キスは練習で7倍上手くなる!キスの練習方法を丁寧に解説!

     
PICK UP   この記事は
ECONOMY(年収500万円未満)

「キスが上手くなる練習方法が知りたい!」なんて、思ってはいませんか?

キスをする機会があまりなかったなら、キスをするとなっても頭が真っ白になってしまいますよね。

相手からしてもらえるとしても、自分はどうすれば良いのかがまったくわからない人も多いはずです。

キスのやり方がわからないままだと、いざというときに失敗をしてしまうかもしれません。

そこで今回は、キスの練習方法や知っておくべきポイントをご紹介します。

キスの練習をしっかりして、いつでも上手なキスができるようになりましょう!

1.キスは練習するべき?

キスの経験がほとんどないなら、練習しておいたほうが良いです。

キスが上手ければ、相手の男性に喜んでもらえます。

上手いキスと言っても、プロ並みのテクニックである必要はありません。

相手に嫌な気持ちを与えない程度に練習しておけば大丈夫です。

キスはやっていくうちに自然と慣れるものですが、その過程で失敗するかもしれないので練習しておけば安心できます。

男性からキスをされたり、キスをねだられたりといった状況になったときに、失敗しないように練習しておきましょう。

それでは早速、キスの練習方法を見ていきます。

キスマークの付け方・消し方はこちらの記事を参考にしてください↓

2.キスの練習方法10選!

