打算?愛情?結婚相手の選び方であなたの人生は180度変わる!

誰しも結婚するならば「幸せ」になりたいはずです!

幸せになれないのであれば、結婚する意味がありません。

では、結婚する幸せとは一体何なのでしょうか?

それは、「愛」だったり、「お金」「優越感」など人によって違うでしょう。

しかし、結婚生活を「打算」で選ぶか「愛情」で選ぶかによって人生が180度変わってしまうと聞いたら、あなたは即断できますか?

この記事では、結婚生活を打算で選んだ場合と愛情で選んだ場合のそれぞれのメリットとデメリットをご紹介します。

あなたの理想の人生を歩むためにこの記事を参考にしてみてください。特にこれから婚活しようと思っている方は必見です。

 

1.結婚相手を選ぶ方法は2つ

結婚相手を選ぶときに相手へ求める条件には「愛情」や「収入」「職業」「性格」「容姿」などさまざまありますが、大きく分けて2つです。

 

  • 「打算」で選ぶ
  • 「愛情」で選ぶ

 

「打算」で選ぶということは、結婚相手の「収入」や「容姿」などを目当てに結婚することです。

あなたの損得を考えて選ぶ方法になります。

「愛情」で選ぶということは、相手のことを「尊敬する気持ち」「好きと想う気持ち」で結婚を選ぶ方法です。

夫婦として寄り添うために「愛」を必要と考えている方は多くいます。

次に打算と愛情それぞれで結婚相手を選んだ場合のメリットとデメリットを具体的にご紹介します。

 

2.結婚を「打算」で選んだときのメリット

結婚を打算で選んだ場合には、どんなメリットがあるでしょうか?

 

  • 相手の年収や職業、容姿など自分の欲しいものが手に入る
  • 女性のキャリア志向を理解してくれる男性を選べる
  • 身体の相性がよい
  • 優越感に浸れる
  • 「結婚しなさい」という呪縛から解放される

 

打算で結婚すれば、以上のような結婚生活が送れます。それでは、それぞれ詳しくご説明しましょう。

 

2-1.相手の年収や職業、容姿など自分の欲しいものが手に入る

相手の男性の「収入」や「職業」「容姿」を求めている女性は多くいます。

一般的に相手の男性に700万円以上の収入があれば、出産や子育て中に女性が働けない時期があっても安定した生活を送ることができるといわれています。

また、社会的な地位や名誉ある職業に就いている男性を好む女性もいるでしょうし、将来のキャリアを見越して、学歴を優先する方もいるでしょう。

他にもモデルのような美しい容姿やたくましい肉体に惹かれる女性もいるはずです。

このように打算で結婚すれば、あなたの「結婚相手に求める条件」を満たした男性と結婚することができます。

それらは、あなたの欲求を満たしてくれることでしょう。

 

2-2.女性のキャリア志向を理解してくれる男性を選べる

近年、女性は結婚後も専業主婦にならずに、キャリアを継続し伸ばしたいと思っている「キャリア思考」の方が多くなっています。

女性のキャリア志向を理解し、家事や育児の負担を二人で一緒に支えてくれるような男性を選びたいと思っている女性も多いはずです。

そんな女性の考えを受け入れてくれる男性も最近は多いですが、中には「結婚したら仕事を辞めてほしい」「家事や子育てを優先してほしい」という男性も少なからずいます。

打算で結婚すれば、あなたのキャリアアップを喜んでサポートしてくれる男性と結婚することができます。

場合によっては、「主夫」となり、あなたを支えてくれる男性もいるでしょう。

 

2-3.身体の相性が良い

身体の相性の良し悪しも結婚生活という長い付き合いの中で重要なポイントです。

結婚後のセックスレスなどから浮気や離婚をする人もいるくらいです。

性欲がある男性や女性もいれば、全くない男女もいます。

無理矢理にことに運べば「好き」「嫌い」どころか嫌悪感を感じ、生理的に無理になってしまうことも考えられます。

打算で結婚すれば、あなたの女性としての欲求を常に満たしてくれる最高のパートナーを得ることができるでしょう。

 

