LINEの交換方法マニュアル!絶対断られないタイミングや成功テクを伝授

気になる異性のLINEを手に入れる方法についてお調べですね。

数あるSNSの中でも、日々の連絡に使うことが多いLINE。

LINEさえ手に入れば何気ない会話から距離を縮めることも、デートに誘うことも可能です。

ですが、必ず教えてもらえるわけではないので、断られることを考えると怖くて聞けないという人もいますよね。

そこで今回は、断られないLINE交換の成功テクについてお話していきます。

ぜひ参考にしてみて下さいね。

1. 気になる人とLINEを交換したい!

現代においては、LINEを手に入れることは気になる異性との距離を縮める上で必ず必要な行程です

かつてSNS等がない時代は、電話番号やメールアドレスを交換し、好きな人と連絡を取りあったものです。

しかし、最近ではお互いの電話番号やメールアドレスを知らなくても、LINEを交換し合うことで簡単に連絡が取れるようになりました。

誰もが使っているLINEですから、比較的簡単に気になる人とも連絡が取れるという利点があります。

最近では職場や大学のゼミなどにおいてもLINEで連絡を取り合うということが増え、気になる人ともLINEが交換しやすくなりましたね。

しかし、気になる異性と距離を縮める上で、LINEの取得が必須だということは分かっていらっしゃるかと思います。

重要なのは、LINEを手に入れる方法ですよね。

2. LINE交換方法を完全攻略

では、どのようにすれば気になる異性のLINEを手に入れられるのでしょうか。

例えば、LINEというのは必ずしも相手のIDを知らなければいけないというわけではありません。

ここではまず基本的な、LINE交換をする方法、好きな人のLINEをゲットする方法について紹介します。

2-1. LINEの交換方法:QRコード編

LINEの交換方法の最もメジャーなものの中に、QRコードを読み取るという方法があります。

LINEに登録すると自分のQRコードを手に入れることができます。

それを相手にスマホで読み込んでもらうことにより、LINEを交換することができるのです。

また、直接QRコードの読み込みをしなくても、例えばQRコードの画面をスクリーンショットで保存し、相手に送ることで写真から読み取ってもらうこともできます。

2-2. LINEの交換方法:ID編

LINEを交換するときは、相手のIDから検索することも可能です

もしも相手のIDが分かっているのであれば、そこから検索できるでしょう。

ただし、LINEのIDは誰もがフルネームを使っているわけではありません。

そのため相手のIDがわからなければ検索できないという難点があります。

2-3. LINEの交換方法:ふるふる編

LINEを交換する場合、もしもお互いのスマホが近くにあるならばふるふるでLINEの交換ができます

かつてスマホが誕生する前はガラケーで赤外線による連絡先の交換などを行っていましたよね。

それの記憶がある人にはわかりやすいのではないでしょうか。

ただし、LINEのふるふるはなかなか感知しないとも言われていますので、この方法もあると覚えておくに留めておいた方が良いかもしれません。

2-4. LINEの交換方法:電話番号編

相手の電話番号がわかれば、そこからLINEの交換をすることも可能です

もっとも、相手の電話番号を知らなければいけないという時点でハードルが高いと思う人もいるかもしれません。

しかし、例えば同じ学校の友達や、お互いの緊急連絡先等がわかっている、連絡網がある、などという場合は電話番号を手に入れやすくなりますから、それによってLINEの交換が可能になります。

