試し行為とは?原因と解決策を知って恋人と仲良く付き合おう!

「恋人のことが好きなのに、試し行為をしてしまうのをやめたい」なんて、お悩みではないでしょうか?

お互い好き同士で付き合っているとわかっていても、いきなり不安になることはよくありますよね。

そんなときに、相手の愛情を試す行為をしてしまう人は少なくありません。

しかし、実は、試し行為は相手にとって負担なので早めにやめるべきです。

そこで今回は、試し行為の原因と解決策などをご紹介します。

試し行為について理解して、試し行為なしでも恋人に愛されていることを実感できるようになりましょう。

1.試し行為とはどういうもの?

試し行為とは、自分が本当に愛されているのかを確かめるために、相手を試すような行為をすることです。

たとえば、わざと相手の好きなものを批判して、それでも一緒にいてくれるのかを確かめます。

このような試し行為は、恋愛をしているとついついやってしまいがちです。

しかし、試し行為は多くの場合、相手にとって負担になっています。

なぜなら、あなたの言動によって、相手はコントロールされている気分になってしまうためです。

毎回のように相手の機嫌を取るのにも、いつか限界が来ます。

したがって、試し行為はできるだけ早くやめるべきです。

度が過ぎると、別れを切り出されてしまうかも……?
こちらの記事で男性の心理を勉強しておきましょう↓

  • スポンサーリンク

  • 2.試し行為はできるだけ早くやめるべき!

    試し行為をしているのであれば、できるだけ早くやめましょう。

    ずっと試し行為を続けていると、最悪のケースでは別れてしまうこともありえます。

    試し行為をされると、不満に思う人が多いです。

    試し行為をすると、面倒に思われたり、相手を疲れさせてしまうことが多いです。

    特に、相手が疲れているときに試し行為を行ってしまうと、かなりの負担を与えてしまいます。

    したがって、試し行為は早めにやめるべきです。

    「そうは言っても、試し行為をしないと不安でたまらない。。」と、考えている人もいると思います。

    やめるべきとはわかっていてもすぐにやめることは難しいですよね。

    3.試し行為をやめるべき具体的な理由

    試し行為をやめるべき具体的な理由は、以下の3つです。

    いずれも、試し行為が相手に負担をかけている行為であるというところがポイントです。

    それぞれの理由について、順番に確認していきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 理由1.相手の信頼をなくす