キスの練習方法には、以下のような10個のものがあります。

たくさんあって驚いたかもしれませんが、1つずつ試していけば大丈夫です。

人によってどの練習方法が最適かは異なるので、自分のやりやすい方法を見つけてみてください。

できるだけ多くの練習方法に取り組んだほうが、キスは上手くなるはずです。

試せるものはすべて試すくらいの気持ちで頑張ってみましょう。

それでは、それぞれの練習方法について、順番に確認していきます。

練習1.イメージトレーニングを行う

キスの練習には、イメージトレーニングが有効です。

頭の中でキスしそうになる瞬間からキスが終わるまでの瞬間の流れをイメージすることで、本番に緊張しにくくなります。

イメージトレーニングをするときに重要なのは、できるだけ具体的に想像することです。

恥ずかしいからと言って曖昧にイメージしても、キスの練習にはなりません。

本番くらいドキドキするように鮮明にイメージをして、キスの流れを頭に入れておいてください。

練習2.恋愛ドラマや映画を見る

恋愛ドラマや映画でキスのシーンを見るのも有効な練習方法です。

実際に役者さんがキスをしていることも多いので、自然なキスを成功させるための参考になります。

キスをするところからキスをし終えるまでの実際の流れもよくわかるはずです。

恋愛ドラマや映画を見ていると、時にはドラマチックなキスシーンがあるかもしれません。

しかし、そのようなドラマチックなキスを無理に行おうとは思わないことがポイントです。

一緒に目覚めたときや別れ際にする自然なキスを参考にしてみてください。

練習3.ぬいぐるみや人形を相手にキスをする

ぬいぐるみや人形を相手にしてキスの練習をするのも良い練習になります。

人ではないので意味がなさそうに思えるかもしれませんが、実際にキスをやってみるということは重要です。

想像で流れを確認しておくだけではなく、実践練習をしておくほうが本番に近い状況を作り出せます。

ぬいぐるみや人形を相手の男性だと思って、本気でキスを行ってみてください。

その際、キスをする場所を意識することが大切です。

ぬいぐるみや人形のどこにキスをしても良いわけではなく、しっかりと口の位置を狙うようにしましょう。

また、キスをした後にどのように唇を離すのかまでしっかり意識して練習しておくと、本番でも困りません。

練習4.鏡で表情を確認する

キスをしているときの表情を鏡で確認することも練習になります。

キスをするときには目を閉じる人が多いですが、もしかすると相手の男性が目を開けたままキスをするかもしれません。

そのようなときに、幻滅されないような表情でいられるようにしておくべきです。

キスをするタイミングでは、唇を突き出して目を閉じることになります。

唇の突き出し方が強すぎると変な表情に思われてしまう可能性が高いです。

そこで、薄目で鏡を見ながらキスをしているときの顔を確認してみてください。

自分の納得いく表情になるまで何度も練習しておくと安心できます。

練習5.自撮りで表情を確認する

鏡でのキスの表情を見ることにも慣れてきたら、自撮りで表情を確認してみましょう。

自撮りであれば、目を完全に閉じた状態での表情が客観的にわかります。

良いタイミングで撮影するのが難しいなら、動画を撮ればやりやすいです。

女性がキスするときの顔が色っぽくて好きという男性もたくさんいます。

もしも相手の男性がキスの顔を見たいと思っていたら、目を閉じずに見てくるかもしれません。

したがって、自分のキスの表情を見るのは恥ずかしいかもしれませんが、相手の男性に見せる顔なので練習しておいてください。

練習6.自分の手の甲にキスをする

自分の手の甲にキスをするのも良い練習方法です。

手の甲であれば気楽にキスができ、皮膚にキスをするということでキスされた相手にどのような印象を与えるのかイメージしやすくなります。

たとえば、キスの強さは自分の手の甲で試すことでちょうど良いくらいの力加減がわかるはずです。

このとき、唇は手の甲よりも敏感だということがポイントとなります。

手の甲で強いと感じるようなキスは、実際に相手の男性にすると強すぎると思われてしまうのです。

したがって、手の甲に優しく唇が触れるくらいの力加減になるように意識するのが良いでしょう。

道具もいらずに簡単に試すことができるので、ぜひやってみてください。

練習7.唇の力を抜く感覚を覚える

キスの練習として、唇の力を抜く感覚を覚えることも大切です。

実際に唇を突き出してみたときに、力が抜けているのかを確認してみましょう。

緊張してしまうと、ついつい唇に力が入ってしまいやすくなります。

そうなると、相手の男性にとって気持ちの良いキスはできません。

唇を突き出したときに指で唇を触ってみて、固さを感じるようであれば力が入っている可能性が高いです。

キスは唇を突き出しすぎる必要はないので、力を抜きながら軽く突き出せるように練習してみてください。

何度もやっていくうちに、徐々に力が抜けるように自然となっていきます。

練習8.ゼリーを唇と考えてキスをする

ゼリーを相手の男性の唇と考えてキスをすることも良い練習になります。

ゼリーは唇に似た触り心地なので、相手の唇をイメージするのに最適です。

コンビニやスーパーで売っているゼリーを買って、実際にキスをしてみましょう。

相手のことをイメージしながらのキスは、緊張してしまい唇に力が入りやすいです。

ゼリーを相手の唇と見立てて、実戦経験を積んでおくのが良いと言えます。

優しいキスができるように意識しながら、ゼリーで練習をしてみてください。

練習9.アメを舐めて舌の力を抜く

アメを舐めて舌の力を抜く練習をすることも大切です。

キスの際に唇に力が入ってしまいやすいなら、舌に力が入っている可能性があります。

唇と舌は近い位置にあるので、舌に力が入っていると唇にも影響していることが多いです。

したがって、アメを優しく口の中で転がしながら、舌の力を抜く感覚を覚えましょう。

舌の力が抜けるようになったら、唇の力も抜きやすくなるはずです。

舌の力を抜く感覚を覚えておけば、将来的にディープキスをするときにも役に立ちます。

練習10.相手の男性に練習相手になってもらう

最も良い練習方法は、相手の男性に練習相手になってもらうことです。

ここまでにご紹介した練習方法を試したら、実際に相手の男性にキスをしてみましょう。

「キスに慣れていなくてもっと上手くキスをしたい」という気持ちを伝えれば、相手の男性も手伝ってくれるはずです。

実際に相手の男性に練習相手になってもらうことで、相手の好みのキスも教えてもらえます。

人相手の練習でしかわからないこともあるので、最後は彼にお願いをしてみてください。

以上が、キスが上手くなるための練習方法でした。

さまざまな方法をご紹介しましたが、1つ1つは決して難しいものではありません。

地道に少しずつでも練習して、今より上手くキスができるようになってください。

練習をしてみると、「キスに失敗したらどうなるんだろう。。」なんて、不安に思った人もいるはずです。

3.キスに失敗したらどうなる?

