キュン!年下男性に「かわいい」と思わせる年上女性になる方法

「年下男性に『かわいい』と思わせたい!」

現在あなたはそんな考えをお持ちではありませんか?

年下や同じ年の女性にはない、年上女性ならではの魅力を身につけ、年下男性の気になる存在になりたいですよね。

年下男性に「かわいい」と思わせるには、まずは彼らが年上女性のどんな姿や仕草を「かわいい」と感じるのかを知る必要があります。

そこで本記事では、まずは男性が年上女性を「かわいい」と思う瞬間をご紹介し、それを踏まえての具体的な方法をお伝えします。

年下男性が思わずキュンとしてしまうような、かわいい年上女性を目指しましょう!

1.男性が年上女性を「かわいい」と思う瞬間

男性が年上女性を「かわいい」と思う瞬間はさまざまです。

いくつか具体例を見てみましょう。

  • 職場にいる真面目な年上女性が、飼っているペットの話題になった時に見せる自然な笑顔にドキッ!とした
  • 普段は喜怒哀楽を表に出さない年上女性が、甘い物を食べた瞬間に「美味しい〜」と目を輝かせる姿にキュン!ときた
  • いつもは落ち着いている年上女性がテンパっている姿を見た時に「かわいい」と思ってしまった

シチュエーションはばらばらですが、今挙げた例には共通点があります。

その共通点とは、普段の姿とのギャップがあるということ。

つまり、男性は年上女性に対し、自分の抱いていたイメージや普段と異なる姿を見た時(=ギャップを感じた時)に「かわいい!」と思うことが多いです。

  • ギャップが「かわいい」と感じる理由

    ではなぜ男性は年上女性のギャップを見ると「かわいい」と思うのでしょう?

    それは、心理学の用語で「ゲインロス効果」が発揮されるためです。

    ゲインロス効果とは、マイナスイメージとプラスイメージの変化量が大きいほど相手の心に大きな影響を与えるというもの。

    この説明だけではなかなか分かりづらいと思いますので、最初に挙げた具体例で見てみましょう。

    • 普段あまり笑わない年上女性(マイナスイメージ)→ペットの話になると笑顔になった!(プラスイメージ)
    • 普段は感情を表に出さない年上女性(マイナスイメージ)→甘い物を食べて笑顔になった!(プラスイメージ)

    このように、その人に対して抱いていたイメージとのギャップが大きいほど、相手(男性)は強い印象を受け取ります。

    ですので、年上女性が見せる「笑顔」や「焦り」といったギャップに対し、男性は「かわいい」と感じやすいのです。

    2.年下男性に「かわいい」と思わせる方法6つ

    上の段落でお伝えしたように、男性は年上女性の意外な一面に対し「かわいい」と感じることが多いです。

    ですので、年下男性に「かわいい」と思わせるには、普段とのギャップを見せていきましょう!

    具体的には、次のような方法があります。

    1. 楽しい時はとことんはしゃぐ
    2. 2人きりの時だけ本音を言う
    3. たまに弱音を吐く
    4. 自分のコンプレックスを打ち明ける
    5. 落ち込んでいてもポジティブな姿を見せる
    6. 年上っぽくリードしようとする