    試し行為を繰り返していると、相手の信頼をなくしてしまいます。

    なぜなら、相手としては愛情を与えているつもりなのに試されると、もうあなたを信じられないと感じてしまうためです。

    「これだけいろいろやっているのに、自分の愛情をわかってくれる気はないのだろう」なんて、相手に思わせてしまいます。

    恋愛は、2人の信頼関係によって成り立つものです。

    信頼関係を積み重ねることで、愛情が深まっていくのです。

    片方の人が相手に不信感を抱き始めると、良い方向には進みにくくなります。

    2人はそもそも両思いなの?
    どうしても気になってしまうあなたは、こちらの記事もチェックしてください↓

    理由2.相手にストレスを与える

    試し行為をすることは、相手にとってストレスを与えてしまいます。

    その理由は、相手は相手なりの考えがあるのに、試し行為をされるたびにあなたに合わせなければならないためです。

    あなたの機嫌を取るために自分の考えを我慢することは、ストレスになります。

    相手を試すような行為は、どのような人が相手だとしても良くないと考えられています。

    お互いが好きと思い合って付き合っているはずがストレスになっているのは残念なことです。

    恋愛は一方の考えを押し付けるだけのものではありません。

    お互いが歩み寄って、ストレスを解消し合える存在になったほうが良いです。

    試し行為を繰り返してストレスが積み重なると、相手も我慢しきれなくなってしまうかもしれません。

  • スポンサーリンク

  • 理由3.相手の自由を奪っている

    試し行為をすることによって、相手の自由を奪ってしまっています。

    相手は試し行為をされるたびに、あなたに合わせて行動をしなければならないです。

    また、試し行為をされていないときも、「いつ試し行為がされるのかわからない」と思って好きなことを我慢することになりえます。

    恋愛をしていると、多少の束縛は仕方がない面もあるかもしれません。

    しかし、試し行為による過剰な束縛は、相手の自由を奪いすぎています。

    相手はあなたの好きなように動くロボットではないので、試し行為を続けていると関係が破綻してしまう可能性が高いです。

    以上が、試し行為をやめるべき3つの理由でした。

    試し行為は相手にとって負担になるので、できるだけ早いうちにやめる努力をしていきましょう。

    「自分のやっていることも、試し行為なのかな。。」なんて、不安に思っている人もいるはずです。

    付き合って3ヶ月目は別れやすい、というデータも。
    最悪なことになるまえに、こちらの記事もチェックしておきましょう↓

    そこでここからは、試し行為の具体例を見ていきましょう。

    4.試し行為の8つの具体例

    試し行為の具体例として、以下の8つのケースが考えられます。

    これらのケースは、いずれも試し行為をしているものなので、当てはまらないかどうかを確かめてみてください。

    それでは、それぞれのケースについて順番に確認していきましょう。

  • スポンサーリンク

  • ケース1.わざと連絡を断つ

    最初のケースは、わざと相手との連絡をすべて断つというものです。

    たとえば、相手から連絡が来ても一切返さなかったり、携帯電話の電源を切ったりということが挙げられます。

    わざと連絡をとらなくする理由は、無視していても相手が何らかの行動を起こしてくれるかどうかを試しているためです。

    連絡を返さなくても何度も連絡をとろうと試みてくれることや、心配で会いに来てくれることを期待しています。

    相手はこのとき、どうすれば良いのかわからずに困惑してしまう可能性が高いです。

    最初は必死にどうにかコミュニケーションをとろうと行動してくれるかもしれませんが、何度も試されると呆れられてしまいます。

    そのうえ、あなたの愛情がなくなったのではないかと感じるかもしれません。

    わざと連絡を断つことには、そのようなリスクがあるのです。

    ケース2.相手の好きなものをけなす

    相手の好きなものをわざとけなすのも試し行為の1つです。

    これは、相手が自分の好きなものへの気持ちよりも、あなたを好きという気持ちが上かどうかを確かめています。

    相手は好きな人に自分の好きなものをけなされて、複雑に感じてしまうはずです。

    場合によっては、悲しすぎて愛情が冷めてしまう可能性もあります。

    相手の好きなものを好きになる必要はありませんが、けなすのはやめておくべきです。

    好きなものを否定されることによって、自分まで否定される気持ちになる人もいます。

    最初はあなたの気持ちを尊重してくれるかもしれませんが、一生涯に渡って趣味をしないというのは難しいです。

    あなたといるよりも、好きなことを1人でしていたほうが気が楽だと思われてしまうかもしれません。

    結婚の決めても逃してしまうかも?気になるあなたはこちらの記事もチェックしてください↓

  • スポンサーリンク

  • ケース3.相手の身近な人を否定する

    相手の身近な家族や友人を否定するのも試し行為です。

    相手と親しい距離にある人を否定して、どのような反応が返ってくるのかを試しています。

