デートで日傘は控えよう!男性の本音と日傘以外で出来る日焼け対策とは

「デートに日傘を差して行くとどう思われるのだろう?」とお悩みですね。

日傘を女性らしくて可愛いと思う男性もいますが、ほとんどの男性は「デートで日傘はやめて欲しい」と感じています。

そこで今回は、男性の本音や注意点、他の日焼け対策を詳しくご紹介。

日焼け対策をしながらも、気持ちよくデートしましょう。

1.デートで日傘をさす彼女への男性の本音

夏が近づくと、女性なら紫外線対策が必須になりますよね。

そんなとき欠かせないのが日傘です。

しかし、デートで日傘をさす女性を男性はどう見ているのか気になりますよね。

「日傘をさしている女性」をどう思うのかのアンケート結果は以下のようになっています。

  • 好き 9.4%
  • まあまあ好き 31.8%
  • あまり好きではない 48.2%
  • 嫌い 10.6%

参考:マイナビニュース

このように、残念ながら日傘を差す女性を「好き」だという男性は少ないです。

そんな男性たちの本音を見ていきましょう。

AB型の男性は、もしかしたらこう考えているかも?
詳細はこちらの記事でチェックしてください↓

  • 本音1.女の子らしくてかわいい

    日傘を差す姿を見て、「女の子らしくてかわいい」「清楚なイメージを持つ」という男性もいます。

    日傘を持っている姿や、差す姿が好きな人も多いです。

    ワンピースと組み合わせると、さらに清楚な印象を受ける人もいるのだとか。

    「女の子らしくてかわいい」と思ってくれる彼氏なら、遠慮なくデートで日傘を差すことができますね。

    本音2.危なくて怖い

    日傘をさしている女性と一緒にいると「危なくて怖い」と感じる男性は多いです。

    また、周りに対して不注意になりやすく、人にぶつかる様子を見ていられない人もいます。

    特に人の多い場所では、人にけがをさせる可能性があるので自粛しましょう。

  • 本音3.日焼け対策に力を入れすぎ

    「日焼け対策に力を入れすぎでは?」と疑問に思う男性は多いです。

    せっかくの外デートなのに、常に紫外線を気にしていると男性の方まで気を遣ってしまうのだとか。

    少しくらい焼けている方が健康的でかわいいと感じる男性は多いです。

    夏の正解コーデは『夏デートでモテるワンピースはコレ!イベント別コーディネート集』を参考にしましょう。

    2.デートで日傘をさしたいときの注意点

    そうは言っても、日傘をさしたい日差しの強い日もありますよね。

    そんなときは、注意点をしっかりと押さえておきましょう。

    1. 彼氏との距離感
    2. 彼氏との身長差
    3. 周りの環境

    以上3つの注意点について詳しく確認していきましょう。

  • 注意点1.彼氏との距離感

    まずは、彼氏との距離感に注意しなければなりません。

    彼氏とデートをするときには手を繋ぎたいという人も多いです。

    しかし、日傘とカバンを持つと両手がふさがってしまい、手を繋げなくなってしまいます。

    そのため、片手があくカバンを選んで彼氏と手を繋ぐようにして下さい。

    せっかくのデートでの彼氏との距離感を大切にしましょう。

    注意点2.彼氏との身長差

    日傘をさすときは、彼氏との身長差に気を付けましょう。

    彼氏の近くを歩いていると、傘の先端部分が彼氏にぶつかる可能性があります。

    身長差によっては、彼の目に刺さってしまう恐れがあるので注意しなければなりません。

    楽しいデートで彼氏にケガをさせないよう、注意しましょう。

  • 注意点3.周りの環境

    日傘をさしているときは、いつも以上に周りの環境に注意を払いましょう。

    たとえば、狭い道や混雑している場所で日傘をさすことはマナー違反です。

    他の人にケガをさせる可能性もありますし、周りの人は不快に感じることもあるでしょう。

    周りの人に迷惑がかからない場所でのみ、日傘をさすようにしてください。

    3.アクティブデートでは他の日焼け対策をしよう

    アクティブなデートでは、日傘を使わずに日焼け対策をしましょう。

    夏はBBQや海、遊園地など、アクティブなデートに出かけるカップルは多いですよね。

    よく動いたり、人の多い場所での日傘はマナー違反となります。

    そのため、紹介する3つの方法で日焼け対策をバッチリしましょう。

    対策1.日焼け止めをしっかり塗る

    基本中のキホンですが、日焼け止めをしっかり塗りましょう。

    行く場所によって、SPF・PAの高さを変えることで、日焼けを防ぐことができます。

    また、デート中も途中で日焼け止めを塗り直すようにしましょう。

    さっと時間をかけずに日焼け止めを使えるよう、スプレータイプがオススメです。

    対策2.帽子をかぶる

    日傘を使用しないときには、帽子をかぶるようにしましょう。

    紫外線は常に空から降り注いでいるため、帽子をかぶることは日焼け対策に効果的です。

    出来るだけツバの広い色の濃い帽子を選ぶと日焼け防止効果はアップします。

    彼氏とお揃いの帽子を買ったり、服装に合わせた帽子をかぶるとおしゃれでデートの気分もあがるはずです。

    対策3.UVカットのカーディガンを羽織る

    UVカット素材のカーディガンを羽織ることも、日焼け対策になります。

    UVカット素材のカーディガンを羽織ることで、肩・腕の日焼けを防ぐことができるのです。

    さわやかな色を選ぶと、涼しそうなコーディネートに仕上げることができます。

    最近は、リーズナブルにUVカット素材のカーディガンが販売されているので活用しましょう。

    デート中の彼の反応で、脈ありサインをチェック!こちらの記事を参考にしてください↓

    まとめ

    日傘をさす女性を見て「危ない」「怖い」と感じる男性が多いです。

    そのため、出来るだけ日傘を使わない日焼け対策をするようにしましょう。

    しかし、日傘をさしたい日もあると思います。

    そんな日は、彼氏や周りの状況にいつも以上に敏感になりましょう。

    そうすることで、夏デートを楽しく過ごすことができますよ。

  • 関連記事

    1. 婚活相手との初デート!2回目のデートにつなげる鉄板の方法とは?

    2. デートは断然カフェがおススメ!カップルで行くべき厳選カフェ6つ

    3. セフレ探しにおすすめのアプリはコレだ!スグに出会えるコツも徹底レクチャ…

    4. デキる男の支払いはココが違う!デートでモテるクレジットカード5選

    5. <営業職必見>空アポおさぼりスポット大図鑑〜23区編〜

    6. デートしたいけど金欠?お金を欠けずに楽しめる厳選デート5選!

    7. デート2回目!告白を成功させるためのポイントと場所の選び方!

    8. 脱ブラジャー宣言!リラックスできるノーブラの魅力を徹底解説!