キスがもたらす12の効果とは!? 自然な誘い方とキスの注意点も解説

「付き合った当初はあんなにキスしてたのに、最近はあんまり彼とキスしてないなぁ~」
「今さらキスなんてきっかけが無いとできないなぁ~」

このような悩みを持つ、付き合いが長いカップルや夫婦の皆さんは多いものです。

ですが、実はキスには愛情表現だけでなく、収入が増えたり、健康になる効果もあるのです!

今回は、キスがもたらす12の効果と自然な誘い方を紹介していきます。

これを実践して、付き合い始めたあのときのようにラブラブなキスを取り戻しましょう!

1.キスの驚くべき効果12選

キスの効果はお互いの愛情を確認し合うだけのものではありません!

キスの知られざる12個の効果をご紹介していきます。

  • キスの効果1:虫歯・口臭予防

     

    キスをすると虫歯や口臭が発生しにくい口内環境を作ることができます。

    キスをすることで、虫歯から歯を守るのに必要な唾液の分泌も増えます。

    口の中が乾燥していると口臭も発生しやすくなってしまいますが、キスが口内環境正常化に役立つのです。

    キスの効果2:子供ができやすくなる

    キスをする習慣がある夫婦の方が、子供ができるチャンスは多いです。

    キスがセックスのきっかけになることもありますし、お互いを愛し合った状態で精神も安定しているので妊活にも間違いなくメリットになります。

    「今日は生理前だから」
    「今夜が一番できやすい日だよ!」

    などと言ってしまうと、お互い変に緊張して子づくりも上手くいかないものです。

    言葉で伝えるよりも、キスで合図した方がスムーズにいきやすくなりますよ。

  • キスの効果3:お互いの愛情が深まる

    キスによってお互いの愛情を確かめ合い、さらに深め合うというのは当然の効果ですよね。

    ほとんどのカップルや夫婦はこのためにキスをしているといても過言ではありません。

    日中に喧嘩をしていたとしても、1日の終わりにベッドでキスをすることで最終的には愛情が深まってその日を終えることができます。

    キスの効果4:幸せな気持ちになれる

    キスをすることで幸福感が高まります。

    キスをするという関係性は、ある程度深くないとできません。

    そんな深い関係性の相手としかできない特別な行為をしているという幸福感も立派なキスの効果です。

    自覚していなかったとしても、キスが深層心理に与える幸せは絶大なものがあります。

  • キスの効果5:痛みが和らぐ

    キスをすることによって脳内では痛みを抑えるホルモンが分泌されます。

    エンドルフィンという種類に近い、「脳内麻薬」とも呼ばれるホルモンがキスの際に分泌されることになるので、頭痛などちょっとした痛みであれば緩和することがあります。

    女性特有の生理痛などの痛みを和らげる効果もあるので、そんなときは彼氏やパートナーにキスをおねだりしてみてもいいかもしれません。

    キスの効果6:免疫力・回復力アップ

    キスをするときに直接口同士が触れることで免疫力が高まります。

    人間は口の中に何百万もの菌やバクテリアを持っていて、それがキスの際にお互いの口の中を移動します。

    そうすると、今まで自分の口の中にはいなかった菌に対する抗体が出来上がり、結果的に免疫力がアップするのです。

    さらに、キスをしたことでドキドキしたりリラックスすることで血流が良くなり、回復力もアップしていきます。

    以下のように、キスによる免疫力アップ効果は証明されているようです。

    キスで相手の健康を守ってあげることができるのです。

  • キスの効果7:不安やストレスの解消

     

    キスをしたときに分泌されるエンドルフィンに似たホルモンは、精神を安定させる作用もあります。

    不安になったとき、ストレスを感じたときなどにキスをしてもらえば、落ち着いた気持ちを取り戻せるかもしれません。

    キスをすることで、オキシトシンという多幸感を満たすホルモンを増加させるという作用もあります。

    モヤモヤした気持ちになったときはキスを始めとするスキンシップを多くするように心がけてみてください。

    キスによって、抱えているストレスの1/3が解消されるようです。

    キスが精神面に与えるメリットは大きいです。

    キスの効果8:美肌効果

    キスが習慣になっている女性は、お肌がとてもキレイです。

    キスをすることでエストロゲンという女性ホルモンの分泌が促されるので、女性らしさもアップします。

    女性ホルモンはお肌のターンオーバーにも効果を発揮しますし、お肌のハリやツヤを高めることに繋がります。

    「恋をすると女性はキレイになる」

    と言いますが、キスをしていることも関係しているのかもしれませんね。

    以下のように、キスによる美容効果は理論的に説明がつきます。

    キスによって、さらに魅力がアップします。

    キスの効果9:寿命が延びる

    キスが習慣になっている人の方が平均で5年長生きすると知っていましたか?

