デート2回目!告白を成功させるためのポイントと場所の選び方!

「2回目のデートでは何をすればいいの?」

初デートを終えた今、次回のデートにあなたはどんなプランを想定していますか?

この2回目のデート、実は今後の2人の関係がどうなっていくかを左右する運命の分かれ道といっても過言ではありません。

2回目のデートに対する意識と事前準備が勝敗を分けます。

「またあの子とデートに行ける!」と喜んでいるだけでなく、関係を進展させるために頭を使いましょう。

既に2回目のデートを想定しているあなたはおそらく初回のデートを成功させているはずなので、考え方をしっかりさせれば関係進展の可能性は大いに高いと言えるでしょう。

一方で、初回のデートもまだなのに2回目を見越しているお茶目なあなた、今後のために2回目デートのマインドを把握しておきましょう。

というわけで、今回は「2回目のデートでは何を意識すべきなのか」を具体例と共にお伝えします。

2回目のデートまでは「テスト」

初回のデートはお互いに緊張していることが多いですよね。

合コンからのデートか、知り合ってからのデートか、どちらにせよ初めて2人っきりで過ごした時間でしょう。
まだ互いに相手のことを探っているような状態ですよね。

初回デートはあくまでも、お互いの雰囲気や波長を理解するためのテスト期間みたいなものです。

おそらくありのままの自分をさらけ出すまでには至らず、相手に若干気を遣いながらデートを楽しむというカップルが多いでしょう。

要するに、初回デート時はお互いに猫をかぶっています。

「この人には心を開いても大丈夫だろうか」というのを探り合っている状態です。

この時点で「絶対無理!」と思うようなポイントが無ければ無難にデートは進んでいくでしょう。

もちろん楽しいかどうかも非常に重要なポイントですが、「相手に嫌がられないようにしつつ、相手に嫌なところがないか」を見極める「テスト」ですね。

ここで無理をしすぎると今後の関係で気疲れしてしまうこともありますので、満点ではなく70点くらいを目指しましょう。

2回目のデートは相手を深く知るための「面接」

初回のデートが「テスト」であれば、2回目のデートは面接と言えるでしょう。

お互いに打ち解けてくると、最初は出来なかったような質問も自然と出てくるようになります。

「休みの日には何をしてるの?」「好きな音楽はなに?」「遊園地とか動物園とか好き?」と相手のことを知りたくなりますよね。

お互いがお互いのことについて質問をしあう、これがまさに「面接」です。

お互いがお互いのことを質問し合って精査し、初回のデートよりも細かく素性を探り合います。

ここでも以前同様に特に不快感なく楽しい時間を過ごせればいわば面接合格。次のデートへと進展していくことでしょう。

2回目のデートまでの理想の流れ

それでは実際に、初回デートから2回目のデートへととフェーズが変わるまでの流れをご紹介します。

なお初回デートはうまくいった前提となりますので、まずは己の持ちうる限りのコミューケーション能力を駆使し、どうにか2回目のデートへと繋げましょう。

初デート後にはサンキューレターを送る

楽しかった初デート、無事に1日を終えてバイバイし、気を休めていることでしょう。

しかしまだ休むにはちょっと早いです。

今すぐにデート相手の女の子へ「サンキューレター」を作成しましょう。

「サンキューレター」とはビジネスの世界で用いられる言葉で、その名の通り、感謝の気持ちを送ることを言います。

営業後などに「本日はお世話になりました」という感謝の連絡をすることで相手の心象を上げる事ができます。

通常はメールで堅苦しい文章を送るものですが、デート後でしたらLINEでの送信で十分ですね。

送信する内容についても特に難しく考える必要はありません。

「◯◯ちゃんお疲れ様!無事に家についた?今日はありがとう、本当に楽しかったです!」とテンプレート染みたもので構いませんので、お礼と楽しかった旨をきちんと伝えましょう。

送信するのは解散後1時間以内くらいが望ましいです。

電子メールでのやりとりであれば長文のかしこまったメッセージでも良いのですが、レスポンス命のコミュニティツールLINEであれば無駄に長い長文はスルーされがち。

クイックレスポンスのしやすい短くてシンプルな文章を送りましょう。

数度のやりとりを交わしたら、2回目のデートの話を切り出してください。

 

2回目のデートの誘いはLINEでOK?それともNG?