キスに失敗してしまうと、以下のようなことになってしまうかもしれません。

キスに慣れていないと失敗しやすいので、事前に失敗例を確認して注意しておくべきです。

それでは、それぞれのケースについて順番に見ていきましょう。

失敗例1.歯がぶつかる

キスをしようとお互いに意気込みすぎるあまり、相手と自分の歯がぶつかってしまうことがあります。

歯と歯がぶつかると、痛いだけではなく、怪我をしてしまう可能性もあるので注意しなければなりません。

歯をぶつけないようにするためには、落ち着いてゆっくりとキスをすることが大切です。

緊張してしまうとついつい勢いでキスしてしまいそうになりますが、キスする前に一呼吸を入れましょう。

勢いに任せてするキスは、慣れない間は力の入り具合がわかっていないので危険です。

優しくキスをするようにしてください。

失敗例2.唇以外にキスしてしまう

キスに慣れていなければ、唇以外にキスをしてしまうこともあります。

キスをするときに目を閉じることによって、相手の唇との距離感が上手くつかめなくなるためです。

目を閉じても相手の唇にちょうど良くキスできるようになるには、慣れていくしかありません。

自分の唇の動きを身体で覚えるために、ぬいぐるみや人形を使った練習をたくさんしておきましょう。

目を閉じた状況で思った位置にキスができるように練習することが大切です。

どうしても不安であれば、相手からキスをしてもらうのを待つというのも1つの方法だと言えます。

その場合は、目を閉じて待っていれば良いので、あなたは唇を動かさないで済むはずです。

失敗例3.相手を傷つける

キスを強くしすぎて、相手の唇を傷つけてしまう可能性もあります。

歯と歯がぶつからなくても、あなたの歯が相手の唇にあたってしまうことがあるのです。

そうなると、血が出てしまうこともあり、せっかくの雰囲気も台無しになってしまいます。

相手を傷つけることだけはしないように、キスをするときは優しく慎重に行いましょう。

以上が、キスの失敗例でした。

場合によっては相手を傷つけることになってしまうかもしれないので、注意しておいてください。

そうは言っても、お互いに好意を抱いていれば少し失敗しても笑いあえるはずです。

心配しすぎずに、成功させられるように頑張れば良いと言えます。

それではここからは、キスを成功させるために知っておくべきポイントを見ていきましょう。

4.キスをする前に知っておくべき8つのポイント

キスをする前に知っておくべきポイントは、以下の8つです。

それぞれのポイントをおさえておくことで、キスが成功する確率を高めることができます。

どのポイントも難しくはないので、しっかりおさえておいてください。

それでは、それぞれのポイントについて順番に確認していきます。

ポイント1.口臭チェックを怠らない

キスをするなら、事前に口臭チェックは絶対にしておきましょう。

特に、ご飯を食べたあとのタイミングなどでキスをしようと思っているときは要注意です。

歯磨きをするのは難しいかもしれませんが、口をゆすいでガムを噛むなど、さり気なく口臭を減らすのが良いと言えます。

最近では、タブレットタイプの口臭ケアグッズもコンビニやスーパー、薬局で手に入れることが可能です。

せっかくキスで距離を縮めるはずが、口臭で引かれてしまうと最悪な結果となってしまうので気をつけてください。

口臭についての不安があるなら、解消してからキスをした方が安心です。

キス前に使える口臭ケアグッズはどんなものがあるの?