    キスをすることで免疫力や回復力がアップすると前述しましたが、日々のダメージを残しにくくなることで寿命も延びます。

    実際に、キスをあまりしないカップルや夫婦よりも、キスを毎日のようにするカップルや夫婦の方が寿命が長いという研究データもあります。

    キスの効果10:バストアップ

    キスはバストアップに繋がります。

    キスをすることで女性ホルモンであるエストロゲンの分泌は盛んになります。

    エストロゲンは女性らしいカラダをつくるのに役立つホルモンで、女性のバストを大きくハリのあるものに保つという効果を持っています。

    キスをたくさんした方が、ずっと女性らしく若々しいボディを保つことにも繋がります。

    以下のように、キスとバストアップは女性ホルモンというキーワードで説明がつきます。

    キスをすることで、女性らしさに磨きがかかります。

    キスの効果11:ダイエット・小顔効果

    キスをすると5、6キロカロリー程度を消費し、ダイエットや小顔に繋がります。

    また、キスをすることで分泌されるオキシトシンは脂肪の燃焼を促進する効果もあるので、ダイエットを加速させるのです。

    キスの際には口周りや表情筋など細かい筋肉を使います。

    普段はあまり使わない筋肉を使うことで小顔効果も得られるのです。

    以下のように、キスによる消費カロリーは意外と高いことがわかります。

    ダイエットの一環になるとわかれば、キスも誘いやすくなります。

    キスの効果12:収入がアップ

    ある研究では、朝の「いってらっしゃいのキス」をする夫婦の方がおよそ25%も収入が高いという発表がされたことがありました。

    このキスと収入の関係については、世界中が驚いた研究結果です。

    ここまでご紹介してきたキスのストレス解消効果や、健康効果が仕事での能力発揮にも繋がり、結果的に収入の増加に繋がったのだと関連づけることができます。

    毎朝のキスが、あなたをちょっとリッチにさせるかもしれません。

    以下のように、実際にキスと収入の相関関係について大学での研究結果があります。

    キスの習慣があることで、豊かな生活に繋がるのです。

    2.効果的な4つのキスと自然な誘い方

    キスの効果は様々ですが、単に口と口を合わせるだけがキスではありません。

    シチュエーションに合ったキスのやり方と、自然な誘い方でキスの回数を増やしましょう。  

    デートでキスする最適なタイミングについては、こちらの記事でもチェックしてください↓

    (1)ライトキス

    ライトキスは手の甲やおでこなど、口以外の場所に軽く「チュッ」と唇を触れさせる程度のキスです。

    ムーディーな雰囲気になったときにするキスとは違い、日常生活の中に溶け込ませやすく、不安やストレス軽減に繋がりやすいキスかもしれません。

    パートナーに何かをしてもらったときに「ありがとう」という意味でライトキスをしてもいいですし、家の中ですれ違いざまに急にする、深い意味の無いライトなキスも嬉しいものです。

