結婚相手の決め方とは?後悔しない男性を見極める方法を徹底解説!

「一生を共にする結婚相手を選ぶのは、絶対に失敗したくない」なんて、お悩みですね。

恋人同士で交際しているときは、そこまで相手選びに慎重にならなくても問題ありません。

しかし、結婚相手となると相手の嫌な面も受け入れる必要があります。

結婚相手を選ぶときは、その人と本当に結婚しても良いのかをしっかりと見極めなければ、後悔してしまいやすいです。

そこで今回は、結婚相手の決め方を解説していきます。

後悔しない結婚相手の決め方について知って、理想の結婚生活を手に入れましょう。

1.あなたにとって理想の結婚生活とは?

結婚相手を選ぶときは、理想の結婚生活像がある方が決めやすいです。

たとえば、あなたがどこかへ行くときは行きたい場所が明確な方が、スムーズに予定が進みますよね。

それと同じように、結婚相手を決めるときもあなたが思い描く結婚生活のイメージがあった方が、それを叶えられる相手を探しやすくなります。

結婚相手に出会うという目標に向かって、あなたはどうすべきなのかを考えるときに必要なのが結婚相手を決める条件です。

そこで、後悔しない結婚相手を決めるときに大切な10個のポイントを見ていきましょう。

  • 2.一生後悔しない結婚相手の決め方10個のポイント

    結婚をしてから後悔しないためにおさえておくべき、結婚相手を選ぶときのポイントは10個です。

    結婚相手を決めるときの条件として年収や職業を重視する人は多いでしょう。

    しかし、一生後悔しない相手と結婚するには彼自身の人柄や性格、価値観なども重要になってきます。

    ご紹介する10個のポイントで判断することで、彼が本当に結婚相手にふさわしいかどうかが見えてくるはずです。

    それでは、結婚相手を決めるときの10個のポイントについて詳しく見ていきましょう。

    ポイント1.見た目がタイプである

    生涯のパートナーになる相手なので、見た目は大切です。

    好きになってしまえば、どんな見た目でもカッコよく見えると言いますが、本当にタイプではない人とは一緒にいられないでしょう。

    外見がタイプな人が現れたら「仲良くなりたい」「もっと一緒にいたい」「付き合いたい」と思うはずです。

    それだけ、人が好きになる理由に見た目は大きく影響しています。

    もちろん結婚相手となると見た目以上にもっと大切なことがたくさんありますが、見た目も無関係ではないと考えておくべきです。

  • ポイント2.経済力があり金銭感覚が合う

    結婚をすると、結婚式や子供の教育費、家族旅行などお金が必要になることが増えるので、やはり経済力は必要です。

    結婚生活をしていると欲しくなるであろうマイホームも、ある程度の経済力がないと購入できません。

    セレブな生活とまではいかなくてもお金に不自由しない生活を考えるなら、年収500万円以上はある人の方が良いでしょう。

    また、経済力があっても浪費癖があったり、ケチな人だとケンカの原因になり、あなたが苦労することになってしまいます。

    したがって、相手の経済力を知るとともに、金銭感覚もチェックしてください。

    結婚相手にはある程度経済力があり、あなたと金銭感覚が合う人を選びましょう。

    ポイント3.生活の価値観が合う

    今後一緒に生活する結婚相手は価値観が合う人であることが大切です。

    生活リズムや休日の過ごし方、働き方など生活する上での価値観が一致していないと、うまくいきません。

    また、結婚生活を送るうえで避けては通れないのが子供に対する価値観です。

    結婚後は子供が欲しいのか、それとも結婚後も子供は作らず夫婦2人で生活していきたいと考えているのか、価値観をすり合わせておく必要があります。

    しかし、価値観は人によって異なるので、あまりに合わない人と関係を続けてもいつか破綻してしまうはずです。

    したがって、最初から価値観の合う人を選んでおけば、あとから価値観を相手に合わせる必要がなく、二人の関係もうまくいくでしょう。

    そのためには早めにしっかり話し合っておくべきです。

  • ポイント4.お互いに理解しあえる

    考え方が合わない相手でも、お互いにその考え方を理解しあえたらうまくいきます

    自分と全く異なる考え方を持つ相手のことを理解するのは難しいことです。

    しかし、それでもお互いに理解し合えたらより一層強い絆で結ばれます。

    また、趣味やこれからしたい仕事に対して理解のある相手だと、結婚をしていても自分のしたいことを諦めることなく有意義な結婚生活が可能です。

    そして、自分の頑張りを知ってくれている相手は、とても居心地が良いと考えられます。

    お互いを理解し、応援しあえる関係になれた相手とは、自然と結婚したいと思うはずです。

    したがって、お互いの考え方を理解し、尊重し合える人を結婚相手に選びましょう。

    ポイント5.あなたのことを愛し続けてくれる

    女性はずっと愛してくれる男性と結婚をした方が幸せになれます。

    男性に愛されていると心が安定し、日々を穏やかに過ごせるのです。

    心が安定している女性のそばにいると男性は満足し、さらに大切にしようと感じるので、2人の関係がうまくいきやすくなります。

    子供ができたあとは子供のことも大切ですが、それ以上に奥さんのことを大切にしている家庭は夫婦関係も家族関係も順調です。

    もちろん好きという気持ちだけでは結婚生活はうまくいきません。

    したがって、他の条件に加えてあなたのことを本当に愛し続けてくれる人を選びましょう。

  • ポイント6. 家事や育児に協力的である

    結婚し子供ができたときに、家事や育児に協力的な人かは、結婚相手を選ぶときにとても重要です。

    実際に子供ができないとわからない部分もありますが、2人でいるときに家事を一緒にしてくれるかどうかや子育てへの価値観を話し合ってみると良いでしょう。

    結婚後に専業主婦でいられるならまだしも、共働き家庭になる場合は要注意です。

    女性に家事も育児も仕事も求められると、女性はいっぱいいっぱいになり自分の時間はまったく持てなくなってしまいます。

    家事や育児に協力的であろうと考えられる男性の特徴は次の3つです。

    • 実家で母親の手伝いをよくしていた男性
    • 彼女の話をよく聞き、柔軟に対応してくれる男性
    • 仕事が定時で終わりやすい男性

    家事を手伝わないといけない家庭で育った男性や好きな女性が楽になるようにと一生懸命動いてくれる男性は、家事や育児に協力的である可能性が高いです。

    また、男性に家事や育児をしたい気持ちはあっても、時間がなければ何もできないので、残業や休日出勤が少なく時間の融通が効きやすい人の方が、家事や育児にも協力してくれます。

