デートの誘いを断られた!それでも2回目でOKされる方法を伝授!

目次

「せっかくデートに誘ったのに断られた」と落ち込んでいませんか?
しかし、落ち込むのはまだ早いです!
1度デートに断れただけなら、まだ脈アリの可能性は残っています。
しかし、断られた後のあなたの態度によっては相手に「断って良かった」と思われることも。
今回はデートを断られる理由や再びアプローチを掛ける方法をお伝えします。
デートに断られても、適切なアプローチをしてもう一度デートに誘いましょう!

1.デートを断られる理由

まずはデートを断られる理由から、男女別にご紹介していきますね。

1-1.女性がデートを断る理由

女性がデートを断る理由というのは、何も「誘ってきた相手のこと好きではないから」という理由だけではありません。
中には「誘ってくれた相手のことは、自分も気になっているのだけれど・・」とやむを得ずデートをお断りする女性だっているのです。
あなたも、もしかしたらやむを得ずデートをお断りされたのかもしれません。
まずは、女性がデートを断る理由を3つご紹介します。

  1. 別の用事がある
  2. デートにかけるお金がない
  3. あなたと2人きりになるのが嫌

女性がデートを断る理由を知って、女性の心を分析してみましょう。

理由1.別の用事がある

一番に考えられる理由は、別の用事があるからという理由です。
せっかく男性からデートに誘ったけどどうしても都合がつかず、デートをお断りするという女性は多くいます。
あなたが「〇日にデートしない?」と具体的な日にちを提示して女性をデートに誘ったのであれば、別の用事がある可能性が高いです。
相手の女性は予定をチェックし、「もう予定が埋まっているな」と確認し、「その日は忙しいんだよね」と断ったのかもしれません。
このような断り方の場合、脈ありの可能性はまだまだ高いので「いつなら空いてる?」と聞いてみましょう。
空いている日を教えてもらえるはずです。
ただし、「しばらくは空いていない」という断り方は、建前で「別の用事がある」「忙しい」と言っている可能性もあります。
その場合には、それ以上食い下がると「この人めんどくさいな」と思われてしまうかもしれません。
一歩引いて、しばらくしてからデートに誘ってみるのが良いでしょう。

理由2.デートにかけるお金が無い

デートにかけるお金がないことも、女性にとってはよくあるデートを断る理由です。
きっと、女性に「お金が無くてデートできないんだよね・・」と断られたという経験をした人もいると思います。
そんなとき、「デート代出すから!」なんて安直に返事をしてはいけません。
女性はデート当日に使うお金が無いのではなく、デートの準備をするお金が無いということで「お金が無い」と言っている可能性が高いです。
女性の中には、デートをするために新しい洋服や靴、化粧品を買いそろえるという人もいます。
そんなオシャレな女性であれば、デートのために数万円必要だと考えているのかもしれません。
そのため、お金が無いと言われたらとりあえず黙って引き下がるのが吉です。
冗談の言える関係性が築けているようなら「最近出費あったの?」「給料日いつなのさ(笑)」と軽く聞いてみるのも良いでしょう。

理由3.あなたと2人きりになるのが嫌

デートを断る理由として、あなたと2人きりになるのが嫌だという心理が働いていることもあります。
あまり関係を築けていないのであれば、警戒心を持たれている可能性が高いです。
男性がほとんどの女性を恋愛対象として見るのに対し、女性はその反対にほとんどの男性を恋愛対象として見ていないと言われています。
そのため、「まだ相手のことを良く知らないのに2人でデートしてその気にさせてしまったらいけないな」と警戒し、男性とのデートを断る人も多いです。
「2人きりはちょっと・・」と言ってくれればまだわかりやすいのですが、この手のタイプは「忙しい」など別の理由をでっち上げてデートを断ってくることが多いです。
もしあなたが相手と普段からそれほど親しくないのにデートに誘って断られたのであれば、相手に警戒されている可能性が高いと判断するのが賢明でしょう。
その場合、無理に押しまくるのは危険です。
余計に警戒心を抱かれてしまうかもしれません。
相手の警戒心を解くためには、普段から会話を多くしたりLINEの回数を増やすなどをして地道に距離を詰めましょう。

