一緒に寝ると彼氏と仲良くなれる!ラブラブなカップルになる方法とは?

「彼氏と一緒に寝ると、今よりも仲良くなれるのかな?」なんて、お悩みではないでしょうか。

彼氏と寝るというのは緊張する反面、2人の距離も縮まりそうですよね。

しかし、実際に一緒に寝るとなると、相手に嫌がられないか不安な人もいるはずです。

そこで今回は、彼氏と一緒に寝るメリットや、相手に喜んでもらう方法、寝るときの注意点などをご紹介します。

彼氏と一緒に寝るためのポイントを理解して、今よりもラブラブなカップルになりましょう。

1.彼氏と一緒に寝るのは良いこと?

彼氏と一緒に寝るのは良いことだと考えている人が多いです。

一緒に寝るという行為は、特別な人を相手にしかできません。

そのため、一緒に寝ることで相手に親密感を覚えてもらうことができます。

また、自分自身も彼氏と一緒に寝て幸せになっている女性が多いです。

彼氏と一緒に寝ている女性は珍しくなく、一緒に寝ることに幸せを感じています。

彼氏と寝ることで寝つきが良くなるという人もいるくらい、一緒に寝ることは良いことなんです。

さまざまな女性の感想を読んで、「彼氏と一緒に寝たい!」と、思った人も多いのではないでしょうか。

ここで、彼氏と一緒に寝る5つのメリットについて具体的に見ておきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 2.彼氏と一緒に寝る5つのメリット

