キスマークをつける男性心理6つ。場所別の意味や付け方消し方、断り方まで

目次

[ 男性からつけられたキスマーク。込められた意味や隠された男性心理、気になりますよね。
実は、つけられた場所によって嫉妬心や独占欲など様々な意味があるんです。
今回は、キスマークをする男性心理や場所別の意味に加えて、女性側の本音・早く消す方法・上手な断り方など、たっぷりご紹介していきます!
恋愛を上手に進めたいあなたは必見です。

1.キスマークとは?


キスマークとは、皮膚を口で吸うことでつくる痣を指します。
皮膚を吸うことで、一時的に内出血が起こり赤い跡がつくのです。
恋人同士が愛情表現の1つとして付けることが多く、「キスマーク」と呼ばれています。
「彼氏とじゃれ合っているときに付けられた」なんて人も多いはずです。
人に見える位置であれば、付けられて困ってしまったという人もいると思います。
なぜ男性は、キスマークをつけたがるのでしょうか。
まずは、キスマークを付ける男性心理について見ていきましょう。
キスやHを表す隠語について、改めて復習するためにはこちらの記事をチェックしてください↓

2.キスマークを付ける男性心理

女性にキスマークをつけようとする男性
キスマークを付ける男性心理は、大きく分けて6つあります。
それぞれについて見ていきましょう。

2‐1.独占欲


キスマークを付ける1つ目の理由は、彼女に対する「独占欲」です。
男性は、女性よりも独占欲が強い傾向にあります。
そして、独占欲が強いのと同じくらい、心配性な一面もあるのです。
男性はキスマークを付けることで「俺の女だ!」ということアピールし、独占欲を満たします。


また、「浮気防止」のためにキスマークを見えるところに付ける男性も多いです。
嫉妬深く、征服心の強い男性ほど、「独占欲」を理由にキスマークをつけたがります。
身体中にキスマークを付けられることもあるかもしれません。
もしも日常生活に支障をきたすようであれば、しっかり話し合うことが大切です。

2‐2.好奇心


2つ目の理由は、「好奇心」です。
男性の中には「なんとなく付けてみたかった」という純粋な好奇心でキスマークを付ける人もいます。
今まで1度もされたことがなかったのにいきなりされた場合には、彼が好奇心で付けたのかもしれません。
また、あなたの困った顔が見たくてキスマークを付けたことも考えらます。
男性は好奇心が旺盛なので、大目に見てあげましょう。
ただし、目立つ場所にばかり付けたがるなら、話し合ったほうが安心です。

2‐3.愛情表現


3つ目の理由は、あなたへの「愛情表現」です。
あなたのことが好きすぎて、愛情表現としてキスマークを付けた可能性もあります。
SEXや喧嘩の後などは、特にあなたへの愛おしいという気持ちが溢れてキスマークを付けてしまう男性も多いです。


キスマークを付けるという行為は、感情の高ぶりからくる愛情の証であると考えても良いでしょう。
自分のことをそれほどまでに大切に思ってくれているのは嬉しいものです。
ただし、付けてもらう位置には気をつけておいたほうが良いです。

2‐4.自分のことを思い出して欲しい

彼女と離れて寂しい男性
4つ目の理由は、「自分のことを思い出して欲しい」から。
同棲していないカップルや、遠距離恋愛中のカップルの男性側によくある心理で、『キスマークを見て自分のことを思い出してほしい』というものです。
いつでも会える環境にないため、離れていてもキスマークを見て気持ちはそばにいると感じてほしいと思っているんですね。
単純な独占欲というよりも、寂しさを紛らわすためのアイテムとしてキスマークをつけているということです。
また、自信のなさを補い安心感を得るためにキスマークをつけるという男性もいます。
『このキスマークを見て、きっと彼女が自分を思い出してくれるはず』と想像し、安心するんですね。
この場合は、あなたへの愛が大きすぎることから不安を持っていることがあります。
彼に自信を持ってもらうためには、しっかりと気持ちを受け止めて愛情表現をすることが大切。
コミュニケーションやスキンシップなどをきちんととるように心がけてあげましょう。