1-2.男性がデートを断る理由 

勇気をだして気になる男性に「デートのお誘い」をしたけれど断られてしまった・・・。
そんな女性の方、まだ落ち込まないでください!
まだ脈なしと決まった訳ではありません。
もしかしたら何か理由があるのかもしれませんよ!
なぜデートの誘いを断るのか。その男性の心理を分析してみましょう。

  1. 仕事が忙しい
  2. お金に余裕がない
  3. あまりタイプではなかった

理由1.仕事が忙しい

仕事が忙しいと言われた場合は仕方がありません。
今回はたまたまタイミングが悪かったのだと思うようにしましょう。
相手にも、職場での立場や接待などいろいろ都合があります。
この理由で断られた時は、出来るだけ男性に配慮をしてあげるようにしてみてください。
いまは誘うのを控えて、「仕事頑張ってください」「落ち着いたら連絡ください」などと声をかけをするのがベストです。

理由2.お金に余裕がない

男性はカッコつけたり見栄を張りたいものです。
デートをするなら奢る!という考えの男性はやっぱりまだ多い傾向にあります。
ですので、給料日前やなにかと出費がかさむ時期はお金の余裕がないという男性も多いはず。
もしもお金がないという理由で断られたのなら、男性自身がお金を出してあげたいと思っている可能性が高いです。


ですからチャンスはあります。
そんな時は、給料日後やボーナスがでる時期を見計って誘ってみるのも一つの手でしょう!
あとは冗談混じりで「最近大きい買い物したの?」などとお金がない理由を聞いてみるのもいいですよ。

理由3.あまりタイプではなかった

正直あなたのことがタイプではなかったという場合もあります。
あまり好みではない相手からの誘いは断りたいというのが男性の本音。
安易にデートに行くと、相手に期待させてしまう可能性もありますからね。
明確な理由がなく断られたのであれば、あなたと今回は縁が無かったのかもしれません。
しつこく誘うと嫌われてしまう可能性もあるので、潔く諦めることをおすすめします。
 

2.デートを断られた後の脈あり・脈なしの判断ポイント

デートに断られた時こそ、脈ありだったのか脈なしだったのか、とても気になりますよね。
それ次第では今後の行動も変わってくるので、見分けたいところ。
ここではどういうポイントで脈なしか脈ありか判断すればいいのかを分析していきます!

2-1.連絡を返してくれるか

やりとりの返答があるかどうかは、脈ありかどうか判断するための基本になります。
とくにLINEなどでやりとりをしている時は、あなたのメッセージが既読されているでしょうか。
明らかに長時間既読が付かなかったり、既読したまま放置されている場合は完全に脈なしだと判断してください。


あなたに対して興味がない、もしくは誘いに乗る気はないと言えます。
「これ以上干渉しないで欲しい」という意思のあらわれにもなりますので、今回は諦めることをおすすめしますよ。

2-2.都合を合わせようとしてくれるか

たとえ今回のデートが断られても、「〇〇あたりなら空いている」というように都合を合わせてくれようとしたら、脈ありの可能性が高いです。
他には、「この日は◯◯の予定があるので無理です」と言われた場合。
一見脈なしのように思えますが、詳しく理由を説明してくれているのでワケもなく断っている訳ではないでしょう。
このように、相手が誘いを断ってきたとしてもあなたに対しての何かしらの配慮がある場合はまだ大丈夫。
デートへ行ってもいいと思われている証拠です。
まだデートに誘えるチャンスは十分に残っていますので、再度都合を合わせて誘ってみてください!

2-3.誘われた時の反応や態度

相手の異性が誘いを受けたときや断る際の反応や態度には、出来るだけ注目してみてください。
いくら優しい人でも脈なしの場合は、多少乗り気ではない雰囲気が出るはずです。
LINEなどでも、短文であったり文章があっさりしていたりします。
逆に脈ありの場合は、断った時点で申し訳なさそうな態度をとったりします。
「また誘ってください!」「せっかくお誘いいただいたんですが・・」
などのようなねぎらいがあります。
文字で感情を汲み取るのは少し難しいかもしれませんが、反応や態度を観察してみるといいですよ。
 