2-5. LINEの交換方法:Email編

メールアドレスからLINEの交換をすることも可能です

ただし、全員が全員メールアドレスを登録しているわけではありませんから、この方法では必ずしもLINEの交換ができるとは限りません。

また、相手のメールアドレスの入手自体がハードルが高いですので、これもこんな方法があると覚えておく程度に留めた方が良いでしょう。

2-6. LINEの交換方法:SMS編

相手の電話番号を知っていればSMSからLINEの交換をすることができます。

友達追加メニューの「招待」をタップして、「SMS」を選択すれば、アドレス帳に登録している電話番号と名前が一覧になって表示されます。

その中からLINE交換したい人を選んで招待すればOKです。

ただし、電話番号を知っていても、相手がSMS受信を不可に設定していたらこの方法でLINEを交換するのは難しいでしょう。

2-7.LINEの交換方法:Bluetooth編

ちょっとわかりにくいやり方ですが、Bluetoothを使ってLINEを交換する方法もあります。

自分のQRコードを表示させると、すぐ下にbluetoothのマークが表示されているので、そこをタップします。

その後、QRコードの読み取り画面を開けば連絡先を受け取ることができます。

3. スムーズなLINEの交換テクニック7選

LINEをスムーズに交換するためにはどのようにしたら良いのでしょうか。

気になる人とLINEの交換をしたいと思っていても、「断られたらどうしよう」など不安が頭をよぎって、中々1歩を踏み出すことができないですよね。

ここでは、そんな状態であってもスムーズにLINEを交換するテクニックを紹介します。

LINE交換テク1:複数人でグループを作る

LINEというのは1対1のものではありません。

複数人数でグループを作り、会話をすることが可能です。

そして直接LINEの連絡先を知らない人ともグループを作ることが可能です。

それを利用し、複数人でグループを作ることにより好きな人のLINEのIDを手に入れることができるのです

そこから好きな人を友達追加し、1対1でのLINEのやりとりをスタートしましょう。

LINE交換テク2:写真を撮影して送る

2つ目の方法は、写真を撮って、それを送るための連絡手段としてLINEを聞き出す方法です

いきなりLINEの交換は恥ずかしいと思っても、LINEを交換しなければいけない状況にあれば交換するしかありませんよね。

しかし、いきなり好きな人と連絡を交換しないといけない状況になることはまずないです。

そんな時は写真撮影をして「写真を送るから連絡先を教えて」と言ってみましょう。

複数人で遊んでいる場合は、全員の写真を撮るようにしましょう。

そうすると全員のグループLINEを作る流れにも持っていけますので、周囲のアシストをすることもできます。

写真を有効活用し、気になる人の連絡先をゲットしてしまいましょう。

LINE交換テク3:共通する情報をシェアする

3つ目のテクニックは、共通する情報をシェアすることです。

元々興味がある情報であれば相手も聞いてくれますし、共通点があるということで親近感もでます

もしも自分も映画が好きで気になる人も映画が好き、などということであれば新しい映画の情報をシェアするなど、共通する情報をシェアしてみてはいかがでしょうか。

例えばお酒が好きだったり、博物館巡りが好きだったりするならば、それにまつわる新しい情報をシェアしてみても良いかもしれません。

相手が興味を持ちそうな情報を送り合うために連絡先を聞く、という方法も、有効なテクニックの一つです。

LINE交換テク4:相談をもちかける

4つ目のテクニックは、相談をもちかけることです。

思い切って、「相談があるからLINEを交換して?」と頼んでみましょう。

もしかしたら、「え?何?今言ってよ?」と言われるかも知れませんが、そこは「ちゃんと言いたいことをまとめて伝えたいから、LINEで送りたい」など、上手く言って乗り切ります。

交換した後は実際に相談を送りますが、「おすすめのお店を教えてほしい」とか「●●へのわかりやすい行き方を知りたい」といった相手が返答に困らない可愛らしい内容にしておきます。

相手とコミュニケーションが取れるうえにあなたに対して親近感を抱くきっかけにもなりますよ。

LINE交換テク5:別れ際に聞く

5つ目のテクニックは、別れ際に聞くことです。

このやり方は、かなりの高確率で成功します。

帰る間際にさりげなさを装って、「そういえばLINE交換してなかった!教えて?」と明るく聞けば、相手も不自然さを感じることなく「そうだね。」とあっさり交換できることが多いんですね。

