セフレと便利な関係を続ける裏ワザ!コスパ最強のキープ術

目次

セフレの定義ってなんでしょうね?
SEXアリ、束縛ナシ、便利な関係、めんどくさくない。
それって最高な関係♡となるはずなんですが、現実はセフレに束縛されたり、メンヘラ攻撃を受けたりと、そう甘くない。
セフレからこんなLINEが来てしまうなら、要注意
「ねえ、私は〇〇くんにとってどんな存在?」
「結局遊びだったの..?」
「LINEみたら電話して。話したいの」
こんなこと言われるならぶっちゃけめんどくさいし、できることならセフレだとバレたくもないでしょう。
そんなことが可能であるか?
もちろん可能です。
ズバリ、セフレとの関係を良くするも悪くするもやり方次第です。

この記事で伝えたいこと

  • セフレと良好な関係を保つポイント
  • セフレがめんどくさい原因
  • 関係が長く続く付き合い方

最適な方法で、少しの行動を起こせば相手の女性の言動は変わっていくもの。
今回はどこよりもリアルで実践的なセフレとの関係を続ける方法をお伝えしていきます!

1.セフレ関係を良好に保つには?


まずセフレ関係を良好にするための4つのポイントをご紹介しましょう。

  • 相手選びは慎重に
  • 善悪の一線を超えない
  • 過度な要求をしない
  • 引き際を見極める

①「相手選びは慎重に」
ヤバイ相手は選ばない!これが最重要。
女性を見る目を養うことで大体のトラブルは回避できます。
②「善悪の一線を超えない」
不倫or彼氏持ちと知っていてSEXする、合意なく無理矢理関係を持つなどは当然NGです。
トラブル発生の元になりますのでやめましょう。
③「過度な要求をしない」
基本的なことですが、セフレに対しワガママすぎる過度な要求をしないこと。
深夜に今から来てくれと言うなど、相手の都合を無視し続けたり自分優先な態度を取り続けると、やがてトラブルが発生します。
④「引き際を見極める」
終わりのタイミングは相手の女性にまかせるというのも大事。
無理に引き止めることで相手の不満を爆発させてしまうケースがあります。

セフレ関係のはじまりは慎重に相手を見極めて、終わりのタイミングは女性に主導権を握らせる

セフレ関係が悪化していたり、面倒くさいことになっていたりする方は、これらができてない可能性があります。
特に③。
「セフレだから」という男性側の勝手な理由でセフレを雑に扱っていたりしませんか?
セフレとはいえ相手は女性。
行き過ぎた要求をすればその分反発も大きくなります。
セフレ関係を良くするなら、ちゃんとした扱いを覚えることが必須でしょう。

2.セフレがめんどくさい原因はあなたにもアリ?


「女の扱いは難しい」
「女って何考えてるかマジでわからない」
よく言われることです。
セフレうんぬんの前に、ただでさえ女性の攻略は難しく一筋縄ではいかないもの。
それゆえ心情を100%汲み取って正解の行動をするのは難しいですし、はじめから上手くやれる人などいません。
ここでは、セフレがめんどくさくならないようどんな行動をとればいいのか5つご紹介します。

  • とにかく明言を避ける
  • お金はケチらない
  • 「私ってセフレなの?」への答えを用意しておく
  • たまには昼にも会う
  • 将来の事は話題にしない

1つ1つ確認していきましょう。

2-1.とにかく明言を避ける


まずは、明言を避けること。
ここが重要です。
基本中の基本ですが、多くの男性がミスを犯しているのがここなんですね。
特に多いのが「〇〇って言ったのに、実際は嘘だった」と女性に言われてしまうパターンであり、このパターンの行きつく先は泥沼です。

  • 「付き合おうって言ったのにSEX後そっけないってヤリモクでは?」
  • 「遊びじゃないっていったのに私以外の女とも会ってるの!?(怒)」

この手の発言、耳が痛いでしょう。
こういう女を避けたいのであれば、あなた自身が明言を避けなければなりません。
逆にいうと、明言さえしなければ最悪のパターンは避けられるということ。
 
え?俺そんなこと言ってないのに女がいつもめんどくさくなるんですけど?
 
