出会いがない大学生必見|恋人を見つけ恋愛したいならきっかけを得よう

出会いがない大学生必見|恋人を見つけ恋愛したいならきっかけを得よう

「大学生になったら恋人が欲しい!」と、誰しも一度は思ったことがあるのではないでしょうか。

しかし、いざ恋人を見つけたくても、どうやって異性と出会えるのかが分からない…。

この記事は、大学生が恋人を作るために出会える場所を紹介します。

単に出会うだけでなく、恋人を作るためのアクションも合わせてお話するので、ぜひご覧になってください。

恋人を作って、素敵なキャンパスライフを送りましょう。

1.出会いがない大学生が今からすぐに見つけられる出会いの場14選

出会いがない大学生が今からすぐに見つけられる出会いの場14選

さっそく恋人が欲しい大学生に向けて、出会える場所を紹介します。

恋人が見つかる出会いの場は、以下の14個です。

  1. 大学のサークル・部活
  2. 出会いの多いインカレ
  3. 開催される合コン
  4. すぐ使えるSNS
  5. 同窓会や成人式などの催し
  6. アルバイト先
  7. 通っているゼミ
  8. インターンシップ
  9. ボランティア活動
  10. 習い事
  11. 友達の紹介
  12. 免許合宿
  13. 留学
  14. 就活

順番に見ていきましょう。

出会いの場1.大学のサークル・部活

大学での恋人を作りたいなら、まずサークルや部活に所属しましょう。

一緒に活動を行う中で、自然に異性と仲良くなりやすいからです。

大学のサークルや部活には、運動系から文化系まで幅広くあります。

自分が興味のあるサークルに入れば、活動を楽しみながら恋人探しができるでしょう。

ただし、男女比はサークルによってまるで違います。

入ったものの、どちらかに比率が偏っていた場合、全然出会えないなんてことも。

ですので、まずは体験でいろいろなサークルを回ってみるのがおすすめです。

多くのサークルや部活は体験入部をおこなっているので、サークル内の雰囲気や男女比を見てみてください。

その上で気になったサークルがあれば、本入部しましょう。

出会いの場2.出会いの多いインカレ

サークルなら、インカレもおすすめです。

インカレとはインターカレッジサークルの略で、複数の大学で集まって活動しているサークルのこと。

インカレに所属すれば、大学内のサークル以上に多くの出会いがあるでしょう。

インカレの種類は、大学内サークルと同じで運動系や文化系などさまざまです。

なので、自分が興味のあるインカレに参加しましょう。

出会える異性の数も多くなるので、人によってはすぐに恋人ができるかもしれません。

しかし、インカレには注意点もあります。

複数の大学が集まっているため、活動場所によっては毎回交通費がかかるでしょう。

また、活動しようとしても、皆の予定が合わず活動頻度が少なくなってしまうことも。

そのため、インカレで出会いを求めるならば、開催場所や開催頻度を確認するようにしましょう。

自分が参加しやすく、人も多いインカレを探してみてください。

出会いの場3.開催される合コン

大学生が出会う際の定番と言えば合コンです。

男女ともに出会いたい人たちが集まっているので、交際に発展しやすいでしょう。

しかも、多くの人と一気に出会えるため、気に入った子を探しやすいメリットも。

ですので、合コンが開催されるなら積極的に参加してみてください。

そのためにも自分の人脈を広げておくか、交友関係の広い友人と仲良くなっておく必要があります。

自分の人脈を広げておけば、あなた自身が合コンを主催できます。

また、自分が合コンを開催できなくとも、交友関係の広い人と仲良くなっておけば合コンを開いてくれるかもしれません。

なので、大学内の交友関係は広げておきましょう。

運が良ければ、1回の合コンで素敵な異性との出会いがあるかもしれませんよ。

出会いの場4.すぐ使えるSNS

あなたは普段から、SNSを使っていますか?