「デートは初回よりも2回目が大切」という説があるほど、2回目のデートは重要。1回目のデートが終わって次のデートのお誘いをする際に、どういった方法を選べばいいかは迷いどころでしょう。気軽にLINE(ライン)で誘うのがいいか、それとも電話で誘うべきか迷うかもしれないですね。

結論はどちらでも構いません。「そんな曖昧な答えじゃ安心できない」という声が聞こえてきそうです。重要なのは1回目のデートと2回目のデートの間で、どれだけ距離を縮められるかがその後の鍵を握ります。最低2回はLINEやメールで連絡をとっておきましょう。そこで情報を収集しておき、映画などに誘うと相手も「行こう!」とテンションアップすること間違いなし。人は交流を持つ機会が増えれば増えるだけ親しみを感じやすくなるのは、単純接触効果でも証明されています。間を空けすぎることなく、交流を深めましょう。

 

LINEで2回目のデートのを誘ったけど返事が来ない!LINEの頻度はどれぐらいがいい?

もしあなたが勇気を出して2回目のデートに誘ったのにもかかわらず、OKの返事をもらえなかったらショックが大きいですよね。前記したように、残念な返信があったり誘いを無視される場合は、普段のやりとりに原因がある可能性が高いでしょう。「週に2日は最低でも連絡をとるべき」と解説しました。

しかし、月曜日・火曜日の連絡も、月曜日・金曜日の連絡も同じく週2日の連絡に該当。どちらが仲良くなりやすいかといえば、月曜日、金曜日の連絡です。月曜日・火曜日と連日の連絡をとった後、次にLINE(ライン)やメールを送るのが翌週の月曜日になった場合には、かなり間が空いてしまいます。連絡していない期間に気持ちが冷却されて、デートの誘いを送っても「何だか行く気がしない…」「気乗りしないから断ろう」となってしまうのです。

連絡は最低週2回ですので、それより高い頻度でももちろん問題ありません。相手の反応が良くて、楽しんでいる感じが伝わってきたら、高頻度でも連絡を入れましょう。

 

2回目のデートは2週間以内が望ましい

初回デートから2週間以内には次のデートを取り付けましょう。

できれば翌週が良いのですが、お互いの仕事の都合もあるでしょうから2週間以内で調整して下さい。

初デートが上手くいって好印象を持たれている間に次の機会をつくることで、2回目のデートの成功率はぐんと高まります。

あまり間を開けすぎてしまうと盛り上がった雰囲気も忘れて、またお互いにかしこまってしまう場合があります。

初回の熱を覚えているうちに、より親密になれるようデートの約束を取り付けましょう。

初回デートが盛り上がっていればデートの最中で約束をしてしまうのがベストです。

盛り上がっている時の提案であれば相手もその場の勢いでokを出しやすく、2回目の約束も通りやすいでしょう。

 

だらだらと連絡を続けない

お互いの予定を確認して2回目の約束が決まったら、その後はあえて連絡を少なめにしましょう。

初回デートが上手くいって2回目のデートも決まり、浮かれて思わず会話が弾んでしまう気持ちもよく分かりますが、積もる話は次回デートにまで取っておくことが重要です。

あえて連絡を抑える事で、相手に「早く会って話したい」と思わせるのもテクニックの一つと言えます。

ダラダラとやりとりして中だるみしてしまうと、話す内容がなくなってしまったりと逆効果になる場合があります。

連絡したい気持ちをグッと抑えて2回目のデートを待ちましょう。

デート前日のリマインド連絡

2回目のデートが目前に迫った前日、必ず相手に連絡をいれてください。

これは挨拶とリマインドを兼ねた連絡なので「明日よろしくね!◯時に◯◯で大丈夫?」と場所と時間の最終確認を行います。

相手にデートのことを忘れていない旨を知らせる他、もしかしたら相手が約束を忘れているなんて場合もありえます(あまり考えたくありませんね・・・)

