30代の合コン戦略はコレ!男女別に服装や振る舞い方を解説

30代の合コンでは、20代の頃と同じ戦略で臨んでも現20代には勝てません

「30代って合コンでは需要ないのかな?」
「何がいけないの?」

このような点が気になっている人に、30代の合コン戦略について徹底的に紹介します!

30代ならではの合コン戦略を理解して、もっと出会いを多く、そしてもっと楽しめるようにしていきましょう。

需要はある!30代の合コンでは20代とは違う戦略をとるべし

「30代は合コンで需要がない…」
「30代は合コンをしても無駄…」

20代の頃とは違った扱いを受けたり、20代の頃より声がかからなくなったりしたことで、このように感じている人もいるでしょう。

しかし、合コンでは30代も需要があります

確かに20代の頃のようにはいきませんが、それは自分が20代と同じような戦略で合コンに臨んでいるからです。

20代とは違う戦略をとることで、30代でも合コンを楽しむことができるようになりますよ!

30代の合コンは需要がある|落ち着く雰囲気を提供

30代の合コンは需要があると説明しましたが、具体的には以下のような点で需要があります。

  • 20代とは違う落ち着きがある
  • 自分を全面に出さずに周りをよく見てくれる

30代には、20代とは違う魅力を出すことが可能です。

30代になると、雰囲気も落ち着き、「自分が~」と全面に自分を出さずに周りをみられるようになります。

20代の頃は楽しませる役割に徹していた人もいると思いますが、30代で同じことをしていては、「痛い人」と思われてしまうことも

落ち着きや周りへの気配りなど、30代ならではの魅力を出す戦略に切り替えることで、注目度がアップします。

服装と振る舞いに気を付ければ30代の魅力が出る!

では具体的に、どのようにして30代の魅力を出せばいいのでしょうか。

答えは、「服装」と「振る舞い」です。

20代の頃と同じような服装をしていても、30代では似合っていないことも。

また、20代の頃と同じような振る舞いをしていても、落ち着きがない人だと思われてしまうことだってあります。

服装と振る舞いに気を付けることで、30代の魅力がより出やすくなりますよ!

男女別!30代の合コンに相応しい服装を季節ごとに紹介

30代の魅力を出すための服装として、具体的にどのようなものが適しているのか男女別に紹介します。

季節ごとにまとめているので、30代の合コン戦略にぜひ活かしてくださいね!

【女性編】30代が合コンに着ていくべき服装

30代の女性が合コンに着ていくべき服装を、季節ごとにまとめました。

1つの例として、今度の合コンに役立ててくださいね!

春の合コンコーディネート

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

NANA(@n_coco.y)がシェアした投稿

春の合コンには、白など明るい色をメインにしたワンピースを使ったコーディネートがおすすめです。

シンプルな柄が入ったものなら、1枚だけでも使いやすく春っぽさも出せて一石二鳥

ワンピースは、スタイルを良く見せられるという効果も期待できますので、積極的に使っていきましょう。

夏の合コンコーディネート

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

KURUMI INOUE(@kurumi_resexxy)がシェアした投稿

夏の合コンには、フレアスカートを使ったコーディネートがおすすめです。

フレアスカートは相手に上品な印象を与えるので、30代の合コンにはぴったりだと言えます。

また、足を長く見せられるという効果もありますので、1着は持っておくべきでしょう。

秋の合コンコーディネート

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

keiko__fm(@keiko_fmook)がシェアした投稿

秋の合コンには、ロングシャツカーディガンを使ったコーディネートがおすすめです。

ロングシャツカーディガンは体型をキレイに見せることができますよ!

ブラウンやネイビーなどの落ち着いた大人らしい色のものなら、普段でも使いやすいです。

冬の合コンコーディネート

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

𝚊 𝚋 𝚎 𝚔 𝚊 𝚗 𝚘 𝚗 🎠(@ka___mochi)がシェアした投稿

冬の合コンには、ケーブルニットを使ったコーディネートがおすすめです。

ニットは相手に柔らかく女性らしい印象を与えるので、30代の合コンにはぴったりだと言えます。

色は、ホワイトやグレー、ベージュのケーブルニットが使いやすいですよ!

