4回目のデートで告白はある?脈なし脈ありサインを見極めて関係を進展させよう

「3回目のデートで告白されなかったから、脈なしなのかな。。」なんて、不安に思っていないでしょうか。

3回もデートをしたのに進展がなければ、4回目のデートにどのような気持ちで臨めば良いのかが難しいですよね。

もしも脈なしなら早めに諦めたいという人も多いはずです。

実は、デートを3回しても付き合えていないからといって、脈なしとは限りません!

今回は、デート4回目で付き合うための方法や脈なしかを見極めるサインをご紹介します。

脈ありだった場合には、デート4回目で付き合えるように頑張りましょう。

1.4回目のデートで付き合えていないのは脈なし?

デート4回目で付き合えていなくても、脈なしとは限りません。

4回目で告白をしようと考えている男性は多いです。

3回目のデートまでに関係を作って、4回目に確実に付き合いにいきたいという男性は少なくありません。

したがって、3回目のデートで告白されなくても、安易に脈なしと判断して諦めないようにしてください。

「そうは言っても、脈なしかを早めに判断したい」という人も多いはずです。

ここで、デート4回目までに出される脈なしサインを見ておきましょう。

2.4回目のデートまでに出される脈なしサイン5つ

デート4回目までに出される脈なしサインには、上記のようなものがあります。

これらのサインが今までに出されていたのかをまずは思い出しましょう。

それぞれの脈なしサインについて、順番に確認していきます。

脈なしサイン1.将来の話をしない

次のデートの話など、将来の話をしないのは脈なしかもしれません。

あなたに興味があるのなら、自然とこれからの話も出てくることが多いです。

しかし、今デートしている瞬間がとにかく楽しいから先の話をする暇もないということもあります。

したがって、将来の話がない場合には、相手の楽しみ具合を見極めましょう。

脈なしサイン2.自分の話ばかりする

せっかくデートをしているのに自分の話ばかりするのは脈なしかもしれません。

あなたに好意があるなら、あなたの話もたくさん聞きたいと思うはずです。

しかし、あなたに好かれたいと思うあまり、自分のことをたくさん伝えたいと考える男性もいます。

したがって、たまにはあなたも自分の話をしてみて、相手がしっかり話を聞いてくれるかを確認しましょう。

脈なしサイン3.デートプランを練ってこない

デートプランを練ってこないのは、脈なしの可能性が高いです。

何回もデートを重ねて親密になっていれば、デートプランがなくても問題はありません。

しかし、3回目のデートまででノープランとなるのは、手抜きされている場合が多いです。

単に計画を練るのが苦手なだけかもしれないので、相手になぜノープランなのかを聞いてみましょう。

脈なしサイン4.まったく褒めない

せっかくデートをしているのに、あなたのことをまったく褒めないのも脈なしかもしれません。

いくら緊張しているからといって、3回も好きな人とデートをすれば何かしら褒めるはずです。

過去のデートを思い返してみて、褒められた記憶がなければ脈なしを疑ってください。

脈なしサイン5.理由なく遅刻する

デートに理由なく遅刻するのは脈なしな可能性が高いです。

電車の遅延などの仕方がない理由があるなら、問題ありません。

しかし、ただ寝坊しただけなど特に理由がないのならあなたに興味がないかもしれないのです。

遅刻されたことがなかったかを思い返してみてください。

以上が、デート4回目までに出される脈なしサインでした。

脈なしサインが出ていなければ、デート4回目で告白される可能性は高いです。

逆に、脈ありサインにはどんなものがあるのでしょうか?確認していきましょう。

3.4回目のデートまでに出される脈ありサイン7つ

 

もしかすると、相手からの脈ありサインを見逃しているかもしれません。

次のような脈ありサインが1つでもあれば、告白される可能性が確実に上がります。

  1. 頻繁に連絡が届く
  2. 会話する際の距離が近い
  3. いつも笑顔を見せてくれる
  4. 色々な質問をしてくる
  5. 次のデートの話をする
  6. 過去の恋愛について聞いてくる
  7. 心配してくれる

