dineアプリで6人の男性と高級レストランデートした日記

目次

マッチングアプリって最近流行ってるけど、「正直会うまでのメールのやり取り疲れる……」って思ったことありません?!
私はいつも思ってます。さっさとデートに誘ってくれよって。
が、最近私にピッタリのマッチングアプリを発見しました!それがデートにコミットするアプリ「dine」
マッチングしたら、いきなりデートの日程調整から始まるんです!
今回は、私がdineで出会ってデートした数々の男性(主にハイスペ)との記録を書いていきます。
「100回のメールより、1回のデートを」
 
ではではいってみよ~!!
 

今回dineアプリを使った女性筆者のスペック

と、その前に今回dineアプリを使った筆者の自己紹介を。

名前:小泉なな(仮名)
年齢:26歳
職業:WEB系フリーランス
彼氏いない歴:1年
好きなタイプ:頭が良くてセンスの良い人
独立してフリーになった結果、「すごいね」「話聞かせてほしい」と急にモテるようになった。
手持ちのアイテムはすべて使って、今の自分に達成可能な一番良いポケモン(男)を捕まえたい!

dineなら日程調整も女性から気軽にできる


従来のマッチングアプリは、マッチング後にたくさんのメッセージの往復をしてからデートの約束をして会うのが普通。
でもdineはそのやり取りを簡略化したアプリなんです!
「100回のメールよりも、1回のデートを。」と公式も推奨しているように、メッセージのやり取りを減らし、まずは「会うこと(デート)」を重要視しています。
自分の好きなお店を選んで気になる異性にアプローチをするという流れも、OKをもらった後の日程調整も男女でアプリの使い方は変わりません。
つまり、女性からもどんどんデートのお誘いや日程調整を提案することができちゃうわけです!
デート直前のドタキャンを防止するシステムも完備されているので、安心して利用することができます。
メッセージのやり取りだけだと顔がいつまでも見られないので相手の印象が掴みにくく、それに時間ばかりを取られてしまってはもったいないですよね。
「即日デートでまずは会ってどんな相手か知りたい」って人にはピッタリのアプリですよ。
 
>>dineアプリダウンロード
 

1人目:IT企業経営Sさん

dineデート1人目は、IT企業を経営するSさん39歳
剛●彩芽(26)と●澤さん(42)の歳の差カップルを見ていて、アラフォーもありかなと思い会ってみることにしました。
初回デートはなんと、マンダリンオリエンタルホテル38階のレストラン「ケシキ」!!!
マッチング後の私
 
「ファッ?!IT社長とマンダリンホテルのデートが決まったんだけど!dineヤバくない?!www」
 

1回目デート:マンダリンオリエンタル東京


マンダリンオリエンタルでのランチデート。
昼間からこんな素敵なところでおしゃれなランチを食べれて……最高すぎ!
Sさんの見た目は、ZOZOTOWNの前●さんのような感じ。
広告代理店業界1番手→起業という凄い経歴なのに、腰が低くて優しくて素敵でした。
Sさん「ななちゃん、さすがフリーでやってるだけあって仕事も頑張ってるしスゴイね」
と言われハッピー!
普通に過ごしてたら絶対こんな人と出会うことなんてなかった。
Sさん「えっななちゃん●●●住んでるんだ?!僕が前住んでたところと同じだよ!」
Sさん「おすすめのラーメン屋があってさ、ぜひ行ってみてよ」
と地域ネタでも盛り上がりました♪
 
1回目デートはかなりの好感触!
彼が海外出張から帰ってきてから、2回目のデートに行くことになりました。
 

2回目デート:渋谷のカジュアルなバーからの映画


2回目デートは彼が行きつけだという渋谷のバーへ。
1回目とは打って変わってカジュアルな感じ。
なな「海外出張お疲れ様でした♪」
Sさん「ななちゃんに、実はお土産買ってきたんだ。コーヒー、好き?」
海外出張先でも私のことを思い出してくれていたなんて……♡コーヒーも好きだけどSさんのことも好き!!
しかし、私には懸念していたことがありました。それは、マッチングアプリの結婚歴に「別居中」の文字があったこと。
なな「Sさんって、別居中なんですよね?もう離婚はしたんですか……?」
Sさん「実は、まだなんだよね。来年の秋にするつもり」
 
