デートに友達と行けるなら脈あり?恋人になるための戦略を紹介!

目次

「デートに友達と行くことになったけれど、脈ありなのかな。。」なんて、疑問に思ってはいないでしょうか。
気が合う男友達と一緒にいたら、恋人になれたら良いのにと思うこともありますよね。
デートに誘ってOKされても、単にいつもの遊びの誘いと同じに思われているのではないかと不安なはずです。
そこで今回は、デートに男友達と行く際の注意点や、恋人関係になるための戦略をご紹介していきます。
デートに友達と行くのであれば、成功させて恋人になりましょう。
男性の方で女性の脈ありサインを知りたい方はこちらの記事をご参考にどうぞ!


 

1.デートに男友達と行けるのは脈あり?男が出す脈ありサイン7個

デートに友達と行けるのは、多くの場合で脈ありです。
本当に興味のない相手なら、知人や友人の関係だとしてもデートのような誘いをOKすることはありません。
しかし、必ずしも100%脈ありとは限らないので注意が必要です。
単にいつも遊んでいて楽しいから一緒にいたいなどと思われている可能性もあります。
デートと遊びの違いは曖昧なので、人によっては同じように捉えているかもしれないのです。
そこで、男友達が出す脈ありサインをご紹介します。

  1. 誘うと他の予定をキャンセルしてでも来てくれる
  2. デートプランがしっかり組まれている
  3. カップルが行くような場所にデートで行く
  4. 2人きりのドライブで遠出をする
  5. 会話が途切れることなく楽しい
  6. エスコートしてくれたり女性として扱ってくれる
  7. 褒めてくれたり好意を伝えてくれたりする

1-1.誘うと他の予定をキャンセルしてでも来てくれる

女性の多くは恋人を優先してしまいがちですが、男性は男友達を優先する傾向があります。
そんな中、他の予定をキャンセルしてあなたとの時間を作ってくれたら、脈ありと判断してよいでしょう。
スケジュールが合わなくてもあなたのために時間を作ってくれるのは、相手にとって優先順位が高い証拠です。

1-2.デートプランがしっかり組まれている

友達同士で出かける時、旅行でもない限りは予定をざっくりとしか決めませんよね。
しかしデートプランがしっかり組まれているなら脈ありの可能性が高いです。
率先して計画してくれるのは、あなたのとデートを楽しみにしているからこそですよ。

1-3.カップルが行くような場所にデートで行く

男友達にカップルが行くようなデートスポットに誘われたら脈ありです。
やはり定番と言えば遊園地や水族館ですよね。
こういった場所は異性の友達とはなかなか行きません。
そのため相手は「このデートで2人の仲を進展させたい」と考えている場合もあります。

1-4.2人きりのドライブで遠出をする

2人きりでの長距離ドライブに誘われたら脈ありと判断して◎。
ドライブに誘うという男性の行動は、運転しているかっこいいところを見せたい男性心理の表れです。
また車の中は狭く、好きな女性との仲を縮めるのに最適です。
助手席に乗ったらしっかりサポートをしてあげましょう。

1-5.会話が途切れることなく楽しい

男友達と話をしていると会話が途切れなくて楽しいと思ったことはありませんか?
これは相手があなたに楽しんでもらえるように、共感できる話題を振ってくれているからです。
また、あなたが話をしている時に相槌を打ってくれて会話しやすくしてくれたりも。
そういった男性の行動はあなたと話すのが楽しくて、もっとあなたの笑顔が見たいと思っているからです。

1-6.エスコートしてくれたり女性として扱ってくれる

2人きりだと紳士的にエスコートしてくれたり、女性として扱ってくれると感じることがありますか?
そう感じたら男友達はあなたに好意を抱いていると捉えて◎。
やはり好きな人には優しくかっこいいところを見せたいのが男性心理なのです。

1-7.褒めてくれたり好意を伝えてくれたりする

何気ない会話の中で褒めてくれたり、ストレートに好意を伝えてくれたら脈ありです。
褒めるには相手のことをよく見ていないと難しいです。
内面や細かなところを褒めてくれたなら、男友達のアピールと思ってよいでしょう。

2.デートと遊びの決定的な違いは?

