【男女別】結婚相手の決め手5つと決め手に欠けると感じるポイント

結婚は生涯のパートナーを見つけるという一大イベントなので、「本当にこの人と結婚していいのだろうか…」と思い悩むこともあるでしょう。

結婚願望があってもなかなか踏みきれないという人は多いです。

しかし、いつまでも決断を出来ずにいると結婚相手に逃げられてしまいます。

そこで今回は、結婚の決め手となる特徴を男女別に5つ紹介します。

また、婚の決め手となるタイミングについても紹介するので参考にしてください。

結婚を考えている相手と、結婚の決め手について照らし合わせて、素敵な結婚に結びつけましょう!

男女別に聞いた「結婚した年齢と交際期間は?」

まずは、結婚した年齢と結婚に至るまで交際した期間を見てみましょう。

結婚した年齢(初婚のみ)

(女性)
1位 27歳…9.0%
2位 26歳…8.8%
3位 28歳…8.4%
4位 25歳…7.9%
5位 29歳…7.6%

(男性)
1位 27歳…8.2%
2位 28歳…8.0%
3位 26歳…7.4%
4位 29歳…7.3%
5位 30歳…6.6%

男女とも、27歳で結婚した人の割合がもっとも高いですね。

2位以下は多少差がありますが、男女とも20代後半で結婚している人が多いという結果になっています。

男女それぞれの平均初婚年齢は、男性が31.1歳、女性が29.4歳です(平成28年)。

だんだん上昇していて、30年ほど前と比較すると男性はおよそ3歳、女性はおよそ4歳上がっています。

晩婚化の傾向は、今後もずっと続きそうです。

結婚するまでの交際期間

(女性)
1位 2年
2位 1年
3位 5年以上
4位 1年以内
5位 3年

(男性)
1位 2年
2位 1年
3位 3年
4位 4年
5位 5年以上

1位と2位は男女とも同じで、それぞれ2年と1年でした。

結婚して一緒にやっていけるかどうか見極め、決心するのに1~2年ぐらいの交際期間が男女とも必要なんですね。

交際期間は、年齢や事情によっても変わってきます。

例えば、

  • 20代前半:心身ともに余裕があるせいか交際期間が長くなる傾向あり
  • 30代:「●●歳になるまでに結婚したい!」とリミットを設けて当初から結婚を前提にして交際するので期間が短くなる
  • 交際期間半年以下でも女性の妊娠によるスピード婚

など。

最適な交際期間はカップルによって違うので、一概に「この期間が最適!」とは言い切れない部分がありますね。

【女性編】結婚の決め手となる男性の特徴 5選

まずは女性視点からの結婚の決め手です。

結婚の決め手となる男性の特徴を5つピックアップしました!

また、決め手の中には必ずNG要素も存在します。

そんなNGな関係になってしまわないよう、注意点もあわせて紹介します。

結婚の決め手となる男性の特徴 注意点
(1)金銭感覚が似ている男性 (1)極端な浪費やケチはNG
(2)生活における習慣が似ている男性 (2)堕落した習慣はNG
(3)家族を大切にしている男性 (3)親離れ子離れができていないのはNG
(4)決断力のある男性 (4)任せっきりはNG
(5)安定した収入のある男性 (5)収入に頼り切るのはNG

全体的に見て、生活上での価値観の一致や家族像を思い描けるかなどの現実性を重視している傾向にありますね。

やはり夢や刺激を求めがちな恋愛とは違い、結婚相手となると「生活」という現実的なものに着目して、安心や安定を求めるのでしょう。

それでは具体的にどのような現実的な側面を重視しているのか、順番に説明していきます!

