婚活失敗談からわかった婚活で失敗してしまうポイント5つ

「婚活を始めたものの、失敗続きで……」そんなお悩みをお持ちの独身女性、多いのではないでしょうか?

モチベーションを維持しつつ婚活を頑張っていても、なかなか結婚に結びつく関係に至ることがないと、心が折れてしまいそうになります。

「時間と労力のムダかも。もう結婚なんて諦めちゃおうかな」そう考えてしまう日もありますよね。

そんな方は、この機会にいったん立ち止まり、婚活がうまくいかない原因を振り返ってみませんか?

この記事のポイント

  • 婚活失敗談10個
  • 理想が高く常に待ちの姿勢だと婚活に失敗しやすい
  • 自分本位で価値観の違いを受け入れられないと婚活で失敗しやすい
  • 婚活を成功に導くには条件を明確にして焦らないのがコツ
  • 婚活を成功に導くには自分磨きと良い婚活サービスを選ぶのがコツ

現在婚活をしている人だけでなく、これから婚活を始めようという人にも役立つ内容ですよ。

ぜひ参考にしてくださいね。

1.同じことをしちゃダメ!婚活の失敗談

同じことをしちゃダメ!婚活の失敗談

婚活で失敗してしまった人はどんなところにつまずいてしまったのでしょうか。

早速、婚活の失敗談をご紹介していきます。

  • 相手との距離の詰め方に悩んだ
  • 交際したけど価値観が合わなかった
  • もう少し視野を広げて相手を探せば良かった
  • 3か月のやり取りも水の泡
  • 相手を選びすぎるようになってしまった
  • 直感を信じるべきだった
  • パーティーでの印象だけじゃわからない
  • 韓国が好きすぎて失敗
  • 自分が積極的に行動しないと結果はついてこない
  • 婚活パーティーの内容はよく確認すべき

※婚活体験談は婚活した男女を対象にランサーズにて募集。

失敗談1.相手との距離の詰め方に悩んだ

女性

20代半ばの時に地方の結婚相談所に入会しました。

入会から数ヶ所、トントン拍子に相手が決まり、あまりにも順調過ぎて怖いなと感じたぐらいです。

しかし、相手である20代後半のAさんとは、成婚退会後3年以上経っても「こんにちは、お久しぶりです。」「今日も暑いですね。」という堅苦しい敬語が続き、二人の意向でまだ婚姻届けも未提出の状況でした。

そんな関係にだんだんとイライラしてお別れ。

せっかくの出会いだったのですが、相手との距離感が全く縮まらずに失敗となりました。

失敗談2.交際したけど価値観が合わなかった

男性

僕は1年前にマッチングアプリで婚活をしていたのですが、そのときに出会った女性と何度かデートを重ねていました。

そして3回目くらいのデートのときに付き合い始め、結婚を前提としてそのまま交際をしていました。

ただ1つ問題だったのが僕はわりと結婚までゆっくり付き合いたい派で、彼女は半年くらい付き合ったらすぐに結婚したい派でした。

どうしてもその価値観がお互いに合わずに結局別れてしまいました。マッチングアプリで出会う場合は、事前に結婚までどれくらいの交際期間が欲しいのか相手に聞くべきだったと反省しました。

失敗談3.もう少し視野を広げて相手を探せば良かった

女性

私は20歳の時に婚活をしていました。…今思えば若すぎます。

その頃、自分より10歳程歳上の女友達と一緒に合コン等行って、結婚相手を吟味していました。

合コンに行って、私がいいなと思う人の特徴はズバリ!イケメンで話が面白い、自分と性格が合う人。

しかし、10歳歳上の友達は、1に年収2に年収、でした。

私は、どんなにお金を持っていても、その人にドキドキして好きになって、恋愛した上で結婚したいと思っていましたし、その願いを叶える事が出来ましたが、結婚してから10年以上。