……はい、なし!
法律を犯して慰謝料請求されるのだけは避けたい。その後映画を見て帰宅し、再びSさんに会うことはありませんでした。
 
教訓:離婚届に判を押しているかは早めに確認しよう
 

2人目:広告代理店勤務Tさん

次に会う約束をしたのは、広告代理店業界3番手勤務のTさん26歳。
タメだし、代理店の人と仲良くなってみたいな~と思い会うことに。
見た目は代理店のわりに真面目で誠実そう。
恵比寿にある焼き鳥屋、「中目黒いぐちPIN」で会うことに。
 

1回目デート:中目黒いぐちPIN


中目黒いぐちPINは高級焼き鳥屋のわりには、人がたくさん入っていて賑わっていました。
カウンター席がよかったなぁと思いつつも案内されたのはテーブル席。
なな「Tさんって代理店なんですよね?!社内の飲み会とか多いんじゃないですか?」
Tさん「まあ確かに飲む人は多いな~」
と会社員あるあるトークと居住地トークで場を持たせる。



てか、それ以外何喋ったか覚えてない。
Tさん「じゃあ俺、またちょっと会社に戻って作業するからまたね!」
とあっけなく解散。
その後のLINEをご覧ください。え?なにこの塩対応?!私なんかした?
全額奢りにさせてしまったことぐらいしか心当たりがない。
 
教訓:同い年なら半額払おう
 

3人目:外資金融勤務Nさん

つづいてのお相手は、外資系金融に勤めるNさん39歳。
なんと……年収「3,000万~1億」との記載が。
マッチング後の私
 
「嘘でしょっ?!年収1億とかそんなことある?!」
本当は高級寿司屋でマッチング成立したのですが……席の予約が取れずあえなく恵比寿の焼き鳥屋に変更(泣)
 

1回目デート:鶏 しま谷


今回のデートは、「鶏しま谷」
落ち着いたカウンター席で次々と運ばれてくる焼き鳥が、とっても上品で美味しかったです!
会う前から緊張していた私ですが、すごく紳士な方で終始会話をサポートしてくれました♡
お仕事の話たくさん聞けて、面白かった~!そして、私の話もたくさん聞いてくれた。
Nさん「ななちゃんまだ時間ある?良かったら2件目いかない?」との誘いが。
なな「私……普段あんまり2件目行かないんですけど、今日は行っちゃおうかな♪」
そして向かった先は、ウェスティンホテルのジャズバー「コンパスローズ」

これぞアラフォーの余裕なり。
その後駅まで手を繋いでバイバイ。(好感触キタコレ)
 

2回目デート:看板のないおしゃれなバー

2回目デートは、焼肉KINTANからの看板のないおしゃれなバー。

あかん、店選びのセンスが良すぎる……。
会話は、海外のあれこれについて。
 
ところで、アラフォーハイスペって海外出張に行きがちですよね。(1人目参照)
「お土産買ってきてくださいね~!」と言っていた私に彼が買ってきてくれたのは、なんとピエールマルコリーニ。(1箱5,000円の高給チョコ)
Nさん「ベルギーで買ったから、安かったんだ」
 
これぞアラフォーのよゆ(ry
向こうも好印象を持ってくれているみたいだし、なんかもう付き合ってもいい気がしてきたぞ?
しかし悲しきかな、私の好みにハマる完璧な人がなかなかいない……。
彼とはキスの相性が全然合いませんでした。
 
教訓:キスの相性で体の相性がわかる(多分)
 

4人目:WEB系フリーランスNさん

一旦アラフォーを狙うのやめにしようと、次にターゲティングしたのはWEB系フリーランスのNさん28歳。
同じ仕事だから、きっと話も合うし楽しいはずだ。
マッチングしたレストランは、代官山の「スプリングバレーブリュワリー」
 