    結婚後は妊娠や出産、子育てと目まぐるしく環境が変化するので、そのときに応じて柔軟に協力し合える人を選ぶと結婚生活はうまくいくでしょう。

    ポイント7.気をつかわず自然体でいられる

    結婚相手は一生涯を共にするパートナーなので、気を遣わず自然体でいられる人を選びましょう。

    恋愛をしていると相手によく見られたいと思ってしまいますが、本来の自分の姿を良く見せてまで結婚生活を維持していくことはできません。

    一緒にいるときに気を遣わなくても会話が弾み、たとえ無言でも気を遣わず、自分の気持ちを素直に伝えられると感じるなら相性の良い相手です。

    また、あなたがコンプレックスに感じていることや人には知られたくないことをさらけ出せる関係であることも重要です。

    結婚生活を居心地の良いものにするために、ありのままの姿で自然体でいられる人を選びましょう。

    ポイント8. ケンカしても冷静に話しあえる

    ケンカをしても感情的にならず、冷静に話し合える相手であることは結婚相手を選ぶときにとても大事です。

    交際を続けていれば、必ずケンカをすることがあります。

    そのときに毎回冷静に話し合える相手であれば、結婚相手にふさわしいと考えて大丈夫です。

    しかし、相手がすぐに感情的になるタイプだったときは気をつけましょう。

    なぜなら、感情が爆発していずれ暴力に変わってしまうかもしれません。

    また、お酒が入ったときに、性格が荒くなってしまう人も注意が必要です。

    あなたが穏やかな結婚生活を送れるように、ケンカをしても冷静に話し合える穏やかな人を選びましょう。

    ポイント9. 体の相性が良い

    結婚は生涯付き合っていく相手なので体の相性も大切です。

    仲の良いカップルは年齢を重ね、長年一緒にいても「妻の体が飽きた」とは感じません。

    また、ケンカになってしまったときでも、仲直りの原因になることがよくあります。

    ちょっとした喧嘩が原因でそのまま関係がこじれてしまわないためにも、体の相性を軽視してはいけません。

    体の相性が悪くてセックスレスが続きどちらかに不満が募ると、離婚の原因になってしまうこともあります。

    そのため結婚相手を選ぶなら、体の相性も選ぶポイントに入れておきましょう。

    ポイント10.義両親や親戚とも仲良くできそうである

    結婚するとお正月やお盆、子供が生まれたときなど、ことあるごとに結婚相手の家族と関わることになるので、結婚相手の家族との相性は大切です。

    結婚生活を考えるとき、結婚相手の両親や親戚の関係は無視することができません。

    そのため、彼から聞く家族の話は参考にし、彼の家族に会ったときはどのような人なのかを必ずチェックしましょう。

    また、彼の両親が専業主婦だったのか、共働きだったのかについてもチェックすべきです。

    彼の家庭環境は将来結婚したときの夫婦感に影響してきます。

    したがって、彼の家族との相性や家庭環境を確認することは、結婚するならとても重要なのです。

    以上が、10個の結婚相手を決めるポイントでした。

    「結婚相手選びに失敗したらどうなるのだろう。。」なんて、不安に思っている人も多いはずです。

    結婚を前提に付き合う際の注意点については、こちらの記事もチェックしてください↓

    あなたが結婚相手選びに失敗しないように、もし失敗するとどうなるのかを確認しましょう。

    3.結婚相手選びに失敗するとどうなる?

    結婚後に選ぶ相手を失敗したと感じる人の結婚生活には、次のような変化があります。

    結婚相手を選ぶときのポイントを意識して結婚しても、結婚後に相手の本性が見えてしまうこともあります。

    結婚前は良い人だと思っていても、結婚後に二人の関係が悪化してしまうのは避けたいですよね。

    そこで結婚相手選びに失敗するとどうなるのかを知り、あなた自身は失敗しないように気を付けましょう。

    それでは、それぞれのケースについて順番に確認していきます。

    ケース1.結婚したら亭主関白に変わる

    恋愛をしているときは、彼女に気に入られようと良い彼だったのに、結婚すると亭主関白に変わってしまうことがあります。

    もし亭主関白の男性と結婚してしまうと、女性は疲れ果ててしまうでしょう。

    このような結婚後に亭主関白になる男性は、とにかく自分のことが一番大事だと思っています。

    結婚後に亭主関白になる男性の特徴は次の通りです。

    • プライドが高い
    • 父親が亭主関白だった
    • 女性に対する理想が高すぎる
    • 家事が全くできない

    彼にちょっとでもこのような傾向があれば、結婚後に亭主関白になってしまう可能性が高いです。

    もしあなたが亭主関白な男性が好きなら良いのですが、そうでなければ、このようなタイプの男性は避けた方が良いでしょう。

    ケース2.結婚後に彼がマザコンであることに気付く

    付き合っている間は気づけなかったけれど、結婚してみたら彼がかなりのマザコンだったというのはよくある話です。

    もし結婚相手がマザコン男子だったら、結婚後に姑の意見がいつも最優先されて、あなたの思い通りにならず不満ばかりの生活になってしまうでしょう。

    もし交際中の彼に「親が○○って言っているから」という母親の言うことを聞いているような発言があれば、彼はマザコンかもしれません。

    マザコン男子と結婚すると、夫が姑の意見にばかり従い夫婦関係や子供の教育方針に口を出されて意見が合わず、離婚することになってしまうことがあります。

    マザコン男子には既に「母親が1番!」と言う考えが根付いてしまっているので、考えを改めることは難しいです。

    次のような特徴のある男性はマザコンの可能性が高いので、付き合っている彼が当てはまったときは注意しましょう。

    • 彼女の料理に口出しをする
    • 恋愛相談を母親にしている
    • 母親からのプレゼントを必要以上に大事にしている
    • 母親の意見が全て正しいと思っている