(1)金銭感覚が似ている

結婚生活は衣食住を共にする関係で、全て「お金」が関係して来るので、一緒に生活をする上で金銭感覚が似ているということは重要です。

その中でも、お金の使いどころが似ていることが重要になってきます。

例えば、普段の食事はなるべく節約して、休日の遊びにお金をかける。

また、毎日を過ごす家の環境にはお金をかけたいけれど、趣味や遊びに対しては節制するなど。

どこを節約して、どこにお金をかけるかの感覚が似ていると、お互いストレスを感じずに楽しく過ごすことが出来ます!

これは、デートの時に観察できます。

彼のお金のかけ方をさり気なくチェックして、自分と合っているのか見極めましょう!

注意点:極端な浪費やケチはNG

いくらお金の使いどころが似ていても、極端な浪費やケチは生活を壊します!

浪費ばっかりしていたらいずれお金はなくなってしまうものです。

「金の切れ目は縁の切れ目」という言葉があります。

お金がなくなってしまったら、心まで貧困になってしまって、相手への思いやりがなくなってしまう恐れがあります。

また逆に、ケチケチしすぎても毎日がつまらないでしょう。

たまにはお金をかけて美味しいものを食べたり、旅行に行ったりして非日常を楽しんでみるのもよいでしょう。

両者に言えることは、やはりメリハリをつけた生活を心がけるということです!

(2)生活における習慣が似ている

結婚生活では、夫婦それぞれの習慣を尊重することが重要です。

例えば、朝食は絶対に取る、風呂は夕食の前に入る、掃除は金曜日にやる、など生活におけるリズムというものは個々にありますよね。

普段当たり前のように行なっているこれらの習慣ですが、実は乱されると結構なストレスになってしまうのです。

また、相手に無理に合わせようとすることも、同じようにストレスとして蓄積されていってしまいます。

元々、生活習慣が似ていれば無理に合わせる必要もなく、気を遣うこともありません。

結婚生活を始める前に、相手がどんな生活習慣の人なのか、同棲をして確かめてみるのもアリですね。

注意点:堕落した習慣はNG

たとえ生活習慣が似ていて過ごしやすいと感じていても、それに甘んじてはいけません!

身の回りの家事をめんどくさがって、「明日でいいや」と後回しにしてしまった経験は誰にでもあるでしょう。

後回しは癖となって、やがて悪い習慣となってしまいます。

放っておけば、片付けのされていない汚いゴミ屋敷になってしまうかもしれません。

2人してめんどくさがり、堕落しては決していけません!

せっかく2人いるのですから、めんどくさいことも協力し合って、時には分担してやっていきましょう!

(3)家族を大切にしている

結婚において一番大切なことはパートナーへの、そして家族への思いやりです!

あなたの相手は両親や兄弟の話をよくするでしょうか?

この家族への対応は将来、家庭を築くにあたって大きな指標となります。

もし家族の話が全くなかったり、話が出ても辛辣な愚痴であったら、「ひょっとして仲が悪いのかな?」と思うでしょう。

将来家族になろうとしている存在ですから、自分にもこういう対応をするのではないかという不安も生まれてしまいます。

逆に、家族のちょっとしたエピソードまで嬉しそうに話してくれる相手なら、明るい将来を思い描けるでしょう!

また、結婚は決して2人だけの関係ではなく、互いの家族の付き合いが必要不可欠です。

自身の家族だけでなく、あなたの家族に対しても大切に接してくれる人がベストです!

注意点:親離れ子離れができていないのはNG

あなたの存在をないがしろにされるレベルで、家族との仲を優先されていたら危険です!

もし仮に夫婦喧嘩になってしまったとしましょう。

親離れ出来ていない相手は、真っ先に家族へ連絡をしてあなたの愚痴を言うでしょう。

また子離れ出来ていない相手の親も、あなたばかりを強く責めるでしょう。

そうすると家庭内での居場所がなくなってしまいます。

居場所をしっかり確保するためにも、「自分達が今の家族なんだ!だから、主役はあくまで私達!」といったように存在感をしっかりとアピールして行きましょう!