TwitterやInstagramなどのSNSを利用していたら、それらは出会いの場に変わるでしょう。

SNSを活用すれば、人と出会うのに費用がかかりません

同じ趣味の人や話が合いそうな人に、自分からリプライやDMをしてみましょう。

相手の反応が良く、話が盛り上がればご飯に誘えるかもしれません。

一方で、SNSのデメリットは相手の素性がわからないこと。

どれだけ話が弾み、意気投合したとしても、相手が本当のことを話しているのか、確かめる術はないのです

なので、SNSで出会いを求めるなら、相手の素性には十分に注意しましょう。

出会いの場5.同窓会や成人式などの催し

同窓会や成人式の催しをきっかけに、出会うケースもありますよ。

成人式で中学・高校時代のクラスメイトと再会したり、それがきっかけで同窓会がおこなわれたり。

数年とはいえ、久しぶりに会ってみると驚くほど雰囲気が変わっている人がいます

それが昔は気にもしていなかった人であれば、そのギャップから余計に気になる存在になってしまうかもしれません。

ですので、同窓会や成人式で気になる人がいれば、積極的に声をかけてみましょう。

そうした催しのときはお祭り気分になっていることもあって、話も盛り上がりやすいはず。

逆にその機会を逃してしまうと、後から別の友人経由で連絡先を聞くなど手間がかかってしまうかも。

知っている相手とはいえ、一期一会の気持ちをもってチャンスを逃さないようにしましょう。

出会いの場6.アルバイト先

大学生になれば、アルバイトを始める人もいるでしょう。

アルバイト先も、大学生にとっては大きな出会いの場になりますよ。

あなたの周りでも、バイト先の先輩と付き合っているなんて人の話を聞いたことがありませんか?

アルバイトも人と過ごす時間が比較的長い場所なため、親密になりやすいわけです。

たとえば、同僚や先輩、または後輩と恋に発展するかもしれません。

もしくはそのアルバイトが接客業なら、お店にきたお客さんと恋人になることもあり得ます。

ただし、アルバイト先で出会いを探すなら、まずは目の前の仕事ができていることが大切

ろくに仕事もできていないのに、やたらと人に話しかけていたら「まずは仕事をきっちりやって!」と思われてもおかしくありません。

そんなネガティブな印象を持たれては、関係性を発展させるのは難しくなるでしょう。

それに仕事ができる人は、格好良く見えるもの。

目の前の仕事をきっちりこなしていれば、その姿に魅力を感じて相手からアプローチを受けられるかもしれませんよ。

出会いの場7.通っているゼミ

サークルと同様に、カップルが誕生しやすいのがゼミです。

ゼミとは、専門分野について少人数で学べる授業のこと。

少人数で勉強していくので、自然と距離感が縮まりやすいわけです。

また、ゼミによっては合宿や飲み会もあるので、そうしたイベントを通して仲を深めていく人たちもいるでしょう。

ですが、ゼミによって男女比が全く異なる点もサークルと同じ。

多くのゼミは大学の3年生から始まり、その際は各ゼミで説明会がおこなわれます。

ゼミで出会いを求めたい人は多くの説明会に参加して、雰囲気や男女比を見ておくと良いでしょう。

出会いの場8.インターンシップ

インターンシップも出会いの場として活用してみてください。

インターンシップは職場体験のことで、学生が興味のある企業で実際に働きます。

インターンシップは1日で終わるものから、数ヶ月や年単位におよぶものも。

言わずもがなインターンシップの期間が長いほど、その職場で一緒に過ごす人たちと仲良くなれるでしょう。

同じインターンシップを受ける学生はもちろん、受け入れ先の企業の人と恋愛関係になるかもしれません。

しかしながら、自分以外でどんな人たちがインターンシップを受けるかはわかりません。

場合によっては、全く出会いがないなんてこともあります。

また、アルバイトと同じで、一番大切なのはきちんと仕事をこなすことです。

やるべきことをやらずに出会いばかり求めていたら、あなたの評判が悪くなるだけでしょう。

出会いの場9.ボランティア活動

大学生が出会いを求めるなら、ボランティア活動をしてみてはいかがですか?

