付き合うとは?「付き合う」ことで悩んだらチェックしたいこと

付き合うとは、互いが特別な存在だと認め合うこと。

そう頭ではわかっていても、「今の状態って一体どうなの?」と悩む時ってありますよね。

今回は付き合う理由や定義、付き合ったらすることやメリットなどを解説。

あなたが「付き合う」ことの意味が分からなくなって悩んだ時の参考にしてください。

付き合うとはどういうことなのか知って、相手との関係を進めていきましょう。

1.付き合うとはどういうことか?

付き合うってどういうこと?と疑問に思う人は少なくありません。

むしろ恋愛に真剣な人ほど疑問を抱きやすいもの。

まず伝えておきたいのは、付き合うとはお互いが特別な存在だと認め合っている証なのです。

付き合うということについてもっと深く確認していきましょう。

1-1.友達と恋人の違い

まずはじめに、友達と恋人の違いを確認しましょう。

友達とは「性別関係なく意識しないで一緒にいる人」のこと。

気軽に遊びに誘えたり、冗談を言い合ったりできる仲間やグループのことです。

恋人は恋愛感情があって「ずっと一緒にいたい」と思える人のこと。

ずっと一緒にいたい相手だからこそ大切にしたい存在なのです。

簡単にに言うと、

  • 友達は「友情の対象」
  • 恋人は「恋愛の対象」

と分けられます。

友達と手を繋ぐ以上のことは大抵の人はしませんね。

しかし恋人とならキスをしたり、それ以上のことをしたいと思うはず。

スキンシップをとりたいと思うのは、相手が恋愛の対象であるからこそなのです。

恋愛感情があるからその対象と進展したいと望み、告白して、お互いの気持ちを確認して付き合うに至るのです。

1-2.付き合うまでの流れ

次に友達から恋人へ発展するまでの流れを確認しましょう。

基本的に付き合うに至るきっかけは「告白する(される)」ことです。

お互いの気持ちが通じあった時、晴れて恋人同士に。

告白するということは、これからの関係をもっと進展させたいという行動といえます。

相手が自分にとってどんな存在かをしっかりとお互いに共有する大切な行動です。

1-3.お互いにとっての特別な存在

告白して晴れて恋人同士になった時、お互いが「1番の存在」となります。

相手の気持ちを独占したり、同じ時間を長く共有したり…。

お互いが1番の存在だからこそ、大切にしていきたい存在であるといえるでしょう。

また、付き合うということはお互いに成長していける関係を築くことでもあります。

どんなにラブラブなカップルでも時には衝突してしまうことがありますよね。

価値観は人それぞれですから、些細なことで喧嘩してしまっても仕方のないこと。

しかし、これから先も恋人の側にいたいと願うのであれば、相手の気持ちも大切にしなければいけません。

相手を尊重しあえる関係というのは長く付き合っていくための大切な要素なのです。

自分とは違った価値観を受け止め、相手にも正直な心の内を話すことができれば、それは「お互いが成長していける関係」でしょう。

1番大切でお互いが成長できる関係というものは、友達同士ではなかなか難しいですよね。

恋人という「特別な存在」にしかできないことなのです。

1-4.「付き合う」と「結婚」の違いは?

「付き合う」とは、二人の気持ちが通じ合い口約束することです。

「好きだよ。付き合って。」に「はい。」と返事をした瞬間から、お付き合いが始まります。

付き合う場合には、恋人以外の異性と恋愛感情を持つことは原則不可ですが、暗黙の了解ということになります。

「結婚」とは、思いが通じ合った後に婚約契約を第三者も交えて書面で行うことです。

「好きだよ。結婚しよう。」に「はい。」と返事をした段階では、婚約が成立しただけです。

そこから婚姻届にお互いの名前などと証人のサインが必要になります。

役所に婚姻届を提出して、晴れて結婚となります。

二人は社会的に結ばれることになり、不倫などをすれば法律により裁かれることになります。

つまり、「付き合う」と「結婚」の大きな違いは「約束」か「契約」かであり、契約を破ることでバツを受けることもあります。

 

