恋愛心理学を使ったテクニック20選!意中の相手を思いのままに操る

     
PICK UP   この記事は
ECONOMY(年収500万円未満)

気になる相手がいるのに、どう接したら良いかわからないと迷っていませんか?

「振り向いてくれるにはどうしたら良いんだろう」「どうやってデートに誘ったら良いの?」など悩むことが多いと思います。

そこで、今回は恋愛で使える20種類の心理テクニックを以下3つのシーン別にまとめました。

  • 片思いをしている相手に使える接し方のテクニック
  • デートに誘うときに使えるテクニック
  • デート中に使えるテクニック

心理学に基づいたテクニックというと難しく感じますが、メールや会話の実例ものせているので誰でも簡単に活用できますよ。

この記事を読めば、意中の相手から告白されることも夢ではありません

ぜひ気になる相手に使って、その効果を試してみてください。

片思い中に使える!好きになってもらうテクニック

はじめに紹介するのは、片思い中に使える心理テクニックです。

片思い中は、相手に気に入ってもらうために必死になってしまいますよね。

しかし、闇雲にアプローチをかけても相手に気づいてもらうことはできません。

相手に意識してもらうには、ちょっとしたテクニックが必要なんです。

ここで紹介する心理テクニックを使えば、相手に「この人ちょっとイイかも」と思ってもらえるはずです。

どれも簡単にできるものなので、ぜひ気になるあの人に使ってみてください。

1. 褒めると好印象「自己是認欲求」

褒められて、ニヤニヤしてしまった経験はありませんか?

褒められて嫌な気持ちになる人は、ほとんどいません。むしろ「そんな風に思ってくれているんだ」と嬉しい気持ちが湧いてきます。

このような、人に認められたい、賞賛されたいという欲求が「自己是認欲求」です

誰しも自分を認めてくれる人には、好意的な印象を持つものなので、これを恋愛に応用すれば、気になる人から好意を抱いてもらえるんです。

褒めるポイントがわからないという方は、このような例文を使ってみるといいですよ。

「〇〇さんって優しいですね」

「おしゃれですね」

「いろいろなお店を知っていてすごいですね!」

「仕事ができて本当に頼りになります」

気になる人はとにかく褒めて、自己是認欲求を刺激していきましょう。

<アドバイス

褒めるだけなので、使いやすさは抜群です。話すのが苦手な人は「すごいね」と一声かけるだけでも十分効果がありあすよ。

<評価>

効果:★★★★☆

リスク:★★☆☆☆

使いやすさ:★★★★☆

2. 会う回数を増やすと好感度が増す「単純接触効果」

「単純接触効果」は何度も接触するうちに、好感度が増してしまう心理のこと。

アメリカの心理学者ロバート・ザイアンスが証明したことから「ザイアンス効果」とも呼ばれます。

一度に会う時間を長くするよりも、コミュニケーションの回数(接触)を増やしたほうが好意を持ってもらうのに効果的だと言われています。

直接会うだけではなく、LINEやメール、電話などでもOK。しつこくならない程度に、さりげなく接触回数を増やしてみてくださいね。

<アドバイス

気になる相手がよく通るルートや店をリサーチして、出会える回数を増やしてみましょう。遠回りに見えますが、その努力はきっと報われますよ。

評価

効果:★★★☆☆

リスク:★☆☆☆☆

使いやすさ:★★★★☆

 

3. 秘密が仲間意識を高める「カリギュラ効果」

「〇〇してはダメ」と禁止や制限を受けると「逆にしたくなる!」という心理現象を「カリギュラ効果」と言います。

カリギュラ効果をテクニックとして使うなら、あなたの悩みを相談するのが効果的です。

「誰にも言わないでくださいね」と相談すると、「誰かに話したいけど言えない!」というカリギュラ効果が高まり、二人の間に仲間意識が生まれるんです。

さらに秘密にしたいほどの悩みや弱みを打ち明けてくれたことから、「信頼している」ことが相手に伝わるので、あなたの好感度も上がります。

<アドバイス

悩み事があったら、気になるあの人に相談に乗ってもらいましょう。「誰にも言わないでね!」の一言を付け加えるのも忘れずに!

