クラブ初心者向け!クラブを楽しむためのやさしい教科書【男性編】

「友達からクラブの誘いを受けたんだけどどうしよう?」

クラブに興味はあるけど、どんな場所かわからなくて怖いと思っていませんか?

しかし、勇気を出して一歩踏み出さないことには、クラブはいつまでも遠い存在のままです!

この記事では、クラブの基礎知識を初め、クラブで女の子をお持ち帰りするための方法をお伝えしていきます!

クラブについて勉強し、初心者だと思われない立ち居振る舞いを身につけましょう!

1.クラブってどんなところ?

クラブとは、夜間に営業していて、お酒が飲めて、音楽が流れており、フロアに出れば踊ることもできる場所のことです。

まずは、クラブがどんなところなのか、概要を押さえておきましょう。

ポイントは以下の3つです!

  1. クラブに来る人の年齢層
  2. クラブの内装
  3. クラブの料金形態

それでは、1つずつ解説していきます。

1-1.年齢層

出会いを求めるクラブでは、男女比は男性のほうが多く、7:3から6:4という割合になっています。

ただし、純粋に音楽を楽しむためのクラブでは、男女比はほぼ半々といったところでしょうか。

年齢層は、六本木や西麻布では20代後半から30代の大人の利用者が多めで、渋谷では20代前半のお客さんが多くなっています。

1-2.内装

次は、クラブの内装を見ておきましょう。

この記事では、次の3つのクラブの内装を紹介します。

  1. 西麻布エーライフ
  2. 1OAK TOKYO
  3. 西麻布MUSE

どんな内装かを見ておいて、いざ行ったときに圧倒されないように心の準備をしておきましょう。

1.西麻布エーライフ

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A-Life OFFICIALさん(@alifenishiazabu)がシェアした投稿

西麻布エーライフは、2016年にリニューアルオープンしてから一層ゴージャスなクラブになりました。

暗めの照明にライブ感漂う内装が、クラブを最高潮へと導いてくれます。

1,000人程収容可能ですが、満員になると歩行も困難になるほどです。

特に週末は大にぎわいで、外国人も多数集まってきます。

料金
  • ドリンク(800~1,000円)
  • VIP席(25,000円~)
  • 詳細はこちら
住所

東京都港区西麻布 1-7-2

営業時間[平日]21:00~翌4:30 / [土日]21:00~翌5:00

2.1OAK TOKYO

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

1 OAK Tokyoさん(@1oaktokyo)がシェアした投稿

1 OAK TOKYOは、2017年にオープンしたばかりのナイトクラブです。

ニューヨーク発のナイトクラブがアジア初の店舗としてオープンしました。

ステージには有名アーティストやダンサーが登場することもあります!

料金
  • ドリンク(1,000円~)
  • VIP席(料金非公開)
  • 詳細はこちら
住所

東京都港区六本木5丁目10-25

営業時間23:00~翌5:00

3.西麻布MUSE

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Nishiazabu MUSEさん(@nishiazabu_muse)がシェアした投稿