これはですね、まさに男女の違いです。
微妙なニュアンスで明言を避けたつもりが、女性の脳内フィルターを通ることでなぜか明言したことになっています。

  • 「付き合う気がないわけじゃない」
  • 「遊びとかじゃないけど、もう少し待ってほしい」

こういった曖昧発言は要注意。
女性のフィルターはなぜか都合よく相手の言葉を変換するようにできています。

「好き」や「付き合う」など、そういったセンシティブな領域には触れないようにしましょう!

2-2.お金はケチらない


お金さえ払っておけば大体のリスクは回避できます。
こんな言い方はしたくないのですが、実際のところお金で善悪の判断をする女性って多いです。
「私ってセフレ?」と考え始めてから「これはセフレだ!」と女性が断定するまでには、いくつかの要素が重なる必要があります。

  • 会っている時の仕草や雰囲気が自然であるか
  • SEX以外の他愛ない会話に広がりがあるか
  • 自分にお金を使ってくれているか

これらが全部×ならばセフレ断定し、あなたへの攻撃がはじまるでしょう。
しかし、お金をいつも出してくれているなどのプラス要素があれば、断定はできないしもう一度会ってみようかな?と現状維持の方向に舵をとりなおします。
お金を出してあげるといっても、多額である必要はありません。
ホテルや自宅に行く前のカフェで女性の分のコーヒーも当然のように買っておくとか、それくらいのレベルでOKです。
こういう小さな積み重ねは、無駄遣いではなく超コスパの良いリスクヘッジです。
お金でなくても、SEXした後もちゃんと駅まで送る、明日の仕事に配慮した発言をするなど、そういった心遣いで代用することも可能です。
これができるかできないかは非常に重要で、明暗をわけるポイントですね。

2-3.「私ってセフレなの?」への答えを用意しておく


これは、先に打開策を用意しておきましょう。
どれだけ気を遣っていても、聞いてくる女は聞いてくるのです。
これは運としか言いようがないので、言われたらなんと答えるか。
模範解答は以下の通りです。

  1. 「なんでそう思ったの?」
  2. そう思わせてしまったことへの謝罪&強制はしない旨を伝える

女性を安心させるため、やや段階を踏む必要があります。
「なんでそう思ったの?」と聞くことが重要です。
また、返答は共感オンリーの姿勢がベストです。
何か言いたくなってしまいますが、突然「セフレなわけない!信じてくれ!」などと反論しても信ぴょう性に欠けるので、まずは相手の言い分を聞いておきましょう。
その後、そう思わせてしまったことに対して謝り、今後の関係について強制はしない旨を伝えます。
もちろん明言はしませんよ、ここでも。
引き止めなければ!と思って焦るのはNGです。
「付き合いたいと思ってた」とか、「好きだから関係を持った」とか言ってしまいたくなるのですが、余計にこじらせる要因となるのでやめましょう。
「ごめんね、○○ちゃんはどうしたい?」
この手の発言が一番効きます。
関係の継続はあなたに任せる、無理矢理にしたいわけではないんだということ。
これを言ったら終わりでは?と思われがちですが、実際は変に引き止めるより相手に答えを任せてしまう方が長く続くケースが多いです。
相手に判断を委ねることで、あなたが彼女にとって「私を騙した悪い人」になる可能性がガクッと下がりますし、「私が自分決めたこと」と思ってもらう方がなにかと都合が良いのです。
以上の方法をふまえながら、あなたオリジナルの返答を用意しておきましょう!

