男性の年収別・婚活攻略法まとめ!目指す年収でアプローチ方法を変えよう!

     
PICK UP   この記事は
ECONOMY(年収500万円未満)

結婚相手に求める条件をどう設定するかが重要となる婚活において、相手の「年収」はやはり気になるポイントですよね。

結婚後は世帯収入によって生活のスタイルが決まってくるため、相手に一定の水準を求めるのは自然なことでしょう。

しかし、高収入な異性と結婚したからといって必ずしも幸せを手に入れられるわけではありません。

今回は、婚活において異性から求められる年収の基準や、年収別に見る男性の特徴や攻略法、年収の嘘を見抜く方法をご紹介します。

年収も念頭に入れた婚活をして、素敵な旦那様をゲットしましょう。

1.女性が求める男性の年収

人間の魅力を収入で測ることは不可能だと思いたいですが、いざ結婚となると男性の稼ぎに向けられる女性の目はシビアになりますよね。

婚活女性が男性に求める年収の平均は550万円前後。

一方で、実際に結婚を意識している20代・30代男性の平均年収が450万円ほどだと言われています。

女性の理想と現実の男性との間に存在するこうしたギャップに悩まされて婚活が上手くいかない人も多いです。

それどころか、男性も結婚相手の女性に一定の年収を求めるケースが増えてきています。

2.女性も油断しちゃダメ!男性が女性に求める年収

男性は女性ほど結婚相手の年収を重視していません。

高収入の男性なら相手の女性が専業主婦を希望していても問題ないと考える人がほとんどです。

しかし、現代の男性のなかには「結婚後は仕事も家事も二人で協力し合いたい」と考える人も増えてきています。

そのため、全く仕事をしていない女性は婚活市場において不利になる可能性が高いです。

女性の平均年収は280万円ほどだと言われています。

男性が女性に高収入を求めることは少ないですが、少なくとも自立した生活ができる程度の収入はあったほうが良いでしょう。

3.こうやって落とせ! 年収別で見る男性の実態と攻略法

同じ女性でも、結婚相手の男性にどのくらいの年収を求めるかは人それぞれですよね。

ここでは、年収別の男性の実態と攻略法をお伝えします。

順番に確認していきましょう。

3-1. 最低ライン?年収400万円の男性

結婚相手の年収の最低ラインに400万円を挙げる人は多いです。

統計によると年収別の最も多い層は300万円〜400万円だと言われています。

年収400万円を稼ぐ男性を見つけるのはあまり苦労しないため、多く男性の中から自分に合う人を探すことができます。

年収400万円を稼ぐ男性はどのような男性なのか確認しましょう。

社会に出たばかりの20代男性の年収は300万円~400万円です。

そのため、20代男性で年収400万円稼いでいる人は、大きな企業や実力主義の会社で働いている可能性が高いです。

一方、社会人歴が長いにもかかわらず年収が400万円となると、働いている業界全体の給与が一般的に低いとか、リーダー職に就けない・就きたくないといった事情が絡んでいるかもしれません。