    そこでもしもあなたを優先せずに、否定した身近な人を養護するなら不愉快に思う可能性が高いです。

    それは、あなたが常に彼にとって最も優先されるべき存在でありたいという気持ちの表れだと言えます。

    彼としては、身近な人の存在をあなたにも受け入れてほしいと思っていることが多いはずです。

    彼の人間関係を否定するのは、彼の今までの生きてきた過程を否定することにもつながります。

    特に家族や幼馴染などの距離が近い人を否定すると、彼を大きく傷つけることになりかねません。

    ケース4.相手自身を否定する

    相手自身を否定するのも、試し行為だとされています。

    否定しても離れずに自分のもとにいてくれるかどうかを試しているのです。

    「こんなことを言っても一緒にいてくれるなんて、やっぱり私のことが好きなんだ」と、確認したい心理状態だと言えます。

    しかし、恋人関係は本来対等なはずです。

    一方的に否定ばかりしていると、否定されている側には大きな負担になります。

    繰り返していると、そんなに否定をするなら別れようと思われてしまう可能性が高いです。

    相手を否定して愛情を確かめることには大きなリスクがあります。

    思わず試し行為をしてしまうあなたは、曖昧な関係をはっきりさせたがってるのかも?
    詳細はこちらの記事でチェックしてください↓

    ケース5.不機嫌な態度を露骨に出す

    不機嫌な態度を露骨に出し続けるのも試し行為の1つです。

    不機嫌な状態でも離れずに一緒にいてくれるくらい好きなのかを試しています。

    人間誰しも機嫌の良いときがあれば悪いときもあるので、不機嫌なこと自体は仕方がありません。

    しかし、不機嫌なことをわざとアピールして相手の反応を見るのは試し行為だと言えます。

    せっかく一緒にいるのに、不機嫌な態度を続けられると一緒にいる人は疲れてしまうはずです。

    「もう疲れたし関わるのをやめてしまおう」なんて、思われる可能性もあります。

    ケース6.明らかに無理なお願いをする

    明らかに実現することが無理なお願いをするのも試し行為です。

    無理なお願いだとはわかっていても、相手に伝えてみることでどのような反応を見せるのかを試しています。

    たとえば、電車で2時間かかるところに住んでいる相手に、平日の深夜3時に、「今すぐにうちに来て」とお願いするようなケースです。

    実現不可能だとわかっていてもそのようなお願いをするのは、相手を困らせてしまいます。

    最初のうちはどうにか無理矢理にでも叶えてくれるかもしれませんが、そのような無理な関係は長く続きません。

    相手の日常生活に支障が出るようなことを求めるのは、試し行為だと言えます。

    ケース7.相手を怪我させる

    試し行為の中には、相手に怪我を負わせるというものもあります。

    たとえば、相手の腕に噛み付くことや、身体をつねることなどです。

    相手に怪我をさせても、自分から離れないかどうかを試しています。

    好きな人を傷つけることは、一般的には避けたいと思うはずです。

    しかし、相手に残った傷跡を見て自分が一緒にいる証を残し、安心する人もいます。

    跡が残るくらいの怪我を負わせても自分を許してくれるということに愛情を感じているのです。

    相手は痛いだけではなく、傷跡が残って迷惑だと感じるかもしれません。

    それにもかかわらず相手を傷つけて反応を見ることは、試し行為だと言えます。

    ケース8.すぐに別れようと言う

    すぐに別れようと言うのも試し行為です。

    本心では別れるつもりがなくても、あえて別れを切り出すことで相手の反応を試しています。

    「もう別れよう」と言って、相手がすがってくるのを待っている状態です。

    本来、別れの言葉は簡単に使うものではありません。

    相手の愛情を確かめるために別れを切り出すのは、リスクが高すぎる行為だと考えられます。

    なぜなら、そのまま別れを承諾されて関係が終わってしまうかもしれないためです。

    それなのに別れの言葉を多用するのは、試し行為に他なりません。

    本当に、これが最後のデートになってしまうかも。
    後悔する前に、こちらの記事をチェックしておきましょう↓

    以上が、試し行為の具体的な5つのケースでした。

    「自分も試し行為をしてしまっている。。」と、心配になった人もいるはずです。

    試し行為をしているのには、何らかの原因があります。

    その原因を理解すれば解決できることもあるので、次のページで見ていきましょう。

    5.試し行為の原因と解決策は?

    試し行為の原因は、以下のようなものがあります。

    このような原因があって、試し行為を行ってしまうのです。

    したがって、原因を解決すれば試し行為をやめることができます。

    それぞれの原因と解決策について、順番に確認していきましょう。

    原因1.自分に自信がない

    最初の原因は、自分に自信がないというものです。

    自信がなければ、相手に愛情表現をしてもらっても信用しきれずに試し行為をしてしまいます。

    自分が愛される存在だということを認識できていないのです。

    この場合、相手に原因があるわけではなく、あなた自身に原因があります。

    自分に自信がないときの解決策は?