1回目デート:スプリングバレーブリュワリー


クラフトビールが美味しいスプリングバレーブリュワリー東京。
内装がおしゃれすぎて、パシャパシャ写真を撮っていたら、なんだか東●カレンダーみたいなエモい写真が撮れた。

肝心の彼の見た目の印象は、タイプではないけど別に悪くないかなと言った感じ。
元カノの話で盛り上がった。
そして私が、この後仕事が控えているため1件目で解散。
 
お会計はトイレに行っている間に彼が済ませてくれていましたが、のちに4,000円徴収されました。
(彼が多く払ってくれていると信じたい)
 
以上、その後の進展なし。
 
教訓:頑張って会話で盛り上がりポイントを作ろう
 

5人目:IT企業勤務M

次にマッチしたのは、IT企業デザイナーのM(カナダ人)29歳。
ついに日本人を諦めて外国人を狙うことにした。WEBデザイナーだから話も合うはず。
dineでマッチしたレストランは既に私が行ったことあるレストランだった。
なな「すみません、○○のレストランは既に他の人と行ってしまったため違う店に変えて貰えたりしませんか?」
M「いいよ!」
無事にデート場所の変更打診成功。
 

1回目デート:CEDROS(セドロス)


デート先は、代官山のモダンシーフードレストラン「CEDROS(セドロス)」(dineリスト外)
オーナーのタトゥーの入ったカリフォルニア人が鬼イケメンなので、もうそれだけで行く価値あり。
M「ななは留学してたんだよね?どこ行ってた?」
M、日本に来て3ヶ月なのに日本語ペラペラ。
なな「私はアメリカの○○ってとこに留学してたよ♪Mってニューヨーク出身?」
M「出身はニューヨークだけど、カナダで育ったから中身はカナダ人かな。去年は香港にいて、今年の夏に東京に来たんだ」
 
ニューヨーク出身とか、絶対親エリートだろ。
あと、私だけかもしれませんが「頑張って日本語を喋ってくれる外国人」ってなんだか可愛く見えてくるんですよね。

2、3回目デート:アート展~広尾~公園でまったり

彼とは3回目のデートまで発展しました。
グルメな彼とのデートは、決まって東京の美味しいレストラン。
2回目:銀座でお寿司ランチ→話題スイーツ

3回目:六本木でアート展→広尾で食べ歩き→公園でタピオカ

ねぇ、タピオカ飲みながらとりとめのない会話って、ドラマのワンシーンみたいじゃない?
 
M「dineで何人か会った中で、2回以上デート行ったのはななともう一人だけだよ」
ここで私が踏み込んで、「なんで私とは3回も会ってくれたの?」って聞くべきだったのかもしれません。
しかし悲しきかな、彼とは3回デートしてもカップルになるところが想像できなかったんです。
 
教訓:外国人とのデートは楽しい(ただし友達として)
 

6人目:外資コンサル勤務Kくん

続いては、外資系コンサル勤務のKくん27歳。
慶応院卒外資コンサル勤務とのことで、私の好み「頭が良い」にマッチ。
慶応卒は頭良いのにノリも良いからな。
恵比寿のカフェでランチデートをすることに♪
 

1回目デート:パイルカフェエビスが見つからない


駅で待ち合わせをして、「パイルカフェエビス」に向かうはずだったのが……お店が見つからないという非常事態。
どうしても見つからないので、Kくんおすすめの違うカフェに行くことに。(予約はしていなかった)
酒好きなKくんとは、会話のテンションも合い昼間か3件はしごしてビールを飲みましたw
Kくん「ななちゃんめっちゃ気使わないし心許せるかも……家の鍵預けて『入ってていいよ』って言っちゃいそうなぐらい(笑)」
なな「あかんってそれ不用心すぎる!私初対面!!(笑)」
その後もお互いの趣味の話で盛り上がり……確かに気を使わないし楽!!
 