就活に活かせるとの考えから、ボランティア活動をしている大学生は少なくありません。

ボランティアという共通の目的があるので、初めて会う人同士でも話しやすいでしょう。

サークルやゼミと同じく、1つの物事に一緒に取り組むことは、相手との距離感をぐっと近づけてくれます。

インターネットで「大学生 ボランティア」で検索すると、簡単に募集中のボランティアが出てきますよ。

気になるボランティアがあれば参加して、経験と出会いを見つけに行ってみてはいかがでしょうか

出会いの場10.習い事

習い事をしている人がいれば、その場にも目を向けてみてください。

あなたが気づいていないだけで、素敵な出会いがあるかもしれません。

習い事は同じ趣味や共通の目的を持つ人が集まるので、仲良くなりやすい場と言えるでしょう。

料理教室やテニス教室、ダンスや英会話など習い事はさまざま。

すでに通っている人は気になる人がいないか、探してみましょう。

通っていない人は自分の趣味や興味があることで、こうした教室などの習い事がないか調べてみてください。

もし教室があったら、思い切って参加してみましょう。

趣味を楽しみながら、素敵な出会いを探せます。

出会いの場11.友達の紹介

友達からの紹介も、積極的にお願いしていきましょう。

仲の良い友達ならあなたの性格や価値観をわかってくれているので、きっと相性の良い人を紹介してくれるはずです。

また、友達の紹介であれば事前に相手の容姿や性格を教えてもらえるため、違うなと思ったら断ることもできますよ。

その反面、友達の紹介だからこそ断りづらいときがあるでしょう。

人と実際に会ってみたら、思っていたイメージといまいち違うなと感じることがありますよね。

友達からの紹介の場合、せっかく紹介してくれたことを考えて、何回かは会うといった気遣いが必要になることも。

なので、そうしたミスマッチを防ぐためにも、紹介をお願いする友達はできる限り付き合いが長く、あなたのことをよく知っている人にしましょう。

そうすれば、まるで相性が合わない人を紹介される可能性は低くなるはず。

出会いの場12.免許合宿

自動車の免許合宿から始まる出会いもあります。

2週間の免許合宿は、1つ屋根の下で男女が過ごすこともあり、カップルが生まれやすいそうです。

実際、2週間の合宿期間中にカップルになった人たちもいるほど。

また、人によっては合宿中は友達として仲良くなり、卒業後に付き合い始めたなんて人もいます。

たかが2週間、されど2週間。

短い期間とはいえ、同じ空間で過ごすことは一気に男女の仲を近づけてくれますよ

免許合宿という限られた時間を、有効に使ってみてはいかがでしょうか。

出会いの場13.留学

人によっては大学生のうちに、留学する人もいますよね。

こうした留学も出会いの場になりますよ。

留学は外国人との出会いかと思いきや、日本人とも出会える場所。

故郷から離れている不安から、留学中の日本人同士で恋人になることがあります。

留学という非日常的な状況が、より恋愛の気持ちを後押ししているのかもしれません。

もちろん現地の外国人女性とも、付き合うチャンスはあるでしょう。

ただし、現地の外国人女性と付き合っても、留学中だけの関係になりがちです。

自分が帰国した後は、物理的な距離からどうしても関係を維持することが難しくなるから。

また、それは日本人と付き合っていた場合も同じで、カップルによっては帰国後は遠距離恋愛になってしまい、自然消滅する可能性もあるでしょう。

出会いの場14.就活(予備校・資格講習含む)

就活も出会いのチャンスがありますよ。

ここで言う就活は、何も合同説明会のような就活イベントのことだけではありません。

予備校や資格講習の場も、就活における出会いの場に含まれます。

資格講習であれば、同じ職業を目指して頑張っている人が多くいるでしょう。

共通の目標を持って頑張っていることは、異性との距離感を縮めます。

お互いに支え合って目標に向かうことで、いつしかその人が大切な存在になっているかも。

不安が多い就活だからこそ、周りに目を向けてみてください。

あなたが支えたいと思う人や、あなたのことを支えてくれる人がいるかもしれません。

ここまで一気に大学生におすすめの出会いの場を紹介しました。

しかし、出会いの場に足を運んでいても、一向に恋人ができない人がいます。

そんな人はもしかしたら、出会いがない大学生にありがちな失敗をしているかも…。

2.出会いがない大学生にありがちな失敗・あるある

出会いがない大学生にありがちな失敗・あるある

「出会いの場には行ってるけど、全然恋人ができない…」

こんな悩みを抱いている人は、次に紹介するありがちな失敗を犯してしまっているかもしれません。

  1. 身だしなみを整えていない
  2. 理想のハードルが高い
  3. 考えすぎで動けない
  4. 自分の話ばかりで相手を見ていない
  5. イベントごとばかり見ている

順番に詳しくお話します。

①身だしなみを整えていない

あなたはしっかり身だしなみを整えていますか?

