【実録】芸能人御用達ラウンジで、あの男性アイドルと飲んだ話

PICK UP   この記事は
FIRST(年収1000万円以上)

 

もし、憧れの芸能人と一夜を共にできたなら。

 

こんな妄想に浸ったことはないだろうか?

 

「そんな事あり得ない」

「一般人にはとうてい無理」

 

私もそうだと思っていた。

あの夜までは。

 

※バーや相席ラウンジに行こうか迷っている可愛い女性orハイスペックな男性のあなたは、3月22日開催の《フェリーチェパーティー》に今すぐ応募してください!

NewOPENのオリエンタルラウンジ横浜店で開催されるハイスペ限定婚活パーティー!ワンランク上の出会いがあなたを待っていますよ♪

銀座ホステスからの呼び出し

学生の頃の話だ。

 

20歳を迎えたばかりの私は、アルバイトや飲み会で適当に毎日をやり過ごしていた。

もうすぐ始まる就職活動を見て見ぬフリをしながら。

 

当時、私は廃れた雀荘でアルバイトをしていた。

 

立ち番もすれば、打ち子として卓につくこともあった。

勝てば日給以上の給与を得る事ができるのが刺激的だったし、属性の違う人達と一つの卓を囲むのがなんとなく好きだった。

 

しかし、女子大生のアルバイトとしてはかなり変わりダネだ。

実際、同世代の友人達は、もっぱら夜のお仕事やイベコンなど華やかな仕事をしていた。

 

そんな友人達から深夜に、飲みの誘いが来る事が多かった。

 

雀荘のアルバイトで勝った夜は機嫌良く顔を出し、

負けた夜は、背中を丸めて帰路についた。

(と言うか飲み代がなかったから、帰るしかなかった……。)

 

飲みの相手は他大学の男子学生や、社会人。

時には、“大手企業の偉い人”なんて事もあった。

 

当時はギャラ飲みなんて言葉は無かったが、その走りのようなイメージだろうか。

 

その日、国士無双であがった私はご機嫌だった。

 

時刻は21時。

バイトの更衣室でグダグダしていると、携帯電話が鳴った。

 

銀座でホステスのアルバイトをしている茜だ。

 

「あ、バイト終わった?」

 

彼女の声色で何の用件かすぐにわかる。

「今終わったとこ!飲み?」

「そうなの!場所の住所、メールするね!!また後で!」

 

茜の電話はいつも用件だけですぐ切れる。

後ろがザワついていたので、すでに飲んでいるようだ。

 

私はバイト用の薄汚れたスニーカーからヒールに履き替えた。

 

タバコの煙が充満した雀荘を出て、タクシーに乗り込むと、なんだか大人になった気がした。

 

女子大生にありがちな全能感で満たされていた。

テレビ局のおじさんと名物司会者

 

向かったのは六本木のラウンジだった。

 

指定された店に着くと、奥から茜が駆け寄ってきた。

「早かったねー!」

頬が赤い。

これは飲んだな。

 

奥の個室に案内されると、すでに2人のおじさんが、待っていた。

 

「あ、どうも」

「はじめまして〜」

 

足を広げて随分と偉そうなのが、テレビ局員のMさん

 

50歳くらいだろうか、顎の下までもったり垂れた贅肉。

脂ぎった肌感。

なんとなく私生活が想像着いた。

 

隣でわかりやすくゴマをすっているのは、テレビで時々見かける司会者だった。

「好きなもの頼んでいいよ!」

Mさんが、メニューを渡してくれた。

 

ゴツゴツした太い指。

欲しいものを全て掴んでしまいそうな大きな手だ。

 

司会者の方は、腰が低い。

チビチビ飲みながら最近の誰々がどうだとか、業界はどうだとか仕事の話をしていた。

 

なるほど、今日はそういう日なようだ。

 