2.なぜ付き合うの?その理由とは

なぜ人は「付き合うこと」にこだわるのでしょうか。

その理由は、2つあります。

  1. 恋人としての充実した関係を築きたい
  2. 付き合っているという実績が欲しい

それぞれの理由を詳しく確認していきましょう。

理由1.恋人としての充実した関係を築きたい

付き合う理由の1つに、恋人としての充実した関係を築きたいという思いが挙げられます。

好きな人には以下のような感情が沸くものです。

  • 自分のことも好きでいて欲しい
  • 他の異性と仲良くしてほしくない

付き合うことで相手も自分が好きだと確信し安心することが出来るのです。

また、付き合っていれば堂々と「異性と仲良くしないでほしい」と伝えることも出来ます。

このように、付き合うことで相手との関係を充実したものに出来るのです。

好きな人と共に過ごす時間はとても充実したものになるというメリットがあります。

理由2.付き合っているという実績が欲しい

付き合っている実績が欲しいという理由だけで付き合う人もいます。

こういった人は、軽いノリでとりあえず付き合ったりしてしまうタイプです。

気軽に付き合いを始める人は、恋人と呼べる人間をそばに置いて自分が充実しているとアピールしたいと考えています。

前向きでないお付き合いをする人は、告白されて断るのが申し訳なかったからとか、自分にだけ恋人がいないのは恥ずかしいし寂しいからという理由が多いです。

こうした軽いノリで付き合うことも決して悪いことではありません。

互いに利害関係が一致しているのならそれでも問題はありませんし、付き合ううちにだんだんと相手を好きになっていく可能性も十分にあります。

大切なのは、付き合うからにはお互いを認め合い尊重し合うという気持ちです。

3.男女別の「付き合う」の定義とは?

付き合うとは、お互いを恋愛のパートナーだと認め合うことにあります。

では、次に男性と女性とで「付き合う」の定義は違うのでしょうか?詳しくご紹介します。

3-1.男性の「付き合う」の定義

男性にとってどのようなことをすれば「付き合う」ことになるのでしょうか?

詳しくご紹介します。

守りたいと思う

男性は本能的に種を存続させようという気持ちがあります。

ですから、「弱い者を守ってあげたくなる」という本能からは逃れられないのです。

つまり、自然と守ってあげたくなる女性を「付き合う」の定義に入れていると考えられます。

安らぎを求める

男性は女性と一緒にいて「安らぎ」を求める傾向にあります。

一緒に話したり、手を繋いだり、ハグしたり、キスをしたり、性行為をしたりする時にも癒されることを重視しています。

男性は、ずっと一緒にいても心に負担がかからないような相手を「付き合う」の定義に入れています。

心も身体も両方手に入れたい

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ferie(@ferie7222)がシェアした投稿

よく男性は「肉体的関係」を求めるといいますが、実は本当に大切に思っている女性には身体だけの関係を求めません。

好きだからこそ身体も求めるのは当然ですが、心も重要なのです。

ただし、女性とは違いフィーリングを重視する傾向が強く、男性は言葉で告げるのは苦手なことも多いです。

ですから、身体が先行してしまうのかもしれません。

付き合う時には「心」も「身体」も手に入れたいと思っています

3-2.女性の「付き合う」の定義

女性にとってどのようなことをすれば「付き合う」ことになるのでしょうか?

詳しくご紹介します。

「心」の距離感を大事にする

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

bikaku_cafe(@bikaku_cafe)がシェアした投稿

女性は、肉体的な関係ではなく「心」を重視する傾向があります。

ですから、「お互いを想い合う会話」であったり、「手をつなぐ」「ハグをする」という心がほっこり温まるような行為を大切にしていて「付き合う」の定義にしています。

女性は恋愛において受け身であることが多いので、男性からの積極的なアプローチがあるとキュンとします。

デートをすること

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

みさね(@misane1209)がシェアした投稿

基本的にデートは好きな男性としかしません。

ですから、二人きりで「デート」をするということは、女性にとって「付き合う」の定義になります。
しかし、ポイントは映画やカップルがたくさんいるようなスポットでのデートに限ります。

食事をするだけでは、デートというには曖昧です。

告白するorされる

女性はフィーリングよりも「言葉」にして伝えてくれることを重視しています。

ですから、「付き合って。」だけだと「どこに?」となるように「好きです。」とはっきりとした告白を「付き合う」の定義にしています。

何となく一緒にいて恋人関係になることもありますが、それでは女性は満足していませんし、不安に感じていることもあります。

 

4.中学生・高校生・大学生・社会人の「付き合う」とは?

