難波の相席屋・ラウンジ厳選3店!大阪で美女を探すならここで決まり!

「せっかく大阪に来たし、関西弁のかわいい女のコと会いたい!」
「難波でおすすめの出会いスポットが知りたい!」

と難波での出会いについて悩んでいませんか?

実は難波は今、相席ラウンジ相席居酒屋が大人のナイトスポットとして注目を浴びています。

クラブやバーなどの定番なものよりも、より自然なかたちで気軽に男女の出会いを楽しむことができるため人気が集まっているのです!

今回は相席系飲食店について、人気の3店舗を紹介します。

また、女性をスマートにお持ち帰りする方法も合わせてご紹介しますのでぜひ試してみてください。

自然なかたちで出会えるという相席型のお店を使って、もっと気軽に難波での出会いを楽しみましょう!

この記事のポイント

  • 難波でおすすめの相席ラウンジ、居酒屋は3店舗。JIS NAMBA(ジス 難波)とオリエンタルラウンジ、Meets Bar(ミーツバー)
  • 相席系居酒屋からお持ち帰りするなら、まずは2人組で行くこと。3軒目にはしごする時が勝負

女性の方でどんな人が相席にいるのか気になるという方はこちらの記事を参考にしてください。

1.相席ラウンジ JIS NAMBA(ジス 難波)

相席ラウンジ JIS NAMBA(ジス 難波)

画像引用:JIS NAMBA

相席ラウンジ JIS NAMBAは、全国に相席ラウンジを展開しているJIS(ジス)の難波店です。

店内は高級感溢れる作りで、全席ソファ席となっていて、ラグジュアリーな大人の空間を贅沢に楽しむことができます。

  • JIS NAMBAの魅力
  • 料金システム
  • 店内の雰囲気

1-1.JIS NAMBAの魅力

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

JIS NAMBA(@jis_namba)がシェアした投稿

相席ラウンジJIS難波の良いところは、ホームページでリアルタイムで男性・女性の客数をみれるという点です。

全国にある相席ラウンジJISの中でも人気の高いジス難波では圧倒的に女性の利用客が多いため、男性におすすめの場所です。

また、ジスの受付には店内での禁止事項もしっかり明記されており、とてもしっかりした印象を受けます。

相席系飲食店は、店舗によって客層が違いますが、ジス難波では、お店も客層もチャラついていない大人な女性が多いです。

女性は、学生から仕事帰りのOLの方まで幅広い層であふれています。

また、ジスでは1人での利用も可能なため、気軽に立ち寄ることができますよ。

まずは行く前に女性がどれくらいいるか確認してから行きましょう。

1-2.料金システム

ジス難波の料金システムは、男性料金はチャージ500円で、10分毎の相席で500円(金・土・祝前日は10分ごとに600円)。

時間制の10分200円でフリードリンクという仕組みになっていて、女性と相席になっていない時間も料金は発生します。

ドリンクは各テーブルに設置されているiPadから注文して、店内のスタッフさんがテーブルまで持ってきてくれる仕組みです。

利用状況 料金
チャージ料金 550円
相席10分(平日) 550円
相席10分(金土祝前) 660円
相席していないとき10分 220円

※料金は全て税込

1-3.店内の雰囲気

ジス難波の店内の雰囲気は、インテリアに凝ったつくりのため、ラグジュアリーな大人の空間となっています。

大型LEDモニターや、美しい壁一面のグラデーション照明ガラスが気分を盛り上げます。

また店内も広々としており、ゆったりとした時間を楽しめるでしょう。

ジス難波では、店員さんが最初から女性の隣に座るように誘導してくれます。

自然なかたちで隣同士になれることで、より仲良くなる可能性が高くなるでしょう。

大人な空間で異性との出会いを楽しみましょう。

JIS難波について、さらに詳しくはこちらの記事も参考にしてください!