脈ありサイン1.頻繁に連絡が届く

相手から頻繁にLINEやメールが届くのは、脈ありサインです。

好きな人とは、毎日でも連絡したいと思うものです。

どんなにマメじゃなくても、どんなに忙しくても、好きな人からの連絡には1日以内には返信するはず。

一方的ではなく相手と自然にやり取りできているなら、大きな心配はいりません。

脈ありサイン2.会話する際の距離が近い

デート中の会話の距離感が近い場合も、脈ありサインと捉えられます。

好きな人の前では、自然と体が距離を縮めようと動いてしまうからです。

ただし、日ごろから馴れ馴れしい態度の人はこれに当てはまりません。

ドキッとさせる距離の縮め方をするなら、好意の表れとして受け止められます。

脈ありサイン3.いつも笑顔を見せてくれる

好意を寄せる相手の前に出ると、思わず笑みがこぼれてしまうものです。

会うたびにこぼれるような笑顔を見せてくれるなら、それは脈ありサインで間違いありません。

ただ中には、緊張から固い表情を浮かべてしまうシャイな人もいます。

そのような相手だとつい誤解してしまいそうになりますが、内面にも目を向けられる心のゆとりを持ちましょう。

脈ありサイン4.色々な質問をしてくる

趣味や好きな食べ物や行きたい場所など、色々な質問をしてくる行為は脈ありサインです。

好きな人のことなら、どんなことでも知りたくなり、次のデートにも活かしたいと考えるからです。

逆をいえば、何も聞いてこない人はあなたに興味を持っていない証拠。

それ以上の関係を求めていない人です。

脈ありサイン5.次のデートの話をする

会話の中で、「次はどこに行きたい?」と聞いてくる行動も脈ありです。

告白を狙う相手とは、何とかして関係をつなげたいと考えるもの。

次のデートの約束が、期待をふくらませてくれるからです。

好きな人に嫌われたくない心理から、相手が望むデートプランを実行したいと考えるでしょう。

脈ありサイン6.過去の恋愛について聞いてくる

過去の恋愛について聞かれる場合も、脈ありサインと受け取れます。

前の恋人とはいつ別れたのか、付き合っていた期間など、好きな人の恋愛遍歴は知っておきたくなるからです。

好きな人の恋愛パターンを聞きながら、今後の付き合い方をイメージする人もいます。

告白を考えている人ほど、真剣に耳を傾けてくれるでしょう。

脈ありサイン7.心配してくれる

何かと心配してくれる人も脈ありです。

デート後に「ちゃんと家に着いた?」とLINEしてくれたり、体調を心配してくれるのは、相手が自分のことをちゃんと見てくれている証拠です。

ただの友達やそれ以下ならそこまで心配はしません。

4回目のデートで告白される可能性はとても高いです。

脈ありサインが確認できたところで、デート4回目で告白してもらう方法を見ておきましょう。

4.4回目のデートで告白してもらうには?

デート4回目で告白してもらうには、以下のような方法があります。

方法1.ロマンチックな場所に行く
方法2.相手に気持ちを聞く
方法3.好意を積極的に伝える

たとえ脈なしサインが出ていたとしても、これらの方法を試せば一発逆転できるかもしれません。

また、脈がありそうなときなら、告白してもらえる可能性を最大限に高められます。

それぞれの方法について、順番に確認しておきましょう。

方法1.ロマンチックな場所に行く

ロマンチックな場所に行くことで、男性が告白しやすい雰囲気を作ることができます。

たとえば、夜景の見える場所です。

ロマンチックな夜景は、一緒に見ているだけで恋人感を味わえて彼も告白したくなるでしょう。

方法2.相手に気持ちを聞く

相手に気持ちをハッキリと聞くことで、告白してもらう流れを作ることができます。

「私のことをどう思っているの?」と、直球で聞いてみてください。

そこではぐらかされるようなら、「私は恋人になりたい」と伝えるのが良いでしょう。

方法3.好意を積極的に伝える

あなたから好意を積極的に伝えることで、相手の男性は告白しやすくなります。

「◯◯君と一緒にいれて楽しい!」などのポジティブな言葉をたくさん言うようにするべきです。

告白されたらOKをするという態度を出しておけば、相手も告白しようと思ってくれるでしょう。

以上が、デート4回目で告白してもらえる方法でした。

すべての方法を実践することによって、告白してもらえる可能性が一気に上がります。

その他、相手から告白させる方法はこちらの記事でもまとめているのでご参考にどうぞ!

 

ちなみに、どうしても4回目のデートで付き合いたいというときは、自分から告白するのもアリです。

5.4回目のデートなら自分から告白するのもアリ!

デート4回目なら、自分から告白するのもアリです。

デート4回目に臨む男性心理として、「まだ付き合うべきか悩んでいる」場合と「告白を待っている」場合があります。

いずれの場合も、あなたから告白をすることで付き合える可能性は高いです。

男性から告白して欲しいと思うかもしれませんが、付き合ってしまえばどちらから告白したのかは関係ありません。

したがって、どうしても4回目で関係を進展させたいのなら、あなたから告白をしてみましょう。

告白の仕方はこちらの記事でも詳しくまとめているのでご参考にどうぞ!

 

もしもあなたが婚活やお見合い中なら、特に4回目で関係を進展させられるのかが鍵となります。

6.婚活やお見合い中なら4回目で関係を考えよう

婚活やお見合いをしているのであれば、4回目のデートで関係をどうするか決めるべきです。

事前に4回目のデートで進展がなかったときのことを決めておきましょう。

たとえば、4回目のデートが終わっても告白されなければ恋人になるのは諦めるというように決めておくのが良いです。

そうすることによって、だらだらとした関係をなくすことができます。

婚活やお見合いをしているなら時間の使い方は非常に大切です。

気になる男性を諦めるのは嫌かもしれませんが、次の男性がいると思って前向きに考えましょう。

まとめ

 

 

 

デート4回目は、2人の関係を変える重要なタイミングです。

できるだけ告白してもらえるように準備を整えましょう。

相手が脈ありのようなら自分から告白するのも良いです。

まずは3回目までのデートで脈なしサインが出ていなかったかを思い返してみてください。

もし、4回目でも告白がなかった・・という場合、5回目のデートやそれ以降で告白はあるのでしょうか?あまり参考にしたくないかもしれませんが、念のためこちらの記事で詳しくまとめています!

 

関連記事

  1. え!?まだ相席したことないの?仙台で出会いを探すならココ!相席居酒屋厳…

  2. お台場で半日デートならここ!社会人にもおすすめのデートスポット11選

  3. なぜ嫉妬する?片思い中に嫉妬する6つの原因と5つの対処法を解説!

  4. 広島で美女に出会うならこのお店!おすすめの相席ラウンジ4店

  5. M男の特徴って?M男が惹かれる女性や上手く付き合うポイントを紹介

  6. 結婚の近道は自分を知ること!結婚できない人には5つの理由がある

  7. 片思い中の人は必見!告白するための勇気がもらえる片思いの名言14選!

  8. 【女子必見】スイッチバーとは?どんな男性に出会えるのか徹底検証!