一晩で8人の女の子とLINE交換できちゃうスポットは!?

 

仕事に追われる社会人諸君!

最近、女の子と遊べているだろうか。

 

そもそもどこに行けば新規の女子と出会えるのか?

LINEを交換して次に繋げるにはどうすればいいのか?

 

そこで今回!

会社員3人組が、出会いが見込めそうなスポットに潜入

それぞれ何人の女の子とLINE交換をできるのか検証してみた。

 

そこで出たのは、なんとも意外な結果だった……!

俺たちのスペック紹介

夜の街に繰り出す前に、まずは3人のスペックを紹介しよう。

さっそく自分から。

名前:翔平
年齢:25歳
職業:メーカー研究職
眼鏡。ルックスは完全に非モテだが、女性への審美眼は間違いない。

 

名前:智己
年齢:25歳。
職業:大手IT企業の営業。
見た目がシュッとしているのでしゃべらなくても許される得なタイプ。女子ウケ◎

 

名前:優太
年齢:25歳
職業:総合商社
元ラガーマンの営業マン。
関西仕込みの話術が好評でお持ち帰り率は高い。

この3人で夜の東京をどれだけ楽しめるのか!?

 

とりあえず女子との出会いがありそうな

  • 歌舞伎町のキャバクラ
  • 渋谷のクラブ
  • 相席ラウンジ

の3つのスポットを巡り、検証してみた。

Day1 明日香キララ似のキャバ嬢と●●しちゃった!?

画像引用:(c)Tomo.Yun

夜遊びと言えば、まずはキャバクラでしょ。

という事で、僕たちが訪れたのは聖地・歌舞伎町

 

本当はアジアンやジェントルといった有名店に行きたかったが、我ら哀しいサラリーマン。

費用を考慮し、手頃な無名店に入ることにした。

 

ちなみにお世話になった店はこちら↓

 

キャバクラは接待で数回行った事がある程度なので、自腹を切るのは若干ヒヤヒヤする。

安く済むように案内所を通して、入店した。

 

店内を見る限り、嬢のレベルはB〜Aクラス。

1卓に1人は可愛い子がついている印象だ。

 

俺たちはそわそわしながら、女の子がつくのを待った。

 

 

「初めまして〜♡」

 

 

画像引用:TIKA

 

俺らの卓に着いたのは、明日香キララ似の整形美女だった。

(ちなみにヘルプには妙齢の微ブスが着席。)

 

俺たちはわかりやすくテンションがあがった。

 


「こんにちはー!!お名前は?」

 


「明日香レナです〜♡」

 

源氏名、寄せてるやんけ。

確実にキララ似の自覚あり(笑)

 

よく見ると、整形っぽさがにじみ出る人工的な顔の作りだ。

素人っぽい清純美女が好きな俺としては、ちょっと胃もたれしそうな感じ。

 

普段接することのないド派手女子にタジタジしていたが、ギャル好きのラガーマン、優太が盛り上げる。

 

女性の得意領域、不得意領域を明確に共有しあえていると、こういう時にありがたい。

 

それぞれの仕事や、年齢、好きなタイプなんかを話していたら1時間ちょっとが過ぎていた。

 

キララの巧みな話術で、あっという間に時間が経っていたがここはキャバクラ。

時間制なので店にいればいる程、料金がハネあがる。

 

関西仕込みの話術で鍛えた優太が先陣を切った。


「じゃあ、よかったらLINE交換しません?」

 


「もちろん!全然いいよぉ♡」

 

 

あれ?