    彼氏と一緒に寝るメリットは、以下の5つです。

    どれも恋人として付き合っているなら、嬉しいメリットばかりだと言えます。

    それぞれのメリットについて、順番に確認していきましょう。

    メリット1.2人の距離が縮まる

    彼氏と一緒に寝ることで、2人の距離が縮まります。

    なぜなら、一緒に寝るということはよほど仲が良くなければ行いません。

    そのような特別な行動を行うことによって、今までの仲よりも一歩先に進むことができます。

    お互いに特別な相手だと認識しあうことで、幸せな気持ちも自然と出てくるはずです。

    一緒にいるのが幸せな関係だと思えるようになれば、2人の距離はどんどん縮まります。

    デートはしているけれど、なかなか距離が縮まっている気がしないというときは、一緒に寝ることを試してみるのが良いでしょう。

  • スポンサーリンク

  • メリット2.精神的に落ち着く

    彼氏と一緒に寝ることで、精神的に落ち着く人が多いです。

    好きな人が横にいることや、彼氏の匂いを感じることで安心するという女性はたくさんいます。

    それは、眠るときも例外ではありません。

    一日の終わりに彼氏が横にいたら、精神的に落ち着いてぐっすり眠れる可能性が高いです。

    また、彼氏と一緒にいるということで何をしているのかがわかるという安心感も得られます。

    メリット3.忙しいときも一緒に過ごせる

    彼氏と一緒に寝ることで、忙しいときでも一緒に過ごすことができます。

    お互いの学業や仕事などが忙しいと、なかなか落ち着いて2人の時間が取れないこともあるはずです。

    そのようなときでも、眠るという行動は必ず行っていると思います。

    睡眠時間を一緒に過ごすことによって、忙しい時期でも2人の時間を自然と確保することができるのです。

    眠るだけなら特に準備もいらないので、忙しいときでも気楽に行うことができます。

  • スポンサーリンク

  • メリット4.自然と身体を求めあえる

    彼氏と一緒に寝ることで、自然と身体を求めあうことができます。

    普通のお外デートだけではなく、一歩先の関係に進みたいと思うときもあるはずです。

    そのように考えていても、なかなか自分からそういった話はしにくいですよね。

    しかし、彼氏と一緒に寝れば、自然と身体を求めあう流れになりやすいです。

    無理してお願いをしなくても相手から身体を求めてきてくれる可能性が高いので、関係を今よりも進めたいというときはピッタリだと言えます。

    メリット5.素の自分を受け入れてもらえる

    彼氏と一緒に寝ることで、素の自分を受け入れてもらうことができます。

    眠るときにはメイクを落とすことになるはずです。

    そんなスッピン姿を見せることで、素の自分を知ってもらえます。

    着飾っている状態の自分だけではなく、素の状態の自分も知ってもらうことで2人の仲は深まるはずです。

    逆にあなたも彼が無防備に寝ている姿を見ることで、素の彼の状態を知ることができます。

    以上が、彼氏と一緒に寝ることで得られるメリットでした。

    「さまざまなメリットがあるし、彼氏と一緒に寝たい!」と、思った人も多いはずです。

    しかし、彼氏と一緒に寝る状況がわからないという人もいるのではないでしょうか。

  • スポンサーリンク

  • 3.彼氏と一緒に寝るシチュエーションとは?