…お金はすごく大事だなぁと感じる日々です。

今も幸せですが、もう少し視野を広げて相手を探せば良かったと思う次第です。

失敗談4.3か月のやり取りも水の泡

女性

マッチングアプリを利用して婚活をしていました。

初めのうちは、同時に複数の男性とやりとりをするというシステムに慣れず、一番合うと感じた人とのみメッセージをしていました。

しかし、彼に実際に会ってみると、メッセージとは違い話が合わず、その後も連絡がぱったりと途絶えてしまい・・・3か月やり取りしていたのに、またゼロからのスタートとなってしまいました。

メッセージのやり取りは、複数の男性と同時進行で進めておくことをおすすめします。

失敗談5.相手を選びすぎるようになってしまった

女性

周りがどんどん結婚して行き、気づけば私も30歳になっていました。そろそろ行動しようと思い、婚活アプリに登録しました。

婚活アプリでは相手を身長や体型、年収、結婚に対する考えなど細かく条件を絞って検索することができます。

最初は便利だなと思っていたのですが、ずっと使っていると欲が出てきてどんどん条件をより絞って検索するようになってしまいました。

少しでも理想と違うといいねも押せないようになってしまい、相手を選びすぎて失敗したなと後悔しました。

失敗談6.直感を信じるべきだった

男性

婚活サイトで知り合った方なんですが、会う前から好きだとか会いたいの連続で、おかしいなとは思っていました。

後でわかったのですが、いわゆるメンヘラ女子というやつで、依存性が強く、少しでも注意したり否定すると、自殺をほのめかし何度も心配でこちらもメンタルがボロボロになりました。

今思えば、最初の頃の直感を大事にしておけば良かったです。

失敗談7.パーティーでの印象だけじゃわからない

女性

以前、お見合いパーティーに参加したことがあります。県では有名なホテルできちんとしたパーティーでした。

一人話す時間の制限が何分かもうけられ、円をぐるぐるまわって移動しました。ある男性の外見が素敵だったので話してみると見かけと違い良い意味でギャップがあり、素敵な方だと思いました。

パーティーの最後のマッチングタイムで気になる方の番号を書くのですが、私はその方の番号を書くと、なんと相手も私の番号を書いていました。

ですが後日、二人で食事に行った時。やはりほんの数分では相手がわかりきっておらず、互いにイメージと違ったようでその後のデートはありませんでした。

失敗談8.韓国が好きすぎて失敗

女性

35歳から50代になるまで婚活を続けています。

お見合いパーティーなどがほとんどで出会いは何度かありましたが長く続く事はありませんでした。

パーティーの場では自分でも受け答えがマニュアル化し個性も出せず次に進みますが、実際の私は韓国ヲタクと言ってもいい程、韓国が好きで結婚とは無縁でした。

それくらい好きなので少し打ち解けるとついつい韓国について熱く語ってしまい、結局は引かれているのだと思います。同じように韓国好きな方であることをいつも願いながら婚活しています。

失敗談9.自分が積極的に行動しないと結果はついてこない

女性

自分は婚活サイトを利用していたのですが、「自分が積極的に行動を取らなくてはダメなんだな」と感じました。

自分が利用した婚活サイトには、アドバイザーがついてくれ、自分の相性に合った異性を紹介してくれ、「どういった話をしたらいいか?」「異性に言ったら失礼な言葉」などをアドバイスしてくれました。

そのアドバイスを受けて、異性とデートしたり、お喋りしたのですが、アドバイザーの言っていたことはただの助言だけで、話すことやどうアプローチしていくかなどは、自分で考えたり、行動したりしなくてはいけませんでした。

そのため、異性と喋ったり遊んだりした経験が少なく緊張して口数が少ない自分は、異性に冷たい目で見られたり軽くあしらわれたりして、失敗してばっかりでした。

婚活サイトを利用しても結婚できるわけではないということがわかりましましたし、最終的には自分が積極的に行動しなくては異性も付いてきてくれないのだなと感じました。

失敗談10.婚活パーティーの内容はよく確認すべき

女性

婚活パーティに参加したのですが、相手の求めているものに違いがありました。

私は真剣に出会いを求めていったのですが、男性の中には一夜の関係やとりあえず短期的なお付き合いなど婚活とは少し違うような印象を抱きました。

婚活パーティの招待状の段階から、砕けたような感じだったので少し心配をしていたのですが大当たりでした。どんなパーティーが行われるのか、開催前からよく確認して参加すべきでした。

 

ここまで失敗談を紹介してきましたが、逆に成功談を知りたい方はこちらを参考にしてください↓

2.婚活失敗談からわかった婚活が失敗してしまうポイント

婚活失敗談からわかった婚活が失敗してしまうポイント

婚活が失敗してしまうポイントとは何でしょうか?