    自分に自信がないときの解決策は、自己肯定感を高めることです。

    自己肯定感を高めるには、自分自身について受け入れて成長する必要があります。

    今あなたが不安に感じていることや不満に思っていることを書き出してみてください。

    たとえば、「太っているから彼に振られないか心配である」「見た目に不満がある」などです。

    不安や不満を書き出したら、それを少しでも解決していきましょう。

    先ほどの例で言えば、「1ヶ月に1kgずつ痩せるためにジョギングをする」「YouTubeを見てメイクが上手くなるまで練習する」となります。

    努力をして不安や不満を解決してリストアップすれば、自己肯定感が高まっていくはずです。

    自己肯定感を高めることができれば、自然と彼からの愛情表現も受け止めることができます。

    それによって、試し行為もやめることが可能です。

    自身が持てないのは、自分に合わない相手を選んでいるからかも!
    自分にぴったりの相手を探す方法はこちらの記事でチェックしてください↓

    原因2.お互いに愛情表現が足りていない

    次の原因は、お互いに愛情表現が足りていないというものです。

    彼からの愛情表現が少ないと不満に思っていることで、試し行為をしている可能性があります。

    思っているような愛情表現をしてもらえていないと、不満は募っていく一方です。

    彼が試し行為をされてもあなたと付き合い続けているのは、愛情表現のやり方が試し行為に付き合うことしか知らないのかもしれません。

    この場合、あなたと相手の両方に原因があります。

    お互いに愛情表現が足りていないときの解決策は?

    お互いに愛情表現が足りていないときの解決策は、双方で愛情表現をたくさんしあうことです。

    愛情表現をするためには、まずは2人で話し合いをする必要があります。

    お互いの求めている愛情表現がどのようなものかを理解することから始めてください。

    言葉で愛情表現をする人もいれば、愛情を態度に示す人もいます。

    どのようなことをされたら安心できるのか、あなたの希望を伝えて相手の希望も聞くのが良いです。

    このとき、一方的にあなたの希望だけを押し付けないようにしなければなりません。

    もしもお互いに求めることが違っても、それに付き合ってあげることも大切です。

    好きな相手を喜ばせようという気持ちを持って、少しずつでも相手の求めることをやれるようになりましょう。

    お互いに愛情をしっかり伝えあうことができれば、試し行為もしなくて済むはずです。

    原因3.暇な時間が多い

    そして、暇な時間が多いというのも原因の1つです。

    やることが何もない時間が多いせいで、彼のことをいろいろ考えすぎている可能性があります。

    つまり、彼が普通に暮らしていても、「浮気をされているかも」などと自分の中で勝手に考えてしまっているのです。

    自分で思い込んだ彼の状態に不満を抱き、実際に相手に会ったときに試し行為で愛情を確認しています。

    この場合、相手に原因があるわけではなく、あなた自身に原因があります。

    暇な時間が多いときの解決策は?

    暇な時間が多いときの解決策は、何か恋愛以外に没頭できる趣味を見つけることです。

    趣味があれば、暇な時間が減るので不安になる回数も少なくなります。

    恋人以外のことを考えるのが目的なので、趣味の種類は何でも構いません。

    「趣味を増やすと言っても特にやりたいこともないし。。」という場合は、以下のような自分磨きにもなる趣味を始めてみましょう。

    • ヨガ
    • ダンス
    • ジョギング
    • 英会話
    • 資格試験の勉強

    このような趣味を増やせば、暇な時間が今よりも減るはずです。

    そのうえ自分自身の見た目や内面を良くすることができ、自信にもつながります。

    習い事に通わなくてもできるものもあるので、気になるものがあれば気楽に始めてみましょう。

    そして、彼に試し行為をしそうになったら、趣味についての話をすると良いです。

    趣味を楽しんでいるあなたを彼は魅力的に思い、今まで以上に愛情を注いでくれるかもしれません。

    そうすれば、試し行為をする必要もなくなります。

    暇を効率的に潰せるスマホアプリについては、こちらの記事をチェックしてください↓

    原因4.見捨てられ不安を感じる

    最後に、見捨てられ不安を感じるというのもよくある原因です。

    見捨てられ不安とは、相手が自分を見捨てて離れていってしまうかもしれないと不安になることを言います。

    見捨てられないかどうかを確認するために、試し行為を行ってしまっているのです。

    たとえば、LINEやメールをしてもすぐに返ってこないときや、電話に出てくれないときなどに見捨てられ不安を感じてしまいます。

    それによって、相手を必要以上に束縛してしまう人も多いです。

    この場合、相手に原因があるわけではなく、あなた自身に原因があります。

    見捨てられ不安を感じるときの解決策は?

