オトコは必ず浮気する〜その理由と浮気防止の裏テクとは〜byE子

PICK UP   この記事は
BUSINESS(年収500~1000万円)

 

好きな男性のタイプを聞かれ、「浮気しない人!」と答える女を見たことがある。

一度や二度ならず、ある。

 

断言しよう。

浮気しない男など存在しない。

 

……

 

以前、こういう話をツイッターでしたら、

「僕は浮気をしたいと思いませんし、一度もしたことがありませんっ!」という心美しき紳士達から反論を頂戴した。

 

実に、清く正しく誠実な紳士達だ。

かなりヤバめの極端な持論ばかり繰り広げている私に、わざわざリプライをしてくれてありがとう。

そしてすばらしいよ、君たちは。

 

ただね、言わせてください。

 

たぶん、お前らは私のタイプではない。

 

私の表現が悪かったので、謝罪の上、訂正する。

誤「浮気しない男など存在しない」

正「浮気しない男など(私が男として眼中に入れている人物の中には、おそらく)存在しない」

 

お前の好みの話など聞いていない、と言われそうである。

 

が、意外にも、私と同じような嗜好の女性は多い。

浮気しなさそう(というか、できるように見えない)男性よりも、

 

もしかしたら浮気されるかもしれない……

という危うさのある男性に惹かれてしまうものなのだ。

 

また、誠実で理性的な倫理観溢れる男性と付き合ったとしても、モテる男性の周りには、虎視眈々と略奪を狙う女性が虫のように湧いているもの。

そのような誘惑の多い状況で、彼が、いついかなるときも理性を保てると思うだろうか。

 

そう、恋愛に安心感よりもちょっとドキドキを求めてしまう女性、モテる男性と付き合いたい女性にとって、浮気の心配は必ずつきまとう問題だ。

 

前置きが長くなった。

このアイコン、見覚えがあるだろうか。

私は名をE子という。

ツイッターでアラサー独女アカウントとして日々思ったことを、脳からだらしなく垂れ流すように発信しているアルファツイッタラーだ。

 

今回恋愛メディアでの記事執筆という、大変ありがたい依頼をいただいたので、ただ筆を走らせている。

 

これは、あくまで私の一意見として軽い気持ちで読んでほしい。

 

しかし、浮気に悩む乙女たちの問題解決に貢献することは間違いないだろう。

では早速、男性が浮気をする理由と、その解決策について考えたい。

男が浮気するのは生物学的な本能!?

ここでは、若干読みづらい文章になることを前置きしておく。

 

しかし、活字が苦手だとかバカ丸出しなことを言っているから、男に浮気されるのである。

 

賢く魅力的な女性になるために、しっかりと熟読して理解してほしい。

最初にこのことを理解しておくことは、きわめて重要なのだ。

では、本題である。

 

ヒトを含め、生物の生きる目的は繁殖である。

繁殖するために生まれ、繁殖するために生き、そして死ぬ。

 

ヒトは、より多くの優秀な子孫を残したいという本能がある。

 

ここでいう優秀とは、知性・容姿・才能だけでなく体が強い、とか、すぐ死なないとか生命力的なものも含まれる。

 

ただ、オスとメスは肉体的構造が違うので、本能のあり方が違う。

オスが一生に作れる子の数は、ほぼ無限である。

毎日違うメスと交配を繰り返せば、何十、何百、何千も子を作ることができる。

 

だから、オスは“どのメスと交わるか”を厳選するよりも、とりあえず目の前にいる簡単に交われるメスと交わる。

生まれた子のうち、どれかが優秀な子として生き延びればいいのだ。

一方、哺乳類のメスは、自分のおなかの中に子を宿し、長い時間をかけて産む。

身体的な負担が大きいため、一生に作れる子の数は、限られる。

 

何百人も産むことは不可能なため、できるだけ効率よく優秀な子を産めるように、オスを厳選するのである。

 

お分かりだろうか。

オスの本能は、自身の遺伝子をばら撒くことであり、メスの本能は優れた遺伝子の収集なのである。

大事なことなのでもう一度言う。是非、声に出して復唱してほしい。

オスの本能は、自身の遺伝子をばら撒くこと。

メスの本能は、優れた遺伝子の収集。

もうこれは仕方ないのだ、生物学的な問題なのだ。

男女の浮気の発生要因の違い

男性が浮気をするのは、前述通り。本能に従い、より多くの女性と交わろうとするからだ。

 

しかし、女性も浮気をする。

女性の浮気にも色々な理由はあると思うが、「より優れた遺伝子の収集」が本能である女性は、本命の男よりも明らかに優れた男性が現れた時にだけ、乗り換え覚悟で浮気するケースが多い。

 

というか、私がそうである。

 

私の場合、本命よりも浮気相手のほうが確実に、かつ格段に、レベルが上である。

だからこそではないだろうか。

女性が、男性に浮気されると落ち込むのは。

 

浮気相手の女性のほうが上なのではないかと潜在的にイメージして落ち込んでいるのではないか。

実際はそんなことはないから落ち込む必要はない!!!