西麻布MUSEの特徴は、迷路のように入り組んだ内装です。

ダンスフロアは2つあり、1Fのフロアが特に盛り上がっています。

ゆっくりと話をしたいのなら、地下にあるフロアがおすすめです。

料金
  • ドリンク(900~1,000円)
  • VIP席無し
  • 詳細はこちら
住所

東京都港区 西麻布4−1−1 麻布霞町マンション B1F

営業時間22:00~翌5:00

1-3.料金形態

ここからは、クラブの料金形態について説明します。

基本的には、エントランス料(フリードリンク含む)3,000円とドリンク代(1杯1,000円くらい)で4,000円くらいかかります。

さらに、VIP席を使用する場合には、2時間で40,000円から80,000円くらいの料金がかかると考えておきましょう。

その他、ロッカー代を使う場合は小銭が300円から500円ほど必要です。

それでは、詳しく解説していきます。

クラブのエントランス料・ワンドリンク料

平日では男性も女性も入場料は無料というところがある一方で、お客さんの多い週末ではどこでも3,000円前後の入場料がかかります。

多くのクラブで平日か週末かで入場料が異なるので、必ず公式ホームページでエントランス料を確認しておきましょう。

入場の流れは以下の通りになっています。

  1. IDチェック(クラブによっては名刺確認もあり)
  2. ボディーチェック
  3. エントランス料支払い

フライヤーというクラブのチラシを持っていくと割引が受けられることもあるので、もらったフライヤーは捨てずにとっておきましょう。

クラブによっては入場料に2ドリンク程度のチケットがついていることもあります。

それ以上のドリンクは1杯につき1,000円程度かかると考えておきましょう。

クラブは何時間いてもエントランス料とドリンク代以外かかりません。

VIPシート代

クラブではVIPシートというテーブル席が用意されています。

次の写真のようなテーブル席です。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

CLUB DIANAさん(@club_diana)がシェアした投稿

クラブによって値段が違うので、こちらも公式ホームページで確認が必要です。

例えば六本木のクラブだと、週末で2時間40,000~80,000円の価格設定になっています。

仮に4名利用で割ると、最低1時間5,000円ぐらいかかる計算です。実際はドリンク代がかかるのでもう少し高くかかると考えた方がいいでしょう。

ロッカー代

荷物やコートを預けるロッカーを使用する場合、300円から500円程度の小銭が必要です。

大荷物はダンスフロアでは邪魔でしかありません。ロッカーに預けてしまいましょう。

また、分厚いコートもクラブ内では不要です。冬でも、熱気で暑いくらいです。

気を付けなければいけないのは、絶対に他人とロッカーをシェアしないことです。

最悪、貴重品を盗まれてしまうこともあります。

とはいえ、あまり大きなロッカーがないクラブも多いのも事実です。

そんな場合は、近くの駅のロッカーに荷物やコートを預けて、身軽な格好でクラブに行くのも一つの手段です。

2.初めてのクラブで注意するポイント

ここからは、初めてのクラブで注意するべきポイントを4つ紹介します。

  1. 服装
  2. 振る舞い
  3. 盛り上がり方
  4. 持ち物・貴重品

それでは、1つずつ説明していきます。

2-1.服装

クラブにはラフで動きやすい服装でいきましょう!

そもそもクラブは踊る場所なので、ジャケットにスラックスのようなかっちりしすぎた服装だと踊りにくく、汗をかきやすいです。

そのため、Tシャツやポロシャツにジーンズを合わせた動きやすい服が望ましいといえます。

もしドレスコードが指定されている場合は、堅苦しくないシャツを基本にしたコーデにすると、動きやすく疲れにくいでしょう。

サンダルやハーフパンツ、ジャージやスエットはほとんどのクラブでNGなので注意が必要です。

クラブでの服装については、次に紹介するようなコーデを参考にしてみてください。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

⚫️ SHURA RAPEY|ШУРА РАПЕЙさん(@shurarapey)がシェアした投稿

定番ともいえるTシャツスタイルと、どんなクラブでも対応できる白シャツスタイルです。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

YASSさん(@_yas2_)がシェアした投稿

カジュアルなパーカースタイルは簡単に「踊れる」っぽさを出せるので、秋から冬にかけておすすめのスタイルです。

クラブは踊る場所なので、とにかく踊りやすさ、動きやすさを重視したコーデで遊びに行きましょう。

2-2.振る舞い

クラブでの振る舞いで大事なのは、余裕を持つことです。

「慣れていません!」という雰囲気で周りを見回していては、クラブ慣れしている女の子から「ダサい」と思われてしまいます。

また、いかにも「今夜お持ち帰りできる子を探しています!」という雰囲気でフロアをうろうろしたり、女の子を品定めするように眺めているのもNGな振る舞いです。

初めてのクラブだとしても、堂々と踊りを楽しみ、気負わずに初対面の人との出会いを楽しみましょう。

しかし、初対面の女の子にどう声をかけたらいいかわからないですよね。

ここからは、上手に女の子に声をかけるコツをご紹介します。

コツ1:静かな場所に移動する

クラブでうまく声かけするには、静かな場所に移動することが大切です。

クラブでは音楽が大音量でかかっています。お世辞にも、話をするにはいい環境とはいえません。

ゆっくり話をしたいと思ったら、バーカウンターやクラブの隅に移動するのがおすすめです。

注意しなければいけないのは、うっかりVIP席や女性専用のソファに座らないこと!

