デートのお金は男が払うべき?デート代を割り勘にする2つのメリットとは?

「いつも彼に奢ってもらって、なんだか申し訳ない……」

最近ではデート代を割り勘にするカップルも、若い世代を中心に増えてきました。

そんな中で男性に奢られることに抵抗を覚えている人も少なくないのではないでしょうか?

あまり頻繁に男性から奢ってもらってしまうと、女性は主導権を握られてしまう恐れもあります。

女性は上手に奢ってもらうことで、より男性から大切にしてもらえるようになりますよ!

デートのお金は男が払うべき?

食事などの会計では割り勘にするカップルも増えてきました。

以前は「男性が女性に奢るのは当たり前」ではありましたが、最近ではこの考え方も変化しつつあります。

お互いにリラックスできるお金の払い方を工夫していかなければなりません。

デート代を奢っている男性の心理・内心

「デート代は男が持つべきなんて古い!」と思っている男性は増えてきています。

女性の社会進出に伴い経済的余裕が出てきたことにより、女性もデート代をある程度負担すべきという考え方が一般的になってきました。

最近では「デート代は割り勘」というカップルも増えています。

特に若い人たちの間では割り勘にするのは当たり前になりつつあります。

会計時に積極的に自分から財布を出す女性も。

そうした方が男性からの好感度が高くなるためです。

女性に奢ることを嫌がる男性の意見も目立ちます。

一方で「女性には積極的に奢ってあげたい」と思っている男性も少なからずいます。

奢る目的は純粋に彼女を喜ばせてあげたいという人から、付き合っていく上での主導権を握りたいという人までさまざまです。

結局のところ男性に奢ってもらうべきか、二人で割り勘にすべきかは相手との関係性によって判断していかなければなりません。

お互いに気を使わないお金の払い方を模索していきましょう。

付き合っていく上では男性に上手に甘えることも大事

付き合っていく上で男性に上手に頼ることはとても大切です。

より良い関係を築くためにも、相手の男性を信頼し、頼れる時は頼るようにしましょう。

過度に自立することを意識してしまい、相手に頼らない姿勢を貫いているとかえって信頼関係が築けなくなることもあります。

確かにデート代を全額男性が負担するという価値観は古くなってきました。

それでも特に困っている時などは男性に甘えるようにしましょう。

甘えることで、より二人の関係が深まることも多いです。

デート代が出せなくてデートに行けなくなり、関係が疎遠になってしまうこともあります。

女性も頼るべき時には男性に頼るようにしてください。

男性が困っていたら逆に助ける姿勢を!

逆に相手の男性が困っている時は、積極的に助けてあげましょう。

男性も女性と同じように悩みを抱えることはあります。

「男のプライド」とは言っても、女性からサポートを受けられるのは嬉しいことです。

経済面でも精神面でも、できることを見つけて手助けしてあげてください。

男性も女性もお互いに信頼し、頼りあうことで、より強い絆が結ばれます。

奢る・奢られるという点にこだわらず、広い視野でサポートしあう姿勢が重要です。

割り勘にする2つのメリット

デートに行った時、ご飯を食べてもどこに行くにしてもお金がかかります。

しかし、割り勘をすることで両者にとって気が楽になること間違いありません!

それでは割り勘にする2つのメリットを見ていきましょう。

メリット1.男性に主導権を握らせるのを防げる

デート代を割り勘にすることで、女性も男性と対等に付き合えるようになります。

男性の中には付き合っていく上での主導権を握る目的で、女性に奢る人もいます。

主導権を握られてしまうと、相手の要求をどんどんのまなければならなくなり、女性側の負担が大きくなってしまいます。

あまり頻繁に奢られると、女性側の発言権はなくなってしまうこともあるので適度な範囲に収めておいた方がいいでしょう。

支払うお金を割り勘にすることで対等に付き合えるようになり、より強い絆が結ばれるようになりますよ。

メリット2.割り勘にすることで気楽になれる

特に相手に気をつかいやすい女性は、割り勘にすることで気楽に付き合えるようになります。

もちろんパートナーの女性に喜んでもらいたくて食事などを奢るという男性も少なくありません。

特に経済的に豊かな男性はその傾向が強いです。

しかしそれでも、特に相手に気を使いやすい女性はあまり奢られ続けるのも苦痛になってしまいあます。

相手が好意でやっていることだったとしても、自分の意見が言えなくなってしまうためです。

デートの際には女性も積極的に割り勘を申し出るようにしましょう。

お互いリラックスして付き合えるようになります。

可愛く素敵に割り勘を申し出て好感度アップ!