2.オリエンタルラウンジ難波

オリエンタルラウンジ難波

画像引用:オリエンタルラウンジ難波

オリエンタルラウンジ難波は、ラグジュアリーな雰囲気を持ちつつも、カジュアルな雰囲気も併せ持っています。

メインフロアの中心にはラスベガスのカジノを彷彿とさせるようなカウンターがあり、その周りをたくさんのソファーが囲っています。

若い男女が多く、オリエンタルラウンジ難波であれば気軽に出会いを求められるでしょう。

  • オリエンタルラウンジ難波の魅力
  • 料金システム
  • 店内の雰囲気

2-1.オリエンタルラウンジ難波の魅力

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

オリエンタルラウンジ難波店 相席ラウンジ(@olg.namba)がシェアした投稿

オリエンタルラウンジ難波の魅力の一つとして挙げたいのは、女性が「相席したい」という意思のある方が多いこと。

男性としては、大きなポイントと言えるでしょう。

「男性が女性の分も支払っている」ことを理解している女性も多く、一緒に会話を楽しもうとしてくれます。

テーマパークのような雰囲気も相まって、アトラクションの一つとして出会いを楽しみたい方が多いように感じます。

男性も女性も気さくな方、フレンドリーな方が多く、男女の出会いはもちろんのこと友人やビジネスパートナーに出会うこともあります。

料金システムも明瞭で、相席ラウンジにしては価格帯が安めなので、初めて相席ラウンジへ行こうという方にもおすすめできます。

2-2.料金システム

他の相席ラウンジと同じように女性の相席利用は無料です。

チャージ料金は、女性の場合もこちらは男性と同じく500円かかります。

男性の相席利用料金は10分600円、金・土・祝前日は650円という仕組みになっています。

利用状況 料金
チャージ料金 500円
公式アプリSOLOTTE!ダウンロードで無料!
相席10分(平日) 600円
相席10分(金土祝前) 650円
飲み放題10分 200円

※料金は全て税込み

税込み料金なので他よりも割安です。

豊富なビュッフェ&デザートは女性にも人気な魅力のひとつです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

オリエンタルラウンジ難波店 相席ラウンジ(@olg.namba)がシェアした投稿

2-3.店内の雰囲気

オリエンタルラウンジ難波店は、落ち着いている雰囲気というよりは盛り上がっている雰囲気です。

本気の出会いを見つけに行く、婚活のつもりで行くというよりかは、ワンナイトラブのようなその場を楽しみたいという方に向いているでしょう。

予約なしで気軽に楽しめる合コンスタイルのオリエンタルラウンジ難波店はちょっとした時間つぶしにもおすすめです。

スタッフの方が年齢や人数、雰囲気を合わせてセッティングしてくれるので安心して楽しめるでしょう。

3.Meets Bar(ミーツバー)

Meets Bar(ミーツバー)

画像引用:Meets Bar(ミーツバー)

難波でも最高級といえる相席ラウンジMeets Bar(ミーツバー)