2-4.たまには昼に会う


セフレと会う目的はセックスですよね。
そのため、セフレとは夜にしか会わないことが多いのではないでしょうか。
しかしその状況が続くと、女性は「私はセフレなの?」と疑問を感じてしまいます。
女性が怪しんでいると思ったら、昼のデートに誘いましょう。
昼にデートをすることで、女性の気持ちは満たされます。
その際、セックスはしてはいけません。
セックスのないデートが女性を安心させるからです。
まずはカフェでお茶など、短時間のデートからはじめてみてはいかかでしょうか。
ただし、あくまでもセフレとして繋ぎとめるためのデートです。
相手の期待がふくらんでしまわぬよう注意してください。

2-5.将来の事は話題にしない


将来の事を話題に出してはいけません。

  • 「将来、子供は〇人欲しい」
  • 「子供には〇〇って名前を付けたいんだよね」
  • 「結婚式は海外で挙げたいな」

など、結婚にまつわる話は特にNGです。
その話を聞いた女性が、あなたに結婚の意思があると感じてしまうからです。
「それって、私との将来を考えているってこと?」なんて言われたら、言葉に詰まってしまいますよね。
あなたがセフレ以上の関係を求めていないのであれば、将来の話題には触れないでおきましょう。

3.セフレとの関係を壊しかねない男の恋愛感情

セフレが面倒くさい原因と対策をあなたの具体的な行動や発言と照らしてご紹介しましたが、そもそもこんな気持ちがあった場合、セフレとの関係は壊れて当然です。

  • セフレとして割り切れない、あわよくば付き合いたい
  • セフレを自分だけのものにしたい
  • 相手が好きになり好意を伝えたい

最初はセフレのつもりでセックスさえできれば良い、と思っていた相手に好意を持つようになってしまった。
つまり恋愛感情が芽生えてしまった、ということですね。
男性は体の関係を持つと相手の女性に恋愛感情を持ちやすくなる、と言われています。
体だけの割り切った関係から、いつの間にか情が湧き相手のこと好きになって自分だけのものにしたくなる。
恋愛関係でもよく起きる独占欲が出てくるわけです。
セフレなんだけど他の男と会っているそぶりを見るだけでモヤモヤする、イラッとしてしまう。
こうなったらセフレ関係を続けるのが難しくなってきます。
モヤモヤした気持ちをスッキリさせるためには

  • 相手との縁を切るか?
  • もしくは自分から告白して恋人関係になるか?

です。
自分の気持は決して相手に伝えない、という強い意思がある。
あるいは、もう会わないという賢明な選択ができれば良いです。
ですが、告白するとなるとかなりツラくなることは覚悟しておきましょう。
相手もセフレ関係と割り切っていた場合、関係は解消され女性はあなたの元を去っていきますから。
また、仮に相手からOKが貰えても、元々セフレとして付き合っていた女性。
他の男性ともセフレとして会っているのではないか?といった疑心暗鬼にさいなまれます。
セフレ関係を続けるためには、自分自身の気持ちのコントロールが必須。
間違っても一時の情に流されないようにしましょう。

4.セフレ関係を長く続けるための付き合い方

セフレとの関係を長く続けるための付き合い方を一言で言えば、恋愛のような関係は厳禁!ということ。
相手のことを詮索したり束縛するようなこと、彼氏づらするようなことはセフレ関係においてもってのほか。
相手に彼氏がいたとしても、それで嫉妬するようでははセフレ関係を長く続けられません。
セフレ関係を長く続けるための付き合い方について、

  • 優しくされても本気にならない
  • セックスなしで会いたくなっても会わない
  • いつでも別れられるようにしておく
  • SEX内容は関係性に影響する

この4つの観点から説明します。

4-1.優しくされても本気にならない

相手が優しくしてくれるからといって、恋愛感情を持つのは避けましょう。
お互いに割り切った関係の場合は、特に注意が必要です。
相手が優しい理由は、大きく分けて2つあります。
1つ目は、面倒のない円滑なセフレ関係をキープしたいと考えているため。
あくまでも、あなたとのセックスをより良いものにするための演出なのです。
2つ目は、あなたに対して情が芽生えているため。
何度もカラダを重ねることで、お互いに愛着が湧くことも多いのではないでしょうか。
しかし、それは恋愛感情とは全くの別物です。
セフレ関係を長続きさせるうえで、情と恋愛を混同しないように気をつけましょう。