あまりにもギリギリの別れ際だと、時間的余裕がなくて結局交換できずにバイバイ…なんてことになりかねませんので、ほどほどに余裕をもって声をかけましょう。

LINE交換テク6:次会う約束を取り付けるため教えて

6つ目のテクニックは、「次に会うときの連絡用にLINEを交換しよう」と相手に持ちかけることです。

納得してすんなり教えてくれればラッキーですが、中にはLINEはすぐに返信しなくちゃと焦るからヤダ、という人もいます。

そういう人には、「私は普段の連絡はほとんどLINEだから交換してくれると助かる」と理由をきちんと説明してみましょう。

相手が納得して交換してくれたら、その後は返信のプレッシャーをかけないやんわりした内容を送ってみるとよいですね。

LINEの交換テク7:正直に好意を伝える

7つ目の方法は、どれもうまくいかなかった場合の最終手段「正直に好意を伝える」です

これはなかなかハードルが高いと思う人もいるかもしれませんが、よほど印象が悪くない限りは、好意を向けられて嫌な人などいません。

「あなたと友達になりたい」「あなたとLINEのやりとりをしたい」と、ストレートに述べることで相手の連絡先を聞くことが可能です。

恥ずかしいと思う人もいるかもしれませんが、行動に移さなければ結果は得られません。

うまく聞き出すのが難しいのであれば、玉砕覚悟でストレートに伝えるというのも、テクニックの一つです。

4. LINEを交換するタイミング

それならばLINEの交換はどのタイミングで行えばよいのでしょうか。

よくおしゃべりをする友達なのにも関わらず相手のLINEを知らない場合、いまさら聞けないということもあるかもしれません。

また、たいしてしゃべる関係でもないのにLINEを聴くなんてできない、と思う人もいるでしょう。

ここではシチュエーション別にLINEを交換するタイミングについて紹介します。

(1) 学校の場合

もしも気になる人が学校の同級生であるならば、基本的にどのタイミングでLINEを交換しても違和感はありません。

友達になったばかりの段階で交換することも可能ですし、しばらくしてから交換しても良いです

学校ならば様々な行事がありますから写真を撮ることも多いですよね。

写真を撮ってLINEの連絡先を聞くという方法を使えば、いつLINEを交換してもおかしくは無いのです。

また複数人数の友達とグループを作るということもありますから、特定の人と同じグループに入るけれど個人的に連絡先を知らないということもあるでしょう。

だからこそ、いつ個人的にLINEの交換をしてもおかしくはないといえます。

(2) 職場の場合

職場の同僚とLINEの交換をしたいと思うのであれば、LINEの交換をせざるを得ない状況が起こったときにしましょう

職場においては仕事とプライベートを分けるという人もいます。

だからこそ、理由もなくLINEを交換するのは嫌だと思う人もいないわけではありません。

そのため仕事上の都合でLINEの交換をしなければいけない状態が起こったときに交換できると良いですね。

よほど仲の良い間柄でない限り、プライベートの時間帯に職場の人からの連絡は受けたくないと思う人もいないわけではありません。

そのような気持ちを尊重することが大切です。

(3)ナンパの場合

気になる異性に声をかけ、ナンパという形で知り合ったのであれば、LINEの交換は別れ際で良いでしょう。

そもそもナンパというのはその時一緒に楽しむために行うものです。

だからこそ一緒に楽しんでいる間にLINEの交換をする必要はありません

別れ際、もっとこの人と話がしたいと思った時にLINEの交換をすることで、その後も購入することが可能になるのです。

(4) 合コンの場合

合コンはその時一緒に楽しむというだけではなく、今後の交流を前提にした上での飲み会ですから、自己紹介をして少し仲良くなった時点でLINEの交換をしても問題ありません

むしろ気になる人とは積極的にLINEの交換をしてしまいたいものです。

合コンというのは恋人を探す場であると思っている人もいますから、出来る限り早くLINEの交換をし、「自分もあなたに関心がある」ということを見せつけておくことも大切です。