婚活失敗談から見えてきた失敗ポイントを挙げていきます。

  • 理想が高すぎる
  • 相手の知らなかった面を受け入れられない
  • 基本的に待ちの姿勢
  • 自分本位
  • 結婚観のすり合わせができていなかった

ポイント1.理想が高すぎる

  • 身長が高くて
  • 俳優の◯◯みたいな顔立ちで
  • 年収は◯◯万円以上
  • 土日休み、転勤なしのお仕事に就いていて

など、欲張りすぎて失敗してしまうパターンです。

「結婚相手はこうであったらいいな」と、将来を具体的にイメージすることは良いのですが、理想というものは挙げていけばきりがありません。

まずは、どうしてもここだけは外せない!というポイントを3つまでに絞りましょう。

ポイント2.相手の知らなかった面を受け入れられない

婚活で知り合った男性と二人で会う約束をしたものの、デートで失敗してしまうこともあります。

たとえば、カラオケや映画館へ行き、趣味や価値観が違うことに気づいた時。

レストランで食事の好みがまるで違った時。

ただ、この場合は失敗と考えず「普段の彼を知る良い機会だった」と考えて切り替えましょう。

ポイント3.基本的に待ちの姿勢

  • 話しかけて欲しい
  • 相手から楽しい話を振ってほしい
  • 連絡先を聞いて欲しい

こんな待ちの姿勢では良い出会いは訪れません。

少しでも良いなと思ったら、まず自分から行動しましょう。

初対面でも楽しく話せる鉄板ネタをいくつか用意したりなど、いくらでも事前の対策は立てられます。

素敵な方は自分以外も狙っていることが多く、初動の遅れは致命的です。

婚活は戦いだと思って、恥ずかしがらずに攻めの姿勢で挑みましょう。

ポイント4.自分本位

  • 相手の話に耳を傾けず自分の話ばかりする
  • 相手の話の途中で中座したり、話を遮る

このような自分本位のふるまいは相手に失礼ですし、最低限の常識もわきまえない人間だと思われても仕方ありません。

婚活という慣れない場で至らないことがあるのは当たり前ですが、相手のことを考えず、一方的にふるまう姿勢は直しましょう。

実際に付き合うことになったとしても、自分本位な姿勢は言動の端々にあらわれます。

そうなれば将来を共にする結婚相手としては考えてもらえませんよ。

ポイント5.結婚観のすり合わせができていなかった

結婚までの期間や結婚後のライフプランなどのすり合わせは非常に重要です。

もしカップリングに成功したら、早めにお相手と話し合いましょう。

すでに結婚適齢期を超えた方は、特にこの点をうやむやにしてはいけません。

後々結婚観が合わず別れてしまっては、貴重な時間を無駄にしてしまいます。

今日が一番若いということを肝に銘じましょう。

なぜ婚活がうまくいかないのか?こちらの記事で対策も紹介しています↓

3.もう失敗しない!婚活を成功に導く4つのコツ

もう失敗しない!婚活を成功に導く3つのコツ

ここからは、婚活成功のコツをお伝えします。

  • 結婚相手に求める条件を明確に
  • 結婚を焦りすぎない
  • 自分磨きを忘れずに
  • 自分に合った婚活サービスを選ぶ

コツ1.結婚相手に求める条件を明確に

失敗してしまうポイントでもお伝えしましたが、理想を高く持ち過ぎると可能性が狭まってしまいます。

あれもこれもと高望みせず、ここだけは譲れないというポイントを、2つか3つに絞りましょう。

この2~3つのポイントに当てはまるなら、とりあえず他の部分には目をつぶるのです。

知り合っていくうちに、欠点と思っていた部分の見方が変わったり、意外な面が見つけられたりすることもあります。

せっかくいろいろな人と出会う機会なのですから、自分で可能性を狭めてしまわないようにしましょう。

