デート頻度は付き合う前から意識するべき!理想の回数や誘い方を紹介

「デート頻度ってどのくらいが良いのだろう。。」なんて、お悩みではないでしょうか?

特に、付き合う前のデート頻度はどうすれば良いのか難しいですよね。

実は、ベストな回数は3回です。

この記事では、理想のデート頻度とアプローチ方法を解説していきます。

デート頻度を意識して、気になる相手との距離を上手く縮めましょう。

付き合う前のデート頻度はどれくらいの回数が良い?

「気になる人とのデートだけど、大体どれくらいのデート頻度にすれば良いのかが気になる」という方は多いです。

結論から言うと、付き合う前の理想のデート頻度は3回前後です。

人によっては、「3回前後のデート頻度で告白まで持っていくのは早すぎるんじゃないか?」と言う声もあるかもしれません。

しかし、3回以上のデートを重ねれば重ねるほど、その人とは恋人関係ではなく友達関係になってしまう可能性が高くなってしまいます。

なので、気になる人とのデートは3回目を目安に告白をする準備をしておきましょう。

デート頻度が多すぎると”友達”になってしまう

上記でも解説しましたが、デート頻度が多すぎると友達になってしまいます。

「告白するのは、もうちょっと仲良くなってからがいいかな」と思いがちです。

確かに、その人との仲を深めるだけならデート頻度を重ねれば重なるほど仲が深まります。

しかし恋人関係になりたいという場合は、気持ちが盛り上がっているうちに告白をしなければ成功率が格段に下がってしまいます。

長年の友人関係である異性から突然告白された場合、恋愛対象として見れずに告白を断る人は多いです。

しかし、出会って間もない異性であれば、その人のことをもっと知りたいと思うようになるので、告白は成功しやすくなります。

鉄は熱いうちに打てということわざがあるように、デート頻度を重ねすぎてしまうと気持ちの盛り上がりが落ち着いてしまうのです。

2人の気持ちが盛り上がっているうちに告白をすることをおすすめします。

相手と一緒にいる時間がデートなのか、友人としての遊びなのかハッキリしないときは下記の記事も参考にしてみてください。

そうは言っても、デート頻度を多くしたほうが良いのではないかと思う人も多いはずです。

ここで、デート頻度を多くするメリットを見ておきましょう。

デート頻度を多くするメリット

デート頻度を多くするメリットは、以下のようなものがあります。

  • お互いを深く知れる
  • 楽しい思い出が増える

それぞれについて、順番に確認していきましょう。

お互いを深く知れる

デート頻度を重ねると、それだけ相手と過ごす時間が長くなるので相手のことをもっと深く知ることができます。

また逆も然りで、デート頻度が多いと、自分のことを相手に深く伝えることができます。

このように、デート頻度を重ねて過ごす時間を多くすることで、お互いを知れるのでより仲を深めることができます。

ただ、恋人を作るという観点でいうと、仲を深めてから恋人になるのではなく、恋人になってから仲を深める方が恋人ができやすいです。

楽しい思い出が増える

デートの頻度を重ねるごとに、楽しい思い出を増やすことができます。

例えば、あまり行ったことない観光スポットだったり、近場の人気レストランに行ったりなどです。

これがデートの頻度を重ねることで楽しい思い出を増やすことができますが、あくまで友達としてです。

もちろん友達関係でいいと言うのであれば話は別ですが、恋人になりたいということであれば楽しい思い出は恋人になってからたくさん作ったほうが良いです。

以上がデート頻度を多くするメリットでした。

続いて、デート頻度を多くするデメリットを見ていきましょう。

デート頻度を多くするデメリット

デート頻度を多くするデメリットは、以下のようなものがあります。

  • 告白するかを悩む期間が長くなる
  • 告白してくれない相手に期待して疲れる

それぞれについて、順番に確認していきましょう。

告白するかを悩む期間が長くなる

デート頻度を多くしてしまうと、それだけもどかしく悩む期間が続いてしまいます。