(4)決断力がある

決断力がある男性は、リスクもある結婚について覚悟を決めて踏み切れます。

逆に優柔不断な男性はいつまでたってもリスクをとることを気にかけ、結婚に踏み切れません。

例えば、住む家を決める時や、車を買う時など高価な買い物をする時などのリスクもつきまとうような局面で、思い切った決断ををズバッとしてくれるのは非常に心強いですね。

覚悟をしっかりと持っている男性なら、結婚に対しても踏み切る力は強いでしょう!

注意点:任せっきりはNG

いくら決断力のある相手でも、全ての決断を任せっきりにしてはいけません

本来は夫婦2人で考えた上で、2人で決断をするのが理想の形です。

「最後の決断がどうしても出来ない」、「勇気がない」というあなたも、決断をするまでの手助けや相談に乗ることはできるはずです。

「自分は優柔不断だから」と、最初からシャットアウトするのはNGです。

最終的な決断は相手に任せるにしろ、サポートをする体制は常に忘れずにいましょう!

(5)安定した収入がある

円満な結婚生活を送るには、安定した生活を送るだけの収入が必要です。

安定した収入があれば、今後一緒に生活にするにあたって不安を持つことも少ないからです。

収入が少なかったり、今後どうなるかわからないという男性は、結婚生活を楽しんで送れる未来を想像できないですよね。

将来の資金計画を考えるにあたっても収入は切っても切り離せない問題です。

2人の生活の指標として収入は大事なバロメーターなのです。

注意点:相手の収入に頼りきるのはNG

相手の収入ばかりに頼ってはいけません!

ここで言う「頼ってはいけない」とは、収入が多いことに甘んじて、無駄な浪費をしてはいけないということです。

今は収入が安定しているといえども、この先もずっと同じように安定してるとはいえません。

これから一緒に暮らしていく上で、思いがけぬ出費が発生することも時にはあるでしょう。

そういった急なリスクも想定した上で、地に足のついた堅実な生活を心がけましょう!

男性の特徴に続いて、結婚の決め手となる女性の特徴についてお伝えします。

【男性編】結婚の決め手となる女性の特徴 5選

続いて、男性視点になります。

結婚の決め手となる女性の特徴と注意点を5つピックアップして紹介します!

結婚の決め手となる女性の特徴 注意点
(1)ねぎらいの言葉を自然に言える女性 (1)言葉をあてにしすぎるのはNG
(2)趣味に理解のある女性 (2)没頭のしすぎはNG
(3)仕事に理解のある女性 (3)仕事を家庭に持ちこみすぎはNG
(4)家事の能力が高い女性 (4)すべての家事を任せるのはNG
(5)料理上手な女性 (5)あれこれ注文のつけすぎはNG

生活という現実的側面を重要視する点は、女性と同じです。

しかし女性と比較して、「料理」や「仕事」といった具体的なワードが出てくるように、より理想とする生活像が具体的に現れているのが特徴です!

では、男性が求める結婚像の具体性について順番に説明していきます!

(1)ねぎらいの言葉を自然に言える

ねぎらいの言葉を自然に言える女性は男性の結婚の決め手となります。

親しき仲にも礼儀ありです!

「ありがとう」や「お疲れ様」や「ごめんなさい」

これらの言葉を自然に発するということ。

近い関係だとすべてが当たり前になってしまって、実は意外と言えていなかったりするものです。

親しい相手には感謝や謝罪は、きっと態度だけでも伝わるでしょうし、今さら照れ臭いと思うかもしれません。

しかし、言葉にして伝えることで気持ちがより強く伝わります。

毎日を共にする関係だからこそ、感謝の言葉は忘れずに伝えていきましょう!