    見捨てられ不安を感じるときの解決策は、なぜ不安に思っているのかを知ることが大切です。

    不安に感じている理由がわからなければ、不安をなくすことは難しいと言えます。

    理由とはたとえば、「LINEを自分はすぐに返しているのに相手の返信は遅くて不安」などです。

    このように理由がわかったら、その不安と折り合いをつけていきます。

    今回の例で言えば、相手の返信がなぜ遅いのかを聞いてみるべきです。

    もしも仕事中で携帯を見ることができないのであれば、それは彼が悪いわけではありません。

    「仕事中だから返信がすぐにないのは仕方がない」と、折り合いをつけましょう。

    1つ1つの不安に向き合って、折り合いをつけられるようにじっくり冷静に考えてみてください。

    自分だけで折り合いをつけられないのであれば、相手に相談してみることも大切です。

    以上が、試し行為をする原因と解決策でした。

    試し行為を長く続けていても、良いことはありません。

    少しずつでも良いので、試し行為をする回数を減らしていくべきです。

    試し行為をしそうになったら、まずは試された相手の気持ちを考えてみてください。

    6.試し行為をされた相手の気持ちを考えよう

    試し行為をやめるためには、試し行為をされた相手の気持ちを考えるのが良いです。

    恋愛に限らず、誰かに試されることが嬉しいと感じる人はあまりいません。

    恋愛関係にまで発展しているのにずっと試され続けているのは、不愉快に感じる人も多いです。

    相手が本当に自分のことを愛しているか不安になったときは、試し行為をするのではなく直接聞いてみたほうが良いでしょう。

    頻繁に聞きすぎると迷惑がられる可能性もありますが、試し行為をするよりはマシです。

    試し行為をしたところで、実際に相手の気持ちがすべてわかるわけではありません。

    自分に合わせてくれているだけで、相手の本心ではない可能性もあります。

    したがって、相手からすると、「また試して自分の思うようにコントロールしようとしている」なんて思われる可能性も高いです。

    相手に離れられてしまう前に、一刻も早く試し行為はやめるようにしましょう。

    しかし、やめたいとは思っているのにどうしても試し行為がやめられないという人もいるはずです。

    試し行為をどうしてもやめられないときは、どのようなことをすれば良いのかを見ていきます。

    7.試し行為をどうしてもやめられないときは?

