初デートは短時間で最大のアピールが大切!!告白を成功させる秘訣とは

「短い時間しか取れないときのデートってどこ行けばいいの?」と気になりますよね。

実は、初デートは短時間の方が成功率が上がるのでオススメです。

なぜならデートの余韻を残すことができ、「また会いたい!」と思わせることができるからです。

今回は、初デートが短い方が良い理由や、短いデートでのアピール方法を詳し説明します。

しっかりとアピールをして、次のデートに繋げましょう。

1.初デートは短時間の方が良い?

これから初デートを控えているなら、短いデートプランを考えましょう。

なぜなら、初デートは「お互いを知るためのデート」だからです。

きっとあなたは、彼女とたくさん話をしたいと考えていることでしょう。

しかし、緊張しているときにたくさん話すよりも、数回デートをして慣れていく方が2人の仲が深まります。

1-1.初デートの平均時間

世の中のカップルの初デートの平均時間はどのくらいなのでしょうか?

ネット上の複数サイトを調べたところ、初デートの時間は3~5時間が大半を占めているようです。

一緒に食事をしたりカフェで過ごすカップルが多いので、たいてい3時間は必要となるでしょう。

お互いに休みの日であれば、まずは3時間ほどを予定していて、その場の流れで時間を延長することも。

平日やお互いの仕事後の初デートでは時間の関係上、3時間程度の人が多いのでしょう。

1-2.初デートが短時間でも脈なしではない!男女の心理

初デートが短時間で終わっても、決して脈なしではありません。

むしろお互いに忙しいなかで、時間を見つけて一緒に過ごしているというだけで脈はあると言えます。

初デート中は男女の心理に違いはさほどなく、共通している点は緊張しているということ。

デートが短時間であっても、相手の身なりに気合いが入っていたら脈ありの合図。

少ない時間のなかで最大のアピールができるように、肩に力が入ってしまっているはずです。

そのため相手の様子を観察することで脈ありかどうかわかります。

緊張で固まってしまい無口な人もいれば、逆にしゃべりすぎてしまう人もいるでしょう。

1-3.短時間デートのメリット・デメリット

短時間のデートにはメリットがたくさんあります。

まず相手のことを「もっと知りたい」と思うところで解散すると、おあずけ状態になり次回のデートが待ち遠しくなるでしょう。

初デートを楽しみにしていたぶん、あっという間に時間が過ぎ、まだまだ物足りない状態なのです。

まだ先の未来に楽しみが待っていると思うと、日々ワクワクして過ごせますよね。

また、短時間のデートでは良い部分だけをアピールしやすく、ボロが出にくいという点もメリットでしょう。

デメリットについては、お互いの理解が浅いまま終わってしまうところです。

短い時間でもあなたの好意が相手に伝わらないと、脈なしなのかもと思われて諦められてしまうかもしれないので注意しましょう。

1-4.長いデートは2回目のデートから

1日使ったデートは2回目以降のデートに取っておきましょう。

初デートを短いプランにしておくと、「今日は短かったけど、近いうちにデートしようよ」と2回目のデートを誘いやすくなります。

そのときに、遊園地や水族館など2人で楽しめる場所を提案すると成功率が高まります。

初デートで相手のことを知れるため、相手の趣味に合わせたデートプランも提案することができるからです。

それでは、短いデートでどのようなアピールをして行くべきか確認しましょう。

2.短いデートの場合のアピール方法

短いデートのときのアピール方法に困ってしまうという人は、紹介する4つのアピール方法を参考にして下さい。

逆にこの4つを外さなければ、彼女に悪い印象は持たれません。

デートへ行く前に確認しておきましょう。

アピール方法1.ランチやカフェデートにする

ランチやカフェデートに誘いましょう。

ディナーだと、終電の時間や「ホテルに誘われたらどうしよう」など余計な心配がかかります。

しかし、ランチやカフェであれば彼女も気軽に「行きたい」と言いやすいのです。

彼女の家からアクセスの良い美味しいお店をリサーチしてみましょう。

ランチデートを成功させるコツをこちらの記事でまとめているのでご参考にどうぞ!