    結婚相手がマザコンだと発覚したときは、割り切って結婚生活を続けるか、離婚するしかあなたが楽になる方法はないでしょう。

    ケース3.喧嘩が絶えない日々を送る

    結婚して一緒に暮らし始めると価値観が合わずイライラしてしまうことが増え、喧嘩が絶えなくなってしまうことがあります。

    たとえ、結婚前は程よい距離を保てていてあまり喧嘩をしなかったカップルでも、結婚後には喧嘩は増えやすいです。

    喧嘩になっても一方が逆ギレをしたり、無視を続けて話し合いができないと、一向に関係は改善せず「離婚したい」と思ってしまうようになります。

    うまく話し合いができなくても最初の頃は我慢できるでしょう。

    しかし、その不満が募ると、最後は気持ちが爆発してしまいます。

    結婚相手との相性が良くないと、夫婦喧嘩の結果としてスピード離婚してしまうことも少なくないのです。

    ケース4.結婚後すぐに離婚してしまう

    離婚を前提に結婚する人はいませんが、それでも結婚相手選びを失敗するとすぐに離婚してしまうことがあります。

    結婚前はお互いに愛し合い結婚生活にワクワクしていても、いざ結婚して現実的な問題に直面し、相手の真意を知ったときに「こんなはずじゃなかったのに」と、価値観にズレが生じてしまうのです。

    場合によっては、仲の悪いまま夫婦生活を続けるよりも、早く離婚し新たな生活を選択した方が人生を充実させられます。

    ただし、スピード離婚は世間体が悪いというデメリットもあるので注意が必要です。

    離婚するにしてもしないにしても、結婚相手選びに失敗してすぐに離婚するのは喜ばしいことではありません。

    そこで、結婚後に失敗だったと思うことがないように、結婚相手の決め方をクリアした彼が本当に結婚相手にふさわしいのかを見極める方法を見ていきましょう。

    4.彼が結婚相手にふさわしいかを見極める方法

    彼が本当に結婚相手にふさわしいのかを見極める方法は次の4つです。

    条件や直感で結婚相手を選ぶことも大切ですが、しっかりと現実的な部分を見て、彼の本性を見極めることも大切です。

    結婚相手選びに失敗しないように、彼との結婚が現実的になってきたら、一度彼との関係を冷静に見つめ直してみましょう。

    それでは、それぞれの方法について順番に確認していきます。

    方法1. 彼の家庭環境を知る

    彼の家庭環境は今後の結婚生活に大きく影響してくるので、彼がそれまでどのような家庭環境で育ったのかを知ることは大切です。

    • 食事や掃除などの生活習慣
    • 子育てへの考え方
    • 経済面
    • 両親が共働きかどうか

    この4つに関しては必ずチェックしましょう。

    結婚相手の育ちや家庭環境はできるだけあなたと近い方が、価値観が合いトラブルにもなりにくいです。

    たとえば、彼が礼儀作法に厳しい家庭で育った人なら、あなたのちょっとしたマナー違反が気に障り、あなた自身も2人でいると居心地が悪いと感じるようになるかもしれません。

