アプリでセフレができる!スマホ一台でセフレを作れるアプリとその体験談とは?

「セフレ」それはいわゆる男のロマン。

友達以上恋人未満の大人の関係性に、誰もが一度は憧れるのでは無いでしょうか。

しかし実際のところ、そんなに都合の良い相手と出会うことができるのか?

そもそも新たな出会いがなければ新しい関係性は始まりません。

現代にはあらゆる出会いのツールが存在しているので、これを使わない手はありませんよね。

今回は出会えるアプリのご紹介と、実際の体験談を通してセフレの作り方を徹底的にまとめました。

そもそもセフレとは?

セックスフレンド、略してセフレ。

その関係性とは実際どのようなものなのか?

これはお互いの利害関係によっても大きく異なります。

身体だけの関係というカップルもいれば、ご飯にも行くし遊びにも行くし、その延長でセックスもするという関係の場合もあります。

一晩限りの相手、いわゆる「ワンナイト」とは違った継続的な関係ですので勢いだけでなくお互いの人間的な相性も非常に重要となって来ます。

出会い系アプリを使う

(引用:PCMAX)

ひと昔前からネットの出会いの場としても知名度の高い「出会い系サイト」

今ではスマーフォンの普及に合わせて「出会い系アプリ」となっているサイトが多いですね。

有名どころは「PCMAX」「ハッピーメール」「YYC」。

こちらのサービスはアプリサービスが始まる以前、まだスマートフォンは普及するよりも前から出会い系サイトとして非常に大きな人気を博していました。

もっと詳しくアプリの種類やおすすめについて知りたい方は下記の記事もみてください!

 

出会い系アプリでは、相手の投稿した写真の閲覧やメッセージのやりとりが一部有料となっており、やりとりを重ねるために課金をする必要がある仕組みとなっています。

その中でも「PCMAX」「ハッピーメール」「YYC」には「サクラ」と呼ばれる業者がおらず、比較的に女の子との交渉がしやすい点が人気の理由とされています。

こちらのツールの特徴はアダルト色が強いという点です。

男女ともにアダルト目的での利用者が大半となっているため、目的の合致という点ではニアミスが少ないと言えるでしょう。

しかし実際のところ、女性ユーザーの多くが「割り切り」を希望しています。

「割り切り」とはセックスの対価に金銭を要求する行為です。

要するにお金目的のために体を売る女性が多いのです。

そう言った相手の場合、うまく出会えたとしても継続的な関係を続けるためには毎回お金を渡す必要があります。

出会う前の段階で親密度を深めておき、実際に会った際にも好印象を与えられれば「割り切り」から「セフレ」へと金銭を伴わない関係になることも可能でしょう。

大切なのは「純粋に出会いを目的としているか」「金銭目的での利用なのか」という部分になります。

「PCMAX利用体験談:男性Kさん24歳(会社員)」

会社員になってから新しい出会いがなく、そういった機会もないまま半年が過ぎました。

出会い系アプリの存在は前から知っていて、実際にどんなものなのかとお試し感覚でインストールしたのが利用したキッカケです。

PCMAXの掲示板で好みの女の子にメッセージをしたところ、その1人目の相手がたまたま趣味の合う同世代の子でした。

メッセージのやりとりは無料内では収まらなかったので1000円ほど課金をしましたが、会う約束を決めるまでに3日しかかからずトントン拍子で話が進みました。

カフェで初対面してそのまま居酒屋、カラオケと進んで気がつけば終電も終わっていました。

多分お互いに気づいてたけど知らないふりをしてましたね(笑)そのまま自然な流れでホテルへ。

それからなんとなく会ってホテルへ行くような関係が4ヶ月ほど続きました。

お互いに相性が良かったけど、どちらも「付き合おう」とは言わなかったので何となくズルズルした関係が心地よかったんだろうなと思います。

結局いつの間にか音信不通になってしまいましたが、今ではいい思い出です。

マッチングアプリを使う

(引用:Tinder)

