片思いが叶う必殺LINEテクニック!LINEでの脈ありサインも解説

片思いが叶う必殺LINEテクニック!LINEでの脈ありサインも解説

目次

「片思い中の彼のLINEをゲットしたのに、話題が尽きて連絡が続かない…」
「どんなLINEをしたら彼と良い感じになれるのかわからない…」
あなたは今、片思い中の相手とLINEをしていて、このような悩みにぶつかっていませんか。
好きな人とのLINEだと、どうしても相手のことが気になってしまい、思うようなやりとりができませんよね。
今回は、そんなあなたに実践してもらいたい、彼の気持ちを振り向かせるためLINEテクニックを紹介します。
どんな話題をふれば良いか」「頻度はどれくらいが良いか」など、気になるポイントを全て解説しているので、もうLINEのやりとりで悩んでしまうことはありませんよ。
LINEでうまくアプローチできれば、片思いを両思いに変えることは十分可能です。

この記事のポイント

  • 片思い中の男性から嫌がられるLINEは3つ:長文すぎる・ブツブツ切れる、会話が一方通行、ネガティブな発言・悪口ばかり
  • 彼との距離が近づきやすいLINE:テレビやニュースなどでホットな話題、共通の趣味や友達の話、彼が詳しいこと・彼の好きなことなどへの質問
  • 片思いから発展させるためのLINEテク:彼に合わせる、たまにハートを使う、アイコンは自然な笑顔
  • たまに相手からLINEを待つのもあり
  • 彼からのLINEが途切れたら、共通の話題を送ったり近況を聞くのが良い
  • LINE中に、彼が話題を広げてくれたり、質問してくれる、途切れてもLINEを送ってくれるなら脈あり
  • LINEのトーク中に出てきた場所やイベントなどに誘うとデートの約束がしやすい

ぜひ、彼との距離を近づけるのに役立ててください。

1.これだけは気をつけて!間違ったLINEの送り方

これだけは気をつけて!間違ったLINEの送り方
LINEのテクニックをお伝え前に、相手から嫌がられてしまうLINEの内容をチェックしておきましょう。
以下のようなLINEを送られると、男性からも避けられてしまい、片思いが叶う可能性は一気に少なくなってしまいます。

  • 間違い1.長文すぎる・ブツブツ切れるLINEを送る
  • 間違い2.会話が一方通行なラインを送る
  • 間違い3.ネガティブな発言・悪口ばかりのLINEを送る

相手を意識し過ぎて、知らず知らずのうちに送ってしまうこともありますので、注意してください。

間違い1.長文すぎる・ブツブツ切れるLINEを送る

間違い1.長文すぎる・ブツブツ切れるLINEを送る
長文すぎるLINEや、短文がぶつぶつ切れるLINEはNGです。
長すぎると返すのがおっくうになってしまいますし、逆に単文を連続で送るのも通知が多くなりいやがられる可能性も。


ではどうしたらいいの?と思うかもしれませんが、大切なのは「相手に合わせること」です。
彼が毎回2~3行のLINEを送ってくるなら、その文章量を目安にして送るようにしてください。

間違い2.会話が一方通行なLINEを送る

間違い2.会話が一方通行なLINEを送る
会話が一方通行になっていて、日記のようになっているのもNGです。


一方通行のLINEは、返信しにくく、連絡を返すのに手間を取らせてしまいます。
その結果、「めんどくさい女」と思われてしまい、距離を置かれてしまうのです。
大切なのは、自分のことばかり話さず、LINEでも対話を意識することです。
適度に彼に質問してみたり、彼の話している発言に対して返信を心がけてください。

間違い3.ネガティブな発言・悪口ばかりのLINEを送る

間違い3.ネガティブな発言・悪口ばかりのLINEを送る
友達の悪口や、ネガティブ発言ばかりになってしまうのも絶対NGです。


本当に落ち込んだ際や、つらいことがあった際に相談するのは問題ありません。
しかし、LINEが悪口ばかりになってしまうと「別の場所では自分の悪口えを言ってそう…」と相手に疑われてしまいます。
他人の悪口は一時的に盛り上がるかもしれません。
しかし、「彼と付き合いたい」という気持ちがあるのなら、できるだけ楽しく、ポジティブな話題を選びましょう。