注意点:言葉をあてにしすぎるのはNG

言葉だけではなく、態度でも相手の気持ちを察するようにしましょう。

例えば少し悪いことをしたとしても、向こうから謝ってくれると勝手に思いこんだり。

すべての行動にねぎらいの言葉を求めてしまうと、言葉がないと不安になってしまいますよね。

これでは言葉ありきの関係になってしまい、こちらも言葉をかける内容やタイミングを身構えてしまいます。

言葉で伝えることは大切ですが、自然に態度でわかり合える関係の上で成り立っているということを忘れずに!

(2)趣味に理解がある

結婚生活は夫婦2人の生活ですが、やはり1人の時間も大切で、そんな時に必要なのが趣味の充実です。

夫婦それぞれが自分の趣味を持ち、自分の時間を持てることで、精神的にも依存しすぎなくなり、円満な結婚生活を送れます。

逆に、職場と家の往復の毎日で、休日は家でダラダラと寝ているなど、なにもやることがないと必然的に2人の会話も減ってしまいますよね。

なにか2人で共通の趣味を見つけるのも良し、自分の時間として1人の趣味でも良いです。

趣味は息抜きとして、また刺激を与える存在としてとても大切です。

注意点:没頭しすぎはNG

趣味を持つことは大切ですが、没頭しすぎて相手を忘れることのないようにしましょう。

1人の時間として休日のほとんどを趣味に費やしてしまったり、ましてや平日の夜をも趣味に費やしてしまったら、家庭内のコミュニケーションがなくなってしまいますよね。

これでは一緒にいる意味がありません。

また、2人の趣味においても没頭のしすぎはNGです。

趣味を2人でわかち合えるということは楽しいです。

それゆえに熱しすぎてしまい、お金と時間を費やしすぎて、生活を忘れてしまってはいけません。

生活を彩る存在として趣味が成り立っているということを念頭におきましょう!

(3)仕事に理解がある

男性の生活のメインである仕事を理解できないと、生活が安定しなくなり、安定した結婚生活は送れないでしょう。

仕事の時間の割合は、1日のうち、また一生のうちに費やすとても大きく切り離せない存在です。

家族には自分の仕事を理解してもらいたいですよね。

例えば、月末は残業で遅くなってしまうことが多い、付き合いでの飲み会が多いなど。

その仕事ならではの断れない習慣というものがあります。

こういった仕事の習慣を理解してくれる女性であれば、男性側も気を遣わずに仕事をすることができます。

また、「家族のために一生懸命働こう!」と奮起させられるのです。

注意点:仕事を家庭に持ちこみすぎはNG

いくら生活のメインであるといえども、仕事と家庭は別物です!

家庭内の会話において、仕事の話ばかりになっていませんか?

難しい専門用語だらけの仕事の話は聞いていて退屈です。

また、仕事を家に持ち帰ってそればっかりやるのもNGです。

家で仕事をするのも一つの効率化かもしれません。

ですが、そればっかりでは女性もお決まりの「仕事と私どっちが大事なの?」という思考に働いてしまうかもしれません。

家庭に持ちこむにしても、仕事の時間は2時間までにするなど、オンオフをはっきりつけるように心がけましょう!

(4)家事の能力が高い

生活と直結する結婚において家事の能力が高いというのは非常に重宝されます!

快適な生活を送るためには、掃除や洗濯の行き届いた綺麗な家が理想ですよね。

また、家事の能力が高いといういうことは、家事の処理スピードが早かったり、効率がいいということだけではありません。

毎日、サボらずに家事を継続することが大切です。

能力が高くても毎日、それを活かしていかなければ、すぐに家は汚くなってしまいます。

しかしこの継続をするということ、実はかなりの忍耐力が求められるのです。

注意点:すべての家事を任せるのはNG

毎日すべての家事を任せて、依存してしまったら相手への負担は相当なものになってしまいます!