 

2-4.優越感に浸れる

周囲が羨むような男性と結婚することができれば、あなた自身も周囲から羨望の眼差しで見られるようになり優越感に浸ることもできます。

打算で結婚すれば、あなたの結婚したい条件の人と結婚し、優越感を得ることができます。

 

 

2-5.「結婚しなさい」という呪縛から解放される

結婚すれば、あなた自身は特別結婚したいと思っていなくても、親や職場、親戚などから「結婚しないの?」と何度も言われるハラスメントから解放されます。

そのストレスから解放されて、自分の好きなことに専念することもできます。

 

3.結婚を「打算」で選んだときのデメリット

結婚を打算で選んだ場合には、どんなデメリットがあるでしょうか?

 

  • 結婚した目的が失われてしまうと意味がない
  • お互いを尊重し合えないことがある
  • 愛を求められるとしんどい
  • 一緒にいると疲れる
  • 浮気をされやすい

 

打算で結婚すると以上のデメリット発生してしまいます。

それでは、それぞれを詳しくご説明します。

 

3-1.結婚した目的が失われてしまうと意味がない

あなたが相手の収入や職業、容姿などを目的として結婚しても「会社が倒産して収入がなくなった」「加齢と共にタイプではなくなった」など目的が損なわれることも考えられます。

打算で結婚した場合には、その結婚した理由がなくなってしまったら、急に結婚生活に色がなくなってしまうことでしょう。

一生安泰ということはないので、それらがなくなってしまったときのことも考えておいた方がよいでしょう。

 

 

3-2.お互いを尊重し合えないことがある

愛していると自然とお互いの意志を尊重したり、優しく接したりするものですが、愛のないドライな関係だとお互いを尊重し合うことは難しいかもしれません。

また、お互いが対等な関係であればよいですが、例えば相手の収入を目当てに結婚していた場合にその収入分のことを相手があなたに要求してくるかもしれません。

さらに相手が怒りやすい人であった場合に、その人があなたに対して乱暴なことをしてくる危険性もあります。

 

3-3.愛を求められるとしんどい

あなたは打算で結婚していても相手がそうではない場合や、お互いにドライな関係であっても急に心境の変化があった場合にも、愛を求められツラくなることが考えられます。

例えば、最初は「愛される」だけだったかもしれませんが、「愛してほしい」と見返りを要求されるかもしれません。

抱擁やキスもあなたの思っている以上に要求され、それが煩わしく感じることもあるでしょう。

 

3-4.一緒にいると疲れる

心が通じ合っていれば、一緒にいる結婚生活は幸せです。

しかし、打算で結婚し心が通じ合っていなければ同居していても「他人」ですから、プライベートに侵食されると苦痛に感じることもあるでしょう。

また、自分の自由な時間がなくなってしまうと心に余裕がなくなってしまうかもしれません。

 

3-5.浮気をされやすい

打算で結婚した場合、あなたも相手も心が満たされることがないでしょうから、浮気をしたりされたりするかもしれません。

それでも良いと割り切られればよいですが、世間体が気になったり、「夫婦」である以上浮気はして欲しくないと思っている場合にはツラい気持ちになるでしょう。

 

4.結婚生活を愛情で選んだときのメリット

結婚を愛情で選んだときには、どんなメリットがあるでしょうか?

 

  • 愛し合っている
  • お互いを尊重し合える
  • 結婚生活が円満で長続きがしやすい
  • 将来が想像しやすい
  • 浮気されにくい

 

愛情で結婚すれば、以上のような結婚生活が送れます。次にそれぞれを詳しくご説明します。

 

4-1.愛し合っている

結婚を愛情で選んだ場合には、相手から「愛されている」ことが前提になります。

愛とは不確定なものですが、誰かから愛されているとわかっていると「幸福感」や「安心感」で満たされます。

誰かに愛されていると日々の生活の活力や自分自身への自信にも繋がります。

 