2.彼とのLINEでおすすめの話題3選

彼とのLINEでおすすめの話題3選
せっかく楽しくLINEができていたのに、話題が尽きてやりとりが途絶えてしまうことってありますよね。
でも、次のLINEをなんて送ったらいいのかわからなくて、落ち込んでしまった…なんて経験もあるかと思います。
そんな時は、以下3つの話題で話しかけてみてください。
これらの話題ならば、相手にも「グイグイくるな…」と引かれることはありません。
会話も盛り上がって、距離を近づけるきっかけになるはずですよ

  • テレビやニュースなどでホットな話題
  • 共通の趣味や友達の話題
  • 彼が詳しいこと・彼の好きなことや趣味に対する質問

では早速、1つずつ見ていきましょう。

話題1.テレビやニュースなどでホットな話題

話題1.テレビやニュースなどでホットな話題
まずは、「テレビやニュースなどでホットな話題」がおすすめです。
相手も気軽に返事を返せますし、お互いが興味を持っている内容ならば話も盛り上がりやすいですよ。
連絡の仕方は、特に意識しすぎる必要はありません。
「昨日のテラスハウス見た?」「今日サッカーの試合だね!」というように、いつも友達と話すように、自然に話しかけてみるといいですよ。
この時、相手がとっつきやすい話題をあらかじめリサーチしておくと、話題も盛り上がって一気に距離が近づきます。

話題2.共通の趣味や友達の話題

話題2.共通の趣味や友達の話題
自分と彼の共通の趣味や友達の話題もおすすめです。


会社やサークルの話題・好きな映画の話題などは相手も返信しやすく自然にLINEが続き、盛り上がりやすいです。
お互いが知っている話題であれば、「○○知ってる?」「知らない」「あ…そうなんだ」みたいに盛り下がってしまうことはないので、気を遣わずにやりとりできますよね。
お互い好きな映画やアーティストについて語るのもおすすめです。

話題3.彼が詳しいことや趣味に対する質問

話題3.彼が詳しいことや趣味に対する質問
LINEを送るきっかけは、やはり質問がスムーズですし、彼も返信しやすいですよね。
その場合、彼が詳しいこと・彼の好きなことや趣味に対する質問などがおすすめです。
例えば、彼が好きなアーティストの中でどの曲がいいのか聞いてみたり、仕事の内容について質問してみたりするのがおすすめです。
彼も返信しやすく、自分の趣味や得意なことに興味を持ってくれていることに喜んでくれますよ。
どんな男性もメロメロになる女子の必殺モテLINEテクはこちらの記事をどうぞ!

3.彼にLINEするおすすめの頻度

彼にLINEするおすすめの頻度
彼とLINEを続けている場合、どれくらいの頻度で送るのがいいのか悩んでしまいますよね。
送りすぎても嫌がられるかもしれないし、あまり送らないのも恋に発展しにくくなってしまうし…。
ですが、これに関しては決まったルールなどはなく「彼のスピードに合わせる」ことが1番大切です。
なぜなら、LINEの頻度の好みは人それぞれなので、「どれくらいがおすすめ!」と決めることはできないからです。
ただ、目安になるものはあると便利なので、彼が送ってくる頻度と同じスピードを心がけておくと、相手から嫌がられることは無くなるでしょう。
LINEの頻度はこちらの記事でも詳しく解説しているので合わせてご参考にどうぞ!


 

4.片思いを恋に発展させるLINEテクニック6選

片思いを恋に発展させるLINEテクニック6選
ここまでで、どうやって片思い中の相手とLINEをすればいいのか、少しずつわかってきたのではないでしょうか?
ですが、正直うまくやりとりできるか、まだ不安がありますよね…。
ここからは、そんなあなたが自信を持ってLINEをできるように、相手を振り向かせる必勝テクニックを7つ紹介していきます。

  • テクニック1.彼のテンションやスピードに合わせてあげる
  • テクニック2.「寝ちゃった!」テクを使う
  • テクニック3.たまにさりげなくハートを使う
  • テクニック4.彼の良く使う絵文字を真似してみる
  • テクニック5.アイコンは盛れすぎず自然な笑顔のものを使う
  • テクニック6.LINEにもかけひきは大切!相手からの連絡を待つ

では、順番に見ていきましょう。

テクニック1.彼のテンションやスピードに合わせてあげる

テクニック1.彼のテンションやスピードに合わせてあげる
まず1番大切なことは、彼のテンションや返信スピードにあわせてあげること。
彼の返信スピードを真似してあげることで「あ、この子と気が合うかも」と思ってもらえるほか、一緒にいて楽なんじゃないかと思ってもらえる可能性がアップします。