デートと遊びの違いは、人数にあると考えられます。
たとえば、いつもは複数人で遊んでいるのに2人で会うことになったなら、それはデートです。
しかし、もともと2人でもよく遊んでいた関係なら、それは相手にとってデートではないかもしれません。
したがって、普段から2人で遊んでいる場合には、ハッキリとデートであることを伝えておいたほうが安心です。
「デートに男友達が来てくれることになったけれど、本当に脈ありなのかな。。」なんて、不安な人もいると思います。
ここからは、デートに男友達が来てくれる3つの理由を見ていきましょう。

3.デートに男友達が来てくれる4つの心理

デートに男友達が来てくれる4つの心理は、以下のようなものがあります。

  1. 純粋に友達として仲良くなりたい
  2. 恋人関係になりたい
  3. 遊び相手を見つけたい
  4. あくまでも趣味を一緒に楽しむ仲間と思っている

 
まずは、男友達がデートをOKしてくれた理由に複数の選択肢があることを知っておくべきです。
さまざまな可能性を理解した上で、デートに臨めば成功しやすくなります。
それぞれの心理について、順番に確認しておきましょう。

心理1.純粋に友達として仲良くなりたい

1つ目の心理が、純粋に友達として仲良くなりたいというものです。
今までの友人関係を壊したくないというケースもこの理由に当てはまります。
デートに誘った男友達は、あなたと恋人関係になりたいというよりも今の関係のまま仲良くなりたいと思っている可能性があるのです。
この理由の場合は、焦って距離を縮めようとすると友人関係まで壊れてしまいます。
したがって、徐々に異性として意識してもらえるように慎重に行動していきましょう。

心理2.恋人関係になりたい

2つ目の心理が、恋人関係になりたいというものです。
あなたが男友達と付き合いたいと思っているように、彼もあなたと付き合いたいと思っている場合があります。
この場合は、デートに来てもらえることになった時点で付き合える可能性は非常に高いです。
デートで大失敗さえしなければ、男友達を彼氏にすることができるでしょう。
どのタイミングならホテルに誘っても大丈夫なのか?見極めたい方はこちらの記事でチェックしてください。


 

心理3.遊び相手を見つけたい

3つ目の心理が、遊び相手を見つけたいというものです。
あなたは男友達を恋人として真面目に付き合っていきたいと思っているかもしれません。
しかし、男友達はあなたを都合の良い遊び相手にできるかもしれないと考えている可能性があるのです。
この場合は、安易にデートで距離を縮めてしまうと今までの関係が壊れる上に、あなたが傷つくことにもなりかねません。
したがって、初回のデートでは安全な場所で様子を見たほうが良いでしょう。

心理4.あくまでも趣味を一緒に楽しむ仲間と思っている

共通の趣味がある場合、「一緒に趣味を楽しむ仲間」だと思っている場合もあります。
例えば

  • 好きなアーティストが一緒で、ライブに誘ったら来てくれた
  • スポーツが共通の趣味で、2人でアクティビティスポットに行った

こう行った場合はあなたのことを「共通の仲間」と認識している可能性があります。
男友達と進展したいならまずは共通の趣味とは離れた場所に誘って見るのが◎。
相手もあなたに気があるのならデートに応じてくれるはずです。
 
以上が、デートに来る男友達の4つの心理でした。
必ずしも相手が恋人関係になりたいと思っているわけではないことを知っておくべきです。
なので、最初のデートは安全な場所で慎重に距離を縮めるのが安心だと言えます。
そうは言っても、デートに来てくれるということは脈なしではありません。
ここからは、デートを成功させるために知っておくべき注意点を見ていきましょう。

4.男友達とのデートで2人が恋人関係になるためのポイント

男友達と恋人関係になるために、デートで心がけるポイントを5つご紹介します。

  1. デート中は笑顔で楽しそうにする
  2. 距離感を近くする
  3. いいところを褒める
  4. 普段とは違うファッションで出かける
  5. さりげない気遣いを忘れずに