    彼氏と一緒に寝るシチュエーションは、以下のような場合が考えられます。

    3つのいずれかのケースに当てはまれば、彼氏と一緒に寝ることになる可能性は高いです。

    それぞれのケースについて、順番に確認していきましょう。

    ケース1.お家デート

    お家デートを行うことで、彼氏と一緒に寝る可能性があります。

    どちらかの家に行くということは、密室で2人きりになるということです。

    そのようなとき、どちらかが疲れていたらお昼寝をすることになるかもしれません。

    お昼寝を片方だけがするのは不自然なので、自然と一緒に寝ることになるはずです。

    お家デートで必ずしも彼氏と一緒に寝ることになるとは限りませんが、寝ることのできる可能性は十分にあります。

    お家デートは気楽に提案しやすいので、ぜひ試してみてください。

  • スポンサーリンク

  • ケース2.お泊りデート

    お泊りデートをするなら、彼氏と一緒に寝る可能性は高いです。

    日帰りでは難しいところへの旅行なら、自然とお泊りデートになります。

    したがって、彼氏と一緒に寝てみたいという人は、お泊りが必要になる旅行を提案すると良いです。

    1泊2日のお泊りデートなら一緒に寝るのも1日だけなので、試してみやすいと考えられます。

    お泊りデートを少しずつ繰り返して、彼氏と寝る楽しさをたくさん味わっていきましょう。

    ケース3.同棲

    彼氏と同棲すれば、必然的に毎日のように一緒に寝ることになります。

    いつも夜に寝るとき彼氏が横にいるというのは嬉しいものです。

    しかし、同棲は一度行うと簡単にやめることができません。

    したがって、後悔しないようにするためにも、お泊りデートを数え切れないくらい重ねてから行うべきです。

    同棲をするなら、金銭問題や家事についてなども考えなければなりません。

    彼氏と一緒に寝るのが楽しいからと言って、すぐに同棲を決めないようにしてください。

    2人で納得するまで話し合ってから、同棲は始めるようにしましょう。

    以上が、彼氏と一緒に寝るシチュエーションでした。

    そのようなシチュエーションになったときのために、彼氏に喜んでもらいたいと考える人も多いはずです。

    ここで、彼氏と一緒に寝るときに喜んでもらう方法を見ていきましょう。

    4.彼氏と一緒に寝るときに喜んでもらう5つの方法

    彼氏と一緒に寝るときに喜んでもらう方法は、以下のようなものがあります。

    すべてを行わなくても、できることをしてあげるだけで彼氏に喜んでもらえるはずです。

    それぞれの喜んでもらう方法について、順番に確認していきましょう。

    方法1.寝る前にマッサージをしてあげる

    寝る前にマッサージをしてあげると彼氏が喜んでくれる可能性は高いです。

    知らず知らずのうちに疲れをためている人は多いので、寝る前のマッサージで疲れを少しでも癒やしてあげることができます。

    ちなみに、マッサージオイルを使用すれば気持ちの良いマッサージがしやすいです。

    彼氏がマッサージオイルを塗られることに抵抗がないようであれば、ぜひ試してみてください。

    一緒に良い香りのマッサージを選びにいくと、仲良くデートもできるので良いでしょう。

    方法2.眠くなさそうならスキンシップを取る

    彼氏が眠くなさそうなら、手を握るなどのスキンシップを取るのも良いです。

    彼女から積極的に身体を触ってもらうことで嬉しく思う男性は多いとされています。

    寝る前に布団に入ってからイチャイチャすることで愛情を感じる男性はたくさんいます。

    ただし、注意するべき点は、彼氏が眠そうなときはあまり触らないようにするということです。

    眠いときに触られると不機嫌になってしまう人や、眠気が覚めてしまって困る人がいるので気をつけておいてください。

    方法3.一日の楽しかった話を手短にする

    彼氏と寝る前に、その日の楽しかった話を手短にするのも喜んでもらいやすいです。

    特に、2人でデートをしたなら、そのときの話をすると彼氏も楽しさを思い出してくれます。

    それによって、また2人で楽しいことをしたいと思い、気持ちの良い状態で眠ることが可能です。

    楽しい話は彼氏が喜んでくれるだけでなく、自分も幸せになります。

    寝る前は暗い部屋で密着した状態なので、話にも集中しやすいです。

    ただし、寝る前は長く話しすぎないようにすることがポイントとなります。

    長く話しすぎてしまうと彼氏も眠るタイミングを見失ってしまうので、あくまでも手短に済ませてください。

    方法4.たまに新しいパジャマを見せる

    彼氏と一緒に寝るときは、たまに新しいパジャマを見せると喜んでもらえます。

    毎回同じ服で寝ている女性より、パジャマにも気を使っている女性の方が好印象を与えやすいです。

    また、パジャマにバリエーションがあったほうが、何度も一緒に寝ることになってもマンネリ化しにくくなります。

    パジャマにもさまざまな種類があるので、彼氏の好みを聞いてから買いに行くと良いでしょう。

    ちなみに、お揃いのパジャマを着ることに喜びを感じる男性もいます。