自分のテンションを押し出さず、なるべく彼から「波長が合う」と思ってもらえるやりとりを心掛けてくださいね。

テクニック2.「寝ちゃった!」テクを使う

テクニック2.「寝ちゃった!」テクを使う
1日でLINEを終わらせたくないという人には「寝ちゃった!」テクがおすすめ。
「寝ちゃったテク」とは、続いているLINEを翌朝まで返さず「寝ちゃった」と送ることで、翌日以降もLINEを続けさせるテクニックです。
次の日になったら、返信が来なくなってしまった…というのはよくあること。
そうならないためには、夜向こうからの返信をあえて返さず、次の日に「寝ちゃった!」といって返信しましょう。
こんテクニックを使えば、日を渡っても相手とLINEを続けることが出来ますよ!

テクニック3.たまに、さりげなくハートを使う

テクニック3.たまに、さりげなくハートを使う
LINEをしている際にたまに、さりげなくハートを使うのをおすすめします。
頻繁に使いすぎると特別感がなくなってしまいますし、誰にでも送っているのかな?と思われてしまう可能性も。
本当に嬉しかったときや、楽しい時にうまくハートを活用することで男性に、「あれ?俺好かれてる?」という印象を与えることが出来ます!

テクニック4.彼の良く使う絵文字を真似してみる

テクニック4.彼の良く使う絵文字を真似してみる
LINEで彼がよく使う絵文字や顔文字をまねしてみるのもおすすめです。
自分と同じ行動をする・真似をする相手に対して好意を抱くというのは心理学的にもいわれています。
例えば、彼が「(*^^*)」という顔文字を使うのであれば、あなたもそれを使ってみましょう。
もし、彼から「最近その絵文字多いね」などと言われたら、「○○君の真似してみた」などとはっきり言ってしまっても大丈夫です。
彼からの好感度はグッとアップします。

テクニック5.アイコンは盛れすぎず自然な笑顔のものを選ぶ

テクニック5.アイコンは盛れすぎず自然な笑顔のものを選ぶ
片思いを成就させるのは、LINEのアイコンも大切です!
会っていない時・LINEしかしていない時は、彼はそのアイコンであなたをイメージします。
そのため、相手に「かわいいな」と思ってもらえる写真をチョイスするのがおすすめです。
写真は一人で写っている、誰かにとってもらったものが良いでしょう。
ですが、盛れすぎているものや、プリクラなどは実際会った際のギャップが大きすぎるので、できるだけ自然な笑顔の写真を設定しましょう。

テクニック6.適度に会話を止めて相手からの連絡を待つ

テクニック6.適度に会話を止めて相手からの連絡を待つ
LINEでも駆け引きは大切です。押してばかりではなく、たまには引いてみるのもいいでしょう。
実際に、LINEを自分から止めていたら数週間後に相手からLINEが来てデートに発展したという話もよくあります。
彼とのLINEが続くようになってきたら、LINEをすぐに返信せず、相手からまた連絡がくるのを待ってみましょう。
「自分からばっかり送っているなあ」と感じる際には一度アプローチをやめてみるのもおすすめです。
続いては、彼からのLINEが途切れた時の対処法を解説していきます。

5.彼からのLINEが途切れた!こんな時はどうする?

彼からのLINEが途切れた!こんな時はどうする?
せっかくLINEが盛り上がっていたのに、話題が途切れてしまって、そのまま次の連絡を送るタイミングがわからなくなってしまうこともよくあります。
急にLINEがこなくなったら、「嫌われた?」と不安に思ってしまいますよね。
そんなとき、どんな内容を送ってLINEをするのがいいのでしょうか?
今回はおすすめの2つを紹介します。

5-1.共通の話題で最近あったことをLINEする

共通の話題で最近あったことをLINEする
1つ目は、共通の話題で最近あったことをLINEすることです。
話題が途絶えたのは、「たまたま彼が忙しくなっただけ」みたいなケースがほとんどです。
だから、連絡が途絶えた時も、共通の話題でLINEをしてみて、今までのように話を再開してみるのがおすすめです。
共通の話題であれば、自然にLINEを送ることができますし、彼も返信しやすいです。
「最近○○だったらしいね!」「次のラジオのゲストは〇〇らしいよ!」など彼と共通の話題・今まで話したことある内容を送りましょう。
そうすることで、ナチュラルにLINEを再開することが出来ますよ。