<評価>

効果:★★★★☆

リスク:★★☆☆☆

使いやすさ:★★★☆☆

4. 弱みを見せて気持ちを引きつける「アンダードッグ効果」

誰かに悩みを打ち明けられて「どうにかしてあげたい!」と思った経験はありませんか?それが「アンダードッグ効果」です。

アンダードッグとは、負け犬のこと。自分の悩みや弱みを見せることで、「守ってあげたい」「手を差し伸べたい」「放っておけない」といった同情の気持ちが生まれ、守ってあげたいと思わせることができるのです。

先ほどの「カリギュラ効果」だけでなく、悩みを打ち明けるとこんな心理効果も得られるんですね。

つまり、悩みを打ち明けることで仲間意識を持つ「カリギュラ効果」、守ってあげたい「アンダードッグ効果」の両方を得られるというわけです。

<アドバイス

気になる相手がいるのなら、相談に乗ってもらいましょう。とくに、男性は頼られたいと思う生き物なので、女性の方は積極的に使っていくといいですね。

<評価>

効果:★★★★☆

リスク:★★☆☆☆

使いやすさ:★★★☆☆

5. 好きと言わずに好きになってもらう「返報性の原理」

人は他人から好意や恩を感じると、同じだけお返ししようという心理が自然と働いています。これが「返報性の原理」です。

これ心理を利用して、「好き」とは言わずに、相手に好意をを伝えていきましょう。

例えば、次のような行動をとると相手に好意が伝わります。

  • 見つめる
  • 笑顔で接する
  • 名前を呼ぶ
  • 相手の話題を話す
  • ボディタッチ

好きという態度で示して、相手も自分を好きになってもらいましょう。

<アドバイス

まずは、見つめるところから始めてみましょう。少しずつできることを増やしていけるといいですね。ただし、やりすぎると不審に思われてしまうので気をつけましょう。

<評価>

効果:★★★☆☆

リスク:★★★☆☆

使いやすさ:★★★☆☆

6. ギャップで魅力アップ「ゲインロス効果」

よく恋愛テクニックで「ギャップ」が大切だと言われますが、それが「ゲインロス効果」です。

得るもの(=ゲイン)と失うもの(=ロス)の差が大きいと、強い印象を残すという仕組みです。

  • クールだと思っていたら、笑うと無邪気
  • 仕事ができるのに、プライベートでは抜けていることがある
  • 真面目なのにお酒を飲むと甘えん坊
  • 生活感がないのに実は料理上手

このようなギャップを見せてあげると、相手にも好印象を与えられますよ。

また、ギャップが大きければ大きいほど、効果も高くなりますよ。

<アドバイス

自分のギャップがわからないという人は、自身の長所と短所を神にあげてみるといいですよ。その中でギャップとして使えそうなものを利用して相手にアピールしていきましょう!

<評価>

効果:★★★★☆

リスク:★★★☆☆

使いやすさ:★☆☆☆☆

7. 親切心を利用する「認知的不協和理論」

認知的不協和とは、自分の中に矛盾した考えがあることで不快感を感じる状態のこと。

よく少女漫画で「好きでもない相手に突然キスされて、そのあと気になり始める」という展開ありますよね?

まさにあれが認知的不協和を使ったテクニックです。

本来、好きでもない人とキスはしませんよね。でも、キスをしてしまった。。そうなると、自分の中の矛盾を正すために、「私はこの人が好きだから、キスをするのは間違ってない!」と認識を変えるんです。

このように、相手に「好きな人にしかしない行動」をさせることで、相手の好意を誘導するのが、認知的不協和を使ったテクニックです。

<アドバイス

認知的不協和音は、相手に「好きな人にしかしないはずのことを、この人にしちゃってる。。」と思わせることがポイント!ただし、嫌われる可能性もあるので、ここぞというタイミングだけに使うようにしましょうね。