    付き合っているときは意識していなかったことが、結婚後に明らかになることで次第にストレスへと変化してしまうのです。

    したがって、彼との結婚を意識し始めたら、彼が育った家庭環境を知り、本当に結婚相手としてふさわしいかどうかを確認しましょう。

    方法2.彼の友人関係を知る

    結婚すると彼とは他人ではなく家族になるので、彼がどのような人と交友があり、どう思われているのかを知る必要があります。

    特に確認しておきたいのはこの3つです。

    • 彼の今までの恋愛遍歴
    • 友達からの評判
    • 友達や職場の人との付き合い方

    彼が過去に交際した彼女と別れた理由やどんな付き合い方をしたかを知ることで、あなたが知らない彼の一面を知ることができます。

    また、仮に彼が友達の間ではお酒を飲むと暴力的になると思われていれば、酔っ払っているタイミングで喧嘩をしたときにあなたが暴力を振るわれるかもしれません。

    そして、彼が友達や職場の人からの誘いには必ずついて行くなら、子供ができて彼にも手伝ってほしいときにも誘われたら出かけてしまう可能性があります。

    もし彼がそのような人なら大変な思いをするのはあなたです。

    結婚相手を選ぶときは彼の交友関係もきちんと見るようにしましょう。

    方法3. 店員など第三者への態度を見る

    結婚相手を選ぶときは、彼があなた以外の第三者にどういう対応をしているのかを見ることも重要です。

    たとえば、彼と外食をしていて店員さんがミスをしてしまったときの反応を見てみましょう。

    このとき店員さんに怒ったら、結婚相手にするには危険です。

    あなたと彼が付き合っているときはラブラブで、何か問題が起きても彼は落ち着いて対応できると考えられます。

    しかし、結婚して何年も経ったときにあなたに対して店員さんへの対応と同じような態度を取られてしまうかもしれません。

    つまり、店員さんのような第三者のミスで怒る人は、結婚して何年も経ち2人の関係がラブラブではなくなったときに同じようなことをしてきます。

    そのため、結婚相手を選ぶときは、出かけた際の第三者のミスへの対応を見て、本当に結婚すべき相手なのかを見極めましょう。

    方法4. 試験的な同棲をする

    同棲は結婚相手にふさわしいかを見極める重要な手段です。

    同棲を1年すれば、彼のことがだいたいわかるので、結婚相手にふさわしいかが判断しやすくなります。

    もちろん人間なので欠点の1つや2つがあり、合わない部分もあるはずです。

    合わない部分も許容できる程度なら同棲生活を続けられ、結婚もできます。

    しかし、あまりにも価値観が合わず結婚相手としてふさわしくない人であることがわかれば、同棲生活を続けていても仕方ありません。

    そんなときは、きっぱりと早めに別れて、新たな道と進んだ方が良いでしょう。

    同棲生活は、そのように相手との結婚後の生活を判断するための大切な方法なのです。

    以上が、彼が結婚相手にふさわしいのかを見極める方法でした。

    ここまで結婚相手の決め方を見てきましたが、あなたの理想に完全に沿う相手を見つけるのは難しいです。

    場合によっては、少し妥協したほうが良い結婚相手が見つかることもあります。

    そこで、次は結婚相手選びの条件を意識しつつ、どこなら妥協しても大丈夫なのかを見ていきましょう。

    5.結婚相手に妥協しても良いところとは?

    結婚相手を決めるときに妥協しても問題がないのは、次の4つです。

