キスは練習で7倍上手くなる!キスの練習方法を丁寧に解説!

「キスが上手くなる練習方法が知りたい!」なんて、思ってはいませんか?

キスをする機会があまりなかったなら、キスをするとなっても頭が真っ白になってしまいますよね。

相手からしてもらえるとしても、自分はどうすれば良いのかがまったくわからない人も多いはずです。

キスのやり方がわからないままだと、いざというときに失敗をしてしまうかもしれません。

そこで今回は、キスの練習方法や知っておくべきポイントをご紹介します。

キスの練習をしっかりして、いつでも上手なキスができるようになりましょう!

1.キスは練習するべき?

キスの経験がほとんどないなら、練習しておいたほうが良いです。

キスが上手ければ、相手の男性に喜んでもらえます。

上手いキスと言っても、プロ並みのテクニックである必要はありません。

相手に嫌な気持ちを与えない程度に練習しておけば大丈夫です。

キスはやっていくうちに自然と慣れるものですが、その過程で失敗するかもしれないので練習しておけば安心できます。

男性からキスをされたり、キスをねだられたりといった状況になったときに、失敗しないように練習しておきましょう。

それでは早速、キスの練習方法を見ていきます。

2.キスの練習方法10選!

キスの練習方法には、以下のような10個のものがあります。

たくさんあって驚いたかもしれませんが、1つずつ試していけば大丈夫です。

人によってどの練習方法が最適かは異なるので、自分のやりやすい方法を見つけてみてください。

できるだけ多くの練習方法に取り組んだほうが、キスは上手くなるはずです。

試せるものはすべて試すくらいの気持ちで頑張ってみましょう。

それでは、それぞれの練習方法について、順番に確認していきます。

練習1.イメージトレーニングを行う

キスの練習には、イメージトレーニングが有効です。

頭の中でキスしそうになる瞬間からキスが終わるまでの瞬間の流れをイメージすることで、本番に緊張しにくくなります。

イメージトレーニングをするときに重要なのは、できるだけ具体的に想像することです。

恥ずかしいからと言って曖昧にイメージしても、キスの練習にはなりません。

本番くらいドキドキするように鮮明にイメージをして、キスの流れを頭に入れておいてください。

練習2.恋愛ドラマや映画を見る

恋愛ドラマや映画でキスのシーンを見るのも有効な練習方法です。

実際に役者さんがキスをしていることも多いので、自然なキスを成功させるための参考になります。

キスをするところからキスをし終えるまでの実際の流れもよくわかるはずです。

恋愛ドラマや映画を見ていると、時にはドラマチックなキスシーンがあるかもしれません。

しかし、そのようなドラマチックなキスを無理に行おうとは思わないことがポイントです。

一緒に目覚めたときや別れ際にする自然なキスを参考にしてみてください。

練習3.ぬいぐるみや人形を相手にキスをする

ぬいぐるみや人形を相手にしてキスの練習をするのも良い練習になります。

人ではないので意味がなさそうに思えるかもしれませんが、実際にキスをやってみるということは重要です。

想像で流れを確認しておくだけではなく、実践練習をしておくほうが本番に近い状況を作り出せます。

ぬいぐるみや人形を相手の男性だと思って、本気でキスを行ってみてください。

その際、キスをする場所を意識することが大切です。

ぬいぐるみや人形のどこにキスをしても良いわけではなく、しっかりと口の位置を狙うようにしましょう。

また、キスをした後にどのように唇を離すのかまでしっかり意識して練習しておくと、本番でも困りません。

練習4.鏡で表情を確認する

キスをしているときの表情を鏡で確認することも練習になります。

キスをするときには目を閉じる人が多いですが、もしかすると相手の男性が目を開けたままキスをするかもしれません。

そのようなときに、幻滅されないような表情でいられるようにしておくべきです。

キスをするタイミングでは、唇を突き出して目を閉じることになります。

唇の突き出し方が強すぎると変な表情に思われてしまう可能性が高いです。

そこで、薄目で鏡を見ながらキスをしているときの顔を確認してみてください。

自分の納得いく表情になるまで何度も練習しておくと安心できます。

練習5.自撮りで表情を確認する

鏡でのキスの表情を見ることにも慣れてきたら、自撮りで表情を確認してみましょう。