 

男は本命以下の女でも、タイミングや条件が揃えば浮気する。

というか本命以下のことがほとんど。

必ずしもあなたの魅力が負けているわけではない。

 

あなたに悪いところがあるわけでもない。

浮気されるときはされる、そういうもの。

「お前よりいい女が現れたから浮気した」と明言されたわけでもないのに、くよくよ悩むのは無駄である。

しかし男性で、よく彼女に浮気されるという人は、盛大に落ち込んで欲しい!!!

 

なんらかの理由で彼女を満足させられていないか、自身の人間的レベルの問題なのか。

もちろん女性の浮気の理由も色々ある。寂しくて浮気したり、かまってほしくて浮気する人もいる。

先ほどの本能論を覆すような、理屈を超えた性的欲求から浮気する人もいる。

一概には言えないがただ、男性の浮気と女性の浮気は、多くの場合、発生要因が全く違うということは覚えておいてほしい。

浮気を予防するという解決策

では男性に浮気をされないためにはどうしたらいいのか。

たまに、「浮気をされないように女を磨かなきゃ!」「浮気をされないように一生懸命彼に尽くして優しくしています」という女性の声を聞くが、

 

論外である。

 

いや、論外は言いすぎた。けなげで可愛い女性たちである。

 

でも、どれだけ魅力的な女性でも浮気されることはあるし、優しく思いやりをもって接しても、浮気はされる。

それらの努力はあまり関係ない。

 

では、どうしたら浮気を未然に予防できるかだが、

まずは、

「したくても浮気できないようにしてしまう」

という恐ろしい方法から紹介する。

 

▶▶法律ギリギリ!?浮気をさせない禁断のテクは!?

合法的に浮気を防止するテクニック

これは身の毛もよだつ方法である。

来世で男に生まれ変わると決めている私にとっては、世の女性がこの方法を知ってしまうと思うと、震えが止まらない。

 

ご存知の方も多いだろうが、薄毛防止剤などの一種には男性ホルモンを抑制する効果のある薬が存在する。

詳しくは知らないが、市販のサプリメントでもそういう効果をもたらすものがあるそうだ。

これを飲食物に混ぜ込んで服用させる精力減退……という方法。

 

これが、法的に大丈夫なのかどうかは怪しいが、冗談で浮気防止策としてこの方法を提唱している人を見たことがある。

冗談であってほしい。

 

さて、上記に比べると健全で現実的な方法として、

・美味しいものを大量に食べさせて太らせる

・ダサい服を着せてルックスを悪化させる

などが挙げられる。

時間をかけて工夫をすれば、徐々にモテない男性化させることは不可能ではない。

 

ただ、個人的にはそうまでして浮気されたくない意味が分からない。

他の女性から相手にされないような魅力に欠ける男性と付き合っていて何が楽しいのだろうか。

原始的な束縛で浮気のハードルをあげる

続いて、浮気予防策の二つ目は、「束縛する」という方法である。

私は過去に、浮気しようと試みたことがある。

詳細の経緯は省くが、当時私は彼氏以外の男性のところへ外泊しようと、明確な下心を持って計画をしていた。

その日の予定を彼氏に聞かれた際に、「仕事で遠方へ行くからそのまま一泊してこようと思う」と話した。

やり取りが以下だ。

「日帰りでも帰ってこれる距離でしょ?なんで泊まるの?」

 

「夜遅くなりそうだし、その近辺で行きたい店があるから翌日行こうかと思ってるの」

 

「深夜に一人で帰るのが嫌なら、迎えに行くから一緒に帰ろう。泊まるなら俺もそっちに一緒に泊まるよ」

 

あぁ……めんどくせえ。

 

こういう話の展開をされると、もう面倒くさい。

 

そもそも浮ついた軽い気持ちで企んだ浮気外泊計画なので、これ以上嘘に嘘を重ねてまで実行したいわけでもない。

というか、確実に私は今、疑われている。

リスクをとって面倒な思いをしてまでするほどの浮気じゃないな

と思い改め、踏みとどまった。

そしてこの時、身をもって知った。

浮気する気満々の人間でも、手間やリスクが大きいと諦めるのだと。

 