    いきなりディープキスはなかなかできませんが、徐々に濃厚なキスに持っていきたいときのきっかけづくりのためのキスとしてライトキスを使っても良いでしょう。

    (2)プレッシャーキス

    プレッシャーキスは、お互いの唇と唇を軽く合わせるようなキスのやり方です。

    朝のいってらっしゃいのキスや、かなり幸福感を感じられるキスでもあります。

    付き合っていないとキスなどしないですから、お互いの強い繋がりを感じられます。

    特別なパートナーならではのキスでもあるので、「おはよう」や「いってらっしゃい」など特定のシチュエーションでするように二人で決めておくといいでしょう。

    そうすれば、毎日絶対にキスをするタイミングが作れるのでオススメです。

    寿命を延ばすことや、収入アップという効果にも関連が深いです。

    話し合って決めるというより、いつの間にか自然にルールになっているように持っていけると良いですね。

    (3)バインドキス

    バインドキスはちょっと濃厚なキスになります。

    お互いの口全体を覆って包み込むようなキスで、時々舌を出して相手の唇を舐めたりもします。

    顔全体を左右に傾けながら行うダイナミックなキスでもあるので、交互に行うことでかなり興奮も高まります

    ある程度のムードが無いとできないキスでもあるので、ベッドの中に入ったときや暗い場所で行うのが良いでしょう。

    女性ホルモンが活発になる分、美肌効果やバストアップ効果も期待できます。

    最初はライトキスやプレッシャーキスなど軽めのキスから入って、徐々に興奮度が高まってきたところでバインドキスに移行していくと自然です。

    (4)オブラートキス

    オブラートキスはかなりディープなキスになります。

    相手の舌を自分の口の中に吸うように入れて、優しく包み込むようにするキです。

    ある程度の時間行ったら、今度は自分の舌を相手の口の中に入れてこれを交互に繰り返すことになります。

    かなり情熱的になってくるでしょう。

    ここまでくるともうSEXに繋がることがほとんどなので、オブラートキスをする場面は自然とそういったシチュエーションになってきます。

    とはいっても、いきなりオブラートキスをすると雰囲気も上手く作れないので、プレッシャーキスから徐々に激しさを高めて最後にオブラートキスという流れが自然です。

    3.キスの効果をアップさせる3つの方法

    ただキスをするだけでも効果的ですが、さらに効果をアップさせる方法を3つご紹介します。

    方法1:キスのタイミングを決めておく

    キスのタイミングを決めておくことで、自然とキスする空気を作り出すことができます。

    関係が長い間柄でも、意外と「キスをしたい」とは口に出して言いにくいものです。

    「でも、本当はキスがしたい!」

    鉄板なのは「朝の出勤前」や「おはようのタイミング」です。

    あとは「おやすみのキス」など、毎日必ず迎える場面でキスをするようなルールがあると良いです。

    今さら恥ずかしいという方は、お酒を飲んだ日の夜にでも勢いでキスしてみると流れができるかもしれません。

    方法2:キスの回数を決める

    1日にするキスの回数を二人で決めておくのも一つの手です。

    特に新婚さんや付き合いたてのカップルに使いやすい方法になります。

    例えば1日に5回キスをするというルールを決めたとして、夜を迎えたときに3回しかしていなければ

    「今日はあと2回残ってるよ~」

    と言えば、可愛く映ってさらに愛情が深まるでしょう。

    ケンカの仲直りのきっかけにもなるかもしれません。

    方法3:部屋を暗くしてスキンシップ

    部屋を暗くしてスキンシップをとることで、キスの効果を高めることができます。

    部屋を少し暗くして、ベッドに入ったときにくっついてみたり、何となく手を触れてみたり。

    徐々に気持ちを高めるようなスキンシップが効果的なので、意識してみてください。

    4.キスをする前にこれだけは気を付けて!

    キスをするときのエチケットが守られていなければ、キスの効果も半減です。

    気心が知れた仲でも気を付けておきたいキスのマナーも改めて心にとめておきましょう。  

    NG1:歯磨きや口臭ケアはしっかり!

    せっかくキスの良いムードが出来ても、食事の臭いが残っていたら気分も萎えます。

    事前に歯磨きをしたリ口臭ケアのタブレットやスプレーを使ってケアしておきましょう。

    幸福感が得られるというキスの効果が、嫌な臭いによって相手を不快な気分にさせてしまいます。

    仮に臭いがあったとしても、はっきり相手に言える人は少ないので自ら気を付けておきたいものです。

    食べる食材の内容に気を遣わなければいけない場面だってあるでしょうし、朝起きぬけは歯磨きができません。

    そんなときは、バインドキスなどディープキス系は避け、軽めのキスに留めるようにしておくと気を遣わなくて済みます。

    NG2:相手が受け入れられる気分じゃないのに無理強いする

    キスはお互いがしたいと思ったときにしてこそ効果があります。

    相手がキスを受け入れられない瞬間だってあるということを理解しておきましょう。

    仕事などでどうしても疲れているときや、落ち込んでいるときにはキスの気分にならないときだってあります。

    好きな人だからといって、24時間365日キスができるわけではないのです。

    お互いがキスをしたいと思えるタイミングなのかどうか、それを見極めるのもパートナーの役目です。

    NG3:場所をわきまえない

    基本的には公共の場では目に余るような愛情表現は好ましくありません。

    海外では寛容なこともあるかもしれませんが、日本では周りから白い目で見られることもあります。

    人前でキスをするのが絶対に嫌だという人もいるので、パートナーと2人きりの特別なものとしてキスを大切にしておきましょう。

    知らないカップルが路上でキスをしているのを見てどう思うか、一度客観的に2人で考えてみてください。

    NG4:キス以外のスキンシップをしない

    キス以外のスキンシップをしないとキスの効果も下がってしまいます。

    キスだけで愛情表現やここまでご紹介した効果が成り立っているわけではありません。

    キス以外にも手を触れあったり、肩を寄せ合ったりするなどのちょっとしたスキンシップを含めて幸福感が高まるものです。

    機械的にキスだけを繰り返すのではなく、全身を使ってお互いの愛を確かめ合うようなスキンシップを心がけましょう。

    ちなみに、普通のキスだけではなくディープキスをするのも恋人にはピッタリです。

    ディープキスについては、『ディープキスのやり方は?うまくなって彼と仲良くなる方法を紹介!』を読んでみてください。

    5.まとめ

    キスの効果は精神的なものから身体的なものまで様々です。

    どれもパートナー同士を高め合うとても意味のある効果ばかりで、性欲を満たすためだけがキスではありません。

    これからもずっと末永く良い関係でいられるためにも、キスの効果を上手く使って幸せを倍増させてくださいね。

  • 関連記事

    1. 年下女性と年上男性は最高の組み合わせだった!アプローチの秘訣は?

    2. 待てる女になって彼に愛されよう!男性が求めている理由を徹底解説

    3. 結婚するタイミングに答えはある?幸せになるための方法を紹介!

    4. 2回目のデートは脈ありの可能性大!彼女の脈ありサインを読み取ろう

    5. 合コン幹事必見!場をしらけさせない幹事の立ち回り方を徹底解説!

    6. デートの誘い方や日程調整のコツとは?女性からOK貰えるポイントを大解剖…

    7. 彼女を心から大切にする彼氏の特徴と女性がすべきこと

    8. 過去最高と言われたい…体験談から分析!女性にとって最高のセックス