2‐5.自分にもキスマークをつけて欲しい

自分の首筋に彼女からキスマークをつけてもらった男性
5つ目の理由は、「自分にもつけて欲しい」から
独占欲や嫉妬心などからつけるキスマーク。
相手につけるだけではなく、相手からもつけてほしいと感じる男性は少なくありません。
独占欲や嫉妬心の表れであるキスマークを女性からつけられることで、お互いに同じ気持ちである、強く愛し合っていると思えるんですね。
でも、男性の立場からだと中々『キスマークをつけてほしい』と直接的なお願いはできません。
そこで、あなたに自らキスマークをつけることで、自分にもつけてほしいという気持ちを表しているんです。
キスマークをつけながら甘えてきたときには、あなたからもキスマークをつけてほしいと思っているサインかも。
お返しにキスマークをつけてあげると、きっと喜んでくれますよ。

2-6.浮気を防ぎたい


男性がキスマークをつける理由のひとつとして、「浮気を防ぎたい」という思いがあります。
そのような思いを抱えている男性は、寂しがりやで束縛心が強い人が多いのです。
あなたが好きだから、
「浮気されたくない」
「離れて欲しくない」

そう思ってキスマークをつけるのです。
不安な思いを抱えているかもしれないと感じたら、彼に伝わるように優しくしてあげましょう。
 
キスマークを付ける男性心理は大まかに以上のようなものでした。
キスは何回目のデートが正しい?詳細はこちらの記事をチェックしてください↓

3.キスマークを付ける場所別での意味は?

キスマークは、付ける場所によって意味が変わってきます。
今回は、キスマークを付けられることの多い以下の8ヵ所の意味をお伝えします。

あなたがキスマークを付けられることが多い場所を思い出してみてください。
それでは、彼があなたにどういう意図でキスマークを付けているのかを見ていきましょう。

3‐1.首すじ


キスマークといえば、首すじに付けられるのを想像する人も多いはずです。
首すじにキスマークを付ける男性は、「独占欲」が強いことを表しています。
彼は、あなたのことを本気で愛している可能性が高いです。
また、首すじのキスマークは、「執着」も意味します。
他の人に取られたくない気持ちが強いために、首筋というわざと見える位置につけたがるのです。
つまり彼はあなたのことが大好きで、ゾッコンということになります。
とはいえ首すじは他の人の目に付きやすいため、気になるようなら場所を変えてもらいましょう。

3‐2.胸


胸につけるキスマークは、「独占欲」と「愛慕」を意味します。
首すじに付けるキスマークと同様に独占欲を意味しますが、見える位置か見えない位置かによって意味も変わってくるのです。
首すじは嫉妬や不信というネガティブな感情も含みますが、胸は深い愛情や信頼というポジティブな意味合いを持ちます。
また、胸=心臓(ハート)を連想してキスマークをつけるロマンチックな男性もいるようです。
相手と心の奥まで繋がっていたいという感情が、胸にキスマークを付けさせることもあります。
女性としても誰にも見えないところなので、付けられてもあまり悪い気はしないはずです。

3‐3.背中やお尻


背中やお尻にキスマークを付ける男性は、「あなたの愛情を確かめたい」と考えています。
「俺のことを愛してくれているよね?」「これからも一緒だよね?」という確認の意味が強いです。
また背中やお尻は、他に男性がいたときの警告としての意味もあります。
「他の男に取られたくない!」といった執着心から自分しか知らない場所にキスマークをつけて、周りに警告しているのです。
ただ、お尻は肌が白くキスマークが付けやすいため、キスマークを付けるという行為自体を楽しんでいることもあります。
気になるようであれば彼に意味を聞いてみても良いでしょう。

3‐4.お腹


お腹にキスマークを付けられたのなら、彼はあなたに「甘えたい」と思っている可能性が高いです。
彼はあなたに、弱い自分も見てほしいと思っているのかもしれません。
また、お腹は赤ちゃんのときにいた場所なので、その場所へ帰りたいという心理が働いています。
最近、仕事やプライベートが忙しく、彼が疲れているのではないかと考えてみてください。
お腹にキスマークを付けるのは、女性に癒されたいという心理の表れです。
この場所にキスマークを付けられたのなら、彼を癒してあげるようにしましょう。

3‐5.鼻


鼻にキスマークを付ける男性は、「あなたを傍に置いて大切に可愛がってあげたい」という気持ちが強くあります。
彼はあなたが可愛くて仕方ないのです。
また鼻にキスをするのは、愛玩を表しています。
「彼は私をおもちゃだと思っているの!?」と思うかもしれませんが、そうではありません。
彼はあなたのことを大切にしたいと思っていますし、とても愛おしいと感じているのです。
そうはいっても、鼻へのキスマークは目立つ上に痛いので、嫌なようであれば話し合いが必要となります。