男女の「付き合う」の定義がわかったところで、次に年齢別に「付き合う」という定義が変わるのかをご紹介します。

ここでは、中学生と高校生・大学生・社会人と大きく分けて3つで比べてみましょう。

4-1.中学生・高校生にとって付き合うとは?

中学生・高校生にとって付き合うとは「好き」と「楽しい」気持ちが強い関係性です。

「かっこいい(かわいい)から好き」「勉強できるから好き」「一緒にいて楽しいから好き」と、内面よりも外面や刺激で好きとする気持ちが強くあります。

また、常に一緒にいることもできるため、「付き合う」とは楽しさを共有できる相手になります。
「告白されて初めて意識して付き合うことにした」という学生もいるくらいです。

自分が優先の恋愛になります。

4-2.大学生にとって付き合うとは?

大学生にとって付き合うとは、「好きという気持ちが大きいながらも、少しだけ将来性も考える」関係性だといえます。
大前提としては「かっこいいから好き」「一緒にいて楽しいから好き」というのは、中学生高校生と変わりありません。

しかし、進路などによっては常に一緒にいることが不可能な場合も出てきますし、「好き」という気持ちだけで付き合えないのもわかってくる年頃です。

また、大学生になると20歳を迎えますから、大人の仲間入りをします。

さまざまなことで「責任」を持つことになるので、中学生や高校生のように親から守られる恋愛をすることはできません。

ですから、付き合うにも少しだけ慎重になり、相手のこともよく考えた恋愛をします。

4-3.社会人にとって付き合うとは?

社会人にとって付き合うとは、「将来」を考えた関係性といえるでしょう。

まず、社会人になると学生の時のような「時間」がなくなってしまいます。

基本的に常に一緒にいることは無理ですし、会える時間も限られてきます。

社会人は仕事などで忙しいですから、「会う時間を捻出する労力を惜しまずに付き合えるか?」という所が大切になってきます。

そして、「苦しみや悲しみも一緒に乗り越えられる相手か?」「癒される相手か?」と外面よりも内面が重視されるようにもなります。
また、将来的に結婚し、子どもを育てるといった未来も見据えていくことになります。

5.付き合うとは何をすること?

「付き合う」とは何をすることでしょうか?