2人でいる間は楽しくて気になりませんが、1人になると、「早く片思いのモヤモヤをはらしたい」ともどかしい気持ちになるはずです。

このように、デート頻度だけ重ねてしまうと、言いたいことがあるのに言えないモヤモヤ期間が長くなってしまい、心苦しい気持ちが続いてしまいます。

告白してくれない相手に期待して疲れる

上記とは逆に、デート頻度を重ねすぎてしまうと、告白をしてくれない相手にもどかしさを感じてしまうこともあります。

本当はデートをしていて楽しいはずなのに、デートを重ねるごとに、「まだ告白してくれないのか?」というモヤモヤが溜まってしまうのです。

このように、デート頻度を重ねすぎてしまうと、告白を待っている方も心苦しい期間が続いてしまいます。

以上が、デート頻度を多くするデメリットでした。

デート頻度は単に多くすれば良いというわけではないのです。

告白まで3回程度を目安に、相手と頻度を合わせながら関わっていきましょう。

相手とデート頻度が合わないときの対処法

「気になっている相手ともっとデートしたいのに、相手はデート頻度が少なめが良いらしくてもどかしい」と悩んだ経験はありませんか?

今回はそんな悩みを持っている方に向けて、相手とデート頻度が合わないときの対処法について解説していきます。

デート頻度についてのポイントは、以下のようなものがあります。

  • デート頻度は相手に合わせる
  • すぐに恋人になるという考えは捨てる
  • 別の人を探すのも有効な手段である

それぞれについて、順番に確認しておきましょう。

デート頻度は相手に合わせる

まず心に留めておきたいのは、デート頻度を相手のペースに合わせる大切さです。

例えば、自分はデートの頻度を週2回にして早く仲良くなりたいのに、相手は2週間に1回位で良いという状態だと、お互いのデート頻度に関する価値観が異なります。

ここで1番やってはいけないのが、自分のペースに合わせようと相手に週2回のデートを強要することです。

そうなってしまうと、相手と恋人関係になれるどころか、むしろ遠ざかってしまいます。

自分の気持ちが先走ってしまわないように常に気をつけましょう。

しかし、どうしても相手のデート頻度のペースに合わせることが難しければ、週1回のデートに誘ってみるといった間を取った提案をするのは効果的です。

しつこくない程度に誘いかけるようにしてください。

すぐに恋人になるという考えは捨てる

相手とデートの頻度が合わなければ、「すぐに恋人になろう」という考えを一旦捨てることも有効な手段です。

自分の気持ちが先走っているのに相手が追いついていないとお互い苦しい思いをしてしまいます。

それならばいっそのことを、恋人に早くなりたいという気持ちをおさえて、ゆっくりと関係を深める方向性にシフトしてみましょう。

その方がかえって、恋人関係になりやすいということも十分にあります。

別の人を探すのも有効な手段である

付き合う前にデートの頻度が合わないと感じたら、今の人は諦めて違う人を見つけるというのも有効な手段です。

デートの頻度はその人の価値観に基づいているため、そう簡単にお互いのデート頻度を合わせる事は難しいです。

また、デート頻度の価値観が違うことによって、お互いの考えがぶつかってしまい喧嘩が多くなってしまうことも十分にあります。

つまり、その人と相性が悪かったということです。

相性が悪いのを無理やりに相性を合わせるとお互いが疲弊してしまいます。

それならば相性の良い人を見つけた方が、自分にとっても相手にとっても幸せな日々を送れるはずです。

新しいデート相手を探したい人は、相席ラウンジで新しい出会いを見つけてみてください!

全国に展開している「オリエンタルラウンジ」なら、いつでも好きなタイミングで素敵なデート相手を探しに行けます。

オリエンタルラウンジは出会いを求めた男女が集まる場所です。

気楽に利用できるので、相手を見つけたいときは積極的に行ってみてください。

それでは良い相手を見つけたときのために、デート前の連絡頻度を見ていきます。

デート前の連絡頻度はどうするべき?