【男性編】30代が合コンに着ていくべき服装

続いて、30代の男性が合コンに着ていくべき服装を紹介します。

季節ごとにまとめたので、それぞれの季節にあわせて参考にしてみてくださいね!

春の合コンコーディネート

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

古着屋フロリダ下北沢店(@florida_shimokitazawa)がシェアした投稿

春の合コンコーディネートには、テーラードジャケットがおすすめです。

ボトムスにあわせやすく、きっちりしすぎないため、合コンにはピッタリといえるでしょう。

ただし、サイズ感に気を付けなくてはだらしなく見えてしまいますので気を付けてくださいね。

できれば細身のシルエットになるものを選ぶと、より印象がよくなります。

夏の合コンコーディネート

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

kz(@tkazu44)がシェアした投稿

夏の合コンには、半袖シャツがおすすめ!

Tシャツだとラフになりすぎてしまいますが、半袖シャツなら頼りがいのある30代の大人の男性を演出することができます

素材にこだわってみたり、柄にこだわってみたりすると、よりコーデを楽しむことができておすすめです。

秋の合コンコーディネート

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

kzy(@kzy_0106)がシェアした投稿

秋の合コンはジャケットを羽織るのがおすすめ!

コートはまだ早いと感じる寒さなら、ジャケットがピッタリです。

スッキリとしたタートルネックのニットにジャケットを羽織れば、よりオシャレなコーデになりますよ

青系やグレー系を選ぶと、落ち着いた雰囲気も出せます。

冬の合コンコーディネート

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

So(@pocorocoman)がシェアした投稿

冬の合コンには、セーターやニットなどをチョイスしましょう!

インナーにすることで、柔らかい印象を与えることができますし、30代の落ち着いた雰囲気が出やすくなります

ホワイト・ブラックを選びがちですが、ワインレッドやネイビーなどは上品な印象を与えてくれるので◎。

合コンで30代がとるべき行動・振る舞い5箇条

30代の合コンで大切なのは服装と振る舞いだと説明しました。

男女別に季節ごとのおすすめのコーデを紹介したので、次は、具体的にどのような振る舞いをすればいいのか5箇条を見ていきましょう

  1. 聞き上手に徹する|話したいことがあってもまずは聞く
  2. 癒しを与える|笑いをとりにいく必要はない
  3. 一次会で帰る|翌日になってから連絡する
  4. ボディタッチは控える|軽い30代はモテない
  5. 少額でも飲み代は払う|奢ってもらう精神はNG

それでは、それぞれ詳しく説明します。

1.聞き上手に徹する|話したいことがあってもまずは聞く

30代の合コンでは、20代とは違う大人の雰囲気を出すことが大切です。

20代では自分が話したいことがあればどんどん話に割って入っていた人もいると思いますが、30代の合コンではNG。

なぜなら、騒がしくて落ち着きがない印象を与えてしまうからです。

30代では単に『聞き役』であるだけではなく、『聞き上手』にならなければなりません。

聞き上手になるポイントは、相づちです。

30代になったら、場を盛り上げるようなハイテンションな相づちは必要ありません。

相手が気持ちよく話せるような、男性の良さを引き出す相づちが大切です。

落ち着いてていねいな相づちを打つことで、相手に話を理解していることが伝わり話しやすく感じてもらえます

周りの話に耳を傾けて楽しそうに聴いているだけでも、30代の大人の雰囲気を出すことができますよ!