また、初回デート時の話や連絡を取っていた内容についておさらいしておく事でデートの話題にもなります。

普通は初回よりも2回目のデートの方が親近感も湧いて盛り上がるので、お互いに楽しめるよう事前リサーチを完璧にしておきましょう。

 

2回目のデートの時の服装はどうすればいい??

2回目のデートで男性がどういった服装をすると女性受けがいいのかを説明しましょう。ポイントは「あなたをエスコートします!」というメッセージをいかに伝えられるかです。日本の男性は、海外の男性に比べるとかなりエスコート下手。もしそこでエスコートテクニシャンになれば、あなたは頭一つリードできるはず。

どんな格好をすれば「エスコートできる男」に映るかといえば、やはりジャケットスタイルでしょう。特におすすめは、ピークドラペルのジャケット。普段は勇気のいるカーキ色のシャツを合わせれば、バッチリです。パンツはコットンやウールの清潔感溢れるものを選んでくださいね。2回目のデートでデニムは、さすがにラフ過ぎるため避けましょう。もっと親しくなってからならOKです。

 

2回目のデートで意識すべきは、デートコース

初回デートを成功させているあなたなら、デートコースを考えること自体にはなんの問題もないでしょう。

ここで意識する必要があるのは「初回と違うデートコース」です。

1回目のデートが水族館だったら2回目のデートは別の場所にしますよね?それと同じように食事のジャンルや遊ぶ地域でも違いを意識しましょう。

初回デートが活発な内容だったなら2回目のデートでは落ち着いたコースを選んだり、初回デートの場所が池袋だったら2回目は吉祥寺にしたりと、場所の切り替えによってメリハリを出すことができます。

初回も楽しかったけど2回目はまた雰囲気が違くてさらに楽しい、そう思わせられるようなデートコースを設定しましょう。

もっと詳しくデートコースやデートスポットを知りたい方は下記の記事を参考にしてください!

親密になれるよう意識して2回目のデートをする

前述しましたが2回目のデートは面接です。

自ずとお互いに相手のことを知るために質問を交わし合う場面が多くなります。

しっかりと会話ができるデートコースを考えましょう。

カラオケで1日中歌っているようなデートは避けて、落ち着いて会話ができるカフェでの食事や飲んびりと回るショッピングがオススメです。

お互いに少し込み入ったプライベートな話をして、相手のことをさらに知るきっかけを作りましょう。

今までに2人で話した内容をしっかり覚えているアピールができるとなお良しです。

相手の趣味について話したり「この間話した◯◯が〜」と盛り上がれる話題を振っていきましょう。

2回目のデートで告白はOK?