キス前に使える口臭ケアグッズは、以下のようなものがあります。

(引用:ガム・メディカルドロップ|歯周病菌とたたかうサンスターG・U・M

『ガム・メディカルドロップ』は、殺菌成分のあるアメです。

舐めることで口臭の原因となる口や喉の菌を殺菌し、消毒できます。

味もハーブミント味、レモン味、青リンゴ味と3種類あるので、好きな味を探してみましょう。

商品名ガム・メディカルドロップ
販売元サンスター
URLhttp://jp.sunstargum.com/lineup/medical/medicaldrop/
24粒(1パッケージ)
定価500円(税抜)

ポイント2.髪の毛や身体の匂いにも気を配る

キスをしたいなら、髪の毛や身体の匂いにも気を配っておけばより良いでしょう。

なぜなら、キスをするときには2人の距離がゼロになり、髪の毛や身体の匂いを感じることもあるためです。

キスをしたときに女性らしい良い香りが自然とすれば、相手の男性は今まで以上にあなたのことを好きになってくれる可能性が高まります。

ただし、注意するべきことは、香水などをつけすぎないようにするということです。

香水をつけなくても、柔軟剤の自然な良い香りがすれば男性は心地よさを感じてくれます。

髪の毛については、シャンプーやトリートメント、流さないトリートメントなどを良い香りのものにすれば十分です。

強すぎる香りは苦手だという男性も多いので、自然な香りになるように意識してください。

ポイント3.がっつきすぎない

キスをするなら、がっつきすぎないようにしなければなりません。

彼を喜ばせようと思うあまり、頑張りすぎると逆に彼に引かれてしまうこともあります。

キスのやり方やタイミングは、できるだけ相手に合わせて行うべきです。

積極的にさまざまなことを試していくのは、キスを何度もやってからにしてください。

焦りすぎると、彼との距離があいてしまうかもしれませんよ!