これ意外に余裕なやつだな

 

 

「みんなでフルフルしよ〜♡」

 

意気揚々とLINEフルフルをするキララのおっぱいが、いい感じに揺れていた。

 

 

会計。

65,0000円なり。

 

やはり、B級とは言え歌舞伎町。

1人当たり2万ちょいという、会社員の飲み代としてはなかなか痛い出費だ。

 

内訳は最初の60分が5000ポッキリ。

延長1時間の基本料金で10000円➕サービス料30%

追加で生ビールを頼んだが一杯あたりサービス料込みで2000円だ。

(30%のサービス料はおっぱいフルフル代)

 

とりあえずキララのLINEをGETできたし安いもんか……。

 

店を出ると、さっそくキララからLINEが届いたようだ。

 

 

「LINEの登録名、源氏名だから営業用のアカウントだね。」

 


「ハッ!」

 

さすが歌舞伎町のキャバ嬢。

プライベートLINEをやすやすとは教えないという事か。

 

この後、怒濤の営業LINEに悩まされる日々が待っているとは俺たちは知る由もなかった。

 

キャバクラ結果

2万円でキャバ嬢のLINEをGETした!!!

※ただし営業連絡用アカウント

Day2 渋谷のクラブでギャルをお持ち帰り!?

 

前回、歌舞伎町のキャバクラで財布がかなり寂しい感じになった俺たち。

 

港区のギラギラ女子を恐れ、古巣・渋谷のキャメロットへ向かった……!

渋谷のクラブに行くのは全員、学生ぶりだ。

 

キャメロットは23時までに入ると、男性は通常3500円のエントランスが1000円に、女性は無料になる。

料金はこちら。

 

FRI・SAT・SUN・BEFORE HOLIDAY

MEN

WOMEN

¥3500 / 1D

¥1500 / 1D

 

MON・TUE・WED・THU

MEN

WOMEN

¥2500 / 1D

¥1500 / 2D

引用:キャメロット公式

 

この日も22時半頃に到着。

早めに着いたにも関わらず、エントランスは長蛇の列。

フロアはすでに満員だった。

画像引用:CLUBMAP

 

しかし、どこを見渡しても学生が多い!

髪色明るめの、イケイケ風の男子学生が女の子を物色していた。

 

しかしなぜか女子大生にモテるのが、このウェイ系パリピ男子。

可愛い子はすでに男子学生が囲んでいるし、JDもまんざらでない様子だ。

 

 

「これ、アラサーきついのでは」

 

全員の頭に、同じ疑問がよぎった。

「学生時代は気づかなったけど、社会人が来るとカオスだな」

 


「そういえば俺も10代の頃、『ここで女釣ってる会社員ダサ』って思ってたわ」

 

なすすべのない俺達は仕方なく、バーラウンジの近くで女の子を待つことにした。

キャメロット〜1時間経過〜

画像引用:会場.jp

バーラウンジ付近で女の子を探すこと1時間。

俺たちは、ここである事に気がついた。

 

渋谷のクラブ、ブスばっか。

 

しかし俺たちのハードルは底辺まで下がっていた。

 


「おい、もうあれ行こう」

 

苦し紛れに優太が2人組に照準を合わせた。

 

見るからに貞操観の低そうな派手めなコンビだ。

1人は、ギャル曽根を5万発殴ったようなギャル。

片割れは加藤ミリヤをもっと闇深くさせた感じのシャレたブスだ。

 

 

しかし、飢えた者にとっては主食の質は問えない。

智己が特攻した。

 


「飲んでる〜?」

 


「えー!!お兄さんイケメンなんだけど!」

 

 

ミリヤが釣れた。

2人は、渋谷のファストファッションブランドで働く22歳らしい。

 

ギャル好きのはずの優太も今回ばかりはあまり調子が出ない。

とりあえず飲むしかなかった俺たちと、ギャル2人はテキーラのショットで何回か乾杯した。

 

▶▶▶

この後、ビッチなギャル達と●●しちゃった!?

                          

大人の社交場』としての『出会い』。

洗練された空間と色鮮やかな食事は

ワンランク上の出会いを創造してくれます。

上品な空間で見つける出会いは

運命をも感じさせてくれるでしょう。

心地よい接客と絶え間ない笑顔。

そして、運命的な出会いを手に入れてください。

Pick!

New!