大人同士の恋愛であれば、あまり勝負を引っ張りすぎるのも良くありません。

デートが楽しくてお互いに惹かれ合っていると思えば2回目のデートで告白をしても良いでしょう。

それとなく好意がある仕草を見せれば、なんとなく相手の反応も分かりますよね。

まだまだ信頼関係が築けていないと思えば特に焦る必要はありませんが、流れがよくて告白のチャンスがあれば思い切ってしまうのも良いと思います。

少なくとも2回デートをしている時点で好意があることなどバレています、「別に恋愛に興味ないよ」なんて変に格好つける必要はありません。

2回目以降のデートプランは2人で考える

2回目のデートも仲良く楽しく過ごすことが出来たなら、かなり脈ありだと思って良いはすです。

自然な流れで次回のデートの話を切り出しましょう。

3回目ともなればデートコースはあなた1人で考えるのではなく、2人で行きたい場所や興味のある場所を相談するのがいいでしょう。

デート中に次のデートコースを相談するというのは楽しいですよね。

2人が楽しめるデートがしたいなら2人でプランを練るのが一番です。

次はどうしようと1人で頭を悩ませるのではなく、相手に行きたい場所や食べてみたいものについて聞いて、共に3回目のでデートを作ってみてください。

2人で一緒に計画したデートの中に、密かに告白のポイントを入れておくのも良いでしょう。3度目のデートともなれば相手も「そろそろ告白かな」と待っている可能性が高いです。

あまりズルズルと友達の関係を続けてしまうと勝負所を見失ってしまい、うやむやに流レテしまう場合もあります。

そもそも新しいライバルがあられる可能性もあります。3度目のデートには告白を計画しましょう!

2回目のデートは、とにかく空気を読むこと

2回目のデートが決められた時点で、相手から不快な印象は持たれていないと考えて良いでしょう。

初回デートで「嫌だな」と思われていたら、そもそもまた2人きりで会ってくれるわけがありません。

2回目のデートの時点ではまだ勝機はあると考えていいでしょう。

ここから2人の仲が進展していくかどうかはあなた次第。

ここで重要となるのが「空気を読む力」です。

相手のテンションをしっかりと見極めて、その場に応じた対応ができるように心がけましょう。

昔から気遣いのできる男はモテると決まっています。

まだお互いに気を張っている部分もあるでしょう、デート内容によっては思いのほか疲れてしまう事もあります。

細かくプランを立てるのは良いですが、デートの目的はプラン通りにデートをを進めることではなく、相手と楽しい時間を過ごすことです。

思い通りにデートを進めることよりも、彼女を楽しませることを第一に考えましょう。

綿密にデートプランを練って入れば練っているほどそのプランを遵守することにこだわってしまい、時計を気にしすぎたり、彼女の状態を見落としてしまいがちです。

あくまでも相手の女性第一です、目的を見失わないようにしましょう。

言うまでもありませんが、道を歩くときは道路側を歩き、階段やエスカレーターを利用する際は自分が下側になります。

扉は開けて彼女を通し、グラスが空いたら飲み物が必要か確認しましょう。

こういったレディーファーストは大げさだと思っても徹底してください。

日本人男性はこういった女性を敬う行為に照れを感じますが、逆にこういった扱いをされるだけでも女性にとっては特別な相手だと感じてもらえます。

相手を慮る行為ですので恥ずかしいことなどありません。

あくまでも女性第一、レディーファーストを徹底しましょう!

2回目のデートに臨める時点であなたには勝機があります。

まずは自信を持ってください!しかし、決して思い上がらないでください!

今後の関係を進展させるためには、謙虚な姿勢で女性を楽しませ、冷静で紳士的な立ち振る舞いをする必要があります。

特に初回デートからの流れはかなり重要です、せっかくの勝機を無駄にしないように行動しましょう。

とにかくレディーファーストの心で挑むべしです。

あなたのデートが成功することを心から願っています!

関連記事

  1. 「好きだけど付き合えない」という男女の本音とケース別の対処法

  2. なぜ結婚できないの?結婚できない女性とできる女性の特徴!

  3. 合コン成功コツはセッティングが命!絶対に盛り上がる方法を解説

  4. 「一人でも合コンに行きたい!」そんな時は合コンパーティーへ行こう!

  5. 「彼氏と一緒だと疲れる。」別れる前に試すべき対策と別れの決断方法

  6. デートで失敗しがちな21パターン!フォローと挽回方法を紹介

  7. これって恋人ごっこ?見極め方と注意したい4つの習慣を紹介!

  8. 合コンは席順で勝負が決まる!黄金配置と席替えテクニックをご紹介!