3‐6.手首


手首にキスマークを付けるという行為は、あなたへの「欲望」を表しています。
彼はあなたをすごく欲している状況です。
彼はあなたに好意を抱いていて、かなり深く恋に落ちていることがわかります。
また、腕にキスマークを付ける男性は、相手を「尊敬」している可能性も高いです。
彼にとってあなたは、女性としてだけではなく人間としても素敵だと思われています。
手首にキスマークを付けられたのなら、素直に喜びましょう。

3‐7.太もも


太ももにキスをする男性の心理には、女性のことを「支配したい」という心理があります。
女性よりも上の立場でいたいと思っている男性は、太ももにキスマークを付けがちです。
また、太ももは裸にならないと見えない場所なので、裸になったときに自分を思い出してほしいという心理もあります。


「離れているときでも俺のことを思っていてほしい」という心理が働いて、太ももにキスマークを付ける男性が多いのです。
特に遠距離恋愛のカップルによくあります。
太ももにキスマークを付けられたのなら、愛されていると思って良いでしょう。

3‐8.ほっぺた


女性のほっぺたにキスマークを付けるのは、あなたに対する「親愛な心」の現れです。
国によっては、ほっぺたにキスをするのはカップル以外でもよくあります。
そのように、日本でも親しみやお礼の意味を込めてキスをするという男性もいるはずです。
また、2人で過ごした時間がとても楽しくて別れが名残惜しい場合も、ほっぺたにキスをします。
目立つ位置ではありますが、相手はあなたにポジティブな感情を抱いているので拒絶しないべきです。
同じ場所にされるのが嫌なときは、そのことを優しく伝えましょう。
以上が、キスマークを付けられた場所別にみるキスマークの意味でした。
 

4.キスマークは女性目線でアリ?ナシ?

キスマークを付けられることに悩んでいる女性
盛り上がっている時には嬉しいキスマーク。
でも、時間が経つと悩みのタネになることも。
キスマークに対して、女性はどのように考えているのでしょうか。
人には言いにくい本音を探ってみました。

4-1.正直困惑する

困惑した表情の女性
意外と多いのが、『キスマークは正直困惑する』という女性の意見。
ある調査によると、『キスマークはナシ』と答える女性が約72%いるという結果も出ています。
男性の独占欲を知って戸惑っているという人や、他の人に見られるのではと不安に思う女性が多いようですね。
男性よりも肌を出す面積が広い女性は、首元や肩などにキスマークをつけられることに抵抗があります。
職場での視線も考えると、やはり素直に喜べないというのが本音のようです。

4-2.素直に嬉しい


もちろん、大切な人にはキスマークをつけてほしいという心理から、純粋に喜ぶ女性もいます。
離れていても、キスマークを見て彼を思い出せるというのが嬉しいですね。
ただ、キスマークを嬉しいと感じる女性の意見を見てみると、どこでもOKというわけではないよう。
『見えないところなら嬉しい』『こそっと1箇所だけつけるならイイ』という意見が多く見られました。
やはり、周りの人から見えるか見えないかで、嬉しいか嬉しくないかが決まるようです。

4-3.絶対に嫌

手で拒絶する女性
そこまで多くはありませんが、キスマークは絶対に嫌だと答えた女性もいました。
『束縛を感じて気持ち悪い』『万が一誰かに見られたらどう思われるか』という率直な意見がありましたね。
また、『学生ならわかるけど、大人がつけるのは理解できない』などといった子どもっぽさから嫌だと感じる女性もいるようです。


思わぬところにつけられたキスマークは、そのままにしておくわけにはいきません。
というわけで、ここからはそんなキスマークを早く消す方法について見ていきましょう。

5.キスマークを早く消す方法は?


