結婚相手の選び方は恋愛とは違う!必ず見るべきポイント10選

結婚相手の選び方は、恋愛とは大きく異なります。

恋愛では外見や楽しさなど、一時的にその人といることがステータスになるような箇所ばかりに目が行きがちです。

しかし、結婚相手を選ぶ際にも同じところばかり見て選んでいては、離婚や不仲などの結果に繋がりやすくなります。

結婚相手の選び方はどのようなポイントが重要になるのか、男性・女性それぞれまとめました。

「結婚=苦痛なもの」とならないよう、相手選びは急がないようにしてくださいね!

1.恋愛と結婚では相手の選び方が異なる

恋愛と結婚では、相手の選び方は180度変わります。

なぜなら、結婚することで、一生相手と苦楽をともにすることになるからです。

例えば、恋愛の相手を選ぶときには、以下のような点を重視する人が多いのではないでしょうか。

  • 優しさ
  • 楽しさ
  • 外見の良さ
  • 趣味の一致
  • 体の相性の良さ

相手がいかに優しいか、一緒に居ていかに楽しいか、外見がどのくらいいいのかなど、その人といることで自分が優越感に浸れるような人を選ぶ傾向があるかもしれません。

しかしよく考えると、これらは全て一時的に満たされるものであり、お互いを大切にしたい結婚後の生活には、さして関係がないものです。

恋愛と同じような感覚で結婚相手を選んでしまうと、お互いを大切に思えなくなり、結婚生活はうまくいかなくなる可能性があります。

では、具体的に結婚相手の選び方にはどのようなものがあるのでしょうか?

次の項目で、結婚相手の選び方を10こ紹介します。

2.結婚相手の選び方10の方法|あなたが重視するのはどこ?

結婚相手の選び方にはたくさんの方法があり、人によって重視する箇所が異なります

今回は結婚相手の選び方を10こ紹介しますが、他にもたくさんあるので、ノートに書き出したり親しい人と話したりして考えてみてください。

  1. 価値観が同じかで選ぶ
  2. 趣味が似ているかで選ぶ
  3. 家族を大切にしているかで選ぶ
  4. 信頼できるかで選ぶ
  5. 自分を愛してくれるかで選ぶ
  6. 友達関係がいいかで選ぶ
  7. 将来のプランが合うかで選ぶ
  8. お金の使い方は許容範囲かで選ぶ
  9. 学歴がいいかで選ぶ
  10. 年収がいいかで選ぶ

それぞれの選び方について、詳しく見ていきましょう!

基準1.価値観が同じかで選ぶ

価値観が同じかどうかは、結婚相手の選び方でよく挙げられるものです。

価値観がズレている相手と結婚すると、以下のような点で揉めることになる可能性があります。

  • お金の使い方
  • 食事の頻度や内容
  • 買い物の頻度や限度
  • 子育ての方針

このような点で価値観の違いが現れると、はじめはよくてもすぐに嫌になってくるはずです。

違う価値観の人を認められるほど心が広ければいいのですが、大概は「おかしくない?」と納得ができずにイライラしてしまうことに…。

喧嘩をしたときにも、相手との価値観の違いから、なかなか仲直りができない可能性もあります。

そのため、価値観が似ているかどうかは、結婚相手の選び方で重要になるポイントだと言えるでしょう。

基準2.趣味が似ているかで選ぶ

二人の趣味が似ているかどうかという選び方も、結婚相手を選ぶ際に重視されやすい箇所です。

趣味が同じであれば、休みをあわせてお出かけしたり、キャンプに行ったり、カフェ巡りをしたりと、楽しみを共有することができます。

全く違う趣味の相手と結婚した場合、休日の過ごし方や仕事が終わってからの時間に、会話もなく別々のことをしている可能性も…。

必ずしもそうとは言い切れませんが、できるだけ同じ趣味の相手を選ぶようにすると、飽きずに一緒にいることができるでしょう。

基準3.家族を大切にしているかで選ぶ

家族を大切にしているかどうかは、結婚相手の選び方として多くの人が挙げるポイントです。

家族とは、その相手の親であったり兄弟のこと。

身内を大切にしている人は、あなたのことも大切にしてくれることが多いためです。

反対に、家族が何か酷いことをしたわけではないにも関わらず、邪険に扱ったり、暴言を吐いたりする場合には、将来あなたも同じように扱われると考えておいた方がいいでしょう。