もちろん、必ずしも仕事ができない男性というわけではないはずです。

良いなと思った男性が年収400万円ほどであれば、稼いでいる額よりも仕事に対する考え方や仕事以外に力を入れている趣味などの話に耳を傾けるようにしましょう。

3-2.年収500万円の男性

年収500万円以上を稼いでいれば経済的にも少し余裕が出てきます。

一人で暮らしていく分には生活に困ることはまずないでしょう。

そのため精神的にも余裕が生まれ、落ち着いた印象を与える男性も多いです。

一般企業であればリーダーやマネージャーなどを任されていることもあります。

また、薬剤師や教員といった専門的な知識が必要となる職業にも500万円〜550万円ほどの年収を稼ぐ男性がいるでしょう。

ただし、結婚して子供を持つとなると女性が専業主婦では少し厳しい額だといえます。

結婚後も働く意志があることをアピールすると男性も安心するでしょう。

3-3.年収600万円の男性

年収600万円であれば、生活面に余裕がでるだけでなく貯金に回すお金も増えてくるでしょう。

しかし、お金の使い方が荒いとすぐに消えてしまう金額でもあります。

年収600万円と聞いても安心せず、相手の堅実さや人柄に目を向けるようにしましょう。

結婚後は普通に生活する分には困らない金額である一方で、セレブのような暮らしができるわけではありません。

浪費家ではなくお金の管理がしっかりとできる女性が好まれる傾向にあります。

3-4.高望み?年収700万円の男性

結婚相手に年収700万円を求める女性はとても多いです。

夫となる男性の年収が700万円もあれば、たとえ女性が出産・育児で休職や退職を余儀なくされても生活には困りません。

年収700万円というと、首都圏の自治体で働く公務員や、金融・メーカー・医療関係で営業職に就いている人などに多く見られます。

ある調査によると年収700万円以上を稼ぐ30代男性は全体の1割程度です。

結婚相手の条件として掲げるには高望みだと言われても仕方がないかもしれません。

年収700万円以上の男性は非常に多くの女性からアプローチを受けることになります。

だからこそ、「700万円の年収」ではなく、自分自身を愛してくれる女性との出会いを望む男性は多数います。

3-5.年収800万円の男性

年収800万円もあれば、手取りにしても600万円以上となり、かなり潤沢な暮らしが期待できるでしょう。

男性の職業としては、公認会計士や大学の准教授、大手の製薬会社など、専門性が高い仕事に就いている人が多いです。

年収800万円を稼いでいる男性の割合は就業者全体の4%にも及びません。

それだけ仕事に誇りを持って頑張っている男性がほとんどです。

そのため、結婚しても夫へ依存せず、さっぱりと応援してあげられるような明るい女性を好む傾向にあります。

3-6.憧れる女性多数!年収1,000万円の男性

結婚相手として年収1,000万円以上の男性に憧れる女性は非常に多いです。

とはいえ不況と言われるこのご時世、実際に年収1,000万円を稼いでいる男性はごくわずか。

1,000万円のハードルを達成している男性は、職場でも責任のある地位について毎日を忙しく過ごしています。

一般企業であれば高い役職に就いている人や、医師や弁護士、税理士などの専門職を仕事にしている人を探す必要があります。

彼らが年収1,000万円を達成しているのは人生における優先順位が仕事第一だからこそ。

その点を理解してあげなければ、こうした男性と恋愛関係になるのは難しいとも言えます。

3-7.年収2,000万円の男性

年収2,000万円以上を稼ぐハイクラス男性と結婚ができれば「セレブ妻」になることも可能でしょう。

年収2,000万円以上の職業としては、外資系のコンサルタント業に就く人やMBA取得者、金融専門職であるディーラーやトレーダーと呼ばれる人、企業の経営幹部などが挙げられます。

年収2,000万円を稼ぐような男性は仕事が忙しく、家庭的な女性を好む人が多いイメージがあるでしょう。

しかし実際には、キャリアを積み、ある程度の収入を得ている女性を妻にしたいと考える傾向にあります。

経済的・精神的に自立しており、社会と関わりを持っているような女性であれば、年収2,000万円を稼ぐ男性の知的好奇心を十分満たすことができます。

3-8.年収3,000万円以上の男性

年収3,000万円を得ている人は日本人のたった0.2%しかしません。

手取りの月収に換算すると月150万円以上を使える計算となります。

一般的にイメージされるセレブの暮らしも夢ではないでしょう。

年収3000万円以上を稼いでいるのは、開業医や一部の外科医、渉外弁護士などの専門職、プロのスポーツ選手、企業の社長・経営者です。

サラリーマンであれば外資系証券会社の営業職、外資系コンサル・IT企業のシステムエンジニア、投資用不動産の仲介・売買など、実力が評価される職業についている男性です。

これらのハイステータス男性が結婚するのは、同じくハイステータスを持つ女性であることが多いです。

例えば、女優やモデル、女子アナウンサーなどの肩書きを持つ容姿の優れた女性や、資産家や由緒ある家庭の令嬢、経営者や弁護士など自らステータスを手に入れた女性などが挙げられます。

年収3,000万円クラスの男性を攻略するには、女性自身にも何らかの飛び抜けた要素が必要となるでしょう。

次のページでは、「年収300万円以下の男性と結婚しても大丈夫?」について説明します。

PICK UP RECCOMEND 関連記事をチェック

  1. 彼ウケ最強♡デートでモテる必勝メイクとパーツ別の厳選コスメを紹介

  2. サシ飲みデートを成功させるプランと次のデートに繋げるテクニック

  3. デートでヒールは男ウケする?ベストなヒールの高さやコーデのポイントを紹…

  4. 【一覧あり】合コンで絶対に盛り上がる話題とは?NGな話題まで徹底解説!…

  5. 思い通りにならない女性から学んでおきたい3つのモテテク

  6. 付き合う理由って何?好きじゃない人と付き合うってアリなの?

  7. 【誰でもできる】異性との出会いを無駄にさせない3つのポイント

  8. デートにマスクをつける女性はアリかナシか徹底解説!