    ひとつずつ見ていきましょう。

  • 方法1.楽しい時はとことんはしゃぐ

    1つ目の方法は「楽しい時はとことんはしゃぐ」ということです。

    例えば、飲み会では真面目モードはいったん止めて、他愛もない話で盛り上がる。

    あるいは、2人きりで出かける機会があれば、ショーウインドウに並ぶアイテムや、綺麗な景色にいちいち反応して感動を伝えてみる。

    普段は「年上なんだから落ち着かなきゃ」と意識しているあなたも、「楽しい」と感じる時はとことんはしゃぎましょう。

    あなたが思いっきりはしゃぐ姿を見た年下男性に「こんなに素直にはしゃぐこともあるんだ。かわいいな」と思わせることができます。

    方法2.2人きりの時だけ本音を言う

    2つ目の方法は「2人きりの時だけ本音を言う」ということ。

    この方法のポイントは、「他の人がいる場所では建前を言っているけれど、2人きりの時は本音を言っている」ということを相手に分かってもらうことです。

    例えば、風邪気味で出社したもののやっぱり体調が優れないといった時。

    他の人から心配された時は「全然大丈夫!」と平気な顔をして見せていても、気になる年下男性の前では「実はまだ頭がぼーっとしてて」と素直に本音を打ち明けてみましょう。

    他の人の前で「大丈夫!」と平気そうに振る舞っていたあなたを知っている年下男性は、「さっきのは建前で、こっちが本音だな」と分かります。

    すると「俺のことを信頼してくれて嬉しい」「俺にだけは素直に打ち明けてくれて、かわいい!」と感じさせることができます。

  • 方法3.たまに弱音を吐く

    3つ目の方法は「たまに弱音を吐く」ということです。

    めったに弱音を吐かないあなたがたまに弱音を吐く姿に、「なんとか力になってあげたい」「元気づけてあげたい」といった気持ちを抱かせることができるためです。

    例えば、

    • 「私より仕事ができる人が多くて、ぶっちゃけ自信喪失気味なんだよね」
    • 「さいきん残業とプレゼン続きで、疲れちゃった〜」

    など、ぽつりと弱音を吐いてみましょう。

    仕事もできてプライベートも充実していてまったく非の打ち所がない女性よりも、たまに弱みが見え隠れする女性のほうが男性にとっては気になる存在になりやすいです。

    いつも頑張っているあなただからこそ使える手。

    たまには弱音や本音を漏らし、年下男性に「かわいい」と思わせましょう。

    方法4.自分のコンプレックスを打ち明ける

    4つ目の方法は「自分のコンプレックスを打ち明ける」こと。

    これも意外性やギャップを利用した方法です。

    年下男性からは、しっかり者で自信に満ちて見えるあなたが、

    • 「私ほんとは人見知りなんだよね……」
    • 「実を言うと、緊張した時に手汗がすごい出るのコンプレックスなんだ」

    と打ち明けることで、相手に「へえ、そんなこと気にしてたんだ。かわいい!」と感じさせることができます。

    ですので、普段は年下の聞き役や励まし役に徹することが多い人も、思い切って自分のコンプレックスを打ち明けてみましょう。

  • 方法5.落ち込んでいてもポジティブな姿を見せる

    5つ目の方法は「落ち込んでいてもポジティブな姿を見せる」こと。

    落ち込む出来事があっても何とか気持ちを前向きに持っていこうとする姿に、健気さを感じさせることができるためです。

    先ほど、3つ目と4つ目で「弱みを見せる」「コンプレックスを打ち明ける」という方法をお伝えしました。その場合にも使える方法です。

    どう使えるのか、具体例を見てみましょう。

    • 「私より仕事ができる人が多くて、ぶっちゃけ自信喪失気味なんだよね」→「でも、いつまでもクヨクヨしてられないし、明日も頑張ろうっと」
    • 「私ほんとは人見知りなんだよね」→「だから、初対面の人と会うことが分かってる時は、鏡の前で自然な笑顔の練習してる」

    このように、

    「私にはこんな本音やコンプレックスがある」→「だけど、前向きにとらえてる・克服しようとしている」

    ということが印象づけられる言葉を付け足します。

    落ち込んでしまう出来事があった場合も同様です。

    例えば仕事でミスをしてしまった時、

    「私今日こんなミスしてしまって、みんなの前で上司から説教されちゃった。でも、次回から気をつけようって思えたし、最近たるんでる自覚あったからちょうど良かったのかも!」