そうならないためにも、常に空気を読む必要があります。

相手の表情や発言から、どのように考えているのかを想像する癖をつけるべきでしょう。

自分の考えだけで先走らないようにすれば、キスが成功しやすくなります。

ポイント4.キスの前にはムードを作る

キスをしたいのなら、その前に2人の間に良いムードを作ることを心がけましょう。

たとえば、2人きりになれる静かな場所に行くのが良いです。

静かな場所にあなたと相手の男性しかいなければ、自然とムードは出てきます。

その状況で隣に座って肩があたるくらいの距離になれば、キスはしやすいです。

ムードを作ることによって、あなただけではなく相手の男性もキスがしやすくなります。

キスをしようと考えているなら、デートコースに2人でゆっくりできる場所を提案してみてください。

ただし、キス以上のことをするつもりがないのであれば、密室は避けたほうが安心です。

夜景のキレイなところや、夜の公園など、密室ではないけれどロマンチックな場所を考えましょう。

ポイント5.キスに慣れていないことを伝えておく

練習をしてもキスに不安があるなら、事前に相手の男性にキスに慣れていないことを伝えるのも良いです。

ハッキリと「キスは慣れていない」と伝えにくいなら、「今までほとんど男性経験がないから迷惑をかけたらごめんね」というように、さり気なく伝えてみてください。

キスに慣れていないことで嫌がる男性は、非常に少ないです。

特に、恋人同士の関係であれば、男性経験が浅いことを喜ぶ男性のほうが多いと言えます。

したがって、心配なら遠慮せずにそのことを相手の男性に伝えておきましょう。

男性経験が少ないことを伝えたときにあなたから離れるような言動を男性が見せた場合は、体目当てな可能性もあります。

本当にあなたのことを好きなら、他の男性と経験がないことを嬉しく思うはずです。

慣れていないことを伝えて嫌がられるようなら、相手の男性との関係を見直してください。

ポイント6.常に唇のケアをしておく

常に唇のケアをしておくのも大切なポイントです。

相手の男性が、「キスをしたい!」と思えるような唇をキープしておきましょう。

唇のケアは、難しいことをする必要はありません。

リップクリームを持ち歩いて、乾燥する前に唇に塗れば大丈夫です。

このとき、唇のシワに合わせて縦にリップクリームを塗るとキレイにケアができます。

せっかくキスをしたのに唇がガサガサだったら、相手に悪い印象を与えてしまうかもしれません。

いつでも心置きなくキスができるように、唇のケアは忘れずに行ってください。

ただし、グロスを塗りすぎたテカテカな唇にはしないほうが良いです。

ガッツリとメイクをしている唇にキスをすることに抵抗がある男性は少なくありません。

キスが当たり前の関係になるまでは、自然なうるおいを感じさせる唇を維持しておきましょう。

ポイント7.顔の毛を剃っておく

キスをする前には、顔の毛を剃っておくことも忘れずに行いましょう。

普段はそこまで気にならない顔の毛ですが、キスをするときは至近距離なので相手の男性の目につくかもしれません。

顔の毛が生えていることはおかしなことではないのですが、処理しておいたほうが男性を幻滅させずに済みます。

特に口周りの産毛はしっかりと剃っておいてください。

ポイント8.相手に嫌がられたらすぐにやめる

キスをしようとして、相手の男性に嫌がられたらすぐにやめるようにしましょう。

キスを好きな男性は多いですが、苦手な人も少なからず存在しています。

キスは愛情表現の1つですが、必ずしも全員が好きなわけではありません。

不安なら、事前にさり気なく聞いてみると安心してチャレンジできます。

ちなみに、女性からキスをされるのが嫌という場合もあるので、そのときは待つしかないです。

もしもキスをして彼に嫌がられたら、すぐにやめて謝りながら正直に距離を縮めたかったことを話してみてください。

距離を縮めたいという理由なら、彼もそれ以上嫌がるということはないはずです。

お互いが好き同士なら、冷静に話し合うことで解決できます。

以上が、キスをする前に知っておくべきポイントでした。

実際に相手の男性を目の前にすると緊張してついつい忘れがちなこともあるので、気をつけておきましょう。

多少ポイントを忘れてしまっても、相手を気づかうことができれば大きな失敗はしないはずです。

ちょっと失敗しただけで慌てる必要はないので安心してください。

最適なキスのタイミングについては、こちらの記事をチェックしてください↓

ちなみに、いずれはディープキスもすることになるかもしれません。

5.ディープキスも練習しておいたほうが良い?

ディープキスは、必ずしも事前に練習しておかなくても良いです。

相手にやられたことを同じように真似て返してあげれば問題ありません。

初めてのディープキスは緊張してしまうかもしれませんが、徐々に慣れていきます。

また、ディープキスまでするようになった関係なら、多少の失敗も受け入れてもらえるはずです。

あまり先のことまで考えすぎずに、まずはキスを自然と行えるようになっていきましょう。

「どうしても練習しておきたい」という人のために、簡単にやり方を解説しておきます。

5−1.ディープキスのやり方は?

ディープキスをするなら、キスをしたあとにすぐに口を離さないのがポイントです。

そのまま、相手の唇を軽く舐めてみましょう。

相手が舌を出してきたら優しく絡めていきます。

最初はどのように絡めれば良いのかがあまりわからない人も多いはずです。

しかし、ディープキスに正解はありません。

あなたがしてほしいことを相手にやってあげたり、してもらって嬉しいことを相手に返してあげましょう。

人によって舐められて気持ちの良いところは違うので、いろいろ試すことが大切です。

以上が、ディープキスのやり方でした。

「ディープキスについてもっと詳しく知っておきたい!」という人は、『ディープキスのやり方は?うまくなって彼と仲良くなる方法を紹介!』を読んでみてください。

ディープキスについては焦りすぎず、まずは普通のキスをたくさん楽しみましょう。

キスをたくさんすることで、相手の男性と仲良くなることができます。

6.キスをして仲の良いカップルになろう!

キスをすることによって、どんどん仲の良いカップルになっていけます。

なぜなら、キスには3つのメリットがあるためです。


いずれも、一度体感するとハマってしまうくらい良いものばかりなんです。

最後にそれぞれのメリットについて、順番に確認していきましょう。

メリット1.相手の男性との距離が縮まる

キスをすることによって、相手の男性との距離は一気に縮まります。

お互いの唇をくっつけるなんて、よほど仲が良い人でなければやりませんよね。

そのような行為をしたということで、お互いに親密感を覚えるのです。

キスを行っておけば、その先の段階にも進みやすくなります。

相手の男性との距離を縮めたいというとき、キスはぴったりです!