大切な人を当たり前に大切にできる人であれば、結婚相手として安心できる存在と言えます。

基準4.信頼できるかで選ぶ

信頼できるかどうかは、結婚相手に限らず関係を持つ人すべての人の選び方に当てはまることでもありますよね。

  • サラっと嘘をつく
  • 普段から曖昧な返事しかしない
  • 何かと隠そうとする

このような人を選んでも、あなたは相手を信用して生きていくことができないはずです。

借金があることを隠していたり、実はパートナーがいたりという裏事情がある人も存在します

恋愛関係であれば、そのような事実を知ったときに別れればいいだけ。

しかし、結婚となると話は別ですよね。

少しでも信頼できないと感じたら、結婚相手として選ぶことは控えるようにしましょう。

基準5.自分を愛してくれるかで選ぶ

自分を愛してくれる人なのかを見極める選び方は、結婚相手を選ぶ際に重視したいところです。

「好き」「愛してる」という言葉だけなら誰にでも言えますが、本当に愛してくれているのかは、言葉だけでは分かりません。

  • 自分のためにどのような行動をとってくれるのか
  • ありのままの自分を理解してくれるのか
  • 喧嘩したからといって一瞬で嫌いになられないのか

このような点を、しっかりチェックしておくようにしましょう。

喧嘩をしただけで「もう嫌い」と言ったり、「死ね」などの暴言をはくような人とは、結婚してはなりません。

後に我慢できなくなり離婚、もしくは、モラハラやDVの被害にあう可能性があります

自分を愛してくれているのかは、言葉ではなく行動で判断するようにしてくださいね!

基準6.友達関係がいいかで選ぶ

結婚相手として選びたい人の、友達関係についても確認することが大切です。

  • あまり良いとはいえないことをしている友達が多い
  • 自分のことをバカにしてくる友達が多い
  • 相手を大切にしない友達が多い

このような友達がいる人は、選ぶべきではありません。

なぜなら、類は友を呼ぶという言葉があるからです。

あなたの前ではキラキラ輝く素敵な人にみえるかもしれませんが、もしかするとそれは仮の姿なのでは?

実際は、あなたが思っている人とはかけ離れた人物である可能性も否定はできません。

交友関係をみて、どんな友達がいるのかを一つの選び方の基準にするのもいいでしょう。

基準7.将来のプランが合うかで選ぶ

将来のプランが合うかどうかで選ぶ、という人も多いですよね。

  • 子どもは何人欲しいか
  • 何歳までにどこに住みたいか
  • 一戸建てはたてるのか
  • 年老いたらどんな生活をしたいか

このような点について、意見が一致する人を結婚相手に選ぶと、お互いに同じ目標に向かって努力することができます。

しかし、この将来のプランが合わない人と結婚してしまうと、全くちぐはぐな点を目指すことになるため、衝突が起きやすくなるのです。

あなたの結婚相手にピッタリかどうかは、あなた自身が判断しなくてはなりません。

あなたの将来のプランを立ててみて、同じような感じで生活していこうとしている人を選ぶことをおすすめします。

基準8.お金の使い方は許容範囲かで選ぶ

結婚相手の選び方で、お金の使い方をチェックする人はとても多いですよね!