身だしなみを整えていない人は、それだけで相手に悪い印象を与えてしまいます。

心理学の法則の1つ「メラビアンの法則」によれば、人が相手から受ける印象の約5割は目から入る情報とされています。

つまり、人は見た目によって、受ける印象が大きく変わってしまうわけです。

露出が多くチャラそうな見た目、寝癖だらけの適当な髪型、ネックレスやアクセサリーだらけの怖そうな雰囲気。

こうした身だしなみは相手にネガティブな印象を与えてしまうため、それによって出会いを遠ざけている可能性があるでしょう。

ですので、出会いの場に出ているのに恋人ができない人は、自分の服装を思い返してみてください

あなたに恋人ができないのは、見た目が原因かもしれません。

②理想のハードルが高い

理想のハードルが高いことも、恋人ができにくくなる原因の1つ。

恋人が欲しい人の中には、無意識に相手に求める理想を高くしてしまっている人がいます。

髪型や色、体型、顔のタイプなどの容姿から、性格や価値観まで。

こうした条件が厳しいほど、それを満たす人が見つけづらくなります。

その結果、出会いはあるのにいつまで経っても恋人ができないわけです。

「別に条件なんて決めてないけど…」

そう思う人は、一度紙などに恋人に求める条件を書き出してみてください。

もしかしたら、無意識のうちに条件を設定している可能性も。

仮に細かく条件を設定していることがわかったら、3つくらいまでに絞り込みましょう

そこまで絞り込めば、条件に一致する人が多く見つかるはずです。

③考えすぎで動けていない

人によってはそもそも行動が足りておらず、恋人ができないパターンもあります。

マッチングアプリやSNSを使って、相性の良さそうな人を探す。

恋愛のハウツーを検索して調べる。

このように事前準備はたくさんするのに、一向に異性にアプローチしない人がいます。

当然ですがいくら知識を蓄えて準備を整えても、それを行動に変えなければ恋人はできません。

世の中にはたくさんの異性がいるわけですから、その中に相性の良い人がいればそうでない人もいます。

それなのに傷つくことを恐れて、アプローチすることを避けていれば、いつまでも準備のままで終わってしまうでしょう。

もしあなたが失敗を考えすぎて動けていないのであれば、まずは行動することだけを考えてみてください。

行動したときに、その不安はきっと消えるはずです。

④自分の話ばかりで相手を見ていない

人と話すとき、あなたはしっかり相手の話を聞けていますでしょうか。

話すのが楽しくて、時々自分ばかり一方的に話している人がいます

ですが、あなたが自分の話をしたいように、相手も自分の話をしたいのです。

自分も話をしたいのに、相手ばかりが話をしていたら退屈に感じますよね。

なので、人と会話するときは、きちんと相手にも目を向けましょう

相手が楽しんでいるか、話したいと思っていることはないか、表情を伺ったり話を振ったりしてみてください。

あなたが聞く姿勢を持てば、きっと相手はいろいろな話をしてくれますし、その場を楽しい時間だったと感じるはずです。

そして、あなたのことを「人の話をしっかり聞いてくれる素敵な人」だと思ってもらえるでしょう。

会話はスピーチのように一方的に自分が話す場ではありません。

相手とのキャッチボールを意識して、話してみてください。

⑤イベントごとばかり見ている

恋人ができない人の中には、運命的な出会いを探している人がいます。

学園祭などのイベントで偶然の出会い、インターンシップ先での奇跡的な出会いなど。

まるで漫画のようなロマンチックな出会いを求める人がいますが、そうした出会いはそうそうありません

確かにイベントごとでの出会いは運命的ですし、そんな出会いに憧れる人がいることもわかります。

しかし、元々機会が少ないイベントで、さらに確率の低い運命的な出会いを求めていたら、恋人ができるわけもありません。

ですので、イベントだけに限らず日常から出会いを見つけましょう

サークルやゼミ、アルバイト先など、あなたの周りには出会いが溢れています。

そうした身近なところに、素敵な出会いがあるだけでも運命的ではありませんか?

イベントに出会いを求めるのが悪いわけではなく、日常からも出会いを探しましょう。

以上が出会いがない大学生のありがちな失敗についてでした。

自分に当てはまるものはありましたか?