3.デートを断られたときにするべき対応

デートを断られた瞬間はショックが大きく、正しい判断ができなくなってしまいがち。
でもこのあとの対応が命です!男女別にご紹介しますね。

3-1.デートを断られたときにするべき対応 男性編

デートを断ったときに相手の男性がどのような反応をするのかを女性はしっかりチェックしています。
あなたがどのような対応をするかによって、今後相手の女性との距離が縮まるか遠のくかが決まると言っても過言ではありません。
デートを断られたときにするべき対応は3つあります。

  1. 素直に引き下がる
  2. 「暇な日はいつ?」と軽く聞いてみる
  3. 複数人での食事に誘う

1つずつ確認していきましょう。
デート中に女性が見せる脈なしサインは?こちらの記事もチェックしてください↓

対応1.素直に引き下がる

デートの誘いを断られたら、素直に引き下がりましょう。
一回押したら、基本的には引き下がるのが得策です。
「そっかー、わかった!」と何も気にしていない素振りを見せましょう。
その後の相手の反応によってもう一押ししてみるのはアリですが、その判断は自分には難しそうだというのであれば何かあえてアクションを起こそうとする必要はありません。
もしも相手があなたに全く興味が無かったとしても、あっさり引き下がられると「え?私に興味があったわけじゃなかったの?」と戸惑うはず。
逆にあなたのことを気にしてしまうのです。
上手く駆け引きして女性の心を手繰り寄せましょう。

対応2.「暇な日はいつ?」と軽く聞いてみる

デートに断られたら「暇な日はいつ?」と軽く1度だけ聞いてみましょう。
あなたが具体的な日時を提示してデートに誘って断られたのなら、他の日であればデートOKという可能性もあります。
断られたことについては軽く受け流し、軽い調子で「いつなら暇?」と聞いてみると良いでしょう。
相手があなたに少しでも興味がある場合には、具体的に空いている日はいつなのかを教えてくれるはずですよ。
しかし、「もうすぐ試験があって・・」といった微妙な返事をしてくる人も中にはいます。
判断が難しいですが、このような返事が来た場合には「試験はいつなの?」と更に畳みかけてみるのもアリですよ。
それでも曖昧な返事が来たのであれば、その女性はあなたとデートをしたくないと思っていると判断できます。
それ以上会話を長引かせることはせず、ひとまず素直に身を引きましょう。
2回目のデートに来てくれたら脈ありサイン?こちらの記事もチェックしてください↓

対応3.複数人での食事に誘う

デートに断られたら、複数人での食事に誘ってみましょう。
警戒心の強い女性は、あなたと2人っきりでデートすることに抵抗を感じているのかもしれません。
「1回2人でデートをしただけで、彼氏気取りをされるようになったらどうしよう」「グイグイ押されてしまっらどうしよう」等と考えてデートに二の足を踏む女性は意外と多いです。
しかし、ガードの固い女性でも、3人以上でのグループだと食事に行くのもあっさりOKしてくれます。
無事に複数人での食事に誘うことができた場合、1度デートに誘ってきたあなたのことを意識して見てくるはずです。
あなたは必要以上に相手にくっつこうとせず、かと言って無視するようなことはせず、グループでの会話を盛り上げることに徹しましょう。
「良い人そうだな」と思ってもらえる振る舞いをすることで、次のデートはOKになるはずです。

3-2.デートを断られたときにするべき対応 女性編

デートの誘いを断られたら落ち込みますよね・・・。
とくに女性から誘った場合、断られるとショックが大きいでしょう。
もしデートの誘いを断られたら、どんな対応をしたらいいのでしょうか?
以下のパターンをご紹介します。

  1. 諦める
  2. もう一度誘うチャンスを探る

対応1.諦める

断られたらキッパリ引き下がるのという対応も一つの手です。
男性は比較的、女性の好みがはっきりしている場合が多いんです。
悩んでる時間ももったいないので、潔く次の恋愛へシフトチェンジしましょう。

対応2.もう一度誘うチャンスを探る

そう簡単に諦められない!という方は、距離を少し縮めるところから始めてみてください。
誘う前に会話やコミュニケーションをかさねて、デートに誘いやすい関係になるといいですよ。
デートをするというより、まずはラフな感じで「買い物に付き合って欲しい」などと誘ってみてください。
そこでうまくいけばまたチャンスがあるはずです!
 