ここでは、付き合ったらすることを挙げてみました。

5-1.マメに連絡を取り合うこと

付き合いたてのカップルだと特に、毎日連絡を取り合うことも当たり前でしょう。

付き合い始めると、特別用事がなくても「おはよう」「おやすみ」と連絡を取りたくなりますよね。

マメに連絡を取り合っていることで言えることも出てきますから、二人の仲がさらに深まるでしょう。

5-2.恋人を大切な人に紹介する

恋人の家族や友人に「彼氏(彼女)です。」とはっきり紹介することで、「将来を見据えた関係なんだ」と相手が実感することができるでしょう。

5-3.ペアグッズを持つ

デート先でお揃いのお土産やペアリングを買って、付き合っている証を持ちたいカップルは多いです。

ペアグッズを持つことによって、離れている時間も二人で一緒にいるような感覚になったり、ツラい時の支えになったりすることができます。

5-4.イベントを一緒に過ごす

バレンタインデーやホワイトデー、クリスマス、記念日はカップルで楽しみたいイベントです。

「大切な人と一緒にこの日を過ごしたい」と思えることが嬉しいですよね。

お互いの仲をさらに深めるためにもこれらのイベントは絶対に外せません。

5-5.ハグやキスをする

ハグやキス、性行為もですが、付き合っているからこそしたいですね。

必ずしなければならないことではありませんが、付き合っていると自然と恋人に触れたくなるものです。

デート中に手をつなぐのも付き合っているカップルだからこそという感じです。

「好き」と想い触れたところから熱を帯びていき、心の距離もグッと縮まります。

5-6.二人だけのルールを作る

「言いたいことは隠さずに言う」「〇日には必ずデートをする」など、二人だけのルールを作るのもカップルが長続きするコツといわれています。

最初に約束事を決めておくことで、トラブルがあった時にも早急に対処することができます。

付き合いだしたらすることをもっと知りたい方はこちらの記事もどうぞ。

6.付き合うことで得られる8つのメリット

続いて付き合うことのメリットを8つご紹介します。

  1. いろいろな体験や経験ができる
  2. 男性の心理が理解できる
  3. 独占することができる
  4. 心を許せる人ができる
  5. 愛される喜びを感じられる
  6. 励ましてくれる人ができる
  7. 休日にリフレッシュできる
  8. 結婚ができる

それぞれ詳しく確認していきましょう。

メリット1.いろいろな体験や経験ができる

人と付き合うことで、いろいろな体験や経験をすることができます。

さきほどもお伝えしたように、恋人は自分にとって特別な存在です。

その特別な人と自分一人では不可能な体験を共に分かち合うことができます。

映画を見たり旅行をしたりなどは一人でも可能です。

しかし、二人で経験する中で色々な感動や価値観を共有することは、人間的にも大きく成長できて心が豊かになります。

また性行為も、肉体だけではなく精神的にも互いを認め合い受け入れる大切な行為です。

恋人に認めてもらうことによって、自分という人間を肯定できて自信がつきます。

付き合っている二人だからこそできる体験や経験がたくさんあるのです。

メリット2.異性の心理が理解できる

付き合うことで、異性の心理を理解することができます。

異性の心理を理解することができると、社会生活を円滑に進めるためにも有利になります。

その手始めとして、恋人の気持ちをわかってあげることで人間関係を形成することができるようになります。

それぞれ人には個性があるといっても、恋人の心理状態を観察しながら、それを受容する姿勢を身に付けられるのは個人としてもメリットがあります。

恋人関係であれば気兼ねなく言い合える仲でもありますから、「こういうときはどういう気持ちなのか?」とストレートに聞くこともできますよね。

異性の心理を理解することができるようになれば、職場などで異性とのやり取りもスムーズになって良いこと尽くめです。

また、自分とは全く異なる考え方や思考を理解することは、自分の世界を広げることにも繋がります。

話の幅や交友関係も自然に繋がっていくことでしょう。

メリット3.独占することができる

完全にとはいきませんが、ある程度は恋人なので相手を独占することができます。

「自分のことを一番に優先してくれる人がいる」「愛してくれる人がいる」ということは心が満たされますよね。

メリット4.心を許せる人ができる

他人というのは中々信用できませんよね。

しかし、恋人ならば他人には見られたくないあなたのリラックスした状態も見せられますし、何でも話すことができます。

メリット5.愛される喜びを感じられる

日常的に手を繋いだり、ハグをしたり、キスをしたり、性行為をしたりすることでお互いの好きという気持ちを確認することができます。

愛がないそれらとは違って、愛があることで優しい気持ちになることができます。

人から愛情表現を受けることはとても嬉しいことです。

メリット6.励ましてくれる人ができる

人間誰しも人生においてずっと上手く行き続けることはできません。

時に嫌なことや悲しいこと、ツラいことが起こります。

そんな時に「自分の味方になってくれる絶対的存在」「励ましてくれる存在」というのは、大変ありがたいものではないでしょうか。

あなたの良いところと悪いところをしっかりとわかって相談に乗ってくれる存在は心強いはずです。

メリット7.休日にリフレッシュできる

付き合うことになると「恋人と会うことが当たり前」になります。

ですから、休日ごとにデートをすることで、日頃のストレスなどを発散することができます。

プライベートが充実し、毎週ドキドキワクワクする体験ができるでしょう。

メリット8.結婚ができる

結婚して家族になれる人は、付き合いが発展することでできます。

社会人になると「恋人は?結婚しないの?」とセクハラを受ける場合もありますが、恋人がいれば将来を見据えた人という意味でとりあえずその人の名前を挙げることができます。