いくら能力が高くて、「任せて!」と言われても、日々一緒に生活をしているからには、家事に協力の姿勢を見せて行きましょう。

協力といっても家事の一つの行程をすべて引き受けようとしなくても良いのです。

  • 料理は任せるけど、食器洗いだけはする
  • ゴミをまとめるのは任せるけど、ゴミ出しは担当する

など、家事の一部だけを手伝うだけでも負担は相当軽減されます。

(5)料理上手

仕事から疲れて帰宅した時に、あたたかい料理が待っていると、男性としてはとてもうれしいので、料理上手な女性は結婚の決め手に大きく影響します。

「男性の心を掴むためには、胃袋を掴め」といった言葉があるように、料理が上手な女性は非常に人気があるのです。

また、料理が上手な人は料理の腕をあげることにも熱心です。

相手を虜にするだけでなく、生活も豊かにすることができますね。

食事とは生きていく上で必要不可欠なことであり、毎日の安らぎと癒しの時間でもあります。

毎日の食事がよりいっそう楽しみの時間になり、「早く家に帰って美味しいごはんを食べたい!」という気持ちになりますね。

注意点:あれこれ注文のつけすぎはNG

料理に対して注文が多いとストレスやプレッシャーに繋がってしまいます。

せっかく料理が上手なのに、ストレスにより作る気を失せさせてしまったらもったいないです。

料理が美味しいと、「今度は○○を作って!」などついリクエストをしてしまうのも無理はありません。

また、料理にこだわりがある場合、「調味料が〜」など味付けに悪気もなく口出しをしてしまい、プライドを傷つけてしまう可能性もあります。

このようなことにならないよう、時には外食へ誘って息抜きをしてみるのも良いです。

また、「いただきます」と「ごちそうさまでした」など感謝の言葉は忘れずに伝えましょう。

結婚の決め手に欠けると思われてしまう男性のポイント3選

長く付き合っていても、結婚の決め手に欠けると相手に思われてしまう男性っていますよね。

  • ハートが弱そう
  • ギャンブル癖がある
  • 怒ったときの態度が感情的で乱暴

なぜそう思われてしまうのか、上に挙げた3つのポイントを紹介します。

1、ハートが弱そう

女性にどんなタイプの男性が好みか聞くと、けっこうな割合で「優しい人!」という返事が返ってきます。

ただし、優しく穏やかで人間的に良い人でも、すぐくよくよしてなかなか立ち直れない男性は、結婚するにはちょっと…と思われがち。

夫婦になったら、なにか問題が起こったときにふたりで立ち向かわないといけない場面も出てきます。

「ハートが弱くて頼りにならなそう」という印象を与えてしまうと、結婚は遠慮したいと女性から思われてしまうんですね。

2、ギャンブル癖がある

ギャンブルをする男性も、「結婚まではできない人」と女性から敬遠されがち。

ギャンブルのせいで家計が回らなくなるリスクがありそうと思われ、結婚はないと判断される可能性が高いんですね。

3、怒ったときの態度が感情的で乱暴

普段は穏やかに見えても、怒ったときの態度が感情的で乱暴な男性は、結婚するに至らないと思われてしまいます。

口汚く罵る、怒鳴る、物に当たる、暴力をふるう、など、怒ると感情をコントロールできない男性は、そのうちDVに発展するかも知れない…と女性から非常に警戒されます。

感情をコントロールして冷静に話し合える度量がないと、結婚生活を維持できる男性と認識してもらえません。

結婚の決め手に欠けると思われてしまう女性のポイント3選

次は、結婚の決め手に欠けると相手に思われてしまう女性についてご紹介します。

  • 意思表示しない
  • 新しい環境を拒否する
  • 気配りが過ぎる

上記の3つのポイントについて詳しく説明していきます。

1、意思表示しない

自分の意思は後回しで男性の考えを常に聞き入れる女性=男性を常に立てる控えめな女性、ということで、男性から見たら理想的な結婚相手なのでは?と思うかも知れませんね。

昭和の時代ならいざ知らず、共働きで夫婦揃って家計を支えるのが当たり前になりつつある現代において、自分の考えをはっきりさせない女性のことを負担に感じる男性が多くなっています。