キスマークを早く消す方法は、以下の6つあります。
目立つ場所にキスマークを付けられた場合には、早めに対処する必要があります。
それぞれについて見ていきましょう。

消し方1.シャワーを浴びて血行を良くする


1つ目の消し方は、シャワーを浴びて血行を良くすることです。
キスマークは、皮膚が内出血をしている状態になります。
幹部を温めて血行を良くすることで、内出血している部分の修復を促しキスマークを早く消すことができるのです。
シャワーでなくても、暖かいお湯やカイロ、蒸しタオルなどで代用できます。
早ければ早いほど効果的なので、患部を積極的に温めるようにしましょう。

消し方2.氷などで冷やす


2つ目は、氷などの冷たいもので冷やす方法です。
1つ目の温める方法と正反対の方法ですが、冷やすことで血行を良くすることもできます。
保冷剤や氷、冷水などですぐに冷やすのが効果的です。
ただし、あまり冷やしすぎると皮膚が傷ついてしまうこともあります。
氷で冷やす場合には、タオルなどに包んでから患部に当てるようにしましょう。

消し方3.オロナイン軟膏を塗る


オロナイン軟膏を塗ることで、キスマークを早く消す方法もあります。
オロナイン軟膏といえば、さまざまな症状を改善してくれる万能の軟膏として有名です。
そして、内出血を改善するという効能もあります。
血行が良くなることで栄養分が患部にいきわたるようになり、キスマークが早く治るというわけです。
ドラッグストアなどで簡単に手に入り、値段も高くありません。
早く消したいなら積極的にオロナイン軟膏を使ってみましょう。

消し方4.レモン汁を塗り込む


4つ目の方法は、レモン汁を塗り込んでキスマークを消す方法です。
レモン汁には、ビタミンCが多く含まれています。
ビタミンCには血管拡張・血行促進作用があるので、キスマークの内出血を抑えることができるのです。
ただし、レモン果汁はキスマークを消すのに効果がある反面、強い酸性なので敏感肌の方は注意が必要になります。
肌荒れやかぶれ、かゆみなどを引き起こすこともあるので、皮膚が弱いならやめておきましょう。

消し方5.歯ブラシなどで軽くこする


キスマークを歯ブラシで優しくこすると、血行が促進されます。
しばらくは赤くなりますが、心配しなくても大丈夫!
15分程経つと赤みと一緒にキスマークも消えますよ。
歯ブラシがすぐに用意できない時には、タオルで優しくこする方法もあります。
急を要する時にはぜひ試して見てくださいね!
この方法を試す時には、強くしすぎると肌を傷つけてしまうかもしれません。
優しく、優しくを心がけるようにしましょう!

消し方6.ファンデーションやコンシーラーで隠す


キスマークがどうしても消えるまでは、ファンデーションやコンシーラーで隠す方法もあります。
首すじや胸元に付いたキスマークは人の目にも触れやすいため、メイクで消すのが良いです。
消し方としては、まずコンシーラーでキスマーク部分をカバーします。
その後、パウダーファンデーションを重ねてしっかり隠しましょう。
完全にキレイに隠すことはできなくても、ある程度カバーできれば気づかれる可能性は低くなります。
 
以上が、キスマークを早く消す方法でした。
キスマークを彼が付けたがるけれど、痛いから困っているという人もいると思います。
最後に、痛くないキスマークの付け方を知って彼にお願いするようにしましょう。
キスすべきタイミングについては、こちらの記事を参考にしてください↓

6.痛くないキスマークの付け方は?

痛くないキスマークの付け方には、4つのステップがあります。

それぞれのポイントについて見ていきましょう。

ステップ1.皮膚の薄い箇所を狙う


痛くないキスマークを付けるには、皮膚の薄い箇所を狙うようにするのが良いです。
首すじや胸などの皮膚が薄い部分は、毛細血管が多いので内出血が起こりやすくなります。
ただし、首すじや胸などは人目につきやすい部分です。
その場の勢いでキスマークをつけるのではなく、後のことも考えてからにしてもらいましょう。

ステップ2.唇を濡らしておく


痛くないキスマークを付けるためには、唇を濡らしておくことも必要となります。
事前に唇を濡らしておくことで肌と唇の密着率が上がりキスマークが付きやすくなるのです。
また、密着率が上がることで、吸うときに出る音をなくすこともできます。
軽く唇を舐めるなどしてからキスマークを付けてもらいましょう。

ステップ3.口をすぼめて吸う


キスマークを付けるときは、口をなるべく小さく開けてすぼめて吸うようにします。
口を大きく開けてしまうと力が分散されて、キレイなキスマークが作れなくなってしまうためです。
唇の形を「う」にして、タコをイメージすると少ない力でキスマークが作れるので意識してもらいましょう。

