片思い中の女子必見!絶対に見逃せない男子の脈ありサインを大公開

片思いの時期は、相手が自分のことをどう思っているか、気になってしょうがないですよね。

きっとあなたも「彼の脈ありサインを見抜くことができれば、もっと自信を持って恋愛できるのに」と思っていることでしょう。

今回は、そんなあなたに絶対知っておいてもらいたい男子の脈ありサインを、4つの状況別に分けて紹介していきます。

男性は、「この子いいなあ」とか「好きかもしれない」という相手には、知らず知らずのうちに「脈ありサイン」を出しているんです。

そのサインを見極めることができれば、有利に恋愛を進められること間違いありません。

ぜひ参考にしてください。

逆にデートを延期されてしまうのは脈なしサインかも?詳細はこちらの記事でチェックしてください↓

1.状況別!男子が好きな相手にしか見せない脈ありサイン

男性は、好きな相手にしか見せない「脈あり」サインを発します。

片思いの相手が自分のことをどう思っているのか、あなたは彼にとって「脈あり」なのかはすごく気になりますよね。

女性は、自分の気持ちを相手に知られることが恥ずかしく、敢えて気持ちと逆のことをしてしまうケースが多いのですが、男性は真逆。

自分の気持ちに非常にストレートなんです。

ですので、男性の脈ありサインは、非常に簡単に見抜くことができます。

今回は、以下の4つの状況別の脈ありサインを紹介していきます。

  • 言動・行動編
  • LINE・電話編
  • 会話編
  • デート編

それぞれの「脈ありサイン」には、脈あり度もつけているので彼があなたにどれくらい脈ありなのかも詳しくわかります。

では、さっそく1つずつ見ていきましょう。

  • 2.【言動・行動編】男子の脈ありサイン

    まずは、言動・行動編です。

    言動・行動編は、彼があなたと一緒にいるときに出しがちな脈ありサインを紹介します。

    では、さっそく1つずつ見ていきましょう。

    2-1.常に目を見て話してくれる|脈あり度:★★★☆☆

    彼と一緒に話している際に、常を目を見て話していること。

    この場合、あなたへの脈あり度は高いです。

    目を見て話しているというのは、あなたの話を真剣に聞いている証拠です。

    また、好きな人や気になる人の目はずっと見つめていたいもの。

    会話中の彼の目線に注目しましょう!