    結婚相手にはあなたの理想を求めることは大切ですが、あまりに理想を求めすぎると結婚ができなくなってしまうので、ときには妥協も大切です。

    そうは言ってもできる限り理想に近い幸せな結婚生活を手に入れたいのが本音のはず。

    そこで、結婚相手を選ぶときに妥協しても問題のないところを知り、できるだけ理想に近い相手を見つけましょう。

    5−1.顔や体型

    顔や体型などの容姿は年齢とともに変化するものなので、結婚を決めるときにはある程度妥協しても大丈夫です。

    もちろん生理的に受け付けないレベルのルックスだと生活をともにするパートナーにするのは難しいでしょう。

    しかし、顔や体型よりも価値観が合う人を選んだ方が結婚生活はうまくいくはずです。

    容姿は完ぺきにタイプではなくても、価値観が合い、子育てや家事にも協力的であなたのことを大切にしてくれる人だと幸せな家庭を築けます。

    ルックスは良ければ良いほうが嬉しいものですが、多少の妥協は覚悟しておくべきです。

    5−2.ファッションセンス

    彼氏や夫になる人はおしゃれでいてほしいですが、ファッションセンスはいくらでも変えられます

    そのため「性格はすごく良いけどファッションがダサすぎる。。。」と思っても、価値観の合う人であればそこは妥協しましょう。

    そして、後から彼をあなたの好みの男性へと変えてしまえば良いのです。

    したがって、婚活をするときはパッと見て「ダサいから無理!」ではなく、少し会話をして出会った相手のことを知るように心掛けると良いでしょう。

    気が合うようであれば、相手に合った服を選んであげれば問題ありません。

    5−3.住む場所

    「今まで都会で生活してきたから田舎には引っ越したくない!」と考えていても、いざ引っ越してみれば居心地がよく「住めば都だった」と感じることがあります。

    今まで都会で生活していた女性が田舎へ行くと、都会のような便利さがなく物足りないように感じるかもしれません。

    しかし、住めば田舎には田舎の良さがあることに気付くはずです。

    反対に、今まで田舎に住んでいた人は都会での暮らしの便利さを気にいることもあります。

    生活する上で大切なのは、どこに住むかよりも誰と住むかです。

    したがって、他の相性が良いなら結婚を決めるときに住む場所を妥協しても問題ありません。

    5−4.相手の職業

    結婚相手の職業は気になることですが、相手がその仕事を一生するとは限らないので、あまり気にしすぎる必要はありません

    そうは言っても、相手の年収や役職、安定性は結婚する上で気になることでしょう。

    ただ、最近は終身雇用制度は薄れており、転職することが一般的です。

    中には、結婚や子供ができたことを機に、今までも良い職場に転職する人も多くいます。

    もしも彼があなたの望む職業に今ついていないなら、すぐに転職をしてもらうのは難しいかもしれません。

    しかし、これからの結婚生活をより良いものにできるようにお互いの職業について話し合い理解し合える関係になることが何よりも大切です。

    以上が、結婚相手を選ぶ際に妥協をしても良い部分でした。

    「結婚相手の決め方はわかったけれど、出会いがない!」という人もいるはずです。

    結婚相手の決め方を理解したところで、最後に出会うためにとるべき行動を確認しましょう。

    6.理想の結婚相手に出会うためには出会いの場を増やすべき!