差額としてクラブ側からお金をされる場合があります。

狙った女の子とゆっくり話をするためにも、クラブに入ったら話ができそうな場所に当たりをつけておきましょう。

コツ2:女の子に質問する

声かけを成功させるコツの2つ目は、女の子に質問して答えてもらうことです。

女の子は、自分の話を聞いてもらえると嬉しいと感じます。

具体的には、洋服やファッションのこと、好みのタイプについて聞いてみるのがいいでしょう。答えやすい質問をするのが大事です。

例えば、
あなた「今日の髪型素敵だね!すごく似合ってるよ。いつもこういうヘアスタイルなの?」

女の子「えー、ありがとう!これはクラブ用!いつもはもっと地味だよ笑」
といった具合です。

ヘアスタイル以外にもネイルをほめたら、自然な流れで手に触れることもできるでしょう。

誰にでも使えるような鉄板の質問をいくつか準備していけば、会話のネタに困ることもありません。

自分の話をするのではなく、相手の好きなもの、こだわりを引き出すことが声かけ成功の秘訣です。

コツ3:話を素直に受け入れてあげる

声かけをするときは、相手の話を素直に受け入れてあげましょう。

自分の話を否定することなく肯定してくれる相手には、誰でも好感を抱くからです。

よく使えるのは、「合コンのさしすせそ」と言われるフレーズです。

  • さ…さすがだね!
  • し…知らなかったよ!
  • す…すごいね!
  • せ…センスあるなぁ!
  • そ…そうなんだ!

女の子の話に合わせてこれを使用するだけで、女の子はあなたと話をしていることが楽しくなるでしょう。

クラブの会話で返す言葉に困ったときには、このフレーズを使用して女の子の言葉を受け入れてみて下さい。

2-3.盛り上がり方

クラブで盛り上がるには、音楽に乗って踊るのが大事です。

せっかくクラブに来たんですから、かっこよくダンスを踊りたいですよね。

次に挙げるのは、男性がクラブで踊る基本的なダンスを紹介している動画です。

うまく踊れなくても大丈夫です。クラブでもそんなに上手に踊っている人は多くありません。

大切なのは、見よう見まねでもいいので周りの人に合わせて楽しく音楽に乗ることです。

2-4.持ち物・貴重品

荷物は最小限に抑えるのが、クラブを楽しむ基本です。

クラブにはロッカーがありますが、容量が小さく数も少ないので、小さめの荷物で行くのをおすすめします。

貴重品を肌身離さず持てる服装や、斜め掛けできる小さいバッグなどがあると安心できますね。

持っておくべき貴重品は、身分証明書、現金とスマホです。

身分証明書には、運転免許証、パスポートやマイナンバーカードが使えます。クラブによっては、会社の名刺が求められることもあります。

カードが使えない、現金払いのみのクラブもあるので、事前に確認しておきましょう。

スマホは、仲良くなった女の子と連絡先を交換するための必需品です!

次のページでは、クラブは女の子をお持ち帰りを決めるためのテクニックついてお伝えしていきます!

関連記事

  1. デートにクーポンを使う男性はあり?世間の一般論と男性の心理

  2. あなたの彼女は大丈夫?彼氏持ちでもパパ活する女性の実態とは

  3. 銀座ナンパならここ!100人斬り男子おすすめのナンパスポット

  4. ゆっくりできる デートスポット

    【お疲れのカップルに】東京でゆっくりできるデートスポット10選!

  5. マゾ(M)な人はココで分かる!特徴の見分け方や攻略方法を紹介【男女別】…

  6. 国宝レベルのイケメンと確実に付き合う方法 byもえ

  7. 片思い中の女子必見!絶対に見逃せない男子の脈ありサインを大公開

  8. 片思いの女子必見!告白を成功させて両思いになるための極意を伝授