<評価>

効果:★★★☆☆

リスク:★★★★☆

使いやすさ:☆☆☆☆☆

8. さりげなくマネをする「ミラーリング」

鏡のように相手のマネをすると親近感が上がるというのが「ミラーリング」です。

マネをするのは、表情、仕草、動作、癖、声色、姿勢、笑い方など。

「あれ?似ているかも」「気があうかも」と相手が何となく思うくらい、さりげなく行ってみましょう。

あなたに親近感を抱き、次第に惹かれていきます。ただし、やりすぎは禁物!バレないように、くれぐれもやりすぎないように注意してくださいね。

<アドバイス

ミラーリングは、カフェなどで食事をしている時が使いやすいですよ。相手と同じタイミングでドリンクを飲んでみるだけでも効果アリです。

<評価>

効果:★★★☆☆

リスク:★★★★☆

使いやすさ:★★★★☆

9. 出会って3回までが勝負「スリーセット理論」

人は出会ってから3回までに印象が決定づけられます。

具体的には、1回目に相手の第一印象が作られ、2回目でその印象を再判定、3回目で印象が確定する、というステップを踏んでいます。

このように人の印象を3回で判断するのが「スリーセット理論」です。

この中でも特に大切なのは「第一印象」になりますが、おすすめは「愛他的」な印象を残すことです。

女性も男性も、基本的には優しい人を好きになります。でも、相手に対して優しく振る舞うのは当たり前すぎてちょっと違和感がありますよね。

なので、例えば「ペットと散歩がするのが好き」「子供が大好き」など、自分以外の誰かペットなどに愛情を持っていることを見せると効果的ですよ。

<アドバイス

第一印象は大事ですが、そこで良い印象を与えられなくても焦ってはいけません。「チャンスは3回ある」と考えて、次に会う時に良い印象を与えられるようにしましょう。

<評価>

効果:★★★★☆

リスク:★★☆☆☆

使いやすさ:★★★☆☆

10. 話の中身より態度で好感度UP「メラビアンの法則」

話の内容よりも、話すときの表情、仕草、話し方などの態度が印象を左右することを「メラビアンの法則」と呼びます

人は会話の印象を、下記の割合で受け取っていると言われています。

  • 外見(仕草や表情)から55%
  • 話し方から38%
  • 話の内容から7% 

いくら面白い話をしていたとしても、たったの7%しか印象に影響を与えないというのはびっくりですよね。

それよりも、笑顔やしぐさなどの態度が大事だったのです。

特に第一印象で良いイメージをつけたいときには、態度によって好感度をあげて行くように意識しましょう。

気になる相手との話では、話し方や聞き方を意識すると良いですよ。

<アドバイス

同じ話をするのでも、真顔で話すのと笑顔で話すのではうける印象も大きくかわってきます。余裕があれば、身振りをつけてみるのも良いでしょう。

<評価>

効果:★★★★☆

リスク:★☆☆☆☆

使いやすさ:★★★★☆

11 . 噂が効果てきめん!「ウインザー効果」

第三者から「あの人、〇〇らしいよ」と間接的に聞いた情報の方が、本人から聞いたことよりも信憑性が高まるのが「ウインザー効果」です。

これを利用して、まずは自分の長所を、友達や第三者に協力してもらい、気になる相手の耳に入るように褒めてもらうのが効果的です。

人の力も借りて、あなたの印象を良くしてもらいましょう。

<アドバイス

まずは、自分から友達の良いところを広げてあげるようにしましょう。すると、相手もあなたの良いところをたくさんの人に伝えてくれるようになりますよ。

<評価>

効果:★★★★★

リスク:★★☆☆☆

使いやすさ:★★☆☆☆

デートに誘うときに使えるテクニック

アプローチがうまくいったら、いよいよデートに誘うときがやって来ます。

そこで、ここからは「デートに誘う時に使えるテクニック」を紹介していきます。

デートをOKしてもらう確率を1%でもあげるために、ぜひ使えそうなものから取り入れてみてください。

12. 主導権を握りやすくなる「YESの法則」

「YES(はい)」という返事を連続して答えていると、相手はこちらの要望に応じやすくなるというのが「YESの法則」です。

「今日は暑かったですね」「仕事終わりましたか?」など「YES」と答えやすい質問を繰り返してみましょう。

さらに、YESの法則を数回繰り返した後にデートの誘いをすることで、相手も誘いを受けてくれやすくなりますよ。

<アドバイス

YESの法則は、5回ほど繰り返した後に要件を伝えると効果的と言われています。ただし、不自然に思われるリスクもありますので、まずは2〜3回繰り返してみるところから初めてみましょう。