自撮りであれば、目を完全に閉じた状態での表情が客観的にわかります。

良いタイミングで撮影するのが難しいなら、動画を撮ればやりやすいです。

女性がキスするときの顔が色っぽくて好きという男性もたくさんいます。

もしも相手の男性がキスの顔を見たいと思っていたら、目を閉じずに見てくるかもしれません。

したがって、自分のキスの表情を見るのは恥ずかしいかもしれませんが、相手の男性に見せる顔なので練習しておいてください。

練習6.自分の手の甲にキスをする

自分の手の甲にキスをするのも良い練習方法です。

手の甲であれば気楽にキスができ、皮膚にキスをするということでキスされた相手にどのような印象を与えるのかイメージしやすくなります。

たとえば、キスの強さは自分の手の甲で試すことでちょうど良いくらいの力加減がわかるはずです。

このとき、唇は手の甲よりも敏感だということがポイントとなります。

手の甲で強いと感じるようなキスは、実際に相手の男性にすると強すぎると思われてしまうのです。

したがって、手の甲に優しく唇が触れるくらいの力加減になるように意識するのが良いでしょう。

道具もいらずに簡単に試すことができるので、ぜひやってみてください。

練習7.唇の力を抜く感覚を覚える

キスの練習として、唇の力を抜く感覚を覚えることも大切です。

実際に唇を突き出してみたときに、力が抜けているのかを確認してみましょう。

緊張してしまうと、ついつい唇に力が入ってしまいやすくなります。

そうなると、相手の男性にとって気持ちの良いキスはできません。

唇を突き出したときに指で唇を触ってみて、固さを感じるようであれば力が入っている可能性が高いです。

キスは唇を突き出しすぎる必要はないので、力を抜きながら軽く突き出せるように練習してみてください。

何度もやっていくうちに、徐々に力が抜けるように自然となっていきます。

練習8.ゼリーを唇と考えてキスをする

ゼリーを相手の男性の唇と考えてキスをすることも良い練習になります。

ゼリーは唇に似た触り心地なので、相手の唇をイメージするのに最適です。

コンビニやスーパーで売っているゼリーを買って、実際にキスをしてみましょう。

相手のことをイメージしながらのキスは、緊張してしまい唇に力が入りやすいです。

ゼリーを相手の唇と見立てて、実戦経験を積んでおくのが良いと言えます。

優しいキスができるように意識しながら、ゼリーで練習をしてみてください。

練習9.アメを舐めて舌の力を抜く

アメを舐めて舌の力を抜く練習をすることも大切です。

キスの際に唇に力が入ってしまいやすいなら、舌に力が入っている可能性があります。

唇と舌は近い位置にあるので、舌に力が入っていると唇にも影響していることが多いです。

したがって、アメを優しく口の中で転がしながら、舌の力を抜く感覚を覚えましょう。

舌の力が抜けるようになったら、唇の力も抜きやすくなるはずです。

舌の力を抜く感覚を覚えておけば、将来的にディープキスをするときにも役に立ちます。

練習10.相手の男性に練習相手になってもらう

最も良い練習方法は、相手の男性に練習相手になってもらうことです。

ここまでにご紹介した練習方法を試したら、実際に相手の男性にキスをしてみましょう。

「キスに慣れていなくてもっと上手くキスをしたい」という気持ちを伝えれば、相手の男性も手伝ってくれるはずです。

実際に相手の男性に練習相手になってもらうことで、相手の好みのキスも教えてもらえます。

人相手の練習でしかわからないこともあるので、最後は彼にお願いをしてみてください。

以上が、キスが上手くなるための練習方法でした。

さまざまな方法をご紹介しましたが、1つ1つは決して難しいものではありません。

地道に少しずつでも練習して、今より上手くキスができるようになってください。

練習をしてみると、「キスに失敗したらどうなるんだろう。。」なんて、不安に思った人もいるはずです。

次のページでは、キスに失敗したらどうなるのかを確認していきます。

                          

大人の社交場』としての『出会い』。

洗練された空間と色鮮やかな食事は

ワンランク上の出会いを創造してくれます。

上品な空間で見つける出会いは

運命をも感じさせてくれるでしょう。

心地よい接客と絶え間ない笑顔。

そして、運命的な出会いを手に入れてください。

Pick!

New!