こちらは出会い系アプリに比べて敷居が低く、普通の女子大生からOLまでかなり幅広い層のユーザーを獲得しています。

登録の際にFacebook情報を用いる為、身元の保証された相手との出会いが可能となっています。

その為、女性側も安心して登録していますし、利用している事実を隠すことなく友人同士で盛り上がっている様子も見かけるのではないでしょうか。

「pairs」「タップル誕生」「Tinder」などが有名で知名度も高いですよね。

20代男女のマッチングアプリ利用経験者は80パーセント以上とのアンケート結果があるように、今ではかなり浸透しているサービスと言えます。

また出会い系アプリと違って月額定額制のアプリが多いので、利用頻度や連絡の回数をに気にせず活用出来る点もメリットの1つと言えるでしょう。

中でも「Tinder」に関しては基本利用は無料、うまくいけばアプリにお金を支払うことなくセフレ作りができるかもしれません。

難点としては、マッチングアプリはアダルト色がさほど強くありません。

ご飯を食べる相手を探してたり、友達がやっていたからなんとなく登録したというユーザーも多いのです。

その為、話術やスマートなエスコートで導く力はある程度必要でしょう。

そしてやりとりをするにはまずは女の子とマッチングしないといけません。

こちら側からどれだけラブコールを送ったところで、相手が興味を示してくれなければマッチングは成立せず、メッセージのやりとりさえ始まらないのがマッチングアプリの恐ろしさです・・。

そして残酷な事実ですがマッチングアプリにおいて最も重要なのは容姿です。

写真の時点で受け入れて貰えなければ、プロフィールにさえ目を通してもらえません。出会う前からイケメンが勝つようにできていると言っても過言では無いでしょう。

本気でマッチングを狙うユーザーはプロのカメラマンやメイクを利用し、プロフィール写真を用意するほどの徹底ぶりです。

本気で考えるのであれば初期投資も検討してみてはいかがでしょうか。

「Tinder利用体験談:女性Aさん25歳(宿泊業)」

Tinderは私たち20代女子の間で「イケメンが多い」と話題のアプリです。

もともと海外で流行ったアプリなので、海外志向の強い男性が多数登録しています。

私が大手メーカー勤務のT君にLike!を送ったのは「お互いの家が近い」という理由からでした。

顔も悪くないし、同い年で話も合うし…「付き合えたらいいな」と正直思っていました。

3回目位のデートで、彼が「送るよ」と言って私の家まで来て、せっかく来てくれたので部屋にあげることにしました。

「チューしたくなってきた」と言われてドキドキしながらチューをして、その後セックスをしました。それから彼は週1ペースで私の家にくるようになりました。

もう半分付き合っているみたいな状態でしたが、お互いの友達を誘って一緒に行く予定だった花火大会の約束を、「どうしても一緒に行きたいと言ってくる人がいる」といってドタキャンされました。

「ああ、その女の子は彼のことが好きなんだろうな…」と察知しました。

結局彼はその女の子と付き合ったみたいですが、「遠距離だから」という理由で私の家に来続けました。

私も彼氏が居なかったので、次の彼氏ができるまでの繋ぎとして彼のことをキープしました。

そして、その後好きな人が出来たので、彼との連絡を絶ちました。

私との体の相性が良かったらしく、未だに連絡してきますが、しつこいので最近LINEをブロックしました。

ネットナンパ

(引用:twitter)

ネットナンパの主戦場はツイッターやインスタグラム、Facebookなどの各種SNSサイトとなります。

今やスマートフォン利用者のほとんどがいずれかのSNSを利用している時代、ユーザー数は出会い系アプリやマッチングアプリと比較しても群を抜いています。

交流を深めて、「そのうち会えたらいいなあ」程度であればいずれのSNSでも構いませんが、セフレ作りということに関して一番の近道はツイッターです。

一見アダルト色が無いようにも見えますが、ツイッター上には裏アカウントと呼ばれるユーザーが一定数存在します。

裏アカウントユーザーたちはそもそもツイッターを「誰にも言えない本音を吐く場所」「普段隠している本当の自分をさらけ出す場所」として利用しているので、アダルトな内容を主とした発信者も多いです。