<評価>

効果:★★★☆☆

リスク:★★☆☆☆

使いやすさ:★★★☆☆

13. NOと言わせない「ダブルバインド」

二択のうち、1つを選択してしまうような質問をするのが「ダブルバインド」です。

例えば「ごはんに行かない?」と聞くよりも「土曜日か日曜日に、ごはんに行かない?」と質問する方が、相手もどちらかを選びやすくなります。

「NO」と言わせないように質問をすると、デートに誘うとき、お店や行き先を決めるときに使うとスムーズに約束を決めやすくなりますよ。

<アドバイス

ポイントは2択に絞ってあげること。これが、3択、4択と増えていくと、相手は決断する時に迷ってしまいます。

<評価>

効果:★★★☆☆

リスク:★☆☆☆☆

使いやすさ:★★★★☆

14. 小さなお願いごとからスタート「フット・イン・ザ・ドア」

小さなお願いから、大きなお願いをしていくと受け入れやすくなる心理が「フット・イン・ザ・ドア」です。

恋愛でも小さなお願いからスタートしてみます。
デートに誘う際も「10分でいいから会える?」と誘ってみると「(10分ならいっか)いいよ」と相手は思ってくれるでしょう。

気が合えば、その後ごはんの約束をしたり、今度は普通にデートに誘ったりと、段階を踏みながらお願いごとを大きくしていきます。

<アドバイス

何事もまずは小さな一歩から。

いきなり1日デートに誘うのではなく、「ランチだけ」というお願いから始めてみましょう。

<評価>

効果:★★★★☆

リスク:★☆☆☆☆

使いやすさ:★★★★☆

15. 断られて小さな願いを叶える「ドア・イン・ザ・フェイス」

「ドア・イン・ザ・フェイス」は逆に「NO」と言われる前提の大きなお願いをして、小さなお願いを叶えていくことです。

例えば、いきなり「付き合ってください」と告白したとします。

「ごめんなさい」と断れますがこれは想定内。そこで「断られたことは残念ですが、食事だけでも行ってもらえませんか?」と提案すると「ご飯くらいならいいか」と相手から返事がもらいやすいんです。
使いすぎると相手に悪い印象を与えなえてしまう可能性も。ここぞというときに使ってみてくださいね。

<アドバイス

相手との仲が深まっている時に大きな効果を発揮するテクニックです。友達以上から進展がない時などに使ってみてください。

<評価>

効果:★★★★★

リスク:★★★★☆

使いやすさ:★★☆☆☆

デートのときに使えるテクニック

デートまでこぎつけたら、ここからが本番ですね!

デートで相手に嫌われないように、ここでも恋愛の心理テクニックを活用しましょう。

効果的に使うことで、気になる相手との恋をスムーズに進めることができるでしょう。

16. 初デートはランチがおすすめ「ランチョン・テクニック」

食事の満足感が高いと、一緒にいる相手への満足感も高まる心理が「ランチョン・テクニック」。

美味しいランチを短時間ながら楽しく過ごすことで、あなたに対しての印象もよくすることができます。

また、人の集中力は90分が限界。疲れたと感じてしまう前に解散することで、「もっと一緒にいたい」と気持ちが高まり、次のデートへとつながりやすくなります。

<アドバイス

空回りしてしまわないためにも、初デートはランチがおすすめですよ。相手が好きな食べ物リサーチして、満足感を高めてあげるとあなたの印象も格段にアップしまうよ。

<評価>

効果:★★★★☆

リスク:★☆☆☆☆

使いやすさ:★★★★★

17. 恐怖のドキドキを恋と錯覚する「吊り橋効果」

恐怖心やヒヤヒヤするような体験による「ドキドキ」を、近くにいる異性への「ドキドキ」と勘違いして、恋が始まることを「吊り橋効果」と言います。

有名な恋愛テクニックなのでご存知の方も多いのではないでしょうか

これをデートに利用するならば、おすすめは遊園地や映画デート。

絶叫系アトラクションやお化け屋敷のような、ドキドキしてしまうアトラクションを選びましょう。

映画ではアクションやホラー映画など、ヒヤヒヤドキドキしてしまうものがおすすめです。
ただし、吊り橋効果は1週間程度で効果がなくなってしまうので、次のデートの約束もお忘れなく。

