付き合う前の電話の効果とは?片想いの相手に電話するきっかけ6選!

目次

「お付き合いもしてないのに電話はかけていいの?」
「電話をかける口実は何がいいのだろう?
好きな人だからこそ、不安に思うことはたくさんありますよね。
でも何もしない間に好きな人が他の女性と仲良くなっていた、なんてこともよくあるのです!
ここでは片想いの相手に電話をするきっかけを紹介していきます。
悲劇が起きる前に気になる彼との距離を縮めていきましょう!

1.付き合う前からの電話の2つの効果とは?

お付き合いをする前からの電話は、恋愛のサポートをしてくれるのでとても効果的です!
ではどのような効果があるのでしょうか?
ここでは以下の2つに分けてご紹介します。

  • 気持ちが伝わりやすくなる
  • 距離を縮めやすくなる

では順に見ていきましょう。

効果1.気持ちが伝わりやすくなる


付き合う前にする電話の効果1つ目は、お互いの気持ちが伝わりやすくなることです。
電話だと相手の表情までは見ることができなくても、声色や笑い声などを聞くことでLINEでのやり取りよりもはるかに相手の気持ちが伝わってきます
今はほとんどの方がLINEでやりとりしているかと思います。
顔文字やスタンプなどで気持ちを伝えやすくなってきましたが、短めの言葉でやり取りする人や丁寧な文章でやり取りする人などは様々です。
本人は不機嫌のつもりのがない文章でも、受け取る人によっては「怒っているのかな」と不安に感じる人もいるでしょう。
文章だと気持ちがわかりにくいというのは、自分だけではなく相手の方にとっても同じです。
電話だと相手とやり取りをしやすく、気持ちが伝わりやすいので余計なトラブルを回避することもできますよ!

効果2.距離を縮めやすくなる

付き合う前にする電話の効果2つ目は、相手との距離が縮めやすくなることです。
電話を通して聞こえる相手の声は、普段聞いている声とはまた違った雰囲気のときもあり、相手を意識しやすくなるためです。
例えばお互いが自宅にいる状態での電話は、リラックスしていることが多く、普段話さないような会話になることもあります。
「なにか動物飼ってたりする?」とペットの話に持ち込むのもいいかもしれません。
動物の話は様々な人に共通して話題が広がりやすいもので、アレルギーやお散歩中の犬とのエピソードなど何かしらの会話のネタが誰にでもあります。
他にも部屋にある趣味のものの話や食べたものの話など、自分の日常を話すことで、より相手の好きなものなどを知る機会になるのです。
相手のことを少しづつ知ることで、親近感や安心感が芽生え、警戒心がほぐれます。
相手と好きなものや苦手なもの、今日の出来事など些細なことでも話す機会を増やしましょう。
そうすることでよりお互いのことを知ることができて、距離が縮まっていきます。

2.付き合う前の電話をするきっかけ6選!

「電話をして距離を縮めてみよう」と思ったら今度は、どうやって電話をする流れにすればいいのかわからなくて手が止まってしまいますよね。
急用でない限り、いきなり電話をかけることは気が引けてしまいます。
電話をするきっかけや口実を作って、事前に電話をしていいかどうか確認しておくと相手の人に迷惑だと思われにくいです。
そこで今度は、きっかけや口実を紹介していきます!
あなたと気になる彼には、どれがぴったりでしょうか?

きっかけ1.LINEだと長くなりそうなとき

付き合う前の電話のきっかけ1つ目は、LINEだと長くなりそうなときです。
例えば短時間でLINEでのやり取りが続いているときには相手の都合を伺いつつ、「LINEだと長くなりそうだから電話でもいいかな?」と聞いてみるのもいいでしょう。
よくある口実かもしれませんが、よくあるからこそ誰でも使うことができる口実で、「5分だけ」などと短めに伝えるのもポイントです。
電話に変えることで密な話ができ、共通の趣味が見つかるなどで話が盛り上がることがあり、お互いに楽しい時間を過ごすこともできます。
次に顔を合わせたときにも、「あの時はありがとう、楽しかった!」と声をかけるきっかけにもなるので一石二鳥の大チャンスを逃さないでくださいね。
もし相手の都合が悪く電話できなかったとしても、すぐに落ち込まずに「今度詳しく話そう!」と明るく次に繋げるといいでしょう。
振り返ったときには、あのとき勇気出して良かったと思える日がどんな形であっても必ず訪れます。
勇気を出して何かをすることは、自分の自信にも繋がりますので今からいつでも勇気を出せるようにスタンバイしておきましょう!

きっかけ2.伝言を引き受けるとき


付き合う前の電話のきっかけ2つ目は、伝言を引き受けるときです。
相手の人と学校やサークル、職場などが同じであればあなたがきっかけを作るのではなく、チャンスを掴みにいくことがポイントです!
片想いの彼に伝えないといけないことなどを積極的に引き受けにいきましょう。
「〇〇のことで大事な連絡があるから電話できるとき教えてもらってもいいかな?」とLINEなどで伝えます。
会話が続かないと長電話はできないかもしれませんが、少しでも相手の声を聞けると嬉しいですよね。
今どきLINEの文章で連絡を済ませようとしがちですが、電話のほうが確実に思っていることを伝えられます。
彼にも大切なことはきちんとしているという印象を与えられるでしょう。
相手も時間に余裕がありそうであれば、共通の知り合いの話を振るのもありです!
ちょっとした失敗談や談笑などをするのも、相手に気を許していることを伝えることができるのでおすすめですよ。

きっかけ3.相手の相談に乗るとき

付き合う前の電話のきっかけ3つ目は、相手の相談に乗るときです。
LINEでやりとりしていて、片想いの相手から「いま困ってて」と困りごとをあなたに話してくれたときは気を許してくれている証拠になります。
辛そうなときは電話をかけてみて、「心配だから電話しちゃったけど良かったかな?」と1人になりたいときではないか、電話をした最初に確認をできればベストです。
もし1人になりたそうな雰囲気であれば「何かあったら相談聞くからね!元気になったら美味しいもの食べに行こ!」などと一言添えてから電話を切ります。
あなたの電話を切ったときに、彼が悪いことしたと思わないようにすることがポイントですよ。
彼が話し始めたときには、急かさずにゆっくりと彼のタイミングでお話を聞きましょう
うまくアドバイスをできなくてもあなたが悩みを聞くということが大切で、彼がこの日のことを振り返ったときにはあなたのことが頭に浮かぶようにしておくのです。
好きな人ができると、たくさんその人のことを考えてしまいますよね。
普段から好きな人を頭に浮かぶことはとても多いので、彼との距離を縮めるにはあなたのことを相手に意識してもらうきっかけを増やしましょう
困っているサインを出されたときにはタイミングをみて電話をかけてみると、より仲が深まるチャンスですね。

Avatar photo

フェリーチェ編集部

follow me
related posts

関連記事

Scroll to Top