お金がなくては生きていけないことはもちろん、借金生活になってしまうことを防ぐため、お金の使い方を確認することはとても大切です。

  • ギャンブルはするのか
  • ボーナスの使い道はなにか
  • 貯金はあるのか

このような点をさりげなく聞き出して、それらを参考に結婚相手を選ぶという人もいます。

特に、ギャンブルは依存症にもなり得る問題なので、相手がそれらしい感じであれば結婚相手として選ばないほうがいいでしょう。

貯金をしっかりしていてボーナスの使い道も納得できるものである場合には、結婚相手を選んでもあまり金銭面で苦労しなさそうだと言えます。

基準9.学歴がいいかで選ぶ

結婚相手を学歴がいいかどうかで選ぶという人もいますよね。

どうして学歴を気にするのかというと、以下のような考えがあるからではありませんか?

  • 稼ぎに直結している気がするから
  • 子どもに遺伝する気がするから
  • なんとなく誇らしいから

学歴は、自分の努力でどうにでもできるものなので、子どもへの遺伝や稼ぎに直結するとは言い切れません。

反対に、学歴が低くても、たくさん稼ぐ人はいます。

学歴を重視するもしないもあなたの自由なのですが、学歴よりも相手の性格や考え方を見たほうが、より結婚後の生活を幸せに過ごすことができるのではないでしょうか。

基準10.年収がいいかで選ぶ

年収がいいかどうかで選ぶ人も多いですよね!

まさに、お金がなくてはなにもできないことを分かっているからです。

  • 仕事がなくなったときでも安心できるから
  • 自分の稼ぎが低いから
  • 楽して暮らせるから

このような理由で年収がいい人を選ぶ人もいますが、よく考えてみましょう!

お金があっても、相手と全く合わない場合には、何も楽しいことがなく幸せを感じることができません。

結婚してからの生活、お金があっても笑顔を買えるわけではありませんし、愛情が買えるわけでもありません

後悔しない結婚相手を選ぶなら、年収よりも相手との相性を考えてみてはいかがでしょうか。

もちろん、最低限の生活は保証できる年収があることは、確認しておいてくださいね!

3.【男性編】結婚相手の選び方|見るべき4つのポイント

ここまで、結婚相手の選び方を10個に分けて紹介しました。

どこを重視するのかで、結婚してからの生活は180度変わるでしょう。

後悔しない結婚相手を選ぶために、男性はどこを見ればいいのか、みるべき4つのポイントを紹介します!

  1. 仕事に対しての理解があるか
  2. 心から安心することができるか
  3. 家庭環境が似ているか
  4. 我慢することは少ないか

それでは、それぞれ詳しく見ていきましょう。

ポイント1.仕事に対しての理解があるか

仕事に対しての理解があるかどうか、という点はとても重要です。

男性・女性の差なく、共働きで生活している夫婦もいますが、どちらか片方だけが仕事をしている夫婦もいますよね。

仮にあなただけが仕事をする夫婦になった場合、相手の女性が仕事に理解がなかったとしたら、どうでしょうか。

  • 今日も遅くなるなんてひどい
  • なんで〇日に休みがとれないの?
  • 私と仕事どっちが大切なの?

このような言葉を平気でかけてくる相手だった場合には、あなたの心身が持ちません

そうではなく、あなたの仕事に対して理解があり、毎日仕事を頑張っていることに対してねぎらいの言葉をかけてくれたり、仕事にスムーズに行けるようにサポートしてくれたりするかどうかが大切なポイントです。

もちろん、女性だけに家事・育児を任せてしまうことはよくありませんが、仕事に対して理解をしてくれるかどうかは、ぜひ確認しておきたいポイントだと言えるでしょう。

ポイント2.心から安心することができるか

一緒にいて、心から安心することができるかどうかという点は、必ずチェックしておきたいポイントです。

選んだ相手とは、一般的には結婚してから50年程度は一緒にいることになります。

しかし、なんとなく落ち着かない、気を遣ってしまうという相手であった場合、どうでしょうか。

仕事で疲れて自宅に帰ってきても、疲れがとれません

どこかソワソワして落ち着かなかったり、変に気を遣ってしまったりする相手なら、結婚をしたときに辛そうだとイメージすることができますよね。

付き合っている段階から、そういった点がないかどうかを確認しておきましょう。

ポイント3.家庭環境が似ているか

家庭環境が似ているかどうかは、結婚する前にぜひ確認しておきたいポイントです。

どのような教育を受けて育ったのか、親は大切にしてくれていたかなど、同じような境遇にあった者同士で結婚すれば、価値観のズレが起きにくく、知らず知らずのうちに家庭環境の問題で相手を傷つける心配もありません。