  • 2-2.困ったときに助けてくれる|脈あり度:★★★★☆

    困ったときや、しんどいときに助けてくれる場合も脈ありの可能性は高いです。

    好意を寄せている人には、気遣ったり、困っているときに助けたい!守ってあげたい!と思うものです。

    体調が悪い時にしんどい時などに声をかけてくれたりお見舞いの物を買ってくれる場合はかなり脈ありだといえます。

    他にも、終電を気にしてくれる、重い荷物を持ってくれるなども挙げられます。

    2-3.照れくさそうにしている|脈あり度:★★★★☆

    話しているときや、距離が近いとき、体が触れてしまったときなどに照れている場合は、脈あり度が高い証拠です。

    顔が赤らんだり急に戸惑ったりしている場合、その可能性は非常に高いといえるでしょう。

    自分からスキンシップをとって、リアクションを確認してみるのもおすすめです。

  • 2-4.小さな変化にすぐ気づいてくれる|脈あり度:★★☆☆☆

    髪を切ったり、メイクを変えたり、小さな変化に気づいてくれる場合は脈ありの可能性が高いです。

    女性と違って、男性はメイクや髪形など細かいところに気づきにくいのですが、気になっている女性の変化にはすぐ気づきます。

    髪をカットしたり、イメチェンした際のリアクションに注目してみましょう。

    2-5.自分の趣味や好きなことに興味を持ってくれる|脈あり度:★★★☆☆

    気になる彼が、あなたの趣味や好きなことに興味を示してくれるのも脈ありサイン。

    「〇〇ちゃんのおすすめの映画は何?」「△△の最新作を見たよ!」などの会話は、あなたの趣味や好きなことをもっと知りたい!というサイン。

    あなたの趣味や関心などへのリアクションをチェックしてみましょう。

    自分の話ばかりする男性は脈なし?判断方法はこちらの記事でチェックしてください↓

  • 3.【LINE・電話編】男子の脈ありサイン

    続いては、LINE・電話編です。

    なかなか会うことができない・デートにまだ誘えていない場合は、LINEや電話でのコミュニケーションも大切ですよね。

    LINE・電話の脈ありサインを知ることで、彼があなたをどう思っているのか・これから両思いになることができそうかを知ることができます。

    さっそく、脈ありサインを見ていきましょう。

    3-1.まめに返信してくれる|脈あり度:★★★★☆

    ラインやメールのやりとりで、1日に2回以上などまめに返信してくれる場合脈あり度は高めです。

    また、話題を広げてくれたり質問を回数が多い場合も、もっとあなたと連絡をとりたい!あなたを知りたい!という気持ちの表れです。

    ラインやメールの返信で反応を見てみましょう。

    3-2.特に内容の無いやりとりが続く|脈あり度:★★★★☆

    ラインやメール、電話でとくに内容がなくても話が続く場合は脈ありの可能性が高いです。

    話す話題がなくなっても連絡をとりたいというのは、あなたに好意があるという証拠かもしれません。

    「学校(仕事)おわったー」「今からごはん」など話す話題がなく、現在の自分のしていることを送ってくるなど、内容がないやりとりをしている際の反応に注目してみましょう。

    3-3.「おはよう」「おやすみ」の連絡が来る|脈あり度:★★★☆☆

    毎朝「おはよう」からはじまり、寝る前に「おやすみ」と連絡が来る際には脈あり度は高いです。

    おはよう・おやすみラインは「毎日連絡したい」という気持ちの現れです。

    あなたがもう彼の生活の一部になっているという証拠ともいえるでしょう。

    何日も連続でラインが続いており、朝と夜の挨拶がある場合は脈ありの可能性が高いです。

    3-4.連絡が途絶えても向こうから連絡が来る|脈あり度:★★★★☆

    ラインやメールでの連絡が途絶えてしまっても、また連絡が来るときは脈あり度がかなり高めです。

    常に連絡しておきたいという気持ちの表れです。

    楽しいことがあったり、面白いことがあるとすぐにあなたに伝えたい!言いたい!と思っていたり、シンプルにあなたと連絡をとりたいと思ってラインやメールをしてきているかもしれません。