<アドバイス

相手が絶叫系アトラクションやホラーが苦手という場合もあるので、強引に連れていくのはやめましょう。事前に確認しておくのを忘れないように。

<評価>

効果:★★★★☆

リスク:★★☆☆☆

使いやすさ:★★★☆☆

18. 引くこともテクニック「ツァイガルニク効果」

「ツァイガルニク効果」は、中途半端な状態の方が記憶に残りやすい心理のこと。

こちらも恋愛に応用するならば「気になる相手からの連絡は時間をおいて返信する」のがおすすめの使い方です。

連絡がきてすぐに返してしまうと、相手にとって目標を達成した気持ちにしてしまい、あなたの興味が下がってしまいます。
一方で、少し時間をおいてから返すようにすると、返事がこないドキドキ感を味あわせることができます。

あなたから連絡がこない不安な気持ちや、やっと来た返信に嬉しい気持ちも生まれます。

<アドバイス

メールの返事をわざと遅らせるのも、やりすぎは厳禁です。特に、緊急性の高い内容は返事が遅いとイライラしてしまいます。

そのため、気になる相手のメールは通知を見れるようにしておきましょう。既読をつけずにラインを見れるアプリ「のぞきみ」なども使ってみると良いですよ。

<評価>

効果:★★★★☆

リスク:★★★★☆

使いやすさ:★★★★☆

19. 体を近づけてドキドキさせる「ボッサードの法則」

「ポッサードの法則」とは、男女間の体の距離が近いほど心理的な距離も近くなるという法則です。

一緒に歩くときや、ベンチに座るときなどは、勇気を出して相手と近づいてみるのもいいでしょう。

また、夜のデートでは暗めの店をセッティングすることで、「近づかないと相手が見えづらい」という状況を作り出してみるのも効果的ですよ。

<アドバイス

ポッサード効果が一番発揮されるのは何と言っても「お祭り」や「フェス」でしょう。近づかないと相手の声が聞こえないくらい騒がしければ、不自然なくに相手と近づけますよね。

<評価>

効果:★★★★☆

リスク:★★★★☆

使いやすさ:★★★★☆

20. 別れ際が勝負「ピークエンドの法則」

人はその出来事の良し悪しを判断するのに、最高(=ピーク)と最後(=エンド)のときがどうだったかということから判断します。

これが「ピークエンドの法則」。

そこで、「こないだのデートが楽しかったな」と思ってもらうには、デートの最後の別れ際に良い印象を残すことがおすすめです。

ピークは人によって感じ方が違うので、別れ際をピークに持っていきましょう。

「今日のデート、最高だったよ」と感想を伝えるたり「帰りたくない」と表情を曇らせたりするのもテクニックです。

中でも、一番ベストなのは相手に告白することです!気持ちを伝えたら「返事はまたで良いから」と言っておきましょう。

優しさをアピールできるだけでなく、時間をあけることで相手の気持ちを高めることもできます。いざという時に使いたい、高等テクニックです。

<アドバイス

きっと相手も、あなたからの告白を待っていますよ。勇気を出して最高のエンドを演出してあげましょう!

<評価>

効果:★★★★★★

リスク:★★★★☆

使いやすさ:★★★星☆

まとめ

恋愛心理学のテクニックは、気になる相手との会話や行動、メール、デートなどですぐに使えるものばかりです。

このテクニックをさりげなく混ぜ込むことで、恋愛に効果的に応用していくことができます。

うまく実践して、気になる相手の心を動かしてみてくださいね。

恋愛だけでなく、ビジネスだけでも使えるものもあるので、ぜひ活用してください。

関連記事

  1. 片思い中の女性必見!運命を切り開くタロット占いの魅力とは?

  2. デートがネタ切れ!新鮮なデートプラン7選とデートを楽しむ3つのコツ

  3. 男女で違う?セックスの感じ方!イクってどんな感じ?

  4. 多忙な社会人必見!幹事を代行できる合コンセッティングアプリが熱い!

  5. ダメンズの特徴10選!ダメンズウォーカーを抜け出す秘策とは?

  6. 簡単可愛い合コンメイクをご紹介!男性からモテるメイク方法3選!

  7. 褒められた時の返し方は?正解の返事5選を知って褒められ上手に!

  8. 出会いGUの評価や利用のコツとは?アプリで出会うための秘訣を紹介