自分が話したいことがあっても、聞き上手に徹しましょう。

2.癒しを与える|笑いをとりにいく必要はない

30代には、20代とは異なる魅力があります。

その1つが、「落ち着いていて癒しがある」という点です。

笑いをとりにいく姿勢は、20代なら楽しい人だと認識されるかもしれませんが、30代ではNG。

ただのうるさくて目立ちたがり屋だと思われる可能性があるためです。

癒しを与えるためには、相手をしっかり立てて、積極的に肯定することが良いでしょう。

相手の話をしっかり聞きながら、「凄いですね」「さすが◯◯さんですね」というように、前向きな相づちを意識してください。

30代の合コンでは、ニコニコ笑顔を絶やさず、周りの雰囲気にあわせて癒しを与えられる存在を目指しましょう。

3.一次会で帰る|翌日になってから連絡する

20代の頃は二次会・三次会にも積極的に参加していた人も多いでしょう。

しかし、30代の合コンでは、一次会で帰るようにしてみてください。

合コンの二次会ではカラオケなど盛り上がる場所に行くことが多いと思います。

せっかく一次会で大人な印象を持ってもらえても、二次会で大はしゃぎしてしまうと台無しです。

したがって、大人らしくスマートに二次会は断って行かないようにしてください。

例えば、「明日の朝イチでやりたい仕事があるからすみません」などのような断り方が考えられます。

そして、連絡先だけは全員と交換しておき、翌日にお礼の連絡を入れるのが良いでしょう。

もしも自分を気に入ってくれていた異性がいるなら、その段階でデートに誘われるはずなので安心してください。

4.ボディタッチは控える|軽い30代はモテない

特に女性の場合、20代の頃はさりげなくボディタッチをするだけで、人気を集めることができた人もいると思います。

しかし、30代の合コンではボディタッチは控えましょう。

なぜなら、軽い人だと思われてしまう可能性があるためです。

20代なら許されることも、30代では許されなくなることもあります。

軽い大人だと思われてしまっては、その後の関係に繋がる可能性が低くなってしまいます

簡単には手を出さない・出させないという大人な30代を目指してみましょう。

周りからも信頼されますし、話しやすいと感じてもらえます。

5.少額でも飲み代は払う|奢ってもらうのはNG

20代の頃は、「合コン=奢ってもらう」という考えだった人もいるかもしれません。

しかし、30代では少額であっても飲み代を支払うようにしてください。

大人の男女が飲みに行って、「ご馳走様~」では見栄えも悪いです。

「私・俺も払うよ」と一言かけるだけでもいいので、なんでもやってもらえる精神は捨てましょう。

合コンで30代がやってはいけない3つのこと

マッチングアプリの業者の見分け方

合コンで30代がやってはいけないことが3つあります。

「20代の頃とは違う戦略を」と散々お伝えしていますが、やってはいけないことも覚えておくべきです。

具体的には、以下の3つが挙げられます。

  1. お金に関心が強いところを見せてしまう
  2. 若作りをしてしまう
  3. 年齢について自虐的になってしまう

それでは、それぞれ詳しく説明します。

1.お金に関心が強いところを見せてしまう

お金に関心が強いところを見せてしまうのは、大人としてはNGな行為です。

30代になると、結婚を意識しながら合コンに参加するという人も多いと思います。

結婚するなら年収などの金銭的な面は大切ですが、合コンでは話題にしないほうが良いでしょう。

金銭的にがっついていると思われると、一気に場が盛り下がってしまうかもしれません

「どうしても相手がどれくらい稼いでいるのかを知りたい!」という場合でも、職業を聞いて推測する程度にとどめておいてください。

このように振る舞うことで、好印象を残すことができます。

2.若作りをしてしまう

30代になったら、若作りを感じさせるような服装や言動をしないように、気をつけなければなりません。

たとえば、「年齢を重ねた分だけ、頑張ってオシャレをしなければならない」なんて、考えている人も多いのではないでしょうか?