上手に割り勘を申し出ることで、男性からの好感度をアップさせることが可能です。

シチュエーションに合わせて、かわいく・かっこよく割り勘にしたいという思いを伝えていきましょう。

「今日は楽しかった!」と一緒にいられたことに感謝しながら

デートができたことが嬉しかったという気持ちと一緒にお金を出すと相手の男性も気持ちよく割り勘にできます。

ディナーなどの後の会計などで「私も一緒に楽しませてもらったから、自分の分は払わせて」と言いながら自分の分のお金を出すと効果的です。

あえて「ごちそうさま」と言いながら

会計のときに「ごちそうさま」と言いながらお金を出すと、男性からの好感度が急上昇する可能性があります。

「ごちそうさま」は奢ってもらう際に言う言葉の印象があります。

だからこそ「ごちそうさま」と言いながらお金を出すと、ギャップが生まれるのです。

男性は奢ることへのプレッシャーから解放され、より相手の女性を大切にしたいと思うでしょう。

それでもこんな時は男性に奢ってもらおう!

女性もデート代を出すことが当たり前になりつつありますが、そんな世の中でも男性に奢ってもらうべきシーンは数多くあります。

奢ってもらうことで、逆に主導権を握らせるのを防げることもあるので適切に判断していきましょう。

1.無理にお酒を飲まされた

男性側の下心が見え透いている時は奢ってもらいましょう!

食事の際に飲む気のないお酒を飲ませようとする男性は、その後女性をお持ち帰りしようする下心があります。

そのような場合は食事代を全額奢らせて帰るようにしてください。

2.男性の自慢話に付き合わされた

一緒に食事をしたけれど、男性の自慢話に付き合わされただけだったという場合は食事代を奢ってもらいましょう。

自慢話をする男性には、相手の女性を楽しませようとする思いやりはありません。

話を聞いてあげ、楽しませてあげた代金として奢ってもらっても大丈夫です。

3.男性側が奢りたがっている

どんなに世間の価値観が変わったとしても、相手の女性を大切にしたくて奢りたいと思っている男性は多いです。

「主導権を握りたい」「女性をお持ち帰りしたい」という思いではなく、純粋に女性を喜ばせたいと彼らは思っています。

その場合は奢ってもらうようにしましょう。

相手からの好意を受け取らないことも、付き合っていく上では問題です。

気を使わない範囲で構いませんので、相手が奢りたいと申し出ている場合は素直に喜んで甘えてください。

上手に甘えることで、対等な関係を築きながら大切にしてもらえるようになります。

デートごとの適切なアクションについては、こちらの記事もチェックしてください↓

3.まとめ

あまり極端に奢ってもらう回数が増えてしまうと、女性側の発言権が弱くなってしまうことがあります。

喜んで奢っている男性も少なからずいますが、気を使いすぎない範囲にとどめておきましょう。

バランスをとって奢ってもらうことでよりよい関係が築けるようになりますよ!

関連記事

  1. <営業職必見>空アポおさぼりスポット大図鑑〜23区編〜

  2. 【女は28歳から】アラサーフェチから見たアラサー女子の魅力とは?

  3. あなたの彼女は嫉妬深い?全くしてくれない?嫉妬の心理と付き合い方

  4. 実はモテる!?シャイな女性の特徴とシャイを受け入れる方法

  5. これがスタイルのいい女性3タイプ!あなたにあったスタイルで魅了しよう

  6. 気になる人と好きな人の違いとは?恋の初期に効果的なアプローチ方法を紹介…

  7. 好きな子だけに見せている!男性の出す5つのサインと対処法

  8. フリーセックスの意味と楽しみ方!日本と海外のセックスの価値観は違う? …