って同伴バックや場内指名バックがないので基本日給が六本木より高めです。
    基本日給30000円から60000円。

    ここから売り上げに応じて+の金額が変わります。

    なので
    1月→頑張って売り上げあげた!
    2月→今月の日給が高いのでたくさん出勤する!
    3月→2月分の給料がドカンと入る!

    って感じで努力した月の給料がもらえるのは結構先になるんですよね。

    勤務時間は?

    銀座はなんと!20時〜最短23時45分にあがれるんです!

    これなら終電も間に合うので、送りの車代がかからないのはありがたいですね。

    電車で帰るのはちょっときついけど、この費用も「ちりつも」です。

    深夜の銀座~新橋で、終電に乗ろうとドレスのまま駅に向かってダッシュしているのはだいたいホステスです。

    稼いでいても、デート代はちりつも!節約デートプランについてはこちらの記事をチェックしてください↓

  • スポンサーリンク

  • ノルマは?

    売り上げのノルマと同伴を選べる場合があります。

    同伴だと月4回くらい。
    ただ、周りが超同伴するのであんまりノルマギリギリだと出勤調整(出勤できない)くらいます!

    営業日全部を同伴するフル同伴ホステスも店に2.3人いたりします。

    6.銀座のホステスと六本木のホステス、結局はどちらがいいの?

    掛け持ちなら絶対に銀座の方が働きやすいと思います!

    ただ厳しいお店に入ると、みんなやる気マックスなので少し馴染めない可能性はあります。
    あとは出会いを求めているなら六本木のお客さんの方が若い人が多いので良い出会いに繋がるかも?!

    また、個室やVIPがあるお店だと芸能人やジャ◯ーズやスポーツ選手もたくさん来てましたね!

    7.枕営業って本当にあるの?

    はい。あると思います。(吟じている訳ではないです、古くてごめんなさい)
    微妙な表現なのは、それが営業かどうか第三者からは分からないからです。

    お客さんとセッ◯スすることが100%お金のためならそれは枕営業と呼びますが、本当にタイプだったり、好きになったりする場合もあります。

    現にお客様と結婚したホステスを5人くらい知っています。

    ホステスってだけでしたたかに思われがちですが、実際そんなに計算してもその通りにいくことの方が少ないですし、正直みんなそんなに考えてませんw

    それにホステスは意外と出会いがなくて本当に彼氏いない子も多いんです。

    OLの方が絶対合コンしてるし良い出会いがある!!

    こっちは華金全力で働いてるんじゃー!あんなに近いコリドーなんてほとんど行ったことないよ!!
    てか休みの日なんて絶対お酒飲みたくない!!って感じでしたね。

    真っ当な異性との出会い方を知りたいあなたは、こちらの記事もチェックしてください↓



    ただ昔私がカウンターレディの頃、銀座のクラブの社長に「やっぱりホステスって枕(お客様とセッ◯ス)してるんですか!?」って聞いたときに、
    「確かにしたことのある人は多いと思う、でもそれだけでナンバーワンになれた人はいない」って言われたことがあります。深い。。。

    深いのか?

    また六本木の時の社長はミーティングで、ホステス40人くらいを集めて、
    「お客様とプライベートで会うな!旅行なんて絶対行くなよ!君たちホステスがそんな長時間、良い女を演じていられるわけないだろ!お客様が幻滅するから店だけで十分なんだ!!ヤッたら男は飽きるんだから!!」

    と大声でみんなに向かって話していました。今考えるとすごくシュールです(笑)

    8.愛人に誘われることもある!?

    大学生で六本木のクラブで働いてると水揚げ(お店をやめてほしい)の話をされることがとても多かったです。
    (ちなみに夜職1本でやってる時はほぼされなかったですねw)

    今流行りのパパ活という言葉もなかったので1回いくらというよりは、月いくらあげるから愛人になってって感じで言ってくる人が多かったです。

    ・ホステスなんて早くやめたほうがいいよ
    ・学校行きながら働くの大変でしょ?
    ・家賃とお小遣いあげるし、海外にも連れて行ってあげるよ

    的な感じのことをみんな言います。
    大学生だと安い金額でOKだと思われるみたいで月5.6人に誘われたりとかもありました。
    具体的に話を進めたことがないので会う頻度や内容は不明ですが、月30万から150万くらいの相場だったと思います。

    9.学生時代に夜職やってみた感想

    ちなみに私は結果、ホステスを大学生時代に経験してよかったと思っています。
    社会人になったら絶対に出会えないような人にたくさん会うことができたし、自分なら一生行けないお店にも連れてってもらうこともできたし、何よりそんなバカみたいに高い金額を払う人がこの世にいること、その人たちが何のために集まってどんな仕事をしているのかを知ることができました。

    そしてこの世にこんなに社長が多いんだってことを知りました(笑)
    どんなに偉い人でも話して見ると意外と普通の人だってことや、すごい人だからって緊張しても仕方ないっていう度胸もつきました(笑)

    あとみんな何歳になっても恋愛を楽しんでいて、年齢は関係ない、常識なんてないってこともよくわかりました。

    そして「一度はじめたら普通の仕事できなくなるよーとか金銭感覚狂うよー」とかみんな言うけど、これは完全に自分次第です(笑)

    正直働いてる時からいつまでもこの日給もらえないってことは自分が一番よくわかっていたし、そもそも昼間の仕事と夜の仕事はやってることが全然違うので比較対象として考えてなかったです。

    てな感じでドラマ黒革の手帖で見るような、お客さんと当たり前に枕営業したり、いじめられてドレス破かれたりなんてことはありませんし、やってみると結構楽しいのでおすすめです!

    超普通な子ばかりが働いていますし、ハードルも低いのでお小遣い稼ぎに友達と体験入店してみるもの楽しいかも。

    ちなみに、もしも夜職以外でお金持ち男性と出会いたいなら、『オリエンタルラウンジ』を利用するのがピッタリ。

    オリエンタルラウンジに行けば、さまざまな男性と出会うことができます。

    相席ラウンジについては、『相席ラウンジでカップルに!見事マッチングした成功者インタビュー』も参考になりますよ♪

    まとめ

    今回は、銀座のホステスと六本木のホステスを比べました!

    私が今まで約7年くらい夜の仕事に関わってきた経験も参考になると思います。

    これから夜の舞台へ踏み出したい方は、ぜひ参考にしてみてください〜。

  • スポンサーリンク

  • 関連記事

    1. 【驚愕】港区女子にもヒエラルキーが存在している説?!

    2. 愛人にするなら素人よりキャバ嬢がいい!?その理由とは

    3. 元銀座ホステスが語る経営者のタイプ別貢がせ方!貢がせる女になろう

    4. 玉の輿を狙いたい!狙える女性の特徴5つと高年収男性と出会える場所

    5. 港区美女が伝授♡こっそり通うオトナの夜遊びスポットまとめ

    6. 結婚するなら、誠実な高収入高学歴男?~E子の結婚相談所婚活~

    7. 【総合商社】社員の特徴と攻め方は!?現役商社マンがこっそり伝授

    8. 元ハロプロアイドルが伝授!経営者に一生溺愛される方法〜初級編〜