こういうときは子供の顔をして、「おとなの難しいおはなし」を聞くに限る。

私と茜はメニューにあったオシャレで高い食べ物をありったけ頼んだ。

 

“よく食べる若者、可愛がられる理論”を行使することにした。

司会者が本気を出し始める

小一時間、経っただろうか。

どうも場がぼんやりしてきた頃、司会者が言った。

「S君達が来たがってるんですが、どうですか?」

 

「え、S君!?」

茜が食いついた。

S君とは、当時人気のあった男性アイドルグループのメンバーだ。

 

そういえば茜は中学時代に男性アイドルの追っかけをしていたんだっけ。

 

「あぁ、いいんじゃない?呼ぼうか」

Mさんも快諾し、彼らが合流する事になった

 

「すごーい!S君を呼べるんですね!」

茜のテンションに司会者もまんざらでもなさそう。

 

マスコミ関係者と飲んでいるとこういう事が度々ある。

その場にどのクラスの誰を呼べるか、で自身の権威を誇示するような……。

※    ※    ※    ※    

 

私が、高そうな肉をむさぼっているとS君達が到着した。

S君の他に、モブキャラっぽさが人気のT君もいた。

 

「おはようございますー」

「おう、おはよう!」

 

出た。

業界では「朝でも夜でも挨拶はおはようございます」なのだ。

 

S君はテレビで見るよりもずっと華奢で小顔だった。

 

隣で、茜は目を輝かせていた。

「中学時代、ずっと好きだったんですー!」

S君は「あれ、今は違うんだ?」と無邪気に笑う。

いかにもアイドルっぽい表情だ。

 

アイドルと女子大生、そしてMさん、司会者との夜が始まった。

人気アイドルがラウンジに降臨

2人のアイドルは、終始Mさんをヨイショしながら飲んでいた。

お酒が回っていたこともあり、MさんはカラオケのデンモクをS君に投げつけた。

「あれ、歌ってよ!この前出したやつ!」

 

司会者が一瞬、ぴりっとした表情をした。

Mさんは、本人にグループの新曲をカラオケで歌うよう、ねだったのだ。

 

きっとこんな場所で歌いたくないはず……。

そう思い、彼らを見るとS君は表情を変えることなく笑顔だった。

「全然いいっすよ!」

 

こうした飲み会を何十回、何百回もこなしてきたんだろう。

たいして年が変わらないはずの彼らが、大人びて見えた。

 

そして茜は、ライブ並みにキャーキャーと声援を送っていた。

S君達は同じ事務所の先輩、後輩の曲を数曲入れて簡単なフリもつけて歌いきった。

 

Mさんはすっかりご満悦の様子でS君の隣に座ると、頭を撫でたり顔を触ったりしていた。

 

私は違和感を覚えた。

が、S君は変わらずニコニコしながら会話を盛り上げていた。

 

こんなことをしながら1時間は飲んだだろうか。

 

Mさんは酔いがまわったようで、フラフラだった。

司会者が目配せする。

「Mさん、タクシー呼びましょうか?」

 

Mさんはろれつの回らない様子で

「あぁ、頼む」と応じた。

 

Mさんの正体は?そして司会者の企みとは?

▶▶▶

 

関連記事

  1. キャバ嬢が客にマジ惚れした時のサインとは?歌舞伎町の元高級嬢が伝授

  2. パパ活のやり方を徹底解説!デートだけで月20万円稼ぐ方法を紹介!

  3. イケイケ経営者はどんな場所で女子と出会うのか!?

  4. 医者との合コンを成功させるための必勝法! 事前準備からその後まで

  5. 年収5000万クラスの経営者はどんな女の子と遊び、恋愛をするのか

  6. 芸能人と付き合う方法を芸能関係者が本気で考えてみた

  7. 炎上覚悟で慶應ボーイが登場!異次元すぎる幼稚舎と三田会の実態とは

  8. 相席ラウンジで理想の男性に出会おう!システム説明からモテテクまで解説!…