しかし、30代になったら年齢相応の大人の魅力で勝負をしていくべきです。

したがって、服装も言動も大人の余裕を見せていきましょう。

具体的には、服装は自分の魅力を引き出すシンプルなもので、アクセサリーも最低限にしておくのが良いです。

言動は、必要以上に話しすぎないことを心がけてみてください。

30代なら合コンでは、「若さをいかに見せるのか?」よりも、「大人な自分の魅力をいかに見せるのか?」を意識しましょう。

3.年齢について自虐的になってしまう

年齢について自虐しすぎることも、合コンでのNGな行為です。

30代になると、どうしても年齢について不安になることもあるかもしれません。

しかし、せっかくみんなで楽しく集まっているのに、年齢のことでネガティブになると場の空気が悪くなってしまいます。

したがって、参加したからには年齢のことは気にせず、むしろプラスに生かしていくことを考えてください

年齢を聞かれたとしても、正直に答えるのが良いでしょう。

堂々と年齢を答えれば、相手も年齢を気にすることはありません。

30代で合コンに呼ばれなくなったら自分で開くのもアリ

合コンに呼ばれないなら、自分でセッティングを行って合コンを開くようにしましょう。

合コンは20代がメインとなって行われることがよくあり、「30代になると呼ばれにくくなった気がする」という人もいると思います。

そのようなときは、呼ばれるのを待っているだけでは時間がもったいないです。

自ら合コンを開くことによって、時間を有効に使いながら出会いの機会を増やせます。

「そうは言っても、合コンの人数やお店選びについてよくわからない」という人も少なくないはずです。

自分で合コンを開く前に、合コンの人数やお店選びをどのようにするべきかを確認しておきましょう。

30代の合コンは2:2で開くべし!

30代になったら、合コンの人数は2:2の合計4人で行うべきです。

今まで行ってきた合コンの人数は、3:3の合計6人だった人も多いと思います。

たしかに、3:3は盛り上がりやすいので人気な人数比ですが、30代に必要なのは盛り上がりよりも落ち着きです。

2:2での合コンなら、相手の話をそれぞれじっくり聞くことができます。

それによって、相手に大人な女性の居心地の良さを感じてもらうことが可能なんです。

2:2であれば人数も集めやすいので、2:2で合コンを開催するようにしましょう。

30代の合コンに適したお店は?

30代の合コンに適したお店として、以下のようなところが挙げられます。

  • 個室ダイニング
  • イタリアンレストラン
  • チーズフォンデュが楽しめるお店

オシャレな内装で、落ち着いて合コンできる場所を選ぶことをおすすめします。

ざわついている場所での合コンは、20代まで!

30代からは、より落ち着いた雰囲気が出せるよう、お店自体に落ち着きがあるところを選んでみてください。

同時に、駅からの距離やメニューの種類も確認しておくといいでしょう。

当日になって、「駅から遠いね…」「なんかメニュー少なくない?」というようなやり取りがないように、事前チェックが大切です。

まとめ

合コンに参加するなら、30代は20代のときと異なる服装を準備したり振る舞いを身につけたりという新たな戦略が必要となります。

いつまでも20代のままの気持ちで合コンに参加していても、将来を考えられるような出会いには結びつきません。

20代とは別の魅力を引っ提げて合コンに参加したほうが、より注目度が高まります。

30代だからこそできる戦略を知って、30代の合コンを成功させましょう。

関連記事

  1. 片思いを占いで成就させよう!おすすめの占いサイト3つと運気アップ法5つ…

  2. 【女子必見】スイッチバーとは?どんな男性に出会えるのか徹底検証!

  3. 誠実な人と付き合いたい!見極めるチェックポイントと好かれる方法

  4. モテない男チェックリストで分かる!あなたがモテない本当の理由は?

  5. オラオラ系の特徴とは?彼の好みのタイプを知って仲良くなる秘訣を紹介

  6. 合コン「あいうえお」が使えたら上級者!小悪魔テクで彼をゲットせよ!

  7. 返信率UPで距離感が近づく!婚活メールのテクニック

  8. 婚活で痛い女の特徴と痛い女にならないための3つの改善策

フェリ恋 フェリーチェについて フェリーチェについて 恋愛四季報の本 恋愛四季報の本