4-2.セックス以外で会いたくなっても会わない


セフレはあくまでもセックスを目的とする関係です。
セックスをする以外の目的で会いたくなったとしても、会わないようにするのがベターでしょう。
干渉のしすぎは相手の負担になってしまい、関係を切られる可能性があります。
また、相手に期待させ恋愛感情を持たれてしまうケースも多く、面倒なことにもなりかねません。
適度な距離感を保つことが、セフレ関係を長続きさせるコツなのです。
しかし、あなたが相手に恋愛感情を抱いている場合も考えられます。
セフレから恋人関係に発展することもなくもないです。
相手に恋愛感情があるならば、セフレという関係を終わらせ、違う関係性を作るのもひとつの方法かもしれませんね。

4-3.いつでも別れられるようにしておく

セフレには固執をしないことがセフレ関係をうまく続けるコツ。
そのためにはいつでも別れられるようにしておくことが大事です。
セックスする以外に、ちょくちょくデートしていたりしませんか?
もしそうであれば要注意。
あなたがセフレに恋愛感情を持ち始めているかもしれません。
セフレとはあくまでも性欲を満たすためだけの関係。

  • セフレがデートに誘ってくる
  • セックスを拒む

のであれば、潔くセフレ関係は諦めたほうが良いでしょう。
別れる時もわざわざ「関係を終わりにしよう」なんて相手に話す必要もありません。

  • 相手から誘いがあっても自分にその気がなかったらスルーする
  • しつこければLINEをブロックする

そもそも関係性自体が曖昧なので、別れを伝えることでかえって面倒なことになりかねません。
セフレ関係を長く続けるなら、「いつ別れても良い関係」と捉えておきましょう。
最も理想的なのは、お互いセフレ関係に納得していることですね。
お互いが性欲を満たすための関係と割り切っていて、それ以上でもそれ以下にもならない関係です。
 
セフレと連絡が取れなくなったら次のセフレを探しましょう。詳しくはこちらをお読みください。

4-4.SEX内容は関係性に影響する


セフレとのSEX内容は関係性に影響するか?という点に触れておきます。
セフレだと悟られないほうが有利に関係を進めていける。
これは確かなのですが、非常にレアなケースとして相手にバレても便利な関係でいられる場合があるんですね。
たとえば、

  • カラダの相性が尋常じゃなく良い
  • 女性側もSEXで満たされている

こうなってくると利害関係が一致しているので、面倒なやりとりは一切不要。
「セフレ」と聞くとどこか男性優位なイメージがありますよね。
でもそこを覆し、男女対等な関係を築くパターンまで到達すると長続きしやすいんです。
セフレとわかっていても、カラダの相性が最高に良いから会い続ける。
彼らが関係を口に出すことはないでしょうが、そんな男女が存在しているのも事実です。
そのため、セフレ関係を築く時は自分の気持ちのコントロールだけでなく、女性選びも非常に重要になってきます。

5.まとめ

モテる男ばかりが勝つというわけではないセフレ市場。
だからこそ、夢があるのではないでしょうか。
セフレとバレるかバレないか?
関係が切れるか切れないか?
スリリングな交際の中でうまく打開策を見つけ、実践していくことができたなら、あなたのセフレ攻略度はぐんぐん上がっていくことでしょう。
ワンチャンあるかも?という夜に勝ちSEXした後、セフレになるかならないかというフェーズに持ち込むことができたなら、最後に女性の決断を後押しするのはあなたのマインドと行動です。
トライアンドエラーを繰り返し、あなたなりのセフレ攻略法を見つけてください。
良好な関係を築けるセフレを探すならハッピーメールがおすすめです。
ハッピーメールの登録者数は累計で2,000万人、出会えた確率も74.5%と高い確率を誇っています。
更にハッピーメールにはセフレが欲しい男性に人気の機能があります。
それがアダルト向けの掲示板
ここでは、セフレを求めている女性が同じような男性との出会いを求め書き込みがされています。
セフレとの出会いを求める男性であれば登録しておいて間違いないサイトでしょう。
登録も無料でできるので、詳細は公式サイトをご確認されてみてくださいね。

 
それでは・・健闘を祈ります!
▼関連記事▼


Avatar photo

フェリーチェ編集部

follow me
related posts

関連記事

Scroll to Top