5.LINEを交換するときの注意事項

LINEの交換をするときには気をつけておかなければいけないこともあります。

LINEは軽い気持ちで交換することもできますが、人によってはなかなか教えてくれないということもあるでしょう。

ここではそんなときの注意事項について紹介します。

5-1. しつこく聞くのはNG

LINEの連絡先を聞き、簡単に教えてもらえるならば問題は無いのですが、なかなか教えてもらえなかったとしてもしつこく聞くのはやめましょう。

むしろ何度も何度もしつこく聞いてしまえばそれだけでマイナスのイメージを持たれてしまう可能性があり、それを覆すのは困難になります

だからこそ、LINEの連絡先をしつこく聞いてはいけません。

5-2. 交換したらすぐに行動

気になる人がLINEの交換に応じてくれたのであれば、すぐに連絡を入れておくということが大切です。

LINEの連絡先を知りたがったにもかかわらず、全然連絡をしないという事はいただけません

「先ほどはお疲れ様でした」「さっきはありがとう」などと簡単なことで良いですから、連絡を入れるようにしましょう。

5-3. 諦め切れない場合はIDを渡す

相手がなかなかLINEの交換に応じてくれないのであれば、いっそ自分のIDを渡すという方法もあります

もちろん、自分のIDを相手に渡したところで相手が連絡をしてきてくれるとは限りませんが、それでも何もしないよりはマシですよね。

どうしても気になる相手の連絡先が知りたいと思うならば、そして諦め切れないのであれば、相手から検索してもらえるように自分のIDを渡しましょう。

5-4.自分とわかるようにプロフィール設定しておく

LINEの交換をした相手が見たら、あなただとぱっとわかるようにしっかりプロフィール設定をしておきましょう。

プロフィールが充実していると、人となりがわかりやすいので警戒心を解くきっかけになります。

あなただとはっきりとわかれば、相手が注意深い人でも自ら連絡してきてくれる可能性が高くなりますよ。

自分の写真を使ってプロフィール設定するのが恥ずかしければ、使わなくてもかまいません。

その代わり、愛用品や好きなもの、手描きの似顔絵などを顔写真に設定し、あなたを知っている人が見たらすぐにあなただとわかるようにしておきます。

6.LINE交換を断られた!でも諦めきれない!どうすべき?

勇気を出してLINEの交換をお願いしたのに断られた…

諦められたらいいけれど、それでもどうしても交換したい場合はどうすればよいのでしょう。

6-1.どうしてもLINE交換しないといけない口実を作る

業務連絡のような、どうしてもやりとりを要する口実を見つけるなり作るなりしましょう。

例えば学生さんだったら、「課題について教えてほしい」というふうに学業上のことを聞きたい風を装うと不自然ではないですよね。

ただし、LINE交換のための口実を相手に伝えているときに、必要以上にペラペラとしゃべりかけないよう注意しましょう。

口数が多くなればなるほど、あなたの本音が相手に伝わってしまう確率が高くなります。

さっぱりとした自然な雰囲気で話すことを心がけましょうね。

6-2.あなたがとても話しやすい人だと相手に思わせる

相手があなたのことを「もっと話してみたい人」と思うように仕向けるとよいでしょう。

ちょうどキリよく会話が終わってしまうと、心情的にはすっきりするかも知れませんが、「またあの人に会いたい」と相手に思わせることは難しいです。

でも、会話をそこそこ弾ませて盛り上がってきたころに、あえて適当に理由を付けて席を立とうとすると相手は驚き、まだまだ会話し足りないような気分になります。

そうすると、相手が自らLINEの交換をしてくれるよう申し出てくるかも知れません。

そこまでいかなくても、「じゃあ話の続きはLINEでどうですか?」と自然な流れでLINE交換をもちかけることができます。

6-3.無理強いしない

もしライン交換できても、交換を無理強いされたという印象が相手の心に残った場合、その後の展開はあまり期待できなくなります。

なので絶対にLINE交換すべき、という雰囲気は作らないでおきましょう。

「LINEの交換をしてほしいけど、都合が悪いならしなくて大丈夫!」と相手への気遣いを見せながら頼んだ方が、ぐいぐい頼む場合よりも警戒されず、あっさり交換してもらえる傾向があります。