    さりげなく彼氏に聞いてみて、好感触を得られたら一緒にパジャマを買いに行ってみてください。

    方法5.寝る前にはかわいく挨拶をする

    彼氏と一緒に寝るときには、寝る前にかわいく挨拶をするのが良いです。

    寝る前の挨拶がその日を締めくくる最後の言葉になることもよくあります。

    そのようなとき、かわいく挨拶をされれば嬉しい気持ちで眠りにつける彼氏は多いはずです。

    「おやすみ」の一言だけでもかわいく言うように声の高さなどに気を配ってみてください。

    以上が、彼氏と一緒に寝るときに行えば喜んでもらえる方法でした。

    しかし、彼氏と一緒に寝るときにはポジティブな面以外も考えておくべきです。

    5.彼氏と一緒に寝るときに気をつけるべきこと

    彼氏と一緒に寝るときに気をつけるべきことは、以下のようなものがあります。

    どのポイントも、2人の仲を良くして快適に睡眠を取るために大切なことです。

    それぞれのポイントについて、順番に確認していきましょう。

    ポイント1.ベッドのサイズはセミダブル以上にする

    彼氏と一緒に寝るときは、ベッドのサイズがセミダブル以上あったほうが良いです。

    シングルベッドでも一緒に寝れないことはありませんが、毎回だと狭くて疲れてしまいやすくなります。

    狭いベッドだと、どちらかが寝返りを打つだけで片方が起きてしまうことになる可能性も高いです。

    そうなると、次の日が忙しい場合には一緒に寝るのをやめておこうという流れにもなりかねません。

    したがって、もしもベッドが選べる状況であればセミダブル以上のものにしてください。

    シングルサイズのベッドで一緒に寝るときは、事前に「寝返りなどで迷惑をかけたらごめんね」と伝えておきましょう。

    ポイント2.手を出されても良いように準備をしておく

    彼氏と一緒に寝るときは、手を出されても良いように準備をしておくべきです。

    たとえば、体毛の処理や、体臭・口臭のケアをしておいたほうが安心して一緒に寝ることができます。

    彼氏と一緒に寝ると必ず手を出されるというわけではありません。

    しかし、一緒に寝るということはそのような行為が行われる可能性もあると理解しておきましょう。

    彼女の匂いをかぐことで幸せを感じる男性もいます。

    せっかく一緒に寝るのに、匂いが悪ければ手を出す気もなくなるかもしれません。

    日頃からできるだけ体毛の処理や体臭・口臭には気を配っておくと、いざというときに慌てないので覚えておいてください。

    ポイント3.いびきや歯ぎしりがないか事前に確認する

    彼氏と一緒に寝ることになりそうなら、いびきや歯ぎしりをしていないか事前に確認しておくべきです。

    1人で寝るときに、スマホで寝ているときの音を録音しておけば、いびきや歯ぎしりがあるかを確認することができます。

    いびきや歯ぎしりがあると、彼氏は一緒に寝ていて不愉快に思うかもしれません。

    いびきや歯ぎしりは睡眠外来や歯医者に行くことで改善できる場合があります。

    したがって、事前に確認して改善しておくことで安心して一緒に寝ることが可能です。

    もしも事前に確認できていないときに一緒に寝ることになったら、「もしもいびきや歯ぎしりをしていたらごめんね」と伝えておきましょう。

    その際、彼氏よりも後に寝て、いびきや歯ぎしりをしてもあまり迷惑をかけないようにすると良いです。

    ポイント4.明かりを消してからスマホをいじらない

    彼氏と一緒に寝るときは、明かりを消してからスマホをいじらないようにするべきです。

    すぐに寝付けずについついスマホを見てしまいたくなる人も多いと思います。

    しかし、スマホを見ていると余計に眠りにくくなるだけではなく、スマホの明かりのせいで彼氏の目も覚めてしまうかもしれません。

    せっかく一緒に寝ているのにスマホを見ているということに不満を覚える彼氏もいるはずです。

    したがって、明かりを消してからはよほどの急用がない限りはスマホを見ないようにしておきましょう。

    ポイント5.スマホはサイレントモードにしておく

    彼氏と一緒に寝るときは、スマホはサイレントモードにしておくべきです。

    通常のモードやマナーモードだと、着信音やバイブレーションで深夜に彼氏を起こしてしまうかもしれません。

    せっかく寝たのにそのような雑音で起きるのは嫌に思う人が多いはずです。

    また、自分自身も着信音やバイブレーションのせいで目が覚めてしまう可能性があります。

    夜中に連絡してくる友達はいないし大丈夫と考えていても、迷惑メールなどがくることも考えられるので注意したほうが良いです。

    したがって、彼氏と一緒に寝るときは基本的にサイレントモードにしておきましょう。

    以上が、彼氏と一緒に寝るときに気をつけるべきことでした。

    これらのポイントに注意しておかなければ、彼氏に嫌がられてしまうかもしれません。

    したがって、事前にポイントをしっかりおさえておいてください。

    ちなみに、彼氏と一緒に寝るとき、緊張などでなかなか眠れない人も出てくるはずです。

    6.彼氏と一緒に寝るとき眠れないならどうするべき?