それでは逆に、出会いを増やすためにできることはあるのでしょうか。

3.出会いのない大学生が恋愛するためにできること

出会いのない大学生が恋愛するためにできること

出会いがない大学生の失敗と原因は、おわかりいただけたかと思います。

それでは大学生が出会いを増やし、恋愛をするためにできることは何かあるのでしょうか

以下の5つに分けて紹介していきます。

  1. 自ら話しかける
  2. 友達の紹介も視野にいれる
  3. 自己肯定感を高めて自信を持つ
  4. 出会いの場を複数持つ
  5. 時期を考えて動く

いずれも大切なアクションですので、ぜひ参考にしてみてください。

アクション1.自ら話しかける

もっとも大切なアクションは、異性に自ら話しかけることです。

先ほどもお話しましたが、自らアプローチしなければ恋愛関係には発展しないから。

出会いも恋人もあなたが待っていたところで、相手からはやってきません。

自分が行動し、その存在に気づいてもらうほかないわけです。

もしかすると、自ら話しかけられない人は、自分の中で話しかけることのハードルを上げてしまっているのかもしれません。

話しかけることは、何もいきなり深い話をすることではありませんよ。

最初は軽い挨拶からでも良いのです。

少しずつ言葉を交わし、慣れてきたら徐々に会話を深めていけば良いだけ。

そのためにも、最初の一声はあなたがかける必要があります。

ハードルを高くし過ぎず、まずは気軽に挨拶から始めてみましょう。

アクション2.友達の紹介も視野にいれる

友達の紹介も視野に入れましょう。

友達はあなたの人柄を知っているので、きっと素敵な人を紹介してくれます

「友達に紹介をお願いするのは恥ずかしい…」

こう思う人もいるかもしれません。

ですが、あなたが本気で恋人を欲しいと思っているなら、取れる手段は積極的に活用しましょう。

合コンのような見知らぬ人同士が出会うことに比べれば、相性の良い人と出会える可能性が高いので、恋愛関係にも発展しやすいはずです。

また、紹介してもらうことについて「合わない人だった場合、断りづらい…」と不安を抱く人もいるでしょう。

しかし、その場合は正直に友達に伝えてください。

あなたが合わないと思っているのに、無理してまで会ってほしいとは友達も思わないはずです。

いくら仲の良い友達とはいえ、必ずしも相性の良い人を紹介できるとは限りません

そのときは縁がなかっただけと思って、次に進みましょう。

いずれにしても友達の紹介は、良い出会いを増やす大きな機会の1つ。

積極的にお願いしてみてください。

アクション3.自己肯定感を高めて自信を持つ

大学生が恋愛をするなら、自己肯定感を高めて自信を持つことも大切。

自信はあなたの行動を後押しする原動力になってくれます。

「行動が大事!」「自ら話しかけよう!」

こんな風に言われても、やはり不安なものは不安ですよね。

相手に拒否されたらどうしよう、上手くいかなかったら嫌だな…。

こうしたネガティブな感情が出てくるのは当然です。

ですが、それと同時に行動しなければいけないことも、あなたはわかっているはず。

だからこそ、自己肯定感を高めて自信を持つことが大切なわけです。

自己肯定感が高ければ、たとえ上手くいかなかったとしても「縁がなかっただけだな」と前向きに気持ちを切り替えられます

自信を持てば、「自分ならできる!」と思い切って声をかけられるでしょう。

そのために大切なことは「自分なんてダメだ…」と思わないこと。

ネガティブ思考は、それだけであなたから行動力を奪っていきます。

もし上手くいかなったとしても、そういうときもあるとポジティブに捉えてみてください。

何より1度でも行動できれば、その経験がまたあなたの背中を押してくれるでしょう。

アクション4.出会いの場を複数持つ

出会いの場は、複数持つようにしてください。

出会いの場が多ければ多いほど、あなたの恋人となる異性に出会える可能性も高くなるからです。

たとえば、サークルやゼミなど大学内の出会いしかない人は、インカレやボランティアに参加してみる。

アルバイト先や合コンなど外での出会いが多い人は、マッチングアプリを使ってさらに出会いの幅を広げるなど。

できる限り出会いの場は複数持ち、広げるようにしましょう。