    理想の結婚相手に出会いたい人は、まず出会いの数を増やしましょう

    社会人になると出会いの数は減っていくことが多いです。

    「出会いが少ない」と感じている人は、積極的に行動するところから始めてください。

    そのためにするべきことは出会える場所に行って、積極的に参加することです。

    異性と出会える場所には次のようなものがあります。

    • 街コンや婚活イベント
    • 相席居酒屋や相席ラウンジ
    • マッチングアプリ
    • 結婚相談所

    最近はマッチングアプリが使いやすく人気です。

    たとえば、pairsがあります。

    (引用:Pairs(ペアーズ) – 恋愛・婚活マッチングアプリ

    pairsは、毎日約5,000人が登録しているくらい人気なアプリです。

    他の人気アプリは20,000人〜35,000人程度の登録者数がほとんどですが、Pairsの登録者数は150,000人を超えています!

    また、約100,000ものコミュニティがあり、「イタリア料理好き」「海外旅行が好き」などのように価値観が同じ人を見つけやすいです。

    登録者数の多さとコミュニティ機能によって、良質な出会いをたくさん手に入れることができます。

    アプリ名Pairs
    運営会社株式会社エウレカ
    公式URLhttps://www.pairs.lv
    有料会員の費用3,480円/月〜

    また、相席居酒屋や相席ラウンジを使う人も増えています。

    たとえば、『オリエンタルラウンジ』です。

    (引用:相席ラウンジバーオリエンタルラウンジ

    気楽に男性と一緒に飲むことができるので、ぜひ一度行ってみてください。

    お酒の席なので会話も弾みやすく、その場で気が合えば他のお店でそのまま飲みなおすこともできます。

    あなたが今までしてこなかったところへ出向くことで、新たな出会いがあるはずです。

    6−1.出会いの場を増やしても条件は見失わないように!

    いろんな場所に行って出会いが増えても、あなたが理想としている結婚相手の条件を見失ってはいけません

    多くの人と出会っているとだんだんと適当になってしまい、「この人でいいか!」となってしまうことがあります。

    そうなってしまうとせっかく出会いの数を増やしたのに、結局良い相手ではなかったという残念な結果になりかねません。

    したがって、いくら出会いが増えたからといって、あなたが理想とする条件を見失わず、本当に幸せな結婚生活を実現できそうな彼をゲットしてください

    慌てて結婚相手を決めてしまうと、すぐに離婚することになりかねません。

    結婚相手を決めるときに大事なことは、あなたがどのような結婚生活を理想としているかです。

    あなたの理想の結婚生活をしっかりと考え、それを実現できそうな相性の良い人を見つけましょう。

    まとめ

    結婚相手は、生涯を共にするパートナーなので後悔はしたくないはずです。

    10個のポイントを結婚相手を決めるときの参考にしてください。

    恋人関係だったときのようにお互いに好きな気持ちが大切ですが、それだけでは成り立たないのが結婚生活です。

    良いと思える人に出会ったら本当に結婚にふさわしい人かをしっかりと見極め、後悔のない結婚をしましょう!

  • 関連記事

    1. 彼女は諦めたほうが良い?諦める前に後悔しないための行動をとろう!

    2. 都合のいい女になっていない!?キープ女から本命彼女に昇格する方法

    3. デートに最適な靴はどれ?ヒールの高さや雨用まで細かく解説します!

    4. セックスレスの原因は?妻たちの回答と夫にできる対応策6つ

    5. 婚活に失敗しがちな男性のパターン7選!原因と対策を解説します!

    6. 一緒に寝ると彼氏と仲良くなれる!ラブラブなカップルになる方法とは?

    7. 合コン後の連絡は何を送ればいい?一人勝ちできるモテLINEはコレ

    8. 色気を出すには服装選びが鍵だった!正解のファッションとは?