親の話や子どもの頃の話をしてみて、相手が楽しそうに話してくれたり、自分と同じ境遇だと感じられる話であったり、そういった点があるかどうかを確認してみましょう。

あなたと同じ境遇で育った相手なら、今後一緒に暮らしていく中で、辛い事やしてほしくないことが分かります

ポイント4.我慢することは少ないか

結婚してから我慢を強いられることがないかどうかも、必ずチェックしておくべきです。

  • 相手の女性が食べたいものばかり食べなくてはならない
  • 相手の女性が行きたいところばかり行かなくてはならない
  • こちらの気持ちを考えずに言いたいことをズバズバ言われる
  • やめてほしいと伝えたことを平気で繰り返す
  • 自分が気にしていることを笑う

このようなふしがある女性を結婚相手に選んでしまうと、その後のあなたの人生は、常に我慢し続けなくてはならなくなります

我慢ならず言い返したところで、相手の女性の性格がコロっと変わるとは思えませんよね。

人の性格は、軌道修正をすることがとても難しいです。

付き合っている段階で、あなたが我慢しなくてはならないことが多い場合には、結婚相手として選ぶことは避けましょう。

4.【女性編】結婚相手の選び方|見るべき4つのポイント

男性に続き、女性の結婚相手の選び方の中で、みるべきポイントを4つ紹介します。

女性の場合、妊娠・出産が関係し、年齢の問題で結婚相手を選ぶのを焦ってしまう人もいますが、焦りは禁物!

きちんとあなたに合った人かどうかを見極めなくては、最悪の結果になってしまう可能性もあるのです。

結婚相手を選ぶ際には、以下の4つを確認しましょう。

  1. 両親から守ってくれるか
  2. 不快に感じることが一致するか
  3. 自分を認めてくれるか
  4. 感謝の気持ちはあるか

それでは、それぞれ詳しく見ていきましょう。

ポイント1.両親から守ってくれるか

ここでいう両親は、あなたの両親ではなく、相手の両親。つまり、義理の両親のことを指します。

嫁姑問題は、古い昔から存在しているものであり、多くの女性が経験している問題ですよね。

理不尽なことを言われたり、あなたを傷つけてあざ笑うようなタチが悪い姑さんもいます。

そんなとき、あなたを自分の両親から守ってくれるかどうかは、付き合っている段階からきっちり見極めておきましょう!

具体的には、よくあなたのことを庇うような言い方をしてくれたり、両親の前で褒めてくれたりという言動があるかどうかです。

付き合っている段階から、あなたの決定や意思を大切にしてくれる相手であれば、安心できるでしょう。

ポイント2.不快に感じることが一致するか

あなたと相手で、不快に感じることが一致するかどうか、という点もポイントになります。

とある発言について、片方は不快に感じ、もう片方は愉快に感じていることがあった場合、もうすでに喧嘩の種ができてしまっていますよね。

長い人生をともに歩んでいくことになる相手と同じような考え方でなくては、ストレスがどんどん蓄積されてしまうのです。

「価値観が合う相手=不快なこと・愉快なことが一致している相手」というように捉えておくといいかもしれないですね!