    彼氏と一緒に寝るときに眠れないなら、以下のようなことを行いましょう。

    これらの対策を行うことで、徐々に眠れるようになっていくはずです。

    それぞれの対策について、順番に確認していきましょう。

    対策1.眠る前に白湯を飲む

    眠る前に白湯を飲むことで、身体が暖まって眠りやすくなります。

    白湯であれば買ってこなくても家ですぐに作れるので飲みやすいです。

    寝る前の白湯はビックリするくらい身体が暖まるという人もいます。

    そして、自然と眠りに落ちることができるようになる人もいるので、試してみるべきです。

    身体が暖まれば精神的にもリラックスして、眠りやすくなるのです。

    白湯の温度は熱すぎない50℃くらいが良いとされています。

    身体を暖めようと思うあまり、熱くしすぎると火傷をしてしまうので気をつけてください。

    対策2.眠る前にストレッチをする

    眠る前にストレッチをして身体の緊張をほぐすのも眠りやすくするための方法です。

    ストレッチと言っても、ベッドの上で簡単にできるもので問題ありません。

    軽く首や肩を回してみたり、前屈をしてみたりというような気楽にできるストレッチを習慣にするのが良いです。

    白湯を飲むこととストレッチを組み合わせることで、効果はさらに高くなります。

    ストレッチをすることで深い睡眠になり、一日の疲れも取れやすくなるのでやってみてください。

    対策3.ゆっくり深呼吸を繰り返す

    布団に入って明かりを消してから眠れないなら、ゆっくりとした深呼吸を意識するのが良いです。

    深呼吸をすることで、精神的にリラックスした状態を作り寝つきを良くすることができます。

    また、呼吸に意識を集中することで、他のことを考えにくくすることも可能です。

    それによって、何かを考えてしまって眠れないという状態から抜け出せます。

    道具もいらずに簡単にできるので、眠れないときは試してみてください。

    対策4.毎日の眠る時間を揃える

    毎日の眠る時間をできるだけ揃えるのも、夜に眠りやすくするための方法です。

    生活リズムを整えることによって、いつも寝ている時間に自然と眠くなるようになってきます。

    学業や仕事などでなかなか正確に時間を揃えることは難しいかもしれません。

    しかし、「日付が変わるまでには眠り、毎日7時に起きる」というように、できる範囲で揃えてみてください。

    寝る時間を揃えれば、自然と深く眠りやすくなって身体が楽になります。

    また、起きる時間も揃えたほうが、夜には同じくらいの時間に眠くなりやすいです。

    対策5.日中に運動をする

    日中に運動をすることも眠りやすくするための方法です。

    身体を疲れさせることによって、自然と睡眠欲求が出てきます。

    運動と言っても、ガッツリとスポーツをする必要はありません。

    いつもはエレベーターを使うところで階段を使ったり、帰宅のときに遠回りして歩いてみたりなど、簡単なことで大丈夫です。

    このような適度な運動は身体を疲れさせるだけではなく、ストレス解消にもなるので眠るためには効果的だと言えます。

    時間があるときには積極的に試してみてください。

    以上が、彼氏と一緒に寝るときに眠れないときの対策でした。

    すぐに眠れるようにはならないかもしれませんが、常に意識しておけば少しずつ眠れるようになってきます。

    彼氏と一緒に寝ることでラブラブなカップルになれるので、一緒に寝ることを諦めずにぜひ試してみてください。

    7.彼氏と一緒に寝ることでラブラブになろう!

    彼氏と一緒に寝ることで、今まで以上にラブラブになことができます。

    誰かと一緒に寝るということは、人生において数人としか経験しないという人も多いはずです。

    そのような特別な関係にお互いがなるということで、今よりも仲良くなれる可能性は高いと言えます。

    彼氏と一緒に寝ると、毎日のように一緒に寝たくなるという女性も少なくありません。

    好きな人と一緒に寝ることで、日々の勉強や仕事を頑張るモチベーションも高められます。

    彼氏と一緒に寝ることは、2人の仲を良くし、それぞれの生活の質も良くできるのです。

    寝るときも起きるときも隣に彼氏がいるのは幸せなことです。

    一緒に寝ても良いと思えるくらい好きな彼氏ができたのであれば、まずは1度試してみてください。

    まとめ

    彼氏と一緒に寝ることで、今まで以上にラブラブな関係になることができます。

    なぜなら、彼氏と一緒に寝ることにはさまざまなメリットがあるためです。

    しかし、彼氏と一緒に寝るときには注意しておくべき点もあるので覚えておいてください。

    たくさん彼氏と一緒に寝て、今まで以上にラブラブなカップルになりましょう。

  • 関連記事

    1. 女友達をセフレにするのはアリ!後悔を避ける注意点とは?

    2. 大人っぽさ満点!色気メイクをマスターして脱童顔の大人レディに!

    3. ボディータッチは脈アリサイン?男性心理を正しく判断しよう!

    4. デートでホテルにスマートに誘う方法!彼女のOKサインを読み取ろう

    5. 男性が女性の頭を撫でる心理とは?撫で方で見定める相手の気持ちと正しい対…

    6. 重い女の特徴を知って自己診断しよう!一途な女に改善するのが正解!

    7. 女性の性欲発散方法とは?性欲の強い女性の特徴とセックスレス解消方法を解…

    8. 「まさかこれがヤリモク!?」男性からのLINEを徹底分析してみた!