    このように、「落ち込んでるのは事実だけど、前向きに受け止めて頑張ってこうと思う!」というポジティブな姿を見せましょう。

    年下男性に「立ち直ろうとしてる姿が健気でかわいい」「前向きに頑張ろうしててエライな」と感じさせることができます。

    方法6.年上っぽくリードしようとする

    6つ目の方法は「年上っぽくリードしようとする」ことです。

    自分が年上であることを意識して張り切る姿が、かえって男性に「かわいい」と感じさせるためです。

    例えば、一緒のランチで割り勘をすることになったら「年上だし、ここは私が多めに出すね」と言ってみる。

    または、不慣れな作業で手間取っている年下に「あぶなっかしいなあ。まず私がやってみせるからコツを掴んでね!」と手本を示して見せる。

    あまり高圧的だったり恩着せがましかったりすると疎まれてしまいますが、「年上だからサポートしてあげるよ!」「もう、仕方ないなあ〜」というニュアンスを出しつつ世話を焼きましょう。

    年下男性に「申し訳ない」と感じさないばかりか、「年上ぶっちゃって、かわいいなあ」と思わせることができます。

    3.かわいい年上女性を目指す際の注意点

    かわいい年上女性を目指す際に注意すべきこともあります。

    特にお伝えしたいのは、次の2つです。

    1. 自虐的にならない
    2. 常に優位に立とうとしない

    無意識にこれらをしてしまうと、年下男性を困惑させてしまうことがあります。

    ひとつずつ見ていきましょう。

    注意点1.自虐的にならない

    1つ目の注意点は「自虐的にならない」ということ。

    例えば、

    • 「私ってあなたより5歳も上だから、感覚が合わないところもあるよね」
    • 「年かな?最近、体力の衰えが激しくて、できれば週3日くらいお休みが欲しい」
    • 「どんな曲聴いてるの?あ、答えてもらっても私もうおばちゃんだから知らない歌手だろうな〜」

    このように、自分の年齢や、相手との年の差、ジェネレーションギャップを意識しすぎると、会話が行き詰まってしまいます。

    あなたは軽い冗談のつもりでも、年下男性は返し方が分からず困惑してしまっていることがあります。

    年下男性から「◯◯さんと話すのって、気を遣うなあ」と思われないために、自虐的な発言はなるべく控えましょう。

    注意点2.常に優位に立とうとしない

    2つ目の注意点は「常に優位に立とうとしない」ということ。

    • 「私のほうが年上だからリードしてあげなくちゃいけない」
    • 「私は年上だから相手が間違っていたら正しいことを教えてあげなきゃ」

    このように、何においても「してあげなくちゃ」「教えてあげなくちゃ」という姿勢で優位に立とうとすると、年下男性に息苦しさを感じさせてしまいます。

    面倒見の良さは年上女性の魅力の1つですが、あれこれ口を出しすぎると「ありがた迷惑!放っといて!」と思わせてしまいます。

    まとめ

    いかがでしたか?

    年下男性に「かわいい」と思わせるための方法についてご紹介してきました。

    「年上は包容力が大事!」と思ってる人は多いです。

    確かに、人生経験や社会経験が自分より多く、存分に甘えさせてくれる年上女性は、男性にとって魅力的な存在。

    ただ、そんな「理想の年上像」からあえてはずれて見せることで、「ギャップがかわいい」「素顔が見れてキュンときた」と思わせることができます。

    楽しい時は一緒にはしゃぎ、好きなものについては嬉しそうに語る。

    これを意識するだけで、かわいい年上女性になれる確率がグッと上がります!

    相手を甘えさせることができて、自分から甘えることもできる。

    そんな、年下や同年の女性にはなかなか出せない魅力を持った、かわいい年上女性になりましょう!

  • 関連記事

    1. 恋愛しない女性が急上昇!?無理しない生き方で幸せになれる方法

    2. デートで失敗しがちな10パターン!フォローと挽回方法を紹介

    3. 合コン後の連絡は何を送ればいい?一人勝ちできるモテLINEはコレ

    4. 出会ってから付き合うまでの流れはこうだ!告白までの4ステップ!

    5. 婚活に失敗しがちな男性のパターン7選!原因と対策を解説します!

    6. 合コンでモテたい男必見!モテ男の特徴と女性に嫌われる行動と対策

    7. 合コンでモテる男のテクニック集!自己紹介や連絡先交換の方法まで

    8. 大人の付き合いって?6つの特徴と長続きさせる3つのコツをご紹介♡