ポイント3.自分を認めてくれるか

自分を認めてくれるかどうか、相手があなたを理解してくれるかどうか、という点も確認しておきましょう。

自分を認めてもらえない生活は、とても辛いです。

  • お前って〇〇だよね…
  • なんでそんなこともできないの?
  • お前ほんと使えないよねー

このような、あなたを否定する言葉やバカにする言葉を平気で発する人は、結婚相手には選んではいけません。

その後いくら相手から謝られても、相手が今後も同じことを言う可能性が高いからです。

結婚し、相手の経済力に頼らなくてはならない生活になってしまった場合には、これがさらに顕著に表れます。

あなた自身を守るため、そして、自分を自分で否定してしまうことがないようにするために、必ず見るべきポイントです。

ポイント4.感謝の気持ちはあるか

相手があなたに対して、感謝の気持ちをもっているかどうかを確認しておきましょう。

単純に言えば、あなたがすることに対して、きちんとお礼を言ってくれるかどうかです。

もっと厳密に言えば、「何をするにも当たり前だと思われていないかどうか」ということが重要になります。

  • 掃除をして当たり前
  • お弁当を作って当たり前
  • 洗濯をして当たり前

このような考えの人とは、結婚しないようにしてください。

子どもがうまれても、「一人で子育てをして当たり前」などと思われてしまう可能性がありますよ!

夫婦は協力・助け合いで生活していく人生のパートナーです。

片方だけに負担をかけておいて、それを当たり前だと考えてしまう人は、結婚相手にはふさわしくありません。

5.結婚を焦ってはダメ!一緒に苦難を乗り越えられる人を見つけよう

年齢の問題や周りの影響などから、結婚を焦ってしまう人もいると思います。

しかし、結婚相手を選ぶ際には、焦ってはなりません。

焦ってとりあえず決めた結婚相手との生活が、うまくいくと思いますか?

厚生労働省の平成29年人口動態統計によれば、令和元年の離婚件数は21万2262組

離婚率は1.70と低い数字に思えますが、実際に1年間で21万組以上が離婚しているという事実があります。

焦って結婚しても、あなたが思い描くような夫婦になることができずに、離婚したり不仲になったりする可能性があるのです。

結婚することで変わるもの

結婚すると、今まで自由にできていたことができなくなるという変化が起きます。

  • 時間を好きに使えなくなる
  • お金を好きに使えなくなる
  • 相手の親や親せきなどと付き合う必要がある
  • 他人と暮らしてくという難しさがある
  • 一生一人の人を愛するという気持ちが必要になる

結婚するにあたりこれらの覚悟が必要になるにも関わらず、結婚相手を焦って選んでしまうと、あなたにピッタリの結婚相手ではない可能性が高くなりますよね。

そうなると、上記のようなことが原因でたまっていくストレスが倍増…。

結果、離婚に繋がりやすくなってしまうと言えるでしょう。

だれも、離婚したくて結婚するわけではありません。

あなたの大切な人生、急ぐのではなく慎重に、お互いに愛せる人を見つけることを最優先してくださいね。

まとめ

恋愛と結婚では、相手の選び方は全く違います。

そして、結婚相手の選び方にはたくさんの方法があり、その方法のどこを重視するのかで夫婦生活の善し悪しが変わってくるのです

お金をとるのか、愛情をとるのか、生活をとるのか、楽しさをとるのか…。

いろいろな選択肢がありますが、男性も女性もともに、必ず見るべきポイントがあります。

今回紹介したさまざまな結婚相手の選び方とみるべきポイントを確認し、人生を共にする最高の結婚相手と巡り合ってくださいね!

関連記事

  1. どんな男もメロメロになる女子の必殺モテLINEテク

  2. オタクでも彼女が欲しい!できないときに今すぐできる実践法を徹底解説!

  3. セフレ占いができるサイト5選!セフレの悩みを占いでスッキリ解決

  4. 彼を喜ばせる方法には正解があった!好かれるための秘訣を紹介!

  5. 合コンでモテる男になるために!女子が選ぶ好印象な行動10選!

  6. 合コンは敬語?タメ口どっちが正解?好印象の合コンマナーを徹底解説

  7. 回避依存症は男性に多い恋愛傾向!特徴や最適な付き合い方

  8. 彼女にしてほしいことランキング!彼を喜ばせて距離を縮めよう!

フェリ恋 フェリーチェについて フェリーチェについて 恋愛四季報の本 恋愛四季報の本