そして、愛には「今日の晩御飯は旦那の好きなものを作ってあげよう」とか「妻が欲しいといっていた指輪をプレゼントしよう」など相手を思いやる気持ちがあります。

そういった何気ない幸せがお互いの活力となり、それらが良い連鎖となって幸せを循環してくれます。

愛情で結婚すれば、そのような日々の小さな幸せを感じることができます。

 

4-2.お互いを尊重し合える

愛情があれば、相手の意志やしたいことなどを尊重することができます。

ですから、価値観が多少違っても合わせることもできます。

例えば、「お金の使い方」や「趣味の時間」などの価値観の違いは、些細なことであっても結婚生活の中で重要なポイントとなるときがあります。

一方の我で通さずに、お互いに意見を出し合い寄り添わせることができるのです。

愛情で結婚すれば、相手への優しさや思いやりのある言動ができるので、情緒も安定した生活を送ることができるでしょう。

 

4-3.結婚生活が円満で長続きしやすい

愛し合い結婚すれば、夫婦生活も長続きする可能性が高いです。

例えば、相手の男性が会社のリストラや倒産に合い収入がなくなることもあるでしょう。

ときに病気になり働けなくなることもあるでしょう。

しかし、愛があればそれがイコール離婚に繋がらずに、二人で「頑張ろう」と思うことができるのです。

愛情で結婚すれば、どんな困難に直面しても乗り越えられるパワーを得ることができるでしょう。

 

4-4.将来が想像しやすい

愛し合っていれば、お互いの考えていることがわかりますし、相手を尊重する気持ちも生まれやすいです。

ですから、結婚後の「家事などの生活の役割分担」や「子育て」などを結婚する前から具体的な未来を想像することができるでしょう。

愛情で結婚すれば、お互いに自分の意見をはっきりと伝え、理想的な結婚後の生活を建設的に進めることができるでしょう。

 

4-5.浮気をされにくい

愛し合って結婚すれば、お互いが最高のパートナーですから、浮気をされる心配もないでしょう。

もちろん、愛が冷めたら浮気される可能性もありますが、ラブラブな期間はまず心配はありません。

また、万が一浮気をされたとしても、一時的な欲求で戻ってくる可能性も高いです。

 

5.結婚を愛情で選んだときのデメリット

結婚を愛情で選んだ場合には、どんなデメリットがあるでしょうか?

 

  • 理想の条件から外れてしまう
  • 愛情がなくなると相手の不満ばかりに目がつく
  • 経済力が伴わない場合がある
  • 価値観が合わない場合がある
  • 相手の家族とトラブルを起こす可能性がある

 

愛情で結婚すると以上のデメリットが発生します。次にそれぞれを詳しくご説明します。

 

5-1.理想の条件から外れてしまう

愛情を重視すると、収入も家族形成も、居住地も関係なく結婚を選ぶ形になります。

本来ならば、

「○○万円以上の収入の人がよかった」

「長男ではなく次男と結婚したかった」

「遠距離恋愛になってしまった」

などの本来の理想とかけ離れてしまう可能性があります。

恋愛中は感じませんが、結婚となるとさまざまな障害になることがあります。

 

5-2.愛情がなくなると相手の不満ばかりが目につく

結婚を愛情で選んだ場合には、ラブラブな期間が終わり、相手への気持ちが冷めたときが勝負です。

愛があるときには、どんなに収入が低く貧乏でも、容姿が悪くても、気にならず乗り越えられてきたことが、愛情がなくなった瞬間にすべてが不満になってしまいます。

生涯の内には、喧嘩をすることも多々あるでしょう。

そういったときにも、それらの問題が一気に爆発してしまうことが考えられます。

爆発してしまったときに、取り返しのつかないことを言ってしまうと結婚生活は終わってしまうことも考えられます。

 

5-3.経済力が伴わない場合がある

「愛があれば何もいらない」と勢いで結婚してしまうと、経済力がなく生活が困窮してしまったということもあります。

すると、その貧しさから喧嘩しがちになり、離婚となるケースも少なくありません。

 

