「両想いかも」が確信に変わる!気持ちの確認方法や両想いになる方法を紹介

誰かを好きになったら、その人が自分のことをどう思っているか気になりますよね。

中には「もしかしたら両想いかもしれない」と思う瞬間もあるのではないでしょうか。

しかし勘違いの可能性もあるので、できれば両想いだという確信がほしいですよね。

ここでは

  • 両想いを確信するサイン
  • 相手の気持ちの確認方法
  • 両想いになる方法

について紹介します。

1.両想いを確信!男女共通のサイン2つ

これはもしかして両想い?!確信した時には、舞い上がるほど嬉しいものですよね。

こんな時は両想いと思って間違いない!そんな男女共通のサインを2つ紹介します。

サイン1.よく目が合う・見つめ合うことが多い

男女ともに、好きな人ができると、相手のことがいつも気になってしかたないもの。

誰と話しているのかな。

何の話をしているのかな。

どんなことを思っているのかな。

気づくとついつい、その人のことを考え、その人を目で追っている。

そんな意中の相手と、よく目が合うということは、相手もあなたをよく見ているということです。

でも、よく目は合うけれど、全然話しかけられたことはないという人もいるでしょう。

中には、好きな相手だとうまく喋れないという人、恥ずかしくて変な態度をとってしまう人も多くいます。

それでも好きな相手のことは目で追ってしまうもの。

自分の想いは、なかなかコントロールが難しいのです。

目が合ったり、見つめ合ったりすることが多いという場合、相手もあなたのことが気になる、つまり、両想いであると思ってよいでしょう。

サイン2.一緒にいて楽しい

好きな人と一緒だと、どんな時でも、どんな場所でも楽しいものです。

自然に笑顔が増えたり、様々なことを話したり・・・

反対に、好きな相手となら何も話さなくても楽しいものです。

相手も心から楽しそうならば、これも立派な両想いのサイン。

相手の表情や態度から読み取ってみましょう。

2.両想いかを確認する方法13個

相手が自分のことを思っているかどうか見極めたいと思ったら、一体何を確認したら良いのでしょうか。

本人に聞いてみなければ決定的な事は分かりませんが、実はちょっとしたことで両想いかどうか探る事は可能なのです。

両想いかどうか探るためには、相手の態度や仕草から分かるサインを見逃してはいけません。

相手が自分にどのように接してくるか見極めることにより、両想いかどうかということがわかります。

ここでは両想いかどうか見極めるために、どこをチェックしたら良いのかということについて紹介します。

2-1. 一緒にいるといつも上機嫌

両想いかどうか見極めるためには、やはり自分といて楽しんでくれているかどうかということが重要です。

誰であれ、好きな人と一緒に時間を過ごす時は嬉しいものですよね。

どれだけ大変な時であったとしても、好きな人と一緒に時間を過ごすことができればどんなストレスも吹き飛んでしまうという人もいるのではないでしょうか。

もしもその人が常に自分と一緒にいる時間も喜んでくれている、上機嫌である、ということであれば両想いの可能性が高いかもしれません。

2-2. 毎日連絡を取り合う

もしも好きなその人と毎日さりげない連絡を取り合うことができれば、両想いである可能性があります。

何か話さなければいけない話題があるわけではなくても、ちょっとした話をすることができたり、ちょっとした挨拶をすることができれば、心地よい関係であるということがわかります。