4.男性から再びデートに誘って成功させるためには

1度デートの誘いを断られても、できることなら気になる女性と1度だけでもデートをしてみたいと思うものですよね。
でも、「2度もデートに誘うなんてしつこいと思われそう・・」と不安に思う方も少なくないでしょう。
しかし、あなたからデートに誘わなければ、相手の女性がデートをしてくれる可能性はまずありません。
再びデートに誘って成功させるためのコツを3つご紹介します。

  1. 1度断られたからと言って態度を変えない
  2. オシャレや仕草に気を遣う
  3. 会ったときに誘う

それぞれ確認していきましょう。
彼氏持ちの女性を落とすには?テクニックはこちらの記事で学んでください↓

成功のコツ1.1度断られたからと言って態度を変えない

1度デートに断られても、態度を変えないようにしましょう。
「せっかくデートに誘ったのに断りやがって!」と悲しみを通り越して怒りの感情を爆発させてしまうという人は意外と多いのです。
だからといって露骨に相手にイライラした態度をとってしまってはいけません。
「やっぱりアイツのデート断って良かった」と思われてしまい、完全に脈が無くなってしまうのがオチです。
特に相手を諦めきれないのであれば、絶対にイライラを表に出してはいけません。
相手の女性は、デートを断ってしまったことについて心の奥底には罪悪感を抱えているもの。
あなたがもう1度その女性をデートに誘おうと思うのであれば、女性の罪悪感を拭い去るように努力しなければなりません。
そのための最善策は、デートに断られた後も断られる前と同じように接するということです。
デートを断り断られた2人というものは、お互いに妙に意識してしまって微妙な空気が流れてしまうなんてことになってしまいがち。
その空気を打破できなければ、彼女があなたに微笑んでくれることはありません。
なんとか意中の女性に安心してもらえるよう、デートに誘う前と同じ調子で女性に接するよう心がけましょう。

成功のコツ2.オシャレや仕草に気を遣う

デートの断られたら、前よりも一層オシャレや仕草に気を遣うようにしましょう。
女性はデートに誘ってきた相手のことを気にして見ています。
「自分のことを好きなのかな?今まで意識してなかったけど、どんな人なんだろう?」なんてことを思いながら、あなたのことをついつい見てしまうのです。
しかし、目に映るあなたの姿によっては「絶対にアレとデートはないな」と思われてしまう危険性も。
その危険性を高める要因として挙げられるのは、「ダサい」「汚い」の2つです。
あなたの服装や髪型がダサければ、女性は「こんな人と2人で歩くなんて恥ずかしくて絶対無理!」と思います。
あなたに鼻をほじる癖があったりあなたの食べ方が汚かったりすれば、女性は「こんな不潔な人と小1時間でも2人きりになりたくない…」と思うことでしょう。
デートに誘って断られた後、あなたはデートに誘った相手に常に見られているということを意識して過ごさなければなりません。


身だしなみはもちろん、変な癖や習慣があるならば、それを家の外でしてしまわないように気を付けましょう。
意中の女性がどこであなたを見ているか分かりませんよ!
脈あり女性が見せるサインは、こちらの記事もチェックしてください↓

成功のコツ3.会ったときに誘う

デートに断られた後、もう一度デートに誘うなら直接会ったときに誘うようにしましょう。
「今日こそ絶対に誘う!」と意気込んで、意中の女性を探したり、会う約束をしようとする人もいると思います。
しかし、そのようなことをしていては、緊張感が相手の女性に伝わってマイナスに働くことが多いです。
「〇日に誘う!」といった目標は定めず、たまたま会えたときにサラッと誘ってしまった方が成功確率が上がります。
昼休みに会えたら「これからランチどう?」とか、仕事帰りに会えたら「これから飲みに行かない?」とか、急にその場で誘ってみるとより効果的。
急な誘いというものは意外と断りにくいもので、特に用事が無い場合、思わず「OK」してしまう女性が多いようです。
あれこれ頭で考えずに、その場の思いつきで行動してみることで成功率が上がります。
 

5.まとめ

1度デートの誘いを断られても落ち込んだりイライラするのは良くありません。
むしろ、デートの誘いを断られてからが勝負です。
デートを誘ってきたあなたを、あなたの気になる相手はじっくり観察しています。
相手に興味を持ってもらえるようにファッションやしぐさに気をつかい、もう1度スマートにデートに誘ってみましょう。

Avatar photo

フェリーチェ編集部

follow me
related posts

関連記事

Scroll to Top