いくら貧乏で良いとは言っても、最低限の生活は保証できる職業についていた方がよいでしょう。

また、女性は妊娠・出産もありますから、その時期は仕事ができないということも考えておかなくてはなりません。

 

5-4.価値観が合わない場合がある

 

恋愛関係のときには気づかなかった価値観の違いに引っかかることもあります。

愛があれば、多少のことならお互いに目を瞑ることができますが、生活習慣や食生活、金銭感覚などどうしても合わないものも存在します。

そうならないためには、愛があったとしても「同棲」をしてから結婚したり、あらかじめ「話合い」をしっかりとしておくことが大切です。

 

5-5.相手の家族とトラブルを起こす可能性がある

結婚するということは、当人同士の問題だけではなく、相手の家族や親せきとの付き合いも大切になります。

ですから、仲良くなれるかどうかを事前に知っておくことが大切です。

また、結婚後に宗教上の違いや相手の家族からトラブルを持ち込まれることもあります。

 

6.「こんなはずじゃなかった」とならないために

結婚後に「こんなはずじゃなかった」と後悔しては後の祭り。

近年は、なんと結婚した夫婦の3組に1組が離婚を選択しているといわれています。

そうなってしまうのは、結婚する前にお互いに話し合うことを話し合っていなかったからや結婚の覚悟が足りないからではないでしょうか?

打算で結婚するにしても愛情で結婚するにしても、「結婚後の仕事」や「結婚生活での役割分担」、「子どもを授かる時期」などを考えてお互いに話し合っておくことが大切です。

そうしなければ、後々、揉める原因になってしまいます。

また、結婚への覚悟も重要です。

  • 時間を好きに使えなくなる
  • お金を好きに使えなくなる
  • 相手の親や親せきなどと付き合う必要がある
  • 他人と暮らしてくという難しさを理解する
  • 一生一人の男性を愛するという気持ちを持つ

これらのことは当たり前。打算で結婚しても愛情で結婚してもこのようになることは、覚悟しておきましょう。

その覚悟を乗り越えらえる人と結婚しなければなりません。

 

 

7.まとめ

いかがでしたか?

「打算」で結婚するにしても「愛情」で結婚するにしても、それぞれにメリットとデメリットが存在しましたね。

そして、どちらを選ぶかによってあなたの人生が180度変わってしまうこともわかったでしょう。

結婚相手は打算で選んでも愛情で選んでも「ダメ」ということはありません。

どちらを選んでも結婚生活が上手くいくひともいれば、上手くいかないひともいます。

つまり、結婚生活を幸せにするためには、打算と愛情のどちらを重視したとしても「一緒に生活できる相手か」ということが何より鍵になっています。

どちらを選んだとしてもあなたの後悔のない方を選んでください。

結婚は人生の「最大の決断」ともいいますが、結婚はゴールではなく、スタートです。

フタを開けてみると思っていた相手と違うような結婚生活になるかもしれません。

しかし、もしかすると思っていたよりも楽しい生活になるかもしれません。

結婚を決めたのでしたら、最後まで責任をもって未来を受け入れる覚悟をしましょう。

あなたが素敵な結婚ができることを祈っております。

 

 

関連記事

  1. 【この人ない…と思われてるかも!】異性の出会いの場で絶対やってはいけな…

  2. 好きな女の子と付き合うための5STEP!上手に振り向かせる方法を伝授

  3. アラサーが合コンでモテるテクニックを徹底解説!【アラサー女子必見】

  4. 元彼の話をする心理は?聞きたくないときの対処法も徹底解説!

  5. 話しかけて欲しいサインを見逃すな!女性に話しかけるタイミングは?

  6. 告白の返事に困ってる人必見!OK・NG・保留のシチュエーション別の返事…

  7. 聞き上手な男性はモテる!聞き上手な男性になる為の特徴をレクチャー

  8. デートの別れ際は次につなげるための鍵!正解の行動や言葉は?