出会いの場が広いほど多くの人に出会えますし、あなた自身にもプラス効果があります。

同性・異性関係なく知らない人と出会うことは、新しい価値観に触れられますし、単純にコミュニケーション能力を上げることにもつながるでしょう。

人と出会って自分が魅力的になるほど、異性との素敵な出会いも増えていきます。

ですので、出会いの場はどれか1つに集中するのではなく、複数持つようにしてください。

アクション5.時期を考えて動く

大学生が恋人を探すなら、時期を考えて動きましょう。

そうでなければ、せっかく話しかけても嫌がられて終わってしまうからです。

たとえば、テスト期間などは大学生にとっては非常に忙しくなる時期ですよね。

その期間に勉強そっちのけで、話しかけてくる人がいたらどうでしょう?

正直に言って、鬱陶しいと感じるのではないでしょうか。

第一印象でマイナス印象を持たれてしまったら、その後どれだけ落ち着いている時期に話しかけても、上手くいかない可能性が高くなってしまいます。

なので、恋人を探すなら時期を考えて動きましょう。

新しい学期が始まって、少し落ち着き始める5月や10月頃がおすすめです。

独りよがりの行動は煙たがられます。

相手の気持ちや状況に心を配って、行動するようにしましょう。

大学生が出会いを増やし、恋愛するためにできるアクションは以上です。

ここで紹介したアクションをもとに、行動していきましょう。

しかし、紹介した情報が多すぎて、何から始めたら良いか迷う人もいますよね。

そんな人に向けて、次は男女別に恋人の作り方をお話します。

4.男女別|出会いのない大学生の彼氏・彼女の作り方

男女別|出会いのない大学生の彼氏・彼女の作り方

ここまで出会いの場や恋人を作るためのアクションをお話しました。

しかし、結局のところ恋人を作るために、何から始めれば良いのかわからない人もいるのではないでしょうか。

そんな人に向けて、男女別に彼氏・彼女の作り方をお話します。

  1. 男性なら身近な出会いから段階的に
  2. 女性ならマッチングアプリを並行して

どのように行動していけば良いか、順番に見ていきましょう。

男性なら身近な出会いから段階的に

男性なら、まずは身近な出会いから恋人を探してみましょう。

身近な出会いとは、サークルやゼミ、インカレ、アルバイト先など自分の日常生活に近い出会いのこと。

男性は合コンやマッチングアプリなどに行くと、女性より多めにお金を払うことが多くあります。

社会人ならともかく、大学生の身で頻繁にお金がかかる出会いは、金銭的にも厳しいものがありますよね。

ですから、まずは身近なところから出会いを探していきましょう。

身近なところで出会いが見つからなければ、次はボランティアや習い事など段階的に出会いの場を広げてみてください。

これならば無理なく出会いを増やしていけますし、お財布にも優しいはずです。

恋人が欲しいあまりに生活が苦しくなってしまっては、元も子もありません。

なので、男性は段階的に、出会いの場を増やしていきましょう。

女性ならマッチングアプリを並行して

一方で女性は、最初から複数の出会いの場を並行して進めていきましょう。

マッチングアプリなどは女性無料のものも多いため、効率良くたくさんの男性とつながれます。

また、女性は受け身になりがちな人も多いため、自らアプローチしていきましょう。

女性の中には「デートの誘いは男性から」や「告白は男性からしてほしい」と思っている人がいますよね。

繰り返しになりますが、待っていても出会いはやってきません。

恋人がほしいと思うなら、出会いを求めて自分で行動するしかないわけです。

その点でもマッチングアプリは便利なツールと言えるでしょう。

家にいながら簡単に男性にアプローチできるわけですから、積極的に活用したいところです。

ただし、あくまでも複数の出会いを並行して使っていきましょう。

マッチングアプリを使うからといって、サークルやゼミの出会いをなくす必要はありません。

女性はマッチングアプリと身近な出会いを並行して、行動するようにしてください。

とはいえ、これだけおすすめするマッチングアプリですが、今はたくさんのアプリがありますよね。

一体どれを使えば良いのでしょうか?