コツ2.結婚を焦りすぎない

婚活の目的は結婚です。

しかし、「とにかく早く結婚したい!」と、結婚に対して焦りが出ている状態が続くと、心にも余裕がなくなってしまいます。

男性によっては「この女性、やたらガツガツしてるな……」「なんか切実すぎて怖い……」と、あなたの焦りを敏感に感じ取ってしまう人もいるかも。

生活や考え方が婚活一色になっていませんか?

たまには婚活を忘れて趣味に没頭したり、何もしない休日をつくることも大切ですよ

コツ3.自分磨きを忘れずに

ありのままの自分を好きになってもらおうなんて都合の良い言い訳です。

自然体で相手と接するのは大切ですが、努力でなんとかなるウィークポイントは積極的に克服していきましょう。

たとえば服装や外見に気を使ったり、話の幅を広げるために毎日色々なジャンルのニュースに目を通したり。

婚活に成功した方は、常に自分を磨く努力を怠らなかった方ばかりです。

また前向きな姿勢は、オーラのようににじみ出るものです。

相手に素敵な人だな、と思ってもらえるような自分を目指しましょう。

コツ4.自分に合った婚活サービスを選ぶ

婚活と一言に言っても、結婚相談所、合コン、マッチングアプリなどさまざまな手段があります。

理想の男性とより効率的に出会えるのは結婚相談所だという声もありますが、登録には数万円から数十万円の費用がかかります。

とりあえず入会金を支払ったものの、1度も利用していない、という人も……。

それぞれの婚活サービスの特徴、メリット・デメリットを踏まえた上で、あなたの性格や経済状況に合った婚活サービスを選びましょう。

「婚活」と意識しすぎずに参加できる趣味コンや面白い婚活イベントに参加してみるのもおすすめです↓

4.まとめ:婚活は数をこなすよりコツをおさえること

まとめ:婚活は数をこなすよりコツをおさえること

婚活が上手くいかないなら、いったん自分の行いや婚活に対する姿勢を見直しましょう。

自分の貴重な時間とお金を費やして行うのが婚活です。

最大限効率よく婚活を行うためには、一度立ち止まって自分の婚活を振り返る時間を設けることが大切です。

  • 相手へ理想を求めるより、まず自分を磨く
  • 結婚に対する焦りで空回らないように
  • 結婚観のすり合わせは早めに行う
  • 自分に合った婚活方法を選ぶ

結婚後の生活はお相手と2人で作り上げていくもの。

相手に求めすぎたり、逆に自分本位になりすぎてはいけません。

身に覚えのある方は、まず自分が変わる努力をしてきましょう。

そうすればきっと活路は見えてくるはずです。

この記事の失敗談を参考に、婚活の停滞期を抜けて素敵な出会いを見つけてくださいね。

こちらの記事も婚活のポイントを押さえるのに役立つのでぜひ参考にしてください↓

関連記事

  1. 【大阪】自分にぴったりの婚活パーティーを選んで素敵な人に出会おう

  2. 婚活がめんどくさい方へ!理由別に対処法を紹介

  3. 女性の婚活はいつから始めるのがベスト?最適なタイミングと注意点

  4. 婚活をアラフォーが行う方法は?疲れたときのリフレッシュも紹介!

  5. 【千葉でおすすめの婚活アプリ5選】アプリの選び方や注意点も解説

    【千葉でおすすめの婚活アプリ5選】アプリの選び方や注意点も解説

  6. 婚活で相手を傷つけない正しい断り方をご紹介【例文あり】

  7. 【完全保存版】大手結婚相談所10社を徹底比較!使い方も解説!

  8. 【仙台でおすすめの婚活パーティー3選】選び方やカップリング率を上げる方法を解説

    【仙台でおすすめの婚活パーティー3選】選び方やカップリング率を上げる方…

フェリ恋 フェリーチェについて フェリーチェについて 恋愛四季報の本 恋愛四季報の本