冷めてきた彼氏の心を取り戻す!誰でもできる効果的な6つの方法

「彼氏がなんだか冷たい…気持ちが冷めてきたのかも…」と悩んでいる女性はいませんか?

このまま彼氏の気持ちが離れていき、別れるかもしれないという不安感は耐えられるものではないでしょう。

そこで今回は、冷めてきたかもしれない彼氏の心を取り戻す効果的な6つの方法をご紹介します。

6つの方法を実践し、彼氏に愛される女性になりましょう。

1.彼女に冷めた彼氏の8つの言動

まず始めに、男性は彼女に冷めるとどのような言動になるのか8つの言動を紹介します。

それぞれ当てはまっているか確認してみましょう。

―(1)連絡の頻度が減る

男性は、彼女への気持ちが冷めると連絡の頻度が減ります。

LINEの場合、既読スルーや未読スルーをする回数が増え、彼女から連絡しない限り、連絡を取り合うことができなくなるのです。

これは、彼女に連絡するのが面倒になることが原因でしょう。

そもそも男性の多くは、メールやLINEなどを単なる連絡手段と考えているので、特別な用件がなければメッセージのやりとりをしようとしません。

気持ちが盛り上がっている時なら積極的に繋がりを持とうとしますが、気持ちが冷めてくると消極的になってしまうのです。

―(2)メッセージがそっけなくなる

メッセージがそっけなくなるのも、彼氏の気持ちに変化があった証拠のひとつです。

例えば、彼氏に質問をした時、「うん」と、ひと言だけのメッセージやスタンプだけになるなど、簡易的な返信をされことが多いのであれば、相手は彼女と必要最低限の会話しかする気が起きなくなっていると言えます。

彼女への気持ちが強い男性であれば、そっけない返信にはならないものです。

単純に、男性が忙しい時もこのようなメッセージになることがありますが、淡白な内容が次第に増えていく場合は要注意ですよ。

―(3)会う時間を減らす

彼氏と会う時間は減っていませんか?

好きな人とは忙しい時でも時間を作り、会いたいと思うものですが、気持ちが冷めてきてしまうと、たとえ暇な時でも積極的に会おうとはしないものです。

この場合、彼女がデートに誘っても断ることが増えていったり、会っている時もすぐに帰ろうとします。

彼女と過ごす時間よりも、自分の時間や友人との付き合いの方を優先
させてしまうのです。

男性は気持ちが冷めてきた時、デートすることは労力を使うことに思え、億劫に感じてしまいます。

―(4)自分の話をしない

自分の話をしなくなる時、彼女に対する気持ちが冷めてきた兆候と言えます。

誰でも好きな人には、自分のことを知ってもらいたいと思うものですよね。

普段から口数が少ない人でも、多少なりとも自分の話をして、彼女の関心を自分に向けようとするものですし、聞かれたことに対しても素直に答えます。

その反対に、気持ちが冷めてくると自分のことを知られたくないという気持ちが次第に強くなってくるのです。

日常の話以外でも休みの日など、スケジュールを隠すようになった時は気持ちに変化があったと疑った方がよさそうです。

―(5)話を聞いていない

男性は気持ちが冷めてくると、彼女の話を聞かなくなります。

気持ちが無くなるにつれて、彼女に興味がわかなくなってしまうのです。

そのため、話しかけても空返事をしたり、彼女が話していたことを覚えていないという状態になります。

好きだという気持ちは相手に関心があるのと同じことなので、冷めてくると相手を知ろうとする意欲が無くなります。

―(6)誕生日や記念日はスルー

これまで誕生日や記念日、カップルのイベントの日などにはお祝いをしていたはずなのにスルーするようになった時は、彼氏の気持ちが冷めてきたのかもしれません。

愛情が減ると、彼女を喜ばせたいとは思えなくなる
のです。

それに、お祝いを欠かさない男性は、当日に一緒に過ごすことができなくても他の日で穴埋めをしようとします。

それすらしなくなってきた時は、気持ちに変化があったと言わざるを得ません。

―(7)スキンシップをとりたくない

彼女に対する気持ちが冷めてくることにより、スキンシップの回数は減っていきます。

彼女に触れたいと思えなくなってしまうのです。

マンネリにより、性の対象として見られなくなっていることが原因のひとつ
でしょう。

そしてこの場合、彼女側は彼氏とスキンシップをとりたくても彼氏から拒否されることが多いのです。

彼女としては愛情確認のためにスキンシップを求めているのですが、彼氏はそれが面倒に思えてますます気持ちが冷え切ってしまいます。

―(8)スキンシップしか興味がない

スキンシップをとりたくないのとは反対に、気持ちが冷めたことでスキンシップしか興味がなくなるケースもあります。

彼女を性の対象でしか、見られなくなるのです。

この場合は肉体関係があっても、残念ながら彼氏から愛されているとは言えません。

愛情が減っている時はキスやハグをせずに、体の関係だけを結ぼうとしたり、行為が終わったら関心がなくなってしまうのです。

このようにスキンシップの頻度や仕方に極端な変化があった場合は、彼氏の気持ちが冷めていることが多いでしょう。

2.彼氏の気持ちが冷めた原因って?

次に、彼氏の気持ち冷めた原因は一体どのようなことなのか、その理由4つご紹介します。

―(1)彼女に飽きた

冷めてきたのは、彼女に飽きていることが原因かもしれません。

そのため、連絡の頻度や会う回数が減ったり、スキンシップをとろうとしなくなるのです。

付き合いが長くなると、多くのカップルにマンネリする時期が訪れるものですが、気持ちが冷めてきている男性は、単調な付き合い方に新鮮味を感じなくなり、退屈だと感じてしまいます。

そして彼女に興味が持てなくなるのです。

デートの頻度にもよりますが、一般的には1年以上付き合っているカップルにはこのような傾向が見られます。

―(2)彼女の言動に幻滅してきた

彼女の言動に幻滅してきている時も、気持ちは冷めていきます。

男性が特に気にするのは、食事のマナーや人に対する態度などです。

付き合い始めは好きだという気持ちが強いので彼女の短所は気にならなかったのですが、交際が続くにつれて短所ばかりが目につくようになってしまったのでしょう。

愛情フィルターがかかっていたのが外れ、彼女の欠点が鮮明に見えてきてしまい、交際を続ける気が失われているのです。

―(3)彼女の気持ちが重い

彼女の気持ちが重いと感じるのも、気持ちが冷める原因のひとつでしょう。

さきほどお話をした彼女の言動に幻滅してきたのと同じように、交際当初は彼女から愛されていることが嬉しかったはずです。

けれども、愛情確認や束縛をされているうちに付き合いが息苦しく思えてしまい、彼女の存在が重く感じてしまいます。

―(4)他に好きな人ができた

彼女に気持ちが冷めてきた彼氏には、他に好きな人ができた可能性も考えられます。

彼女よりも魅力的な女性が現れたことで、関心がそちらに向いているのでしょう。

そのため、彼女と連絡をとりあったり、会ったりすることが減り、女性との繋がりを優先させてしまいます。

これは、彼女とのマンネリによる一時的なものである可能性もありますが、女性に対して本気度が強くなってしまう危険性もあるので注意が必要です。

次のページでは、彼氏の心を取り戻す6つのステップを紹介します。

                          

大人の社交場』としての『出会い』。

洗練された空間と色鮮やかな食事は

ワンランク上の出会いを創造してくれます。

上品な空間で見つける出会いは

運命をも感じさせてくれるでしょう。

心地よい接客と絶え間ない笑顔。

そして、運命的な出会いを手に入れてください。

Pick!

New!