    試し行為をどうしてもやめられないときは、専門家に相談に行くのが良いでしょう。

    この場合の専門家は、カウンセラーや精神科医です。

    専門家はあなたの思っていることを分析し、どのようなことが原因で試し行為をしているのかを教えてくれます。

    また専門家に相談することで、自分の気持ちを整理することにもつながるはずです。

    恋人と多くの時間を過ごすことは悪いことではありませんが、恋人だけと過ごしていると視野が狭くなってしまいます。

    たまに専門家に話を聞いてもらうだけでも、心が落ち着いて試し行為を減られる可能性があるのです。

    あまり行ったことがなければ、カウンセリングルームやクリニックに行くのが不安という人もいると思います。

    しかし、多くの専門家はさまざまな悩みを抱えた人と関わってきたプロフェッショナルです。

    優しくあなたの悩みを聞いてくれるので、まずは気楽に予約をしてみましょう。

    試し行為をしているという自覚があるのであれば、いずれやめることができます。

    専門家はあなたが試し行為をやめられるようにサポートしてくれる力強い味方なのです。

    ちなみに、試し行為は『境界性人格障害』という状態の人が行いやすいと考えられています。

    「境界性人格障害って、なんだろう?」と、疑問に思った人も多いはずです。

    ここで、境界性人格障害について簡単に見ておきましょう。

    7−1.境界性人格障害で試し行為をしている可能性もある

    境界性人格障害であることによって、試し行為をしている可能性があります。

    境界性人格障害には、感情のアップダウンが激しく、0か100かでしか物事を考えられない、思い通りにいかないとイライラするなどの症状が出るのです。

    境界性人格障害だと、人間関係を良好に保ちつづけることが難しいとされています。

    人間関係が悪くなって離れていってしまう人が多いことから、見捨てられ不安が生まれるのです。

    あくまでも境界性人格障害の可能性があるというだけなので、深く考えすぎずに専門家に相談してみると良いでしょう。

    1人で専門家に相談に行くのが不安なら、彼に事情を話してついてきてもらうのも良いです。

    あなたのことを愛してくれているのであれば、きっとついてきてくれます。

    お願いする場合には、相手の都合も聞いたうえでお互い都合の良い日時を選ぶべきです。

    必要に応じて専門家の力を借りて、今よりも彼との中を良好にしていきましょう。

    また、どのようなときでも、恋人関係であれば試すのではなくお互いに気持ちを伝えあうことが大切です。

    相手を試さないようになれば、今よりももっと仲の良いカップルになることができます。

    8.相手を試さないようになれば今より仲良くなれる!

    相手を試さないようになれば、今よりももっと彼と仲良くなれるはずです。

    相手を試しているということは、相手を信頼できていないということだと言えます。

    その状況では、お互い心の底からの本音をぶつけあうこともできません。

    仲の良いカップルは、お互いを信頼し合っているからこそ、ケンカを繰り返しても仲良く一緒にいられるのです。

    まずは、自分のことばかりを考えるのではなく、相手を受け入れる姿勢を持つようにしましょう。

    「自分が不安だから試してみる」という発想ではなく、「自分が不安だから相手も不安かもしれない」という発想を持ってみてください。

    そう思えるようになれば、自然と相手に愛情を伝えようと思えるはずです。

    相手に愛情をたくさん伝えるようになれば、相手もあなたに愛情をたくさん伝えるようになっていきます。

    お互いに愛情を伝えあえるようになれば、試し行為をしなくて済むだけではなく今よりも仲の良いカップルになれるのです。

    8−1.お互いに愛情を伝えあうことが大切!

    恋人関係になったのであれば、お互いにしっかり愛情を伝えあうことが大切です。

    好きという気持ちが2人にあって付き合っているはずなので、積極的に愛情を伝えあっていきましょう。

    言葉にしなくても態度で示しているから大丈夫というように考えている人も多いはずです。

    しかし、時には言葉で愛情を伝えることも行ったほうが関係は良くなります。

    あなたも彼も言葉で愛情を伝え合えるようにできないか、相談してみてください。

    あなたが彼に愛されているのかがわからなくなって試し行為をするように、彼も試し行為をされて不安になっているかもしれません。

    試し行為をしなくても安心できるようになるために、2人でゆっくりと愛情を再確認しあっていきましょう。

    本当に愛し合っているのなら、試し行為の原因を解消して2人で話し合えば解決するはずです。

    今までの試し行為については、相手に謝ったうえで今後は控えるようにしてください。

    まとめ

    試し行為とは、相手が自分のことを本当に愛しているのかを確かめるために試すことです。

    試し行為をする原因は、愛情表現が足りていないことや自信がないことが考えられます。

    試し行為を続けると恋人と別れることにもなりかねないので、少しずつでもやめていきましょう。

    愛情を口に出して相手に伝え、相手からも伝えてもらうようにお願いするのが良いです。

    ▼SNSで話題のコチラの記事もチェック!▼

  • 関連記事

    1. バードキスってどんなキス?愛が深まるバードキスはいつでもおすすめ!

    2. 遊ばれてるかもと思ったら!見極め方法とそうならないための努力5選

    3. 君は何を武器に女性と戦う!?セックスまで導く会話術

    4. のろけ話が嫌われる理由を解説!のろけ話に隠された心理とは?

    5. 合コンで気になるあの男性は脈あり?合コン後LINEの3つのポイント

    6. デートでの映画ジャンルの正解は3つだけ!本当に観るべきなのは?

    7. 【遠恋】距離に負けない心を作ろう!遠距離恋愛を成功させる秘訣とは

    8. デートが憂鬱な時の対処法6選!気分を上げる対処法や断り方って?