5-2.近況を聞く

近況を聞く
2つめは、シンプルに近況を聞くという方法です。
LINEをしていない期間があいている間に何をしていたか聞いてみましょう。
たとえば、「最近どうしてたの?」「元気にしている?」というように送ってみてください。
そうすることで、彼も「自分のことを気にかけてくれているんだな」と思ってくれるはずです。
自然な流れでLINEが再開できますし、自分のことを気にかけてくれているんだなと思い、好感もアップこと間違いありません。
LINEの返信が来ない理由と返信してもらいやすくするコツはこちらの記事をご参考にどうぞ!


 

6.これって脈あり?LINEで脈ありサインを見極めるポイント

これって脈あり?LINEで脈ありサインを見極めるポイント
LINEをしている際に、相手が自分のことをどう思っているのかはかなり気になりますよね。
返信の一言一句に、一喜一憂してしまう気持ち、わかります。
その中でも特に、彼が自分に脈ありなのか脈無しなのかはかなり気になるはず!
ここからは、男性がLINEで見せる脈ありのサインを紹介します。

サイン1.話題を広げてくれる

サイン1.話題を広げてくれる
自分が振った話題に対して「そうだね」で終わるだけではなく、どんどん話題を広げてくれたり、向こうから話題を提供してくれる場合は、脈ありの可能性が高いです。
話題を広げてくれるというのは、彼があなたに興味がある証拠です。
この人とLINEを続けたい!と思っていたり、LINEが楽しい!と思っているかもしれません。

サイン2.質問してくれる

サイン2.質問してくれる
LINEをしている際に、何度もあなたに質問してくれるようであれば、脈ありの可能性が非常に高いです。
質問が多くなるのは、あなたに興味をもっていたり、知りたい!と思ってもらえている証拠です。
特に「○○ちゃん好きな人はいるの?」など、あなたに直接関係することを聞いてくれる場合は。かなり脈ありと見て良いでしょう。

サイン3.途切れてもLINEが来る

サイン3.途切れてもLINEが来る
LINEが途切れてしまっていたり信をしていないのに続けてLINEが来るのは、脈ありの可能性が高いです。
あなたともっと連絡をとりたい・あなたのことを知りたいという気持ちの表れです。
彼が脈ありなのかを知るために、わざと返信をとめてみたり、返信を遅らせて彼のリアクションを確認してみるのも良いですよ。
自分の話ばかりする男性は脈あり?その心理について知りたい方は、こちらの記事をどうぞ!


 

7.LINEでデートを誘う方法

LINEでデートを誘う方法
彼とLINEが続くようになったら、どのようにデートに誘えば良いのかも気になりますよね。
LINEでやりとりができても、恋が進展しなければ意味がありません。
ここでは、LINEでデートを誘うおすすめの方法を紹介します。

7-1.トーク中に話題にでてきたスポットに誘う

トーク中に話題にでてきたスポットに誘う
LINEの最中に、話題に出てきたスポットやイベントなどを「一緒に行こう」と誘ってみましょう。
「○○好きなんだ~」と話している最中に、「じゃあ今度行こうよ」と誘うことができます。
お互い興味がある場所ならば、自然な流れで誘えますし、お互いに思いっきり楽しむことができますよね。
このように、会話の中で出てきたスポットやイベントに、勇気を出して誘ってみると良いでしょう。

7-2.「もっと話したい」と伝えて誘う

「もっと話したい」と伝えて誘う
LINEの際にお互いの話で盛り上がってきたら、「もっと話したいから会おう」と言って相手を誘いましょう。
話が盛り上がったタイミングで伝えれば、変に「グイグイくる女」だと思われることはありません。
「ご飯行こう!」「飲みに行こう!」と伝えて相手を誘ってみてください。

まとめ

片思い中の相手とのLINEは、デートにこぎ着けるまで大変ですよね。
相手に連絡を送るのは、初めは大変だと思いますが、慣れてしまえばスムーズに連絡できるようになりますよ。
ここで紹介したLINEのやり方やテクニックなどを駆使して、ぜひ片思い中の彼にアプローチしてみましょう

Avatar photo
フェリーチェ編集部
follow me
related posts

関連記事