今回の目的はセフレを作ることなので、ツイッターの裏アカウントユーザーらをターゲットにアプローチを仕掛けルことが一番の近道でしょう。

リアルで出会うことを前提として作られていないサービスが故に、それを通じて会うことができた時点であなたは相手にとって特別な存在になり得ます。

実際のところ、ネットをきっかけとした出会いに対する世間の敷居は随分と下がっていますし、思いのほか簡単にアポイントが取れてしまうケースが多いのです。

あとは自身のコミュニケーション能力を駆使して約束を取り付けましょう。

注意すべきは「ツイッターの利用には年齢制限が無い」という点です。

出会えた相手が18歳未満だった場合、手を出してしまうともちろん一発でアウトです。

お金が欲しい中高生が「パパ活」「援助交際」としてお金を求めてアカウントを開設しているケースもありますので、そういった自己防衛の部分には徹底するよう注意しましょう。

「ツイッター利用体験談:男性Sさん25歳(営業)」

ツイッターで何の気なしに好きなアーティストのことについて呟いた発言が拡散されて、相手からダイレクトメールが届いたことがキッカケでした。

そのまま共通の趣味で盛り上がり、一緒にカラオケに行こうという話に。

相手は19歳大学生の女の子でした。待ち合わせ場所にお互いが好きなバンドのTシャツを着て来ていて、そこでまた意気投合してカラオケは大盛り上がり。

その後はイタリアンのお店で夕食を食べました。

お互いにお酒も飲んでいないし、まだ電車もある時間でしたが、そのままホテルへなだれ込んでセックスしました。

付き合う付き合わないの話になったものの、彼女が彼氏は作りたくないということで恋人関係にはならないままその日は解散。

以後、3ヶ月くらいセフレ状態でズルズルとした関係が続きました。

その後僕に気になる人ができてからは疎遠になり、自然消滅といった終わり方です。

後日気になってツイッターのアカウントを確認してみると「裏垢」の表記がついて、完全にエロ路線のアカウントになっていてビックリしました。

思えば彼女は性への関心が強くて、それこそ一晩で5回〜と求めてくるような女性だったので、今でも相手を探してネットを徘徊しているのかもしれません。

きっと僕と会っていた頃も他の男性と遊んでいたんだと思います。

付き合わないのは複数の男性と遊べなくなるからかな、と勝手に納得しました(笑)今はもう一夏の思い出です。

番外編:元カノからセフレへ

ネットアプリを使った出会いではありませんが、かなり多いケースが「以前の恋人とセフレになるとうパターン。

付き合っていた関係は破綻したものの、体の関係が切れずにズルズルと引きずってしまい気づけばセフレになっていたという展開ですね。

これが最もセフレ関係として多いのでは無いでしょうか。

お互いに見知った相手で、ある程度相手との相性も理解できた上での関係性を考えると、利害関係が一致していれば案外悪く無いのかもしれないですね。

「元彼から連絡がきたらそれは「やらせて欲しい」という合図だ」なんて女性はよく仰っていますが、それもあながち間違いじゃないかもしれません。

現代の出会いにはスマホアプリが必須!セフレが欲しけりゃアプリを使え!

気軽に始められるネット経由の出会いが普及してきた昨今。

もはやビジネスパートナーも、趣味友達も、彼女も、セフレも、スマホアプリで作る時代です。

ネットはリアルと違って自分の都合の良いタイミングでやりとり出来ますし、初対面の前から親交を深めておけるのも、好調なスタートを切るための大きなメリットとなります。

「話が面白くて褒め上手、ルックスも良い」

そんな大層な武器が無くてもとりあえず戦える時代になっています、セフレを求める男性にとってはかなり戦いやすい世の中と言っていいでしょう。

あなたも新しい出会いを求めているなら、今すぐにそのスマートフォンを握りしめ、アプリを立ち上げてみてはいかがでしょうか?

あなたの素敵な夜を祈っております!

関連記事

  1. 遠距離恋愛の彼の気持ちを確かめたい時、デキる彼女は時空を超えて透視で把握
    PR:Tphereth

  2. 結婚相手選びはやっぱり顔が決め手?結婚相手で後悔しない22のポイント

  3. ハイスペは2種類に分かれる!合コンでぶっちぎりモテする必勝術

  4. 合コンの予算の男女比は?予算の相場を年齢性別毎に徹底解説!

  5. 【意外と簡単】年上男性の脈ありサインとアプローチ方法を5つ紹介!

  6. 婚活アプリに写真を載せる必要性は?安全性を知って楽しく婚活!

  7. 手を握るのは好意の表れ?男性が握るタイミングと隠された理由

  8. 合コン後の連絡は何を送ればいい?一人勝ちできるモテLINEはコレ