キスをたくさんして、今よりも仲の良いカップルになっていきましょう。

メリット2.ストレスが減る

キスをすることによって、ストレスが減るとされています。

「彼が忙しそうだから癒してあげたい。。」なんて、思っている人はぜひキスをやってみてください。

自分自身のストレスも減るので、お互いに落ち着いた気持ちになって癒しを得られますよ!

距離が縮まるだけではなく、精神的にも癒やされるというのは素敵なメリットです。

お互いに積極的にキスをして癒やしあえるような関係を作っていきましょう。

メリット3.とろけるような快感を得られる

キスをすると、お互いにとろけるような快感を得ることができます。

唇は敏感なので、それをお互いに刺激し合うことで気持ちよくなるのです。

キスの仕方はさまざまなものがあります。

したがって、回数を重ねるごとにお互いの好きなやり方がわかって、得られる快感が増えていくのです!

少しずつ相手の反応を見ながらキスのやり方を調整していきましょう。

自分が気持ち良いと感じたときは、相手に伝えてあげることで喜んでもらえるうえに、またやってもらえます。

同じように、相手の気持ちの良い方法はどのようなものかもさり気なく聞いてみると、気持ち良いキスをしてあげられるはずです。

以上が、キスをすることによって得られるメリットでした。

どれも魅力的なメリットなので、キスを成功させるために練習を頑張りましょう!

たくさん練習しておけば、いざキスをするというときにも心配せずに行えます。

仮に多少キスを失敗したとしても、相手に好きな気持ちが伝われば問題ないので安心してください。

7.相手に好きな気持ちが伝われば大丈夫!

キスをすることに失敗しても、相手の男性にあなたの好意が伝われば問題ありません。

たとえば、もしも勢い余ってキスのときに歯と歯がぶつかっても、それだけ相手とキスをしたかった気持ちの表れだと考えられます。

お互いに好きな気持ちがあれば、多少の失敗も前向きに捉えられるものです。

キスに慣れていなくても、お互いのことを思いやりながら練習していけば今よりも仲良くなれます。

一緒に練習をして上手くなったという過程は、あなたと彼だけの大切な思い出です。

焦りすぎずに、あなたと彼のペースでキスを練習していきましょう。

キスは愛情表現の1つであり、それ以外にも好意を伝える方法はたくさんあります。

キスに慣れていないなら、言葉で好意を伝えることでも彼に喜んでもらえるはずです。

気負いしすぎずに、相手の男性と仲良くなるためにキスも取り入れるというくらいの気持ちで頑張ってみてください。

まとめ

キスにはさまざまな練習方法がありますが、今回は10個ほどご紹介しました。

慣れていなければ相手と歯がぶつかることや相手の唇を傷つけてしまうこともあるので、落ち着いてキスできるように練習しておくべきです。

ただし、がっつきすぎると引いてしまう男性も多いので、慣れていないなら正直に伝えるのも良いでしょう。

できる範囲でキスの練習をして、いざというときに成功させられるように頑張ってみてください!

関連記事

  1. 恥じらいのある女性は最強モテ女!特徴と男性の心を掴む理由を徹底解説

  2. 【男性向け恋愛心理テスト】ぴったり当たる?完全無料の心理テスト25選

  3. デートはお散歩するのもアリ!お金をかけず彼と急接近する秘訣を紹介

  4. テンプレートで婚活の会話が完璧に!会話を続かせるコツを伝授します

  5. デートに最適な靴はどれ?ヒールの高さや雨用まで細かく解説します!

  6. 元カノとエッチするのはアリ?面倒事を避ける誘い方を解説!

  7. これだけは押さえたい!合コンで失敗しないために気をつけること14選

  8. 女性の匂いは男性にモテるために超重要!いい香りを出す工夫とは?