デート前の連絡は、その人と恋人関係になる上でデート中と同じくらい大切です。

デート前のメールやLINEのやりとりで失敗してしまうと今後の関係性も悪化してしまうことは十分にあります。

デート前の連絡頻度は、相手と同じくらいのペースで返すのがベストです。

例えば、相手が6時間おきに返事が返ってくるのであれば、自分も6時間おきに返す。

相手が2時間おきに返事を送ってくるのであれば自分も2時間おきに返事を返す。

このように、相手と同じペースで連絡を返すと、相手は返事に心理的な負担を感じなくなります。

むしろ、連絡のペースが自分と合うので、「この人と連絡してると楽!」と思わせられるのです。

「自分は比較的すぐ早く返すのに、相手がLINEの返事が遅いと不安な気持ちになってしまう」という人もいるかもしれません。

しかし、恋人関係になるためには相手への尊重も大切なので、自分の意見を相手に強要しないようにしましょう。

悩んだら1日3往復くらいの連絡頻度が無難です。

1日3往復くらいの連絡頻度が無難

人によってLINEの連絡頻度は異なりますが、おおよそ1日に3往復の連絡頻度が無難です。

もちろんその人の関係性によって、もっとLINEを交換したいという人や、2日に1回でもいいという人もいるかもしれません。

しかし、付き合う前の段階で心がけておきたいのは、相手に連絡で心理的負担をかけないことです。

付き合う前は、まだお互いのことをよく知らないうえに、あまり干渉しすぎてはいけない時期だと言えます。

「なんで恋人でもない人とこまめに連絡をしなくちゃいけないの?」と思われた一環の終わりなので、むしろLINEの返信ペースは遅過ぎるくらいがちょうどいいです。

LINEの返信ペースを落として、相手に「早く向こうからLINEの返事返ってこないかな」と思わせることができれば、恋人関係になるまでは時間の問題です。

連絡を催促してしまうのは逆効果

連絡のペースは相手と合わせることがとても大切です。

「相手のことを気になっているが連絡に時間を取られるのはあまり好きではない」という方も多くいます。

そのような人に対して、連絡を送りすぎてしまったり、返信を催促してしまうと、嫌悪感を感じられてしまい逆効果になってしまいます。

しかし、「連絡をたくさんしたい」という方にとっては頻度を変えるのは難しいかもしれません。

その場合は、次のデートの予定を早めに立てるのが良いでしょう。

「連絡をたくさんしたい」という人の奥底の心には、連絡を続けてないと次に会う機会がなくなってしまうという焦りもあります。

しかし、次のデートの予定さえ立てれば、次回会えることが保証されているので、連絡に対してそこまで執着しなくなるはずです。

最後に、デート頻度についてのさまざまな人の考えを見ておきましょう。

デート頻度ってみんなはどうしているの?

デート頻度についてのさまざまな人の考えを確認しておきます。

こちらは付き合う前に4か月様子見をして付き合ったパターンです。

デートし始めてから4か月もたってしまうと、”友達”になりつつある状態なので注意が必要です。

最長でもデートをし始めて3、4か月以内の告白が望ましいです。


3回目のデートが告白するのにベストなタイミングです。

何度も述べたように告白はタイミングが命です。

中途半端な関係が長引けば長引くほどチャンスは遠ざかるので、遅くとも4回目のデートには告白しましょう。

これは、3回目のデートで付き合ったパターンです。

お互いの予定が合わないとそれだけでデートの間隔が大きく開いてしまうことになります。

そうなってしまうとどんなに二人の間で気持ちが盛り上がっていたとしても、間隔があいてしまうことで盛り下がってしまいます。

なので、お互いの予定がなかなか合いにくい時は、早めに告白をしてケリをつけたほうが良いでしょう。

まとめ

付き合う前なら、告白は3回目のデートで決めるのが良いです。

初回のデートで告白すると、まだお互いのことを十分に知らないため、告白が成功する確率が下がってしまいます。

しかし、デートの頻度が多すぎると、友達としてしか見れなくなって逆効果です。

デート頻度はできるだけ相手に合わせつつ、3回目で告白できるように頑張りましょう。

デートは頻度はもちろん行き先選びも肝心なので、下記の記事も参考にしてみてください。

デート頻度などの相性が合う相手がいないなら、オリエンタルラウンジを利用するのが良いです。

関連記事

  1. 遠距離恋愛の彼の気持ちを確かめたい時、デキる彼女は時空を超えて透視で把握
    PR:Tphereth

  2. なぜ女性は悪い男に魅力を感じるのか?その理由を解析してみる

  3. デート2回目!告白を成功させるためのポイントと場所の選び方!

  4. 結婚相手選びはやっぱり顔が決め手?結婚相手で後悔しない22のポイント

  5. 気になる彼からLINEの返信が来ない理由とは?返信率を高めるコツを紹介…

  6. 男女の関係ってどこから?一線を超えるボーダーラインを徹底分析

  7. 強い女性になるには方法があった!押さえるべき特徴3つを徹底解説!

  8. 合コンは席順で勝負が決まる!黄金配置と席替えテクニックをご紹介!