Meets Bar(ミーツバー)は他店に比べて価格帯が高く設定されているため、ハイスペ男子しかいないと名高いラウンジです。

そのため女性側の客層も美女揃い。

落ちついていて品のある、素敵な女性が多いですね。

  • Meets Bar(ミーツバー)の魅力
  • 料金システム
  • 店内の雰囲気

3-1.Meets Bar(ミーツバー)の魅力

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

MEETS BAR Official(@meetsbarofficial)がシェアした投稿

Meets Bar(ミーツバー)では、とにかく高級感溢れるラグジュアリーな空間を楽しめます。

少し前まで年収1,000万円以上の男性しか入店許可されず、そして料金が高いこともあり今でも男性側のほとんどが経営者です。

ハイスペ男子が揃う場所には、やはり女性もハイスペばかりが揃います。

Meets Bar(ミーツバー)に来店する女性はインスタ映えを狙った方も多く、容姿に自信のある美女ばかりです。

Meets Bar(ミーツバー)の大きな魅力は、男性も女性もとにかく素敵な方しかいない、というところでしょう。

3-2.料金システム

Meets Bar(ミーツバー)も、他店の相席ラウンジと同様に女性は無料です。

チャージ料もかからず女性の席料は完全無料なので、男性側の負担は少し大き目かと思います。

ただし相席時にしか席料はかからず、非相席時は席料無料なのはとても良心的ですね。

もちろん飲食代は別途かかりますので、その点はご注意ください。

利用状況 料金
相席10分(平日) 1,100円
相席10分(金土) 1,320円
相席していないとき10分 0円

また、カウンターと個室の席料は同じですので、好きな個室が見つかった場合には個室をお願いすると良いでしょう。

3-3.店内の雰囲気

落ちついていてラグジュアリー感のある、とても上品な相席ラウンジです。

わいわいした雰囲気ではなく、ゆったりとした余裕のある大人の雰囲気を味わいたい方におすすめです。

ティファニーブルーを使ったしっとりとした空間を作り出していて、上品な男性と女性しか入店できないようなラウンジと言えるでしょう。

またMeets Bar(ミーツバー)の常連さんになると、スタッフさんがコンパのようなものをセットしてくれることもあります。

ですので「ハイスペだけどコミュニケーションが少し苦手な男性」でも、何度もラウンジへ通うことで美女と出会えるようになっています。

なおカウンターでの相席は、ソファーや個室に比べて距離感が近くなります。

それでも無遠慮に身体を触ったりしないような男性が多いお店、ということですね。

がっつきやすい男性は、避けたほうが良いお店とも言えますので注意しましょう。

4.相席系飲食店でお持ち帰りするためのポイント4つ

相席系飲食店でお持ち帰りするためのポイント4つ

せっかく相席屋で気になる女性に出会ったら、その後の関係も築いていきたいですよね。

時間もお金も無駄にしないように、攻略ポイント4つご紹介いたします。

  • ポイント1.相席屋には2人組で行く
  • ポイント2.質問を2~3個あらかじめ考えておく
  • ポイント3.相席屋から2軒目が大事
  • ポイント4.3軒目に向かってる時が勝負

それでは順番に紹介します。

ポイント1.相席屋には2人組で行く

相席屋にくる女性のお客さんのほとんどが2人組。

人数を合わせることで一気にお持ち帰り度がUPするでしょう。

なぜなら3人組の場合だとその場を楽しむためだけなので、女子会のような感覚で来てる場合が多いからです。

その後、2対2から1対1に持ち込みやすくなるため2人組での来店がマストです。

また、18時から20時早めの時間帯に行くのもおすすめです。

女性の数が多いため、その分出会いの数も多くなります。

ポイント2.質問を2~3個あらかじめ考えておく


相席屋に行くときは定番の質問を2~3個あらかじめ用意していきましょう。

質問を用意しておくことで、何を話せばいいかわからないということを防げます。

例えば、「今日は何していたの?」「休みの日は何をしているの?」「趣味はなに?」など当たり障りなく答えやすい質問からしてみましょう。

後は質問を深掘りしていって話を広げていけばOK!

聞くことに徹し、相手に自分の話をしてもらいましょう。

そして営業でもよくある手法のように、褒めて褒めて女性に話していて楽しい!と思わせることが大切です。

人の話を聞ける余裕のある男という印象をつけることがポイントです。

ポイント3.相席屋から2軒目が大事

相席屋からすぐにホテルへ向かうのではなく、間にもう1軒はさみましょう。

これには理由があり、面白い話をする→甘い雰囲気にする→下ネタを言える仲になるという状態になっていたら高い確率でOKをもらえるからです。

そのため2軒目はバーなどのしっとりとした大人の空間で甘い雰囲気にしてからが効果的です。

ポイント4.3軒目に向かってる時が勝負

2軒目を出てからいつの間にホテルに行く流れになっていたというのが理想です。

お店を出たときに相手の女性と話しながら歩き始めましょう。

ここでのポイントは「会話を止めない」ことです。

相手の集中を会話に向けさせてください。

そして「明日休み?」「もっと一緒に居たくない?」「俺のこと少しはいいって思ってくれてる?」というような会話を何度繰り返すと、徐々に否定出来なくなりどんどんガードがゆるくなっていきます。

いい雰囲気を作って、ホテル打診をしてみましょう。

相席ラウンジで女性にモテる方法について詳しく知りたい人には以下の記事がおすすめです。

5.まとめ:自分に合った相席屋・ラウンジを見つけよう

まとめ:自分に合った相席屋・ラウンジを見つけよう

今回相席ラウンジ、相席居酒屋について人気の3店舗をご紹介しました。

同じ相席系のお店でもれぞれコンセプトが異なるため、それにともなって集まる客層や雰囲気も変わってきます。

自分にはどのタイプの相席屋が合っているのか参考にしながら、さまざまなお店に実際に行って体験してみてください。

相席系のお店攻略ポイントもぜひ試してみてくださいね!

↓↓相席ラウンジ初心者の人にはこちらの記事もおすすめです↓↓

関連記事

  1. JISの特徴は?相席した人の評判からわかった良い点・悪い点も解説

  2. JIS梅田はどんなお店でどんな人が利用している?出会うためのコツも紹介…

  3. 渋谷の相席屋の口コミは?利用前の注意点や相席ラウンジとの違いも解説

  4. 博多・天神のオススメ相席ラウンジ3店 博多美人と会ならここ!

  5. JIS札幌は一人でも使える出会いスポット!料金やシステムを紹介!

  6. 梅田の相席屋の料金や口コミを解説!相席屋よりもお得な相席ラウンジも紹介…

  7. JIS福岡は1人でも行ける!利用した人の口コミや出会うためのコツを紹介…

  8. 新宿の相席屋2店舗を解説!料金やシステム・口コミ評判まで

フェリ恋 フェリーチェについて フェリーチェについて 恋愛四季報の本 恋愛四季報の本