LINE交換をするorしないを相手に委ねて考える余裕をもたせると、「せっかくだし交換しておいてもいいかな」と思ってくれます。

もし、交換しないという結果になっても、不満は一切見せることなくにこやかな態度でその場は引き下がりましょう。

「やっぱり交換してもよかったかも」と相手の心の中に引っ掛かりを残すことになり、次の機会にはLINE交換に成功する確率が高くなります。

7. LINEを交換後の3ステップ

 

LINEを交換した後、初めてLINEでメッセージを送るときにはそれなりのルールを守る必要があります。

せっかく気になる人の連絡先を手に入れたならば、有効活用したいですよね。

ここでは気になる人のLINEを手に入れた後、何をすべきか、という事について紹介します。

LINE交換後のステップ1:はじめは短く挨拶

LINEを交換して最初に連絡をするのであれば、まず短く挨拶するようにしましょう

それにとても仲が良いならば良いですが、仲良くなったばかりである、普段あまり話をする事は無い、というならば自己紹介を兼ねて挨拶をすることが大切です。

いきなり連絡をしても相手に「誰だっけ?」と思われてしまったらもったいないですよね。

短く自己紹介をし、いきなり本題から入るのではなく挨拶をすることがポイントです。

LINE交換後のステップ2:相手の好きなことをリサーチ

相手のLINEを手に入れたら、相手は何が好きなのかということを徹底的にリサーチしましょう

というのは、相手が好きな内容や相手が関心を持っている物事をLINEで送るということにより、距離を縮めることができるからです。

例えば相手がブルーの映画好きであるならば、新しい映画の情報を送ったり、「映画のチケットが手に入ったんだけれど」と相手を誘うことができます。

好きな人の事は徹底的に調べなければいけません。

相手と信頼関係を築いてモテるためのLINEテクニックは、こちらの記事に詳しくまとめてるのでご参考にどうぞ。

LINE交換後のステップ3:デートに誘う

気になる人とLINEの交換をしたらそれだけで喜んでいてはいけません

スマホでやりとりをするだけではなく、実際にデートをしたいですよね。

気になる人の連絡先を手に入れたら、最終的にはデートに誘うというところまでこぎつけたいものです。

7. まとめ

誰もが簡単に使うことができるLINEだからこそ、好きな人とLINEの連絡先を交換し、こまめにやりとりできるようになりましょう。

確かにどのタイミングで交換するのかわからない、どうやって言い出したら良いのかわからない、という人もいますよね。

その場合はぜひ写真撮影などを行い、相手に連絡をしなければいけない状況を作り出すことが大切です。臨機応変に相手の連絡先を聞き出しましょう。

異性と出会いたい、恋人を作りたい、などという人にはオリエンタルラウンジがお勧めです。

必ずしも恋人を作らなければいけない、結婚相手を見つけなければいけない、というわけではなく、友達を作るところから気軽に参加することができる大人の出会いの場になっています。

様々な場所で開催されていますから、ぜひ調べてみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 遠距離恋愛の彼の気持ちを確かめたい時、デキる彼女は時空を超えて透視で把握
    PR:Tphereth

  2. おすすめの婚活ツアーはどこ?バス・電車・宿泊・移住に分けて徹底解説!

  3. デートでご飯に行くのは好感度アップのチャンス!成功のポイントは?

  4. 知っていて当たり前!初めて彼氏の実家に行くときに準備・注意すべきこと

  5. こんなSEXしてみたい♡ 女子のキャラ別攻め方まとめ

  6. 合コン後のライン完全攻略!男女別&脈あり度まで徹底解説!

  7. バードキスってどんなキス?愛が深まるバードキスはいつでもおすすめ!

  8. 女性の「友達として好き」の本音と友達から恋人になる方法