 

アピール方法2.必ず奢ってあげる

初デートでは必ず男性が奢ってあげましょう。

女性はデートで奢ってもらえると「大切にされている」「彼女候補なんだ」と感じます。

つまり、奢ってあげることで、女性への好意をアピールできるのです。

もし、「悪いし割り勘にしよう」と提案されても、「代わりに次回コーヒー奢ってね」と言うとスマートな印象を持たれます。

アピール方法3.待ち合わせには10分前に到着する

初デートの待ち合わせには10分前に到着しておきましょう。

彼女も5分ほど早く来てくれる可能性がありますが、それよりも早く男性がいると単純に嬉しいと思うのです。

早く到着することに恥ずかしさがあるかもしれませんが、「楽しみで早く来ちゃったよ」と好意をアピールすることもできます。

いつもより気合を入れて、待ち合わせ場所で彼女を待ちましょう。

アピール方法4.次のデートの約束をする

デート中に次のデートの約束をすることを心掛けましょう。

気になっている映画やスポットを話題に出し、盛り上がれば「じゃあ次はそこに行ってみようよ」と誘うのです。

初デートを2~3時間にとどめることで、「もっと喋りたい」という思いを彼女に抱かせることができます。

自信を持って、次のデートに誘いましょう。

デート後の返事で脈あり・脈なしを判断する方法は、こちらの記事をチェックしてください。

 

3.短時間でも初デートを満喫できるオススメの場所

短時間でも初デートを充分楽しめるオススメの場所をご紹介します。

相手がインドアなのかアウトドアなのかにもよりますが、たいていの女性が喜ぶ場所はこちら。

  • 映画館
  • 水族館
  • 動物園
  • プラネタリウム

2人の目の前に共通の話題にあげられるものがあると、会話が尽きる事はありません。

映画館は暗い室内で隣に座るだけで、親近感が増しますよね。

映画についてお互いの感想も話せるので、価値観を知ることもできます。

水族館は非日常な空間で、ゆったりした魚たちの雰囲気にも癒され、デートに最適。

動物園は2人で冒険している気分で、次に何を見よう!など相談したり、距離が縮まりやすいでしょう。

プラネタリウムは普段は見る事のできない星空に囲まれ、ロマンチックなムードたっぷり。

ご紹介した4つの場所は自然と会話のきっかけが生まれますし、デートを飽きずに楽しむことができるはずです。

女性はデートにヒールをはいてくる人も多いので、歩く時間を考慮してあげるのも大切なポイントです。

水族館や動物園では休憩をはさみながら、滞在時間が長くなりすぎないように気を付けましょう。

その他、女性が望む初デートの内容はこちらでもまとめているのでご参考にどうぞ!

 

4.告白は3回目のデートでしよう

初デートが終わったら、3回目のデートで告白できるように準備を進めましょう。

準備と言っても、2回目・3回目のデートを成功させるだけです。

成功させるためには、初デートで彼女の趣味や好みをしっかりとリサーチしましょう。

アウトドアが良いのか、インドアが良いのか等を見極めて、彼女が「楽しい!」と思えるデートプランを考えることが成功のカギです。

まとめ

短時間のデートプランでは、以下の4つの方法で自分の好意を彼女に伝えましょう。

  1. ランチやカフェデートにする
  2. 必ず奢ってあげる
  3. 待ち合わせには10分前に到着する
  4. 次のデートの約束をする

短い初デートにすることで、2回目のデートに繋げやすくなります。

初デートでは相手を知ることに徹し、彼女に「楽しい!」と思ってもらうデートプランを考えましょう。

2回目のデートに繋げるコツや告白の方法についてはこちらの記事でまとめているのでご参考にどうぞ!

 

関連記事

  1. 異性との出会いを無駄にさせない3つのポイント【誰でもできる】

  2. デートの回数と告白タイミングは関係ある?告白必勝プランを紹介!

  3. デートにマスクをつける女性はアリかナシか徹底解説!

  4. 彼女が生理中にイライラ!生理中の女性の状態を理解してデキる男に

  5. 遠距離恋愛の不安を解消する方法は?心がけるべきポイントと対処法

  6. デートで割り勘するのはあり?割り勘をする男性の本音を徹底分析!

  7. 惹かれる人になるには?なぜか心を掴む女性の特徴を徹底解説!

  8. アラサーが合コンでモテるテクニックを徹底解説!【アラサー女子必見】

フェリ恋 フェリーチェについて フェリーチェについて 恋愛四季報の本 恋愛四季報の本