ステップ4.時間をかけて繰り返し吸う


キスマークは一度で付けようと思わず、時間をかけて何回も繰り返し吸うのがポイントです。
一度で付けようとしてしまうと、力が強くなってしまい痛みが出る可能性があります。
数回に分けて吸った方が雰囲気も出ますし、される側としても負担がなくて良いです。
じっくり時間をかけてもらうようにしましょう。
以上が痛くないキスマークを付ける4つのコツでした。
彼がキスマークを付けるときには、これらのポイントをおさえてもらってください。
ちなみに、キスマークをつける愛情表現の他に、ディープキスをするのも恋人にはピッタリです。
ディープキスについては、以下の記事を読んでみてください↓

7.キスマークをつける練習なら自分の腕で


キスマークで恋人に痛い思いはして欲しくないですよね。
そこで「キスマークの練習をしたいけれど、どうやるの?」と思う人もいるのではないでしょうか。
練習は案外簡単なので心配しなくても大丈夫!
キスマークをつける練習は、自分の腕でできちゃいます。
自分から見て一番見やすい場所にありますし、つけやすい部位になります。
練習する時は、なるべく手首から遠い場所にキスマークをつけるようにしましょう。
もし誰かに見られてしまったら恥ずかしいですよね。
服に隠れるくらいの場所で練習するのがベストです!
また、恋人にも誤解を与えてしまう可能性があります。
お泊まりの予定が被らない時に練習するのがおすすめですよ。
 

8.キスマークをつけられたくない時の上手な断り方

女性が唇を尖らせたカップル
どうしてもキスマークをつけられたら困るタイミングってありますよね。
次は、彼を傷つけずにキスマークを断りたいというあなたに、上手なキスマークの断り方をご紹介します。

8-1.優しく断る

頬を膨らませてキスマークを付けないようにさせる女性と後ろから抱きしめる彼氏
キスマークをつけるということは、2人の雰囲気が良いということ。
その雰囲気を壊したくがないために断れないという女性は多いものです。
そんな時には、優しい言葉や態度で断れば角が立たずにキスマークを避けることができます。
『明日は〇〇があるからダーメ!』とやんわり手で押しのけたり、『恥ずかしいからやめて』と身体をよじったり。
この程度なら、雰囲気を壊しませんよね。
でも、中には逆に燃えてしまう男性も。
そこでおすすめなのが、しっかりと目を合わせて「ダメ」と言うこと。
言葉や雰囲気は優しい一方、目では真剣に訴えることで、本当に嫌がっているということを察してもらえます。

8-2.他の方法を提案する

青空の下で抱き合うカップ
気持ちが盛り上がってキスマークをつけようとしている男性には、キスマークに代わる方法を提案するのも有効。
『キスマークじゃなくてちゃんとキスしよう!』
『ぎゅーってしたい気分!』
などと甘えながら他の方法を提案することで、雰囲気を壊さずキスマークを断ることができます。
また、見えないところにならされても良いという場合には、お腹や太ももなどの別の場所を提案するのもアリ。
キスマークをつけるほどあなたのことを好きな男性なら、喜んで提案した場所に変更してくれます。

8-3.はっきり伝えることも必要

裏庭で話し合うカップル
優しく断ってもダメ、何度言っても効果がないという男性には、はっきりと伝えることも必要。
盛り上がっているときには伝えにくいと思うので、できれば日常会話の中から伝えていくのが理想です。
『職場の人に指摘された』『友達に引かれた』などの具体的なエピソードと一緒に嫌だという気持ちを伝えれば、どんなにわからずやの男性にも気持ちを伝えることができます。
どうしてもやめてほしいという強い気持ちは、しっかりと言葉にして伝えるようにしましょう。

9.まとめ


男性がキスマークをつける最大の理由は、あなたへの愛情を表現するため。
独占欲や嫉妬心も、全てあなたへの深い愛情から来るもの。
つける場所によって細かい意味は違うため、気になる人はぜひ確認してみてください。
また、たとえ愛情表現であっても『キスマークを早く消したい』『断りたい』という人もいることでしょう。
そんなあなたは、今回ご紹介した方法を試してみてくださいね。
キスマーク1つで2人の関係が変わってしまうことは、どちらも絶対に望んでいません。
彼からの愛情をしっかりと受け止めつつ、お互いが納得できる形になるよう、コミュニケーションを大切にしていきましょう。

▼気になる男性の心理を知りたい方はコチラの記事もチェック!▼


 

Avatar photo
フェリーチェ編集部
follow me
related posts

関連記事