5.出会いのない大学生が普段から使っておきたいアプリ3選

出会いのない大学生が普段から使っておきたいアプリ3選

今の時代は、マッチングアプリという強力な出会いの手段があります。

しかし、マッチングアプリと一口に言っても、その種類はさまざま。

ここではそんなアプリの中から、おすすめを3つ紹介します。

  1. ペアーズ
  2. いきなりデート
  3. ハッピーメール

どれか1つでも構わないので、ぜひ活用してみてください。

アプリ1.ペアーズ

ペアーズ

Pairs(ペアーズ)は、利用率No.1を誇る恋活・婚活マッチングアプリです。

年齢や居住地、結婚の意思など、豊富な検索機能から理想の女性を探せます。

その他にも、ペアーズにはコミュニティ機能という特徴も。

「アウトドア好き」や「アニメ好き」など、興味のあるコミュニティに参加すれば、自分と趣味や性格の合う人が探しやすくなります

2019年には累計会員数が1000万人を突破し、現在も毎日約8000人ずつ登録者数が伸びているので、多くの異性の中から恋人を探したい人におすすめです。

忙しくて出会いに時間が割けない人は、ペアーズを使って効率よく出会いを探しましょう。

アプリ名 Pairs(ペアーズ)
運営会社 株式会社エウレカ
公式URL https://www.pairs.lv/
利用料金 女性:1ヶ月2,990円(税込)
男性:1ヶ月3,590円(税込)

アプリ2.いきなりデート

いきなりデート

いきなりデートは、その名の通りメッセージのやり取りなく、いきなりデートができてしまうアプリです。

デート希望日を選ぶと、AIが自動でマッチングします。

デート相手だけでなくお店まで自動で決まるため、後は当日指定の場所に行くだけ。

いきなり食事デートから始められてしまうわけです。

デートの約束を取り付けるまでのやり取りが発生しないため、とりあえず会って話したい人にはおすすめのアプリでしょう。

当日までどんな人が来るのかわからないなんて、何だかワクワクしますよね。

アプリ名 いきなりデート
運営会社

コネクト株式会社

公式URL https://ikinaridate.com/
利用料金 女性:1ヶ月2,980円(税込)〜
男性:1ヶ月4,800円(税込)〜

アプリ3.ハッピーメール

ハッピーメールは、累計登録者数が2,500万人を超えるマッチングサイト

彼氏探し・婚活・暇つぶし・遊び相手など、さまざまな目的に応じた出会いが期待できるサイトです。

Webサイト上での利用がメインですが、公式アプリも出ています。

そのため、スマホしか持っていない人でも手軽に利用できるでしょう。

ハッピーメールは、女性なら無料でメッセージのやり取りができます。

まずは友達から始めたい人や単純に話し相手が欲しい人などは、相手を探しやすいサイトといえるでしょう。

なので、まずは気軽な出会いから探したいなら、ハッピーメールがおすすめです。

アプリ名 ハッピーメール
運営会社 株式会社アイベック
公式URL https://happymail.co.jp/
利用料金 女性:無料
男性:ポイント購入でサービス利用 ※最低1,000円〜

まとめ

ここまで、大学生に向けた出会いの方法についてお話してきました。

出会うまでのイメージはついたでしょうか?

ここで紹介した出会いの場は、誰しもいくつかは持っている場所のはず。

まずはすでにある出会いの場で、良い人がいないか探してみてください。

もしいなければ、新しい場所に飛び込んでみましょう。

その一歩が、あなたの恋人になるであろう人との出会いにつながります。

関連記事

  1. 結論:相席屋にサクラはいません。そう言い切れる理由とは?

  2. 札幌で成功しやすい婚活方法5選!年齢別に紹介【地域限定情報あり】

  3. 性欲が強い女性の9つの特徴と性事情を赤裸々に紹介

  4. 名古屋駅の相席屋ってどうなの?本当に出会えるおすすめを徹底解説!

  5. 20代の出会いの場29個を徹底解説!出会える趣味も紹介

  6. スイッチバーに出会いあり!出会うためのポイントと注意点を徹底解説

  7. 三宮で楽しい夜を過ごすならここ!三宮の相席ラウンジ4店を徹底解説

  8. JIS難波は1人でお持ち帰り可!大阪の人気相席ラウンジの評判は?

フェリ恋 フェリーチェについて フェリーチェについて 恋愛四季報の本 恋愛四季報の本