私は恋人を束縛しない主義で今まで生きてきた。

しかし、束縛には浮気を抑制させる一定の効果があるのだと。

だからみんな束縛するんですよね、よくわかったよ。

 

それでも私は変わらず束縛をしない主義だが、その理由は後の「浮気を許容するという解決策」で述べたい。

共通の知人を増やし監視力を強化

さて、浮気予防策の3つ目は「共通の知人を増やす」である。

これも一種の束縛とも言えるかもしれないが、監視の目を増やすということである。

 

多くの場合、浮気はバレないように行われる。

バレにくい環境であればあるほど、浮気のハードルは低くなるのだ。

 

自身の友人や家族、職場の人に彼氏を紹介することで監視の目を増やすことができる。

 

実際に浮気現場を見つけられるかどうかはさておき、見つかる可能性が高くなることで浮気のリスクは格段に上がる。

それでも堂々と浮気されるようであれば、舐められているとしか言いようがない。

そんな関係性なら今すぐ切ったほうがいいだろう。

 

愛があれば浮気されないのではない。

愛があれば、男は浮気を全力で隠してくれる。

 

浮気がバレるのはその男性が詰めの甘いおバカさんなのか、もしくはバレてもいいと舐められているか。

どちらにしろ、付き合い続けるほどの価値はないだろう。

あえて浮気を許容するという解決策

これが書きたくてこの記事を書いた。

ここまで読んでくれてありがとう、君たち。

 

男性の浮気に悩む乙女に伝えたい、最強にして究極の解決策である。

乙女たちよ、浮気を許容するのだ。

 

「えっ?」

 

まあ聞いてほしい。

 

冒頭にも書いたとおり、男性の浮気のメカニズムは女性とは異なり、言うならば、

仕方ない!どうすることもできない!防げない!という一面がある。

 

それならば、一生「浮気されていないかな」と思い悩みながら暮らすよりも、浮気を許容したほうがよほど生きやすいだろう。

ここで言う許容は、彼氏に対して「浮気してもいいよ。私は許してあげる」と言って寛容でいることではない。

むしろ、浮気の行為そのものを許す必要もない。

「男性は浮気をしてしまうもの」という前提を持ち、浮気されてもヒステリックに傷つかない・悲しまない・自分を責めない強さを身につけることである。

 

いつ浮気されるかは分からない、いつか必ずされると心得ておく。

そしてその時が来たら、1秒で別れる。そういう強さを持て。

悲しむべきことに、浮気されて傷ついてしまう乙女ほど、浮気された後もその人を好きでい続けてしまう。

 

が、傷つく必要はない!!

浮気が発覚したら、その瞬間に縁を切ればいいのだ。

 

浮気を隠せないのは、相手を軽んじているからであって、そこには最低限の愛すらない。

 

「そんなことできない、浮気されても彼のことが好きなの……」という女性も多かろう。

 

分かるよ、その気持ち!!

 

どうしても別れられないという場合は、自分へ愛を注いでくれることを前提で付き合えばいい。

浮気は浮気、自分に本気でいてくれるなら関係ない。

 

ただこの場合も、彼氏に「浮気していいよ」とわざわざ言ってあげる必要はないだろう。

そして、浮気はされずとも、大切にされていないと感じたら即別れるという強さも、やはり必要だ。

 

浮気を許容する以上、愛されることに関しては妥協してはならない。

じゃないとただの都合のいい女になってしまうからね。

 

愛されていること、大切に扱われていることが一番大事という本質を見失わないでほしい。

▼この記事を読んだ人におすすめ▼

まだ知らないの?SNS発のイケメンまとめ

ハイスペ外資系金融マンはどんな女子が好き!?

▼彼氏を夢中にさせる方法を知りたい方はコチラの記事もチェック!▼

▼SNSで話題のコチラの記事もチェック!▼

関連記事

  1. デートのドタキャンはキレるべき?許すべき?結局愛されるのは?byE子

  2. 東京で相席屋を利用するならどこが良い?おすすめ店舗や出会い方を徹底解説…

  3. 女子が一瞬で幻滅!男性が知らないSEX中のNG行為まとめ

  4. 名古屋駅の相席屋ってどうなの?本当に出会えるおすすめを徹底解説!

  5. なぜ女性は悪い男に魅力を感じるのか?その理由を解析してみる

  6. 【ヤバすぎる】タイプ別!本当にいた地雷男まとめ☆by隠遁人妻

  7. 彼氏の着て欲しい激押しスタイル&これはちょっと…ダメスタイル8選

  8. 大阪のナンパスポット18選!メーカー勤務のチャラリーマンが伝授