何か問題が起こったときに自分にばかり負担を押し付けてきそうな女性と判断され、結婚するにはちょっと…と敬遠されてしまいます。

2、新しい環境を拒否する

行ったことがないお店での食事を提案すると嫌がる、人がなにか新しいことを始めようとするときに「やめればいいのに」と出鼻をくじくようなことを言う。

こうして新しい環境を拒否する女性は、男性からつまらないと思われることがあります。

結婚は、ふたりで新たな生活を始めることでもあります。

今までにないことにも取り組まないといけないこともあるでしょう。

にも関わらず、相手が「現状維持でないとイヤ」と主張する女性だったら…?

先が思いやられるから結婚は難しいかも、男性側が考えても不思議ではありませんね。

3、気配りが過ぎる

良い妻の条件に「気配りができること」が挙げられているのをよく見聞きしますよね。

でも、先回りしてあれこれやり過ぎると、重い女、束縛する女と思われてしまいます。

一緒に生活したら窮屈に感じそうだから、この女性と結婚するのはしんどいと判断されてしまうんです。

結婚に踏みきれない人は多い!

先ほど紹介した結婚相手となる人の特徴がわかっても、どうしても「自分の今の状況、環境で本当に結婚していいのか?」と考えてしまうでしょう。

生涯のパートナーと共にする結婚に対して重く考えてしまうのは当たり前のことです!

では具体的に、どのような状態に不安を感じて結婚に踏みきれないのでしょうか。

踏みきれない要因の多くに見られる、3つの事がらを説明していきます!

踏みきれない要因1:仕事との両立

結婚に踏み切れない要因として、仕事と家庭の両立の難しさがあげられます。

実際Twitterでも「仕事と家庭の両立は自信がないから、どちらを選んだら…」という声がたくさんあがっています。

朝から晩まで毎日仕事をして、その後に家事もするとなると、考えただけでも疲れてしまいますよね。

20代も後半になると、職場でもポストが上がったり、後輩も増えてきたことでしょう。

また、収入アップやキャリアアップを目指して転職する人も多い時期です。

仕事に対して視野が広くなり、責任感も求められる立場になってきています。

しかし、仕事にはいくつかのタイミングというものがあります。

  • 繁忙期や現在進行中の仕事が落ち着いた
  • 部署の異動や直属の後輩が入ってきた

などの、余裕が出来たタイミングで結婚について改めて考えてみましょう。

また結婚をして仕事を今まで通りに続けるにしろ、辞めたり時間を減らすにしても、タイミングを利用するためには普段から職場間での良好なコミュニケーションが必須です!

「実は、結婚を考えている人がいるんだ!」といったように自分の近況を定期的に話すよう心がけてみましょう。

踏みきれない要因2:一緒に生活をすることへの不安

結婚に踏み切れない要因として、「一緒に生活をすることへの不安がある」ということが考えらます。

この認識に対して、不安の声は非常に多いです。

結婚をした後に、「生活のリズムや価値観が合わなすぎて、一緒に暮らすのは無理!」となってしまっても、もう遅いですよね。

この一緒に生活をすることへの不安に対しての解消法として、結婚前にお試しとして同棲をしてみるという方法があります。

この期間に相手の生活リズムや価値観を知っておけば、結婚に対するハードルもかなり下がりますね。

しかし、かえって同棲が結婚の機会を失ってしまうこともあります。

  • 同棲を始めて6ヶ月、1年経ったら
  • 50万円貯金が溜まったら

など、自分たちで結婚をするタイミングをしっかりと数値化して決めておくことが大切です!