    1回だと「たまたま」という可能性もありますが、それが2回以上続いたら脈ありの可能性はかなり濃厚です。

    続いては、会話の中で男子が見せる脈ありサインを紹介します。

    4.【会話編】男子の脈ありサイン

    続いては、彼と会話している際の脈ありサインについて紹介します。

    彼と話している際やデートしている際にチェックしてみてくださいね。

    4-1.趣味や好きなことについて質問してくれる|脈あり度:★★★☆☆

    彼があなたの好きなことや趣味について質問してくれる場合、脈あり度が高いです。

    あなたのことを知りたい!と、彼があなたのことが気になっている証拠です。

    例えば、「〇〇ちゃんはどんな趣味?」「芸能人は誰が好き?」など、積極的に色んな質問を投げかけてくれたり、その答えに対して掘り下げてきてくれるなどが挙げられます。

    あなたが自分の話をした際の彼のリアクションで確かめてみましょう。

    4-2.恋愛についての話をしてくる|脈あり度:★★★☆☆

    2人で話している際に、恋愛の話になる場合には脈ありの可能性が高いといえるでしょう。

    過去の恋愛の話や、好きなタイプについて質問してくる場合はあなたのことが気になっている証拠です。

    恋愛話の際の彼のリアクションをチェックしてみましょう。

    4-3.自分の話を話してくれる|脈あり度:★★★★☆

    彼が自分の生い立ちや趣味などについて話してくれる場合、脈ありの可能性が高いです。

    あなたに心を開いてくれている証拠ともいえますし、信頼されている証拠です。

    話している際に、自分の話をしてくれるかどうかで確認してみましょう。

    4-4.相談に乗ってくれる・相談される|脈あり度:★★★☆☆

    相談に乗ってくれたり、悩みを相談してくれる場合、脈あり度が高いです。

    悩んでいることや、辛いことは大切な人にしか打ち明けたくないものです。

    悩みをあなたに話す、相談してくれるということはそれほどあなたを信頼して好意を寄せているという証拠です。

    逆に、あなたの悩みに親身になってくれるのもあなたを大切に思っているからです。

    4-5.将来についての話をしてくる|脈あり度:★★★★☆

    「何歳くらいに結婚したい?」「子どもは好き?」など、将来についての質問をしてくる場合脈ありの可能性度が高いです。

    あなたに好意を寄せていて、あなたとの将来を望んでいるともいえるでしょう。

    「この人とずっと一緒にいたい!」「この人と結婚したい」と思っている場合、その相手との未来を想像したりしますよね。

    話の最中に、将来の話について話してくるかどうかチェックしてみましょう。

    5.【デート編】男子の脈ありサイン

    最後に紹介するのは、デート編です。

    あなたと彼が両思いになり、付き合うまでの過程には、デートは欠かすことはできません。

    デート中に彼が見せるあなたへの脈ありサインをチェックしましょう。

    5-1.デートプランを立ててくれる|脈あり度:★★★☆☆

    デートの際に、プランをたててくれたりリードしてくれる場合あなたのことを想ってくれている可能性が高いといえます。

    あなたに楽しんでほしい・あなたと楽しい時間を過ごしたいと思っている証拠です。

    その場合、「今日はここに行かない?」「○○のお店予約しておいたよ」などスッとリードしてくれます。

    行き先や、ごはんの予約など、デートの際の対応をチェックしてみましょう。

    5-2.高級感のあるお店に誘ってくれる|脈あり度:★★★☆☆

    デートの際のランチやディナーで、高級感のあるお店や特別感のあるようなお店を誘ってくれた場合には脈ありの可能性が高いでしょう。

    あなたのことを特別に思ってくれているという証拠です

    彼はあなたに、「美味しいものを食べてほしい」「喜んでほしい」と思っています。

    予約してくれたお店がすべてではないですが、行ったお店のランクや値段で彼の好意をはかるというのも1つの方法です。

    5-3.疲れていないかをこまめに聞いてくれる|脈あり度:★★★☆☆

    1日デートの際や、遠出の場合に疲れていないか聞いてくれたり、カフェなどで休憩タイムをつくってくれるというのは脈あり度が高いです。

    「楽しんでるかな?」「疲れているかな?」などあなたを気遣っている証拠です。

    疲れてない?休憩する?

    6.脈なしから脈ありへと発展させるアプローチ方法

    ここまで、脈ありのサインについて紹介してきました。

    でも、残念ながら脈ありとはいいがたい・・・そんな方もまだ諦めるのは早いです。

    ここでは、片思いから両思いへと発展させるアプローチ方法を紹介していきます。

    6-1.悩みを相談してみる

    彼に、自分の悩みを相談してみましょう。

    「自分を頼ってくれている」「弱みを打ち明けてくれている」と感じることであなたとの距離もグッと縮むはず!

    でも、脈ありでもないのにいきなり悩みなんか相談できない!と思ってしまいますよね。

    その場合、「テストの点数が悪かった」「こけて膝が痛い」など、少し軽いことを相談してみましょう。

    ですが、悩みの重さによってはしんどいと思われてしまう可能性もあるのであまり深刻すぎない悩みがベストです。

    6-2.二人だけの秘密を作る

    彼とあなたの間に二人だけの秘密を作りましょう。

    他の人に言ってはいけない秘密を共有することで、グッと二人の距離が縮まります。

    秘密って難しくない?と思ってしまうかもしれませんが、そんなに大きな秘密でなくていいのです。

    恥ずかしい言い間違いやドジをしてしまった際など「これは内緒ね!」というだけでも十分に、秘密を共有していることになります。

    小さなことでもいいので、二人だけの秘密を作ってみてはいかがでしょうか?

    6-3.共通の趣味を見つける

    最後の1つは、「共通の趣味」を見つけることです。

    同じ趣味を持つことで、話の話題が広がるだけではなく二人で会う口実も増えます。

    例えば映画がお互い好きであれば「○○の映画見に行こう!」などデートにもつながりますよね。

    彼が好きな趣味をまず知り、自分にも興味があることを実践してみてはいかがでしょうか?

    まとめ

    片思い中は彼が自分のことをどう思っているのか不安になってしまいますよね。

    今回は、状況別の脈ありサインを紹介してきました。

    自分の状況に合わせて脈ありサインを確認してみてはいかがでしょうか?

  • 関連記事

    1. 知らない異性が出現!夢占いが暗示する意味

    2. 男の子の名前!人気漢字や名づけのアイデア

    3. 男の子でも女の子でも!中性的な人気の名前

    4. 「付き合う」と何が変わる?付き合うことのメリット・デメリット

    5. 関東のおすすめデートスポット25選!シーン別にご紹介します!

    6. 交通事故の夢を見たので夢占いでの意味を知りたい。

    7. 二文字の名前!人気・イメージ別に徹底紹介

    8. 「しっぽり」という言葉の意味と使い方