まずはデートに行ったら笑顔で接しましょう。
男友達は楽しそうにしているあなたを見て「デートを楽しんでくれているんだな」と喜んでくれるはず。
あなたが楽しそうに笑顔で思い切りデートを楽しんでいれば、相手も楽しい気分になること間違いなしでしょう。
また、自分を女性としてアピールするには近い距離で接するのが効果的です。
急に距離を詰めすぎると警戒されてしまう場合もあるので、徐々に距離を縮めていくのがポイントです。
さりげなく距離を詰めて男友達をドキドキさせちゃいましょう。
会話の中で相手のいいところをたくさん褒めてあげるのも◎。
褒められて嫌な気分になる人はいませんよね。
むしろ男性は褒められるのが好きな人がほとんどです。
褒める内容はファッションでも内面でもOK。
わざとらしくならない程度に、まずは小さなことから褒めているとよいでしょう。
デートに出かける時は普段とは違うファッションで行くのがおすすめですよ。
急な服装のイメチェンに抵抗がある人は、髪型から変えて見るのも◎。
パンツスタイルがメインの人はスカートを履くだけでも印象がかなり変わります。
そして最後に、さりげない気遣いを心がけましょう。
気遣いができる人は男女関係なくモテます。
デートでは女性らしい気遣いでアピールしましょう。
食事を取り分けたり、おしぼりを渡したりとちょっとしたことでいいのです。
小さな女性らしい気遣いが男性は大好き。
あなたの優しさで男友達との今後が進展するかもしれません。
以上5つのポイントを心がけて、友達から恋人になっちゃいましょう。

5.デートに友達と行く際の注意点

デートに男友達と行く際には、上記のことに注意しておくべきです。
これらの注意点を守っておかなければ、男友達との今までの関係が崩れてしまうかもしれません。
それぞれの注意点について、順番に確認しておきましょう。

注意点1.個室や密室は避ける

男友達とデートをするなら、個室や密室に行くのは避けるべきです。
たとえば、ドライブデートやカラオケデートはやめておいたほうが無難だと言えます。
いつも友達としてみんなで遊ぶときにはドライブやカラオケもしていたかもしれませんが、2人きりだと避けたほうがトラブルになりにくいです。
男友達とはいえ、相手は異性なので安心しきるのはよくありません。
オープンな場所でデートを楽しむようにしてください。

注意点2.デートに別の友達を呼ばない

男友達と改まってデートをするのが恥ずかしいからと言って、別の友達を呼ぶのはやめるべきです。
別の友達を呼んでしまったら、それはデートではなく普段の遊びと同じだと言えます。
男友達と恋人になりたいと思ったのであれば、頑張って2人きりで関係を進展させましょう。
もしも集団でデートをすることになってしまったとしても、友達に頼んで2人きりになれる時間を作ってもらうようにしてください。

注意点3.曖昧な関係にならない

男友達とデートをするなら、曖昧な関係にならないように気をつけるべきです。
最初に友達としてお互いのことを認識してしまうと、改めて恋人関係になるのは難しい場合があります。
特に、友達の段階で体の関係を持ってしまうと、恋人になるのは非常に大変です。
したがって、友達の状況では安易に体の関係を持たないようにしてください。
都合の良い遊び相手になってしまうと、友達関係だったときよりも心の距離は離れてしまうかもしれません。
以上が、男友達とデートする際に知っておくべき注意点でした。
注意点をしっかりおさえた上で、慎重にデートに臨んでください。
デートに男友達と行くなら、中途半端な関係でごまかさずにハッキリと恋人関係を目指すのが良いです。

6.デートに友達と行くなら恋人関係を目指そう

デートに友達と行くことにしたのであれば、しっかりと恋人関係を目指しましょう。
男友達のことが好きすぎて、都合の良い相手と思われていても一緒にいたいと思うかもしれません。
しかし、そのような考えでは恋人として付き合っていくことは難しいです。
断られるのが怖いかもしれませんが、恋人関係になるためにしっかりと告白をしてください。
男友達と付き合うことができたら、気が合う最高のカップルになれるはずです。

友達関係から恋人関係になって、そのまま夫婦になるという人もいます。
友達として気があっていたなら、恋人になっても長続きする可能性は高いです。
中途半端な関係でとどめずに、頑張って恋人関係を目指すようにしてください。
もしも2回目のデートを断られてしまったら?対処法はこちらの記事でチェックしてください


 

まとめ

デートを友達とできるということは、脈ありな可能性が高いです。
ただし、注意するべきことを知っておかなければ、脈なしになってしまうかもしれません。
あくまでも現段階では友達という関係であることを意識しながら、恋人関係になるためにデートに臨んでください。
付き合う前のデートの頻度はどれくらいが良いのか?知りたい方はこちらの記事をご参考にどうぞ!


 

Avatar photo

フェリーチェ編集部

follow me
related posts

関連記事

Scroll to Top