踏みきれない要因3:家事や子育てに自信がない

結婚に踏み切れない要因として、家事や子育てなど、経験のないことを始めることへの不安があげられます。

実際、勇気を持てずに結婚へ踏みきれないという声が多くあげられます。

家事においては、一人暮らしの経験があったり、実家で親の手伝いをしていたという人も多いでしょう。

しかし、自分が主体となって毎日家事をしていくとなると、負担や責任も断然大きくなります。

また、子育てにおいては完全に未経験のために想像することもなかなか難しいでしょう。

なにか新しいことを始める時あなたはどうしていましたか?

  • ネットやテレビ、書籍で情報を得て参考にする
  • 経験者にノウハウを聞いて、実践する

などがあげられますよね。

家事や子育てにおいても「人生の先輩」や「先人の知恵」というものはたくさん存在します!

1人で悶々とやったことのないことに対して思い悩んでも、自信をつけることはできません。

身近な人に相談をするだけでも、悩みは軽くなったり、解消もされて前向きになることができますよ!

結婚の決め手となる5つのタイミング

結婚の決め手となる特徴がわかり、踏みきれない理由もわかったところで、最後に残された課題は結婚をすべきタイミングです!

最後の一押しとしてタイミングは非常に助けになります。

ぜひ有効活用して、素敵な結婚へと進みましょう!

タイミング1:転勤や転職

転勤や転職をすることで生活はガラッと変わります。

先ほどの章でも説明した通り、仕事のタイミングは結婚への口実にしやすいと言えます。

まずは転勤についてです。

遠くへ転勤となった場合、今までのように仕事終わりに夕飯や飲みを兼ねて軽く会うことも難しくなってしまいますよね。

また、引っ越しも避けて通れないものです。

この引っ越しのタイミングで結婚をして一緒に暮らそうというのは、ごく自然な流れです。

次に他の仕事に転職する場合についても同じです。

転職をするにあたって、大抵は現職よりも自分にとって条件の良いところを選ぶものです。

それは収入面であったり、ワークライフバランスであったり、自分のやりたいことへの挑戦であったり、理由はさまざまですがプラスの方向へ進めるための行動です。

将来を考えた上での転職という面を見ると、結婚とも直結してきますよね。

タイミング2:記念日

結婚の決め手となるタイミングとして、記念日は一番実行しやすいタイミングです。

なぜなら、結婚相手も記念日は結婚のタイミングとして意識しやすいからです。

いつ結婚すればいいのかと考えた時、具体的な「いつ」を決めていないと、不安からダラダラと先延ばしになってしまい、結婚に対してのけじめも薄らいでしまいます。

さらに記念日が結婚の決め手となるタイミングとしてピッタリな理由として、2人にとって1年に一度の特別な日という点があります。

このような日に「結婚しよう」という話が出たら、サプライズ性もあり、とてもロマンチックですよね!

記念日は、普段よりお互いのことを考えられる絶好の機会です。

例えば、初々しい出会った日のことを思い出したり、付き合った当時のことを思い出したり。

互いのことを思いやる大切な日であるからこそ、結婚したいという思いは自然に伝わりやすいです。

タイミング3:友人の結婚ラッシュ

友人の結婚に便乗するというのもひとつのタイミングです!

気づけば、自分の周りの友達が次々と結婚していって「そういえば今月毎週結婚式に行っている!」なんて声も20代後半の世代では多く見られます。

今までは友人みんな独身で、結婚について特別な意識もなく、あまり実感のないものであったでしょう。

ですが親しい友人が結婚をすることで、当然その話で盛り上がるでしょうから、結婚に対して一気に距離が縮まります。

友人の結婚の話を聞いたり、結婚式へ行くことで「自分もそろそろ今の相手と結婚したいかも…」と感化される。

まさに幸せの連鎖と言えますね!

また、仲の良い友人達と近い時期に結婚することで、これからの生活に対しての話題も尽きないでしょう。

一生話せる、一生付き合える関係を友人とも改めて築ける機会ですので、見逃さないように心がけましょう!