また、あなたも結婚できるかもしれない人がいることで焦りなどなく心が安定できるでしょう。

7.「付き合う」意味がわからなくなった時に考えること


長く付き合っていると、口喧嘩をしたり、倦怠期があったりと相手への愛情が冷めて付き合う意味がわからない状態になることもあります。

ここでは、「付き合う」意味がわからなくなった時に考えることをご紹介します。

7-1.恋人の好きなところを挙げてみる

恋人の好きなところを5個挙げてみましょう。

意外と簡単に出せたなら、10個挙げてみても良いでしょう。

全然思い浮かばなければ、付き合った当時のことを思い出して、その時に好きだったところを挙げてみてください。

恋人の好きなところを思い出すことで、付き合い続ける意味を思い出せるでしょう。

しかし、相手の好きなところが見つからなければ、付き合っている意味もないかもしれません。

7-2.恋人と別れた時のメリットとデメリットを挙げてみる

まず、恋人がいなくなった時のことを考えてみましょう。

普段の生活に馴染みすぎていて「いて当たり前」となっていると、どうして大切なのか忘れてしまうことがあります。

恋人がいなくなった時にあなたの生活がどんな風に変わるかがポイントです。

そして、恋人がいなくなった時のメリットとデメリットをいくつか挙げてみましょう。

恋人がいないことでメリットがたくさん感じられるのであれば、一緒にいる意味はないのかもしれません。

しかし、「恋人がいなくなった人生は考えられない!」と思うならば、付き合い続けるべきでしょう。

7-3.恋人との結婚生活を考えてみる

ずっとこのまま付き合い続けていれば、いずれ「結婚する」という可能性もあります。

ですから、付き合う意味がわからなくなった時には「将来性」を考えてみると良いでしょう。

恋人と結婚して、同じ家に住み、子どもを作ることが想像できますか?
幸せな家庭を築ける自信がありますか?

そうなっても良いと思えるならば、付き合い続けることをおすすめします。

7-4.アクティブなデートスポットに挑戦する

長く付き合い続けるとぶつかる「倦怠期」。

それを突破するためには、「新しい体験」や「現実離れした体験」、「スリル」を二人で味わうことをおすすめします。

特に体験型のデートスポットはおすすめです。

もしくは、「告白した場所」「初めてキスをした場所」などの思い出深いところを巡るのもおすすめ。

付き合い出した頃を思い出し、再燃するかもしれません。

ぜひ、新鮮で刺激的な気持ちで楽しめるデートスポットへ二人で行ってみましょう。

8.まとめ

付き合うとは、人間関係の中でもかなり濃い関係を築くことになります。

だからこそ迷ったり悩んだりしてしまうこともあります。

今回、付き合う理由や意味、定義、メリットなどをご紹介してきましたが、最終的にはあなたが「相手とどうしたいか?」「どうなりたいか?」を決めることが大事です。

相手との関係に悩んだ時は、今回ご紹介したことを思い返して、これから相手とどういう関係を築いていきたいのかを考えてみてくださいね。

自分の中で答えを出すことで、日常が今までよりも新鮮なものになりますよ!

 

▼Youtube『フェリーチェch』はこちら▼

 

関連記事

  1. ストーカーの夢が暗示する夢占いの意味

  2. 弁当・コンビニのダイエットランチメニュー

  3. お金にまつわる夢が暗示する夢占いの意味

  4. ヨガブロックの選び方とおすすめのポーズ

  5. ホテルの夢が暗示する夢占いの意味を診断

  6. ダイエット効果のある薬・サプリとは?

  7. 怒られる夢が暗示する夢占いの意味とは?

  8. リラックスできるデートの方法とは?解決策と10個のスポット!