~その後Kくんは用事があるので解散することに~
Kくん「俺の用事が終わるまで待っててくれてもいいよ?(3時間)」
なな「3時間も買い物続かないからっ(笑)」
と言って彼はまだ一緒に居たそうだったけど帰りました。
 

2、3回目デート:ドライブデートで紅葉狩りへ

彼とは3回目のデートまで発展しました。
2回目は彼の家でご飯を作って一緒に食べ、3回目は紅葉狩りをしに1日がかりのドライブデート。

手も繋ぐし「あれ、もう付き合ってるみたいじゃない?」と錯覚するほど。
 
「本命の女の子なら昼からのデートに誘う」とイケメンの先輩が言っていたので、脈ありなんじゃないでしょうか。
 
Kくん「クリスマス何するの?」
なな「えっ?クリスマス?!まだなんも決めてない!」
Kくん「俺、実はクリスマスを彼女と過ごしたことってあんまないんだよね」
 
クリスマスのデート打診キタコレw
 
教訓:手料理をふるまって何もしないで帰れば落ちる
 

7人目:トレーニングジム経営Hさん

最後の1人は、トレーニングジムを経営しているHさん31歳。
ここまでdineで出会った人とのデート記録を書いてきましたが、実は私その間にもずっと好きな人がいたんです。
その彼との出会いは、結婚式帰りに友達と寄ったオリエンタルラウンジ
VIPルームで4:4の相席だったんだけど、なぜかHさんだけやたらと目が合う……!
なな「Hさん筋肉スゴイですね!抱かれたい男No.3かも!」
Hさん「No.3って何(笑)No.1誰なんだよ(笑)」
どうやらNo.3と言われたのが不服だったらしく、それから私のことを意識しだしたのだとか。
 

1回目デート:時はさかのぼり花火大会

時はさかのぼること夏。
ノリで「花火見に行きたいな~」と私から言い、2人で見に行くことになりました。
男性と花火を見に行くなんて学生時代の彼氏以来4年ぶり。
当日は一緒に浴衣をレンタルしに行き、ドレスアップした私に、彼は1日中「キレイだね」と言ってくれていました。
 
これが大人の花火デートってやつ?!
彼と見た花火はとっても綺麗だった。

驚いたのは、レンタル浴衣代+花火大会までのタクシー代+有料閲覧席代+その後のデート代を、全て彼が払ってくれたということ。
1日で使った総額3万円。好きじゃない女の子にそんな使うかな?
 

2回目デート:AELU(アエル)

2回目のデート先は、代々木上原の「AELU」からのジンが有名なバー。

お店選びのセンスも、会話の盛り上げ方も女性のエスコートも完璧。もう非の打ちどころがない。
 
しかし私、その後彼の家に行って一晩を共にするという失敗を犯してしまったんです。
 
2回目以降、あの手この手を使って彼にアプローチ。
でも1回目の情熱はどこへやら……全然振り向いてくれないんです。
 
「1人の男に固執しちゃだめだ!余裕の女を演じよう!」
 
そう思ってdineを始めたのでした。
dineを始めてから3ヶ月。もうあきらめてKくんと付き合ってもいいかな?と思い始めたころ、まさかのHさんから連絡が来て会うことに。
Hさん「ななちゃんは、もう他に好きな人がいるの?」
なな「うーん、色んな人とデートしたけど、Hさんを上回る人はいないかな」
Hさん「まじ?じゃあ俺と付き合ってみる?」
 
教訓:案外同時進行した方が上手くいく
 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
私のdineで出会った男性たちとの赤裸々デート日記を公開しました。
結局dineじゃなくてオリエンタルラウンジで出会った人と付き合ったんだけどね(笑)
大好きな人と付き合えて本当に良かったです!
デートにコミットするアプリ「dine」と相席ラウンジ「オリエンタルラウンジ」は、
ハイスペ男性に出会えてセンスの良い店に連れて行ってもらえるという、とっても女トクな出会いの手段でした。
皆も試してみてね!
>>dineアプリダウンロード

Avatar photo

フェリーチェ編集部

follow me
related posts

関連記事

Scroll to Top