タイミング4 妊娠

新たな命をお腹に宿したという事実は、「プロポーズしたいけど断れたら恥ずかしい」とか、「ちゃんと結婚生活を維持できるか不安」といった男性側の心配事をすべて吹っ飛ばして、結婚を決断させるインパクトがあります。

男性として責任を取るという意味での結婚で、「できちゃった結婚」、「授かり婚」などと呼ばれていますね。

妊娠をきっかけに結婚するカップルは年代を問わず増えています。

ただし、女性から子どもができたことを告げられた途端に逃げ出す無責任な男性もいるので、軽々しい妊娠は決しておすすめできません。

タイミング5 両親への紹介

相手から両親を紹介されることで結婚を意識し始め、結果的にそれが決め手になったという人も多数います。

結婚は、相手の家族ともお付き合いする必要があります。

相手の両親の性格や考え方、自分の両親に対する相手の接し方などを実際に見て、結婚後の生活をより具体的に考えられるようになります。

両親への紹介を結婚話がうまく進むきっかけにするコツは、紹介の場をセッティングする前に、両親と相手のそれぞれにNGになる言葉や行動を教えておくこと。

気持ちよく会話ができる場になれば、両親も相手もお互いのことをおのずと「相性が良さそう」とポジティブに考えてくれますよ。

結婚を決断するのに必要な3つのもの

結婚を決断するのに必要なのは、

  • 経済的安定
  • 勇気
  • 覚悟

の3つです。

経済的安定

結婚はキレイごとではありません。

日々生活していくために絶対にお金が必要です。

余裕をもって仕事に取り組めるようになり、結婚生活を維持できるほどの安定した収入が得られれば、子どもができても安心です。

勇気

元々は、生まれも育ちも違う他人同士ですから、結婚して一緒に生活するとなると躊躇してしまうのも無理はありません。

それでも一緒にいたいと、それぞれの心の中にある臆病な気持ちを克服し、お互いに歩み寄る勇気を持つことが結婚には必要です。

覚悟

聖書の言葉ではありませんが、病めるときも健やかなるときも、富めるときも貧しきときも、どんなときも相手に寄り添って生きる覚悟が決まれば、結婚に踏み出すことができます。

お互いがお互いの人生を背負う覚悟はできているでしょうか。

まとめ

何が結婚の決め手になるのかは人によってさまざまです。

  • 一緒にいて現実的な生活を思い描ける人間性が男女とも結婚の決め手になる
  • 結婚の決め手になるさまざまなタイミングがあるのでライフスタイルに合わせて活用しよう
  • 経済的安定、お互いの勇気と覚悟が結婚を後押しする

年齢や交際している期間から「もうそろそろかな」と結婚を考え始める男女も確かに多いです。

でも、どちらかが「結婚するにはここがちょっと…」と相手に思われる特徴を持っていると、なかなか結婚には至りません。

結婚したいのになかなか踏み切れない人は、なぜ決められないのか相手や自分のライフスタイルを振り返ってみたほうがよいかも知れません。

決め手になるタイミングや決めるのに必要なものを知り、ぜひ幸せな結婚生活を手に入れてくださいね。

『関連記事』



関連記事

  1. 不倫相手と結婚できる?略奪愛の代償と男性の本音も紹介

  2. 【この人ない…と思われてるかも!】異性の出会いの場で絶対やってはいけな…

  3. 婚活でモテない女性には3つの特徴があった!婚活を成功させる秘訣は?

  4. デートに最適な靴はどれ?ヒールの高さや雨用まで細かく解説します!

  5. 男性がモテるために必要な3つの「G」って何?byE子

  6. Ccを入れる男はモラハラ夫に?すぐ社内恋愛する男は出世しない!仕事っふ…

  7. できる男女はこれを持ってく!デートの持ち物を男女別で徹底解説!

  8. 彼女に疲れたらどうすれば良い?彼女のタイプ別に対処法を解説!