実は毎日連絡を取り合うというのは簡単なことではありません。

だからこそ、もしも何の違和感もなく毎日連絡を取り合うことができれば、相手も自分のことを大切に思っていてくれる可能性が高いと言えるのです。

2-3. 会う日はいつもおしゃれ

相手が自分に会う時、常におしゃれをしているということであれば、相手は自分に好意を持っていると言えるかもしれません。

少なくとも良い自分を見て欲しい、情けない姿は見られたくない、と思っている可能性は高いと言えるでしょう。

例えば女性ならば、好きな人と会う時はメイクに力を入れたり、服装を考えたりします。

このように、いつも身だしなみに気をつかっている気がすると思ったら、相手は自分に気があると言えるかもしれないのです。

2-4. 秘密を打ち明けてくる

誰であれ、自分の秘密は信頼できる人にしか打ち明けることができないものです。

信頼していない人に自分の秘密を話したりはしませんよね。

だからこそ、相手が自分に秘密を打ち明けてくれたら、相手は自分のことを信頼していると考えることができます。

2-5.会いたいアピールをする

もしも相手が自分に対し、会いたいというアピールをしてくる場合、自分に好意を持っていると言えるでしょう。

誰しも好意を持たない相手に会いたいとは思いません。

しかも異性に対して会いたいとアピールをするのはなかなか簡単なことでは無いのです。

だからこそ、もしも相手が会いたいと言ってくれるのであれば、相手は自分のことが好きなのかもしれません。

2-6.目を合わせると照れる

人間は好きなものを目で追ってしまうという傾向があります。

それは好きな人に対しても同じです。

そのため好きな人とはよく目が合うと言われることがありますが、もしもその好きな人が目を合わせると照れるのであれば、両想いである可能性は高いと言えるでしょう。

好きな人の事はずっと目で追っていたいけれど、逆に目があってしまったら恥ずかしくて照れてしまうという人は少なく無いのではないでしょうか。

2-7.いろいろ質問してくる

もしも自分に関して恋人はいるのか、どんな人がタイプなのか、などといろいろ質問してくるのであれば、その人は自分に関心があるといえます。

そもそも関心がなければ、その人に恋人がいるのかどうか、どのような人をタイプとしているのか、などということを聞いたりしませんよね。

友達から頼まれて人に聞く事はあっても、そもそも関心がない人に聞いたりはしないものです。

もしも自分の好みや恋人に関して根掘り葉掘り聞かれるのであれば、両思いである可能性があります。

2-8. 近くにいることが多い

何をするにもその人がなんとなく近くにいることが多いという場合、両想いかもしれません。

例えば大学であればなんとなく同じ授業を選択している、近い席に座っている、などと接点が多くなります。

なんとなくその人がやたらと近くにいる気がする、という場合、もしかしたら両想いかもしれません。

2-9.何かあると心配してくれる

自分が病気になったり怪我をしたり、少し体調が悪そうな表情をしていたりするときにやたらと心配してくれるという場合、両想いかもしれません。

それ以外にも人間関係で問題を抱えていたり、何かしら悩みがあったときなど、話を聞いてくれ、その後も「あれからどうなった?」などと気にかけてくれる場合は良思いである可能性があります。

誰でも困った人の話は聞いてあげたいと思うものですが、特に好きな人に関しては役に立ちたいと思うがあまり、とにかく気にかけるものですよね。

2-10.家族のことやプライベートなことを話す

相手があなたに家族のことやプライベートなことを話すのは、自分をもっと知ってもらいたいから。

他の人には言いたくない、人には知られたくない昔の出来事やコンプレックスも、好きな人にだからこそ話したくなるもの。

「好きな人に自分をもっと知ってもらいたい」というのは、当然の感情です。

2-11.甘えてくる

甘える=自分をさらけ出しているということ。

誰にでも甘えているのであれば、それはとんだ甘ったれですが、あなたの前だけならば、それだけ気を許しているということでしょう。

好きな人には、自分の素の部分も知ってもらいたい、そして受け止めてもらいたいのです。

2-12.好きや愛してると伝えてくる

ここまでくればストレートでわかりやすいですね。

たとえ、相手が自分を見ていなくても、好きという気持ちは伝えたいというのが恋心。

相手が自分を好きかもしれないと思ったら、なおさらですね。

「好き」「愛してる」は、言葉通り受け取りましょう。

2-13.手を繋いだり自然なボディタッチがある

手を繋いだり、ボディタッチがあるのも立派な好意のサイン。

誰しも、好きな人には、もっと近づきたいと思うものです。

その思いが、自然なボディタッチになったり、思い切って手を繋ぐという行為に変わるのです。

3.両想いだと勘違いしやすい行動

その一方で、その気はないのにもかかわらずなんとなく相手を誤解させてしまう行為というものも存在します。

特に何気なく女性がすることで男性を勘違いさせる行為はそれなりに多いと指摘されています。

その気がないにもかかわらずどのようなことをするのか、知っておくと良いでしょう。

もちろん、勘違いする可能性があるというだけで本気であなたのことを大切に思っている可能性もあります。

行為だけで判断するのは危険であるということも覚えておきましょう。

3-1. 誰にでも優しい

誰にでも優しい場合、勘違いしやすいですが実は誰のことにも関心がないという場合があります。

誰にでも優しい人は、誰に対してもとにかく優しくしますので、あちらこちらから誤解されることがあります。

しかし本当に優しい人は下心なく優しくしているだけであり、別に誰にも興味がないということがあるのです。

3-2. 目が合うだけで相手のリアクションがない

よく目が合うからといって両想いだと言い切ることができません。相手のリアクションがない場合は違う可能性があります。

例えば目が悪い人の場合、よく目が合う可能性があります。

焦点が合わないためにあちこち見ていることがあり、それによってよく目が合うような気になってしまうのです。

また、実際にその人があなたのことを見ていても、関心があって見ているとは限りません。

3-3. 女性からのボディタッチが多い

特に勘違いしてしまう男性が多いと言われている女性の行為に、ボディタッチが多いということが挙げられます。

女性は頻繁に男性の肩や腕に触れると言われており、これによって勘違いしてしまう男性が多いとされています。

しかし、女性にとってのボディタッチには特に深い意味を持たないことも多く、好きでもない男性に対してもボディタッチをする女性は少なくありません。

しかし、好きな男性にアプローチするためにボディタッチをする人もいますから、これだけで判断をすることはできません。

3-4.人の変化によく気づく

人の変化によく気がつくことができる人は、勘違いされてしまう可能性もありますが別に特定の人に関心があるわけではないということがあります。

例えばあの人の顔色が悪い、何かあったのかな、とすぐに気づくことができる人であれば、その人の心配をするでしょう。

決してその人に関心がなかったとしても、雰囲気がいつもと違うと感じることができる人は確かに存在するものです。

3-5. LINEの返信が早い

多くの人がSNSを使うようになり、LINEを使っている人も多いのではないでしょうか。

好きになる人とLINEの交換をした後、相手からの返信が早いともしかしたら相手は自分に気があるのかもしれないと感じることがありますよね。

しかし、LINEの返信が早いからといってあなたに気があるとは限りません。好きな人に対して常に返信が早いとは限らないのです。

好きな人とLINEをするときは相手に下心があるということを悟られないようにあえて時間をおいて返信する人もいます。

また、すぐにLINEを返信する傾向がある人は相手に好意がなかったとしてもすぐに返信しますので、勘違いしないようにしなければいけません。

両想いかどうか?脈アリを見分ける方法はこちらでも紹介しています。

4. 両想いになる方法5選

もしも相手と両想いになりたいと思ったら、一体何をしたら良いのでしょうか。

もちろん、人の心は努力したからといって変えることができるとは限りませんが、出来る限り自分が好きな人には自分のことを好きになってもらいたいですよね。

ここでは気になる人が自分を好きになるように、やってみるべき方法を5つ紹介します。

  • 「好きな人いるの?」と聞く
  • 見た目を相手の好みに近づける
  • 特別な秘密を打ち明ける
  • 相手の良いところを褒める
  • 共通の話題を見つける

両想いになる方法1:「好きな人いるの?」と聞く

自分に関心を持ってもらうためには、自分が相手に気があるということを悟らせなければいけません。

「もしかしてこの人は自分のことが好きなのかな?」と思わせるための最も効果的な一言が「好きな人いるの?」になります。

その人に恋人がいるかどうかなんて、その人に関心がなければ聞かないことですよね。

だからこそ、自分は相手に関心があるのだということに気づいてもらうため、この質問が効果的なのです。

両想いになる方法2:見た目を相手の好みに近づける

相手に自分を好きになってもらうためには、やはり相手の好みに近づくということが大切です。

もちろん相手の好みに合わせて自分を変える必要はありませんが、例えば相手が好む髪型をしてみたり、ファッションをしてみたり、工夫できるところはいくつかありますよね。

相手の好みに近づけることで関心を持ってもらうという方法もあるのです。

両想いになる方法3:特別な秘密を打ち明ける

先ほども述べた通り、人間は信頼できない人には秘密を打ち明けたりしないものです。

だからこそ、相手に特別な秘密を打ち明けることにより相手に特別意識を持ってもらうということが可能になります。

相手が自分とは距離が近いということに気づいてくれたら、相手が自分に関心を持ってくれる日も近いかもしれません。

両想いになる方法4:相手の良いところを褒める

人間は誰しも、自分を褒めてくれる人に対して良い印象を持ちます。

だからこそ、相手の良いところをとにかく褒めることも大切です。相手の良いところを見つけ、認めてあげましょう。

誰であっても自分の良いところを認めてくれる人に対して悪いイメージを持つ人はいないですよね。

両想いになる方法5:共通の話題を見つける

共通の話題を持つ人とはなんとなく近づきやすいと思う人は多いのではないでしょうか。

共通点があれば話をしやすいですが、そもそも共通点がないと話をしにくいと思うこともありますよね。

だからこそ、相手と共通点を持つために共通の話題を見つけるということも大切です。

例えば相手が映画が好きというのであれば、自分も映画に関心を持つなど、共通点を持つことがポイントなのです。

5. 両想いなのに付き合わないケースもある

その一方で、両想いなのに付き合わないケースもあるということを覚えておきましょう。

両想いだからといって誰もが絶対に付き合うというわけではありません。

むしろ敢えてお互いの自由のために付き合わないという人もいるのです。

ここではそんなケースを紹介します。

5-1. 恋人未満の関係を楽しんでいる

お互いが恋人未満の関係を楽しみたいと思っているのであれば、両想いでも付き合わないということがあります。

恋人になってしまうと他の異性と外出しにくくなったり、他の人間関係が崩れてしまったり、ということもありますよね。

だからこそ恋人にならず、友達以上恋人未満の関係を楽しむという人もいます。

5-2. 束縛されたくない

恋人同士になってしまうと、束縛される感じがして窮屈だと考える人もいます。

先ほども述べましたが、恋人がいるとどうしても他の異性と外出したりSNSで連絡を取ったりということがしにくくなります。

また、どれだけ自分は他の異性と食事に行くことに問題がなかったとしても、相手から「あなたには恋人がいるでしょう?」と言われてしまうこともあります。

束縛されないために、恋人同士にならないという人も存在するのです。

5-3. 気持ちが通じていれば満足

特に付き合うという形を取らなくても、そもそもお互いに気持ちが通じていれば何の問題もないと考える人たちもいます。

特に付き合う、恋人になる、という形にとらわれず、お互いの気持ちを大切にしているとこのような形になるかもしれません。

5-4. 別のパートナーがいる

そもそもパートナーが別にいて別れられないという場合もあります。

本当は恋人がいるけれど気持ちは恋人から離れており、他の人に気持ちが傾いている、でも別れることができない、という場合などはそもそも好きな人と付き合うことができないですよね。

まず今付き合っている人と別れるところから始めなければいけません。

しかしまだその状態に進んでいないとどうしても好きな人と付き合えないということになってしまうのです。

5-5. 関係性が複雑

関係性が複雑な場合も相手と付き合うことができなくなります。

例えば自分の好きな人が親友と付き合っていて別れたばかりであったり、好きな人が親友の好きな人であったりなど、どうしても自分が好きな人との関係を公にできないということがあります。

そのような場合は事態が落ち着くまでは待とうという人たちも珍しくありません。

その他、「好きだけど付き合えない」という男女には色々な思いがあります。良ければこちらをご参考にどうぞ。

6. まとめ

相手と両想いになるためには、相手に気づいてもらうことが大切です。

とにかく優しさを見せる事は大切ですが、1番手っ取り早い方法は自分が相手に関心があるということを示すことでしょう。

しかしその一方で勘違いしやすい行動もありますので、相手が自分のことを思っていてくれるかどうかに関しては行動だけで判断しないようにしなければいけません。

最終的には相手に聞かなければ、気持ちはわからないのです。

関連記事

  1. デートで軽自動車だったらガッカリ?女の子ウケする車はコレだ!!

  2. デートを盛り上げる話題11個と好印象を持たれる会話術

  3. 一生童貞の男の特徴と確実に童貞卒業する方法5選を徹底解説!

  4. いい匂いで彼をメロメロに♡なりたい自分の演出する匂いの選び方とは

  5. こんな女子は地雷率100%!?男がハマりがちな●●な女に注意しろ

  6. ドライブデートで彼女を惚れさせろ!男が前日までに準備すべきこと

  7. 男性が送るセフレへのLINEの特徴とは?本命彼女との違いを確認しよう